アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・創価学会・顕正会は封建的男尊女卑社会である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

女性登用内閣の登場と封建的男尊女卑体質が抜けない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会

□婦人部が主戦力でありながら「婦人部」「女性部」に押し込めようとする「日蓮正宗系」団体

 

20149月、第二次安倍改造内閣が発足し、この内閣で史上最多タイの5人の女性閣僚が登用されたことが話題になっている。これが世間一般に好感されたのか、内閣改造以前は50%そこそこだった安倍内閣支持率が、内閣改造直後に60%を突破するという情勢になった。安倍内閣は女性が社会的重要な地位を占める割合を30%にすることを目標にしているらしいが、私がかつて仕事をしていた会社、仕事をもらっていた会社等々で、女性が社長の会社、女性がナンバー2の重要な地位にいる会社、女性が専務、常務、あるいは女性管理職がたくさんいた会社は、けっこうたくさんあった。日本ではまだ女性総理大臣は出ていないが、外国ではすでに1960年代から、女性の行政府の首長が多数出ている。有名なところでは、イギリス・サッチャー首相、ドイツ・メルケル首相、イスラエル・ゴルダ・メイア首相、アルゼンチン・イサベル・ペロン大統領、カナダ・キャンベル首相、オーストラリア・ギラード首相、ニュージーランド・ジップリー首相、クラーク首相、ノルウェー・ブルントラント首相、ポルトガル・ピンタシルゴ首相、リトアニア・ブルンスキエネ首相、セイロン・パンダラナイケ首相、インド・インディラ・ガンジー首相、パキスタン・ブット首相、バングラデシュ・ジア首相、ハシナ首相、タイ・インラック首相、フィリピン・コラソン・アキノ大統領、アロヨ大統領、ブラジル・ルセフ大統領、インドネシア・メガワティ大統領、韓国・パク・クネ大統領…とつづく。ニュージーランド、バングラデシュ、フィリピンでは二人の女性の行政府の長が出ているが、ただしインド・ガンジー首相、パキスタン・ブット首相は父親が首相、セイロン・パンダラナイケ首相は夫が首相、フィリピン・アロヨ大統領、インドネシア・メガワティ大統領、韓国・パク・クネ大統領は父親が大統領、アルゼンチン・イサベル・ペロン大統領は夫が大統領だった。バングラデシュ・ジア首相は国父・ラフマン大統領夫人、ハシナ首相はラフマン大統領の娘である。日本は、女性の行政府の長(首相)はゼロであるわけだから、世界の趨勢からすれば、遅れているほうと思われる。その女性指導者の輩出が世界的に見て遅れているほうの日本で、さらに女性が封建的男尊女卑社会の中で冷遇されているのが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」団体である。

創価学会は信者に対して、「男は外で仕事。女は家庭に入る」という、極めて古くさい封建的な生き方を押しつけていること。独身信者に対して、創価学会員同士の自由恋愛を認めていないこと。

さらに会長、理事長、副理事長、副会長といった最高幹部は全員が男性。組織単位に見ても、男性総県長と総県婦人部長、男性県長と県婦人部長、男性総区長と総区婦人部長、男性区長と区婦人部長という組み合わせになっている。女性総県長と総県壮年部長、女性総区長と総区壮年部長といった組み合わせは皆無である。創価学会における女性の最高役職は全国総合婦人部長である。創価学会の主戦力は、婦人部である現実からして、女性理事長、女性副理事長、女性副会長、女性総県長、女性総区長がいても、おかしくないと思われるが、現に存在しないのは、創価学会が、封建的男尊女卑、男性優位の団体だからではないか。主戦力の女性を「婦人部」「女性部」に押し込めてしまおうとする体質は日蓮正宗も創価学会も顕正会も正信会も同じである。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(4)~「日蓮正宗系」未入信の配偶者との結婚を契機にやめる2

□なぜ女性信者が「日蓮正宗系」未入信の彼氏と結婚して「日蓮正宗系」の信仰を棄てるのか

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースは、創価学会、法華講、顕正会の内部事情が大きく影響している。

創価学会でも法華講でも、まず20代、30代の若い独身男女のアンバランスがある。つまり男性と女性の比率が73ないしは64で、男性のほうが数が多いのである。したがって恋愛結婚でもお見合い結婚でも、「日蓮正宗系」の信者同士で結婚すると、男性のほうがあぶれてしまう。こういったことが影響していると思われるが、創価学会でも法華講でも、30才すぎても35才すぎても、結婚もしなければ彼女もいない若い独身男性信徒がたくさんいる。そうするとそういう姿を目の当たりにした20代、30代の信者が、「長年の信仰活動で功徳を受けているはずなのに、どうして結婚しないのか」という疑問を持つようになり、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰活動に見切りを付けて、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚。未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄てるわけである。これには下記のような裏事情がある。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰そのものが独身女性に定着していない

 

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の主戦力は婦人部(※既婚女性のこと)だとは、よく言われる話しであるが、だから「日蓮正宗系」の信仰が女性に定着していると考えている人もいるようだが、これは全くの間違い。確かに婦人部の中には、「日蓮正宗系」の信仰に没頭している人もいるようだが、これが独身女性の女子部になると、これが全然、定着していない。勤行をしていないことを平気で公言する女子部幹部がいるくらい。だから「日蓮正宗系」団体の独身女性は、結婚相手を選ぶにあたって、相手が「日蓮正宗系」の信仰をしているのかどうかを全く問題視していない。だから平気で「日蓮正宗系」に未入信の彼氏と結婚するわけである。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体は男性優位・男性型社会である

 

一般論として独身女性は、男性優位社会、男性型社会を魅力的に感じない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の法主、僧侶、会長、理事長、副理事長、副会長、総講頭、大講頭、委員長、副委員長は全員男性のみ。まれに女性総代、女性講頭がいるが、これは例外中の例外。日蓮正宗寺院住職は、公然と信者の前で「女(※日蓮正宗では女性のことを一様に『女』とよぶ)は、(総代・講頭に就けるのは)ダメだ」と言うくらいである。さらに創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」は、信者に対して「男性は外で仕事、女性は家庭に入って家事・育児に専念」というアナクロニズムな生き方を画一的に押しつけている。これも独身女性が嫌悪する一因である。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(3)~「日蓮正宗系」未入信の配偶者との結婚を契機にやめる1

□子どもの頃から「日蓮正宗系」信者でも数々の不信を持って結婚を契機に離檀脱会するケース

 

意外に知られていない、皆さんが意外に思われる「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁というのが、これ。つまり「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースである。こう言うと「そんな人は、組織活動や信仰活動をしていない『未活』信者ではないか」「信仰に後ろ向きな男子部員か女子部員の話しだろう」と言うだろうが、そうとは言えない。この信仰を棄てる信者のほうは、男性、女性の両方ともあるし、例え創価学会、法華講、顕正会等で役職を持っていた幹部であっても、未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄てるケースはある。

結婚を契機に「日蓮正宗系」団体をやめる、「日蓮正宗系」信仰を棄てるということは、今の時代、意外と簡単にできるのである。どういうことかというと、独身時代、「日蓮正宗系」カルト信者の両親と同居して、両親にうるさく言われるがままに、渋々、勤行をしていた独身信者でも、今の時代は結婚すれば、両親とは別居して新居に住む。「日蓮正宗系」信者の場合、新たに新居に住むことになっても、新居に仏壇を入れ、曼荼羅本尊を下付してもらって祀ることになるのだが、結婚する信者のほうが、信仰に後ろ向き、ないしは信仰に背を向けているケースだと、結婚相手が「日蓮正宗系」未入信の一般人や他宗の人だと、これ幸いとばかりに、仏壇や曼荼羅本尊を祀ることを拒否。それっきりになる。そして「日蓮正宗系」団体や寺院と疎遠になり、頃合いを見計らって離檀届・脱会届を送りつけるというわけである。

子どもの頃、幼い頃から「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員だった人で、このケースで離檀・脱会する人は、小学生、中学生、高校生の頃、創価学会、法華講、顕正会等「日蓮正宗系」団体の活動に参加していて、それらの活動を通じてさまざまな不信感を持つようになり、不信感が鬱積・蓄積され続けて、未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄ててしまうというわけである。

それでも両親が「日蓮正宗系」カルト信者の場合、何とかして子どもの結婚相手を折伏して「日蓮正宗系」に入信させようとし、これで相手が入信するケースもままあるようである。が、全てこれで丸く収まっているわけではない。もちろん、結婚相手がいくら折伏されても「日蓮正宗系」への入信をガンとして拒否するケースも多々ある。そうなると、二人が分かれてしまうケース、一方だけが「日蓮正宗系」の信者で、もう一方が未入信のまま家庭分裂状態になってしまうケース、二人が結婚して「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうケースに分かれる。ただし「日蓮正宗系」の信者のほうが、特に「日蓮正宗系」カルト信仰に凝り固まった両親が、未入信の結婚相手を折伏するケースで、強引な折伏、だまし討ち折伏等々を行い、これに関する未入信の結婚相手の側から「アンチ日蓮正宗」に苦情が殺到している。これは結婚相手が「日蓮正宗系」未入信のケースだが、法華講員と創価学会員が結婚して、二人とも創価学会員になったというケース、法華講員と顕正会員が結婚して二人とも顕正会員になった等々のケースもあり、これはこれでトラブルが発生している。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(170)~創価学会の独身女子が少ない原因は創価学会の古くさい封建的な男尊女卑的な体質か(?)

■創価学会の独身女子が少ない原因は創価学会の古くさい封建的な男尊女卑的な体質か(?)

 

創価学会・地区リーダーの長谷山陽一(仮名)は、私に「長谷山さん、女子部の人なんて、星野さん一人しかいないじゃないですか。話しが違うんじゃないですか」「本当は、創価学会では独身女子は独身男子の半分しかいないのではないか」等々と言われ、よほど意地になって、創価学会女子部カルト信者である田室美智子(仮名)と、私を引き合わせようとしたものと思われる。

長谷山陽一(仮名)は、相当意地になってしまったが、しかし創価学会の中で独身女子は独身男子に比べて大幅に少ないのは、動かせない事実と思われる。長谷山陽一(仮名)は、私には

「女子部員は結婚したら、全て婦人部に移ってしまうが、男子部の場合は、結婚しても35才までは男子部にとどまる」などと言い訳していたが、これはゴマカシである。これは単純に独身女子と独身男子の数の比較である。

創価学会の名簿を見なくても、普通に外から創価学会を見ていて、創価学会の独身女子の数が、独身男子に比べて、かなり少ないということがわかる。私が出たことがある創価学会の座談会、あるいは溝口工務店(仮名)・溝口個人会館(仮名)での壮年部・婦人部・男子部・女子部の四者合同の会合を見ても、女子部員の出席者が極端に少ない。女子部員の出席者がゼロということすらあった。しかも女子部員の出席者というのは、本部長、副本部長、部長、副部長、地区リーダーといった幹部のみで、一般信者の女子部員というのは、見たことがない。しかも創価学会の会合に出てくる女子部の本部長、副本部長、部長、副部長、地区リーダーといった幹部は、全員、両親が創価学会員という家庭で育った信者。創価学会の外から入った信者で、女子部幹部になったという人を、私は見聞したことがない。

かつてT大学の女子学生で、創価学会女子部員だった吉田直子(仮名)が、「結婚詐欺折伏」を行っていたが、これに騙されて創価学会に入ったのは、男子学生であって、女子学生はいない。遊びに熱中していた男子学生部員が、創価学会未入信の女子学生を折伏して創価学会に入信させたケースがあったが、これは最初から結婚が決まっていたケース。新入信の女子学生は、創価学会入信後、女子部に入ったが、結婚によって婦人部行きになり、女子部には定着していない。

昭和20年代、30年代、40年代の創価学会「折伏大進撃」の時代は、強引・執拗な折伏で、創価学会の外からどんどん信者になる人がたくさんいたのだろうが、その後の1970年の言論出版妨害事件、昭和50年代の「昭和五十二年路線」による創価学会批判の高まりで、創価学会に入信する人は、昭和30年代、40年代と比べると少なくなっている。それと比例するかのように、創価学会では、創価学会員の家庭に育った信者の育成に力を入れ始める。その結果、創価学会女子部の主戦力は、創価学会の外から入った信者ではなく、両親が創価学会員で、創価学会員の家庭で育ち、子どもの頃から創価学会員としての教育を受けて創価学会一色に育った信者になっていったということではなかろうか。

 

続きを読む

日蓮正宗・法華講・創価学会・顕正会・正信会は中世の封建時代さながら男尊女卑社会である

□女性寺族に「僧侶に嫁いで僧侶の身の回りの世話をする」生き方を押しつけている日蓮正宗

 

かつて「アンチ日蓮正宗」で、日蓮正宗系は宗門も法華講も創価学会も顕正会も正信会も中世の封建時代さながら男尊女卑社会である、ということを討議したところ、以下のようなご意見が出た。

「相撲部屋形式(?)で、面倒をみるのはそれはそれでわかる気がしますが(寺族もただ養われているだけじゃなくて ‘家業’ を手伝うのは当然では?)、やっぱりお坊さんたちも自分たちでご飯ぐらい作るべきですよね。ママに何もかもやってもらって、お経だけあげてればいいというのでは

俗世の過保護(にされている)息子たちと何の変わりもない。でも、きっとそんなことになったら就職希望者(?)がいなくなってしまうんでしょうね。」(アンチの女性)

「副住職や在勤の僧侶など多数抱えている寺院は確かに相撲部屋状態でしょうね(笑)。しかし信者も相手に『副住職』的立場になって人生相談をしたり、総代さんなどの接待にまで勤しまなければならないとちょっとした家族経営の食堂の奥さん的立場もあってなかなかきついと思います。

住職に先立たれたりすると年金制度のようなものはあまり確立されていないようなのでやはり世襲で息子を住職にして寺族として養ってもらうしかないようです。『法燈相続』が大事などと強調しているのは信者からの搾取のほかにそういう意味もあるのかもしれません」(日蓮正宗の元信者)

 

確かにおっしゃっていることは、わかります。

「アンチ日蓮正宗」で、日蓮正宗系は宗門も法華講も創価学会も顕正会も正信会も中世の封建時代さながら男尊女卑社会である、と批判するのは、ちゃんとした理由があります。

日蓮正宗系では、寺族や女性信者に対しては、「女性は結婚して家庭に入れ」という生き方を一方的に押しつけている。男尊女卑体質は、僧侶も信者も全く同じ。法華講も創価学会も顕正会も正信会も全く同じである。だから全てにわたって男性優位の社会になっている。

信者に対しても、「女性は家庭に入って専業主婦」になり、昼も夜も信仰活動に励め、という生き方を押しつけるから、「働く女性」「キャリアウーマン」という生き方をする女性は全く浮かばれない。

「働く女性」「キャリアウーマン」「専業主婦」…数多くある生き方の中から、女性が自由意志で選択して「専業主婦」になるのと、最初から「この生き方しかない」ということで、頭ごなしに専業主婦を押しつけられるのとは、意味が全く違う。

しかも、日蓮正宗の場合、女性寺族に対しては、極端に「僧侶の嫁になって専業主婦になり、僧侶の身の回りの世話をする」という生き方を、画一的に押しつけている。女性は僧侶として出家する道すら閉ざされている。

こう言うと、「そんなことは、他宗も同じなのではないのか」と言うだろうが、そうではない。

奉安殿3

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ