アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の法主専政・非民主的封建体質批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

派手な化粧と高級な衣服に身を包んだ大石寺での阿部日顕夫人・阿部政子氏

□大石寺境内を移動するときも輸送班幹部の護衛が付くVIP待遇の阿部日顕夫人

 

大石寺歴代法主の遠忌法要では、能化、宗務役員の高僧、全国の住職・寺族と法華講が大石寺に登山して客殿で盛大な法要が営まれる。有名なのは日蓮正宗大石寺26世法主日寛の祥月命日に大石寺で営まれる法要である「寛師会」(かんしえ)だが、その他の法主の23回忌、33回忌、50回忌、百回忌、百五十回忌、二百遠忌、二百五十遠忌、三百遠忌、三百五十遠忌、四百遠忌、四百五十遠忌、五百遠忌等々の遠忌法要でも、住職、寺族、法華講員が登山する。

こういう寛師会をはじめとする大石寺歴代法主の遠忌法要では、法華講員は基本的に「喪服」を着なければならないと決まっているらしく、多くの信者が黒ずくめの喪服を着ている。がしかし、出席者全員が喪服を着ているわけではなく、普通の背広上下姿の男性、スーツ姿の女性もいる。

こういった遠忌法要の中でも、寛師会の他に大石寺60世阿部日開、62世鈴木日恭、64世水谷日昇、65世堀米日淳、66世細井日達といった近代の法主の遠忌法要はひときわ盛大な法要になる。

藤本日潤総監、大村寿顕(日統)教学部長、早瀬義寛(日如)庶務部長、尾林広徳(日至)海外部長、秋元広学渉外部長、長倉教明財務部長、八木信栄(日照)大石寺主任理事といった宗務院・内事部の役僧が列席するほかに、大物寺族も大石寺に参拝する。

その大物寺族の中でひときわ目立つのが、大石寺67世阿部日顕法主夫人である阿部政子氏である。

私のとなりにいた大石寺事情に詳しい人が、「あの人だよ」と、私に教えてくれた。そのときにはじめて私は阿部日顕夫人を見たのだが、ずいぷ゛ん派手っぽいというか、ちょっとケバイくらいの化粧と服に見を包んだオバサンという印象をもった。長年、住職夫人、法主夫人をしてきた人だから、あまり生活感がない人に見えた。この人、たしか阿部日顕法主とそんなに年齢差はないはず。私がはじめて阿部政子氏を見たとき、たしか70才すぎだったはずなのだが、あの派手な着こなしからして、70才台の女性には見えなかったですね。

それから阿部政子氏という人物は、阿部日顕夫人ということで、日蓮正宗大石寺での待遇は末寺住職を上回る超VIP待遇。

67世日顕4 

続きを読む

なぜ大石寺法主はプレジデント・ベンツ等の超高級車に乗って移動しているのか

「アンチ日蓮正宗」でも、ずいぶん前から大石寺法主や末寺住職が、庶民感覚とはおおよそかけ離れた贅沢をしていることを批判してきているが、当の日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主をはじめ、宗務員役僧、末寺住職が高級車に乗っている姿は、いろいろな人に見られているのに、ぜんぜん気がついていないようなのである。

日蓮正宗内部の情報では、阿部日顕法主の本山内移動の時は、日産プレジデント。地方に行く時はベンツに乗る。しかも日産プレジデントの最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラス。

宗務員役僧の一人、秋元広学渉外部長が住職を務める宣徳寺では、1980年代の住職送迎は日の丸リムジンの超高級ハイヤー。

末寺住職にしたところで、1990年代前半の、まだ携帯電話が一般に普及していなかった時代に、自動車電話付き高級車に乗っている姿を、多くの人に見られている。

 

だいたい、どうして法主や末寺住職はこんな超高級車に乗る「必要性」があるのか。

「必要性」があれば、たとえ高級車に乗っていても、誰も「贅沢だ」とは批判しないだろう。

しかし法主や宗務役僧が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデント、ベンツ、リムジンハイヤーに乗らなくてはならないのか。どうして防弾ガラスが入っていない一般の乗用車ではダメなのか。

そもそも客殿から大石寺墓苑に行く時とか、大石寺内を移動する時に、どうしてわざわざ防弾ガラス付きの日産プレジデントに乗っていかなくてはならないのか。

否、車で移動する必要すらないはずだ。大石寺内を移動するだけだったら、別に徒歩で移動したっていいはず。

しかも「諸天善神に守護される」はずの法主が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗る必要性があるのか。これなんどは、必要性どころか、矛盾しているとしか思えない。

「諸天善神に守護される」法主は、防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗るのではなく、むしろ防弾ガラスが入っていない一般の乗用車に乗るべきではないのか。

こういうふうに考えていくと、法主や宗務役僧が、超高級車に乗る「必要性」は認められない。

「必要性」がないのに、そんな高級車に乗っているというのは、供養金に上に胡座(あぐら)をかいた贅沢としか言いようがないではないか。

この問題をかつて「アンチ日蓮正宗」で内部討議したところ、こんな意見が噴出した。

 

「>諸天善神に守護される」はずの法主が~…

法主には『敵がいっぱい』って自ら喧伝しているようなものですよね(笑)あと前法主(阿部日顕)夫妻と娘の億ション所有、海外での豪遊も聞いたことがあります。日蓮正宗の信仰とは言っても、所詮は世間の『商売』と同じだ、と言いたくもなります」(アンチの女性)

67世日顕4


続きを読む

日蓮正宗大石寺の法主は現代の封建専制君主か

「丑寅勤行」開始に伴う大客殿の開門は、午前210分ごろ。

真っ暗になった大客殿前広場には、大石寺近隣に住んでいる熱心な信者が数人来ていて、開門を待ち構えていた。丑寅勤行は、毎日深夜に行われているのだが、大石寺近隣に住む熱心な信者の中に、毎日、大石寺の丑寅勤行に参詣している人がいる。

大客殿3


大石寺の「丑寅勤行」には、信者以外にも、いろいろな人が訪れている。あのジャーナリスト・内藤国夫氏も、大石寺の深夜の「丑寅勤行」に出たことがあると聞いたことがある。

 

大客殿の大広間は、かなりスペースが広いところであるが、いわゆる世間の暖房、冷房といった空調設備がない。夏になるとここは、大広間の大きな窓を開けるだけ。冬は、窓を閉めるだけ。

したがって、大石寺の大客殿は、夏はものすごく暑く、冬はものすごく寒い。

もっとも、一宗の総本山の寺院で、出家・在家が「修行」する場所であるという建て前であるから、暖房や冷房なんて、入っているほうが、おかしいのかもしれないが。

 

大石寺の「丑寅勤行」は、毎朝午前230分から行われているものだが、宗創和合時代においては、創価学会や法華講連合会の団体一泊登山が、宗創戦争が勃発後においては、法華講連合会の団体一泊登山が行われている日は、登山信者も「丑寅勤行」に参加するため、大客殿の大広間は信者でほぼいっぱいになったが、そうでない日は、「丑寅勤行」には、大石寺近隣の信者が参詣に来るだけのようである。したがって、そういう日は、大客殿の「丑寅勤行」に来る信者数は少なく、十数人ぐらいしかいない。

 

大客殿の後方で、黙って様子を見ていたら、午前220分すぎに、大客殿左側で、一人の所化僧が、太鼓を思い切り叩き出したのである。

これは、「丑寅勤行」に法主が出仕する時に鳴らす「出仕太鼓」という。

「丑寅勤行」には、私一人のときだけでなく、二人で行ったこともあったのですが、この大客殿の出仕太鼓を見て、私の友人が「まるで殿様だな」と呟いたことが私の耳を離れない。

出仕太鼓の音とともに出仕してくるとは、まさに江戸時代の将軍か、大名か、お代官様か、といったところではないか。まさに日蓮正宗大石寺の法主は、現代の封建専制君主である。

日蓮正宗の偉そうな僧侶を、それこそたくさん私も見てきたが゜、究極の偉そうな僧侶は、この法主だろう。

 

続きを読む

阿部日顕にとってよほど目障りだった大客殿の池田大作建立寄進のプレート

私が、はじめて日蓮正宗大石寺67阿部日顕法主という人物を直接見たのは、大石寺の丑寅勤行(うしとらごんぎょう)に入って見学した時が最初である。

丑寅勤行とは、毎日深夜午前230分から約1時間にわたって客殿で行われる、法主の朝の勤行である。

丑寅勤行3

 

大石寺の客殿の行事、丑寅勤行は、基本的に誰でも入れるものであり、霊宝虫払い大法会や御大会といった特別な行事と重ならない限り、特に入場制限はない。つまり、基本的に誰でも参詣できる堂宇なのである。

私が丑寅勤行で入ったのは、今の客殿ではなく、1964(昭和39)1995(平成7)9月まで大石寺に存在していた「大客殿」であった。

大客殿は、鉄筋コンクリート5階建てで、1Fはピロティー、2Fは下足室、3Fから5Fまで吹き抜けの630畳敷きの大広間になっていた。

設計は後に正本堂を設計した横山公男氏で、地震に対しての強度も震度8でも充分耐えられるよう設計されたということであったが、日蓮正宗の公式発表によると、19951月の阪神・淡路大震災を契機に建設関係者による耐震診断が行われ、東海地震が発生した際に倒壊の危険性が大きいことを指摘され、大客殿を解体し現在の客殿の建て替えに踏み切ったという。

震度8の地震にも耐えられるはずの大客殿が倒壊してしまう危険性がある「東海地震」とは、一体、震度いくつの設定で計算したのだろうか。まあ、これなんかは、日蓮正宗大石寺の「脱池田大作」「脱創価学会」を目指す阿部日顕の意図がミエミエです。

 

大石寺の客殿は、1465年(寛正6年)3月、日蓮正宗大石寺9世法主日有が創建したものであるが、14世日主、27世日養、52世鈴木日霑、64世水谷日昇の代に、それぞれ再建・新築されてきている。

この大客殿は、昭和三十年代後半の創価学会が勢力を急拡大していた時に、創価学会の供養・寄進により落慶したもので、1964(昭和39)4月の大客殿落慶法要の席上で、池田大作が日蓮正宗大石寺66細井日達法主から、日蓮正宗法華講総講頭に任命されている。

池田総講頭任命1


大客殿の建設準備にあたっては、世界各国より建設資材として大理石やカナダ・ヒマラヤ杉・コンクリートの砂にはガンジス河の砂を使用した。大客殿ピロティーのホール壁面には高さ三メートル、幅十二メートルの陶壁「鳳鳳」が飾られていた。

現在はこれは、広布坊1階ロビーに飾られているという。これは日本画壇の最高峰・加山又造氏が下絵を描き、陶芸家・加藤唐九郎が制作したという現代日本を代表する芸術家の合作だった。

 

大客殿の中央須弥壇には、大石寺の開祖・日興が書写して大石寺創建時に日目に授与した「御座替り御本尊」を1706年に模写彫刻した板本尊が祀られている。

板本尊に向かって左側には日蓮の木像が祀られ、板本尊に向かって右側には日興の木像が祀られている。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ