アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会「被害者」の仮面をかぶる元創価学会員の「加害者」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(20)~自分たちがカルト問題の加害者だと認識していない

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち

 

日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサーフィン」する人たちは、どういうわけか、自分たちはカルト問題の被害者であると錯覚している。カルト問題の加害者であるはずの人たちが、いつの間にやら被害者にすり替わってしまうのであるから、これまた不思議な現象である。「日蓮正宗系」団体を転々と「カルトサーフィン」する人たちの中で、かなり多くの人が、「オレたちは被害者だ」などと言いだし、やれ「創価学会被害者の会」だの「日蓮正宗被害者の会」「顕正会被害者の会」だのと言い出す。この中で典型的なのが、199012月以来の「宗創戦争」以降にできた「創価学会による被害者の会」である。

19914月、福岡市西区の日蓮正宗・開信寺(住職・柏崎寿宣氏)の御講で、創価学会員が法華講員に集団暴行を加え、開信寺総代・八尋由夫氏(69)が左膝打撲・左内側側副じん帯損傷という重傷を負ったと称する、いわゆる「開信寺事件」が起こった。ところがこの「開信寺事件」は、法華講、創価学会の言い分が全く食い違っている。法華講によれば、この「開信寺事件」がきっかけになって、「創価学会による被害者の会」が結成されたと称している。ここでは、「開信寺事件」についての、ビデオや写真は存在しないため、事件の内容は、さておくとしよう。

それにしても、不可解なのは、この「開信寺事件」以降あたりから、自称「被害者」があちらこちらに、続々と出没してきたことである。その自称「被害者」とは、いずれも創価学会から法華講にカルトサーフィンした人たちである。「創価学会による被害者の会」幹事の一人に、これまた創価学会から法華講にカルトサーフィンして法華講D寺支部の幹部に収まった人物がいた。この人物ないしはこの人物の周囲に居た者たちは、1990年代に創価学会が法華講に仕掛けていた「脱講運動」で、創価学会員が法華講員の自宅に来訪したというだけで「自分たちは被害者だ」と騒ぎ出したのである。これで1990年代には、自称「被害者」が陸続と現れたのである。ちなみに法華講員や創価学会員たちが聖典としている法華経には、六万恒河沙の地涌の菩薩が説かれているということだが、1990年代に現れたのは、六万恒河沙の地涌の菩薩ならぬ自称「被害者」であった。

家庭訪問されただけで「被害者」になってしまうのなら、法華講員宅を家庭訪問している日蓮正宗寺院住職や法華講幹部は、法華講員に対する加害者ということになる。「創価学会による被害者の会」幹部を務める法華講員は、矛盾に全く気づいていないらしい。1990年代のころ、これら自称「被害者」たちの「空騒ぎ」はどんどん増幅していった。ひどいケースになると、法華講員のほうから創価学会員宅に「慧妙」や創価学会批判のチラシを配布していながら、これに反応した創価学会員が法華講員宅に来訪すると、「創価学会員が来た」「創価学会員は迷惑だ」と言って警察に通報する法華講員すらいた。そして同じ法華講員からさえも、「そんな創価学会の被害なんて本当にあったのか」「創価学会員なんて、怒鳴りつけてやればもう来ないよ」等々の疑問の声が上がるに至るのである。

 

続きを読む

日蓮正宗のダミー団体・「創価学会による被害者の会」の正体

1991(平成3)年の日蓮正宗vs創価学会の「宗創戦争」開戦からしばらくして後、「創価学会からの被害者の会」という団体が発足。

この団体は、創価学会による宗教被害救済を旗印に、発足時には大々的な記者会見まで行い、華々しいスタートを切っています。ジャーナリスト・内藤国夫氏は、

「やっと創価学会に対抗できる統一的な団体ができた」

と言っていました。

 

この団体は、機関紙「自由の砦」を発刊しましたが、何のことはない。「自由の砦」の紙面を飾る記事の大半は、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」の記事の、ほとんど丸写し。

被害者の会1


「創価学会からの被害者の会」の代表、代表幹事、幹事といった役員は、全員が法華講員。

発足時の代表は、九州の日蓮正宗寺院・開信寺の法華講講頭でした。

 

「創価学会からの被害者の会」は、ホームページを作成・公開していますが、会の歴史、役員の顔ぶれ等について、何一つ書いていません。

「自由の砦」

http://www.toride.org/

 

「アンチ日蓮正宗」が設立された以降においても、

「創価学会からの被害者の会に相談に行ったら、日蓮正宗の妙観講に入れと言われ、無理矢理、妙観講に入らされた」

という主旨の苦情がいくつも来ています。

私の元にもたらされた情報によると、「創価学会からの被害者の会」は、今や完全に日蓮正宗大石寺理境坊・妙観講の完全支配下にあるということです。

だったら、こんな所に相談に行ったら、「妙観講に入れ」と言うだろうね。

 

「創価学会からの被害者の会」は、ホームページで

 

「創価学会による"反社会的活動""人権侵害行為"によって、被害を受けてきた人々が、創価学会の恐ろしい実態を広く世間に訴え、同じく学会の被害に苦しむ人々を救済しよう、との志によって『創価学会による被害者の会』を結成しました。」

 

などと、もっともらしいことを書いていますが、この会の実態は、創価学会からの被害救済に名を借りた、日蓮正宗の信者拡大が本当の目的の団体と断定せざるを得ません。

表向きの看板で、被害者、信者から一般国民を騙している、欺瞞団体ですね、これは。

 

日蓮正宗のみならず、創価学会までもが「顕正会による被害者の会」なるダミー団体を立ち上げて、創価学会員拡大に利用しているようで、最近の日蓮正宗系のカルト団体は、ダミー団体を造って、これを隠れ蓑にして信者拡大をしている、ということがあります。

 

こういうダミー団体に騙されないよう、充分注意されたほうがいいですねえ。

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ