アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

伝統仏教(大石寺)の仮面をかぶる商売・大石寺周辺の売店・民宿

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

酒付きの食事・夜の生活・右翼団体などの需要に対応していた大石寺周辺の民宿

□ただの一日たりともテレビや酒類を手放せず、夜の生活も我慢できない?大石寺登山信者

 

大石寺周辺には、何軒もの民宿が点在している。これらの民宿は、法華講員か創価学会員が経営している民宿で、1991年の宗創戦争が勃発した後は、元からの法華講員か、創価学会から法華講に移った信者が経営している民宿か、どちらかになっているようである。

この民宿に泊まる宿泊客の大半は、大石寺一泊登山の登山者。これは、今に始まったことではなく、創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代からのことだという。

私は当初、創価学会員や法華講員から、「大石寺一泊登山者は大石寺塔中の宿坊に泊まる」と聞いていたので、てっきり大石寺登山信者は、大石寺に泊まるものだとばかり思っていた。

それが後で聞くと、かなり多くの登山信者が、宿坊に泊まらずに、民宿で宿泊しているのだという。

なぜ大石寺宿坊に宿泊せずに、わざわざ民宿に宿泊する信者がいるのか。理由は以下のようなことだという。

1 団体登山の場合の食事は弁当が出て、個人登山(添書登山)の時は自分で弁当を持参するか、大石寺売店街の食堂に入らなくてはならないが、団体登山の弁当や売店街の食堂の定食は美味しくない

2 大石寺宿坊では、酒、ビールなどのアルコール類は御法度

3 大石寺宿坊では、男女別に寝るので「夜の生活」は一切、御法度

4 大石寺宿坊は冷暖房が整っていないため、夏はメチャクチャ暑く、冬はメチャクチャ寒い

5 大石寺には完衣堂という風呂があることはあるが、風呂に入れないケースが多い

6 大石寺宿坊で宿泊すると、テレビも見れなければラジオも聴けない。一切の娯楽が御法度。

東之坊1 



だいたいこんな理由からだそうである。部外者の私が聞いても、思わず笑ってしまいそうな理由である。大石寺登山信者の中には、とてもグルメで、ただの一日たりともテレビや酒類を手放せず、夜の生活も我慢できない人が、たくさんいるようである。

 

さて私も大石寺周辺の民宿には関心があったので、大石寺に寺跡調査に行ったとき、民宿に宿泊したことがある。もちろん宿泊は、大石寺登山信者に限定されているわけではなく、誰でも宿泊することができる。ちょうど1989年ころから90年代前半ぐらいのころだったと思う。

私が宿泊した民宿は、大石寺近隣のH山荘とC旅館。今でもインターネットで検索すると大石寺周辺の民宿としてH山荘、C旅館、W旅館の名前がヒットする。この三つの民宿は、昔からあった民宿である。

大石寺関係者の話だと、登山信者の間ではC旅館は割と好評だが、H山荘の評判はいまひとつ芳しくない。なぜかというと、H山荘は宿泊者によって料金が違っていて、宿泊料金が不明瞭だからだとのこと。そういえばインターネットにも、はっきり宿泊代が書いてありません。

続きを読む

美味しくなかった創価班が池田大作の『そば券』で食べていた大石寺売店街「そば」

大石寺売店街には、もうひとつの売り物のメニューがある。それは「そば」である。

なぜ、そばが、大石寺売店街のメインメニューになっているのか実は、これも創価学会が絡んでいるものである。

 

創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代においては、全国から創価学会の信者が大石寺に参拝に来ていたが、それと同時に、全国から創価班も大石寺に登山してきていた。

創価班(そうかはん)とは、創価学会の男子部に所属する会員を中心に構成されているグループで、創価学会の歴史と理念を学び、創価学会の会合には運営全般に携わっている。

会合が開催される際には、会館内での場内整理、会館周辺の交通整理、駐車場誘導などをおこなっている。仏道修行のもとに、創価学会の会員を守る一環の任務として、無償で活動している。

大石寺に来ていた創価班は、全国の登山信者といっしょに列車やバスに乗って登山してくる輸送担当創価班と、最初から大石寺の登山センターに張り詰めて、大石寺各所の警備につく本山担当創価班の二種類があった。

輸送担当創価班は、創価学会の団体登山会に引率する創価班だから、その登山会が行われているときだけの任務だが、本山担当創価班は、偶数月か奇数月の二日間と決められている。

たとえば、奇数月の12日・13日が担当日と決まったら、1月、3月、5月、7月、9月、11月の12日・13日が担当になり、年6回の任務割り当てがある。

偶数月の場合は、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回。その他に、大石寺に右翼、顕正会、正信会等の街宣車や抗議デモ等があると、臨時の呼び出しがかかることがある。

その定例の年6回の任務割り当てだが、たとえば12日・13日が担当日の場合、東京近郊の創価班は、前日の17時までに創価学会本部に集合して、勤行をしてからバスに乗って大石寺に行っていた。17時までに創価学会本部に行くということは、仕事を早退して行かなくてはならない。

しかも年6回の任務割り当ては、平日だろうが土曜日曜だろうが関係なく、割り当てられ、遅刻・欠勤でもすれば、創価班の「総括」が待ち受けている。

だから、あの当時の創価班の本山担当をやっている信者たちは、仕事がメチャメチャになっている信者はザラにいた。34年で転職をつづけている信者もゴロゴロいたし、しょっちゅう「親が死んだ」「兄弟が死んだ」とウソをついて仕事を休んでいる信者など、当たり前のようにたくさんいた。

信者にとって、この本山担当創価班の任務は、かなりきついものだったと思われる。

それはそうでしょう。私から見ると、無理難題を押しつけているようにしか見えない。

大石寺創価班12

 

続きを読む

ぜんぜん美味しくなかった大石寺売店街の名物料理『とん汁』

大石寺の周辺には、売店街が二カ所ある。ひとつは、大石寺裏門から三門付近まで、たくさんの売店が軒を連ねている売店街。もうひとつは、総二坊のすぐ近くにある売店街である。

創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代には、大石寺売店街は、連日、創価学会の団体登山客で賑わっていたようである。

宗創和合時代には、連日、創価学会員が登山していたため、売店街に店さえ出せば儲かるという感じだったらしく、場所と権益・利権を巡って、暴力団の介入まで噂されたほどであった。

1991(平成3)年の宗創戦争が勃発した後、創価学会の団体登山廃止によって登山信者が激減して、大石寺売店街も寂れてしまったが、「法華講員の店」の札を出している売店、食堂は、営業を続行しており、法華講連合会の団体登山会や法華講支部総登山会がある日などは、それなりに売店街も活気づいているようである。

総二坊のすぐ近くにある売店街は、創価学会系売店が多く、宗創戦争以降、創価学会員が大石寺に登山しなくなって以降、こちらの売店街はなくなったようである。

 

私も大石寺に寺跡調査に行った折りには、何度もこの売店街を歩き、食堂で食事もしたし、喫茶店でコーヒーを飲んだりもした。ここには妙観講系の書店もあり、妙観講が出版している本なども扱っているようである。土産品店もあるが、土産品を買った記憶はない。静岡茶、羊羹、草餅は買って帰った記憶はありますが…。

 

この大石寺の売店街の食堂でよく見かけるメニューが、「とん汁」ないしは「とん汁定食」である。これは、大石寺売店街の名物的な売り物になっているのだという。

なぜ大石寺の売店街の売り物が「とん汁」なのか?

とん汁2


それは、1958(昭和33)3月に、創価学会あげて大講堂落慶慶祝総登山会を行っているのだが、この総登山会というのは、創価学会の勃興期における、全国の信者が総力をあげて登山した、最初の総登山会ということであった。

その時に、地元の創価学会員たちが、大石寺周辺で「とん汁」の炊き出しをして、大石寺に登山してきた信者に、ふるまったという。これがきっかけになり、売店街の、あちらこちらの食堂で、「とん汁」や「とん汁定食」が出されるようになり、売店街の売り物になっていったのだというのである。

 

それでは、「とん汁」や「とん汁定食」は大石寺売店街の伝統の名物料理ということになる。そういう名物料理は、どんな味がするのか、私も何度も、食堂で「とん汁」や「とん汁定食」を食べたことがあった。

とん汁1


前評判を何度も聞いていたせいか、売店街の食堂で食べた「とん汁」や「とん汁定食」は、ぜんぜん美味しくなかった。のですが、こう言っては悪いが、一度も美味しいと思って、食べたことはない。これでは、ぜんぜんなか卯や吉野屋など牛丼・外食チェーン店の「とん汁」「とん汁定食」のほうが、ぜんぜん美味しいです。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ