アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 日蓮正宗の法主専政・非民主的封建体質批判

□大石寺境内を移動するときも輸送班幹部の護衛が付くVIP待遇の阿部日顕夫人   大石寺歴代法主の遠忌法要では、能化、宗務役員の高僧、全国の住職・寺族と法華講が大石寺に登山して客殿で盛大な法要が営まれる。有名なのは日蓮正宗大石寺26世法主日寛の祥月命日に大石寺 ...

「アンチ日蓮正宗」でも、ずいぶん前から大石寺法主や末寺住職が、庶民感覚とはおおよそかけ離れた贅沢をしていることを批判してきているが、当の日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主をはじめ、宗務員役僧、末寺住職が高級車に乗っている姿は、いろいろな人に見られているのに ...

「丑寅勤行」開始に伴う大客殿の開門は、午前2時10分ごろ。 真っ暗になった大客殿前広場には、大石寺近隣に住んでいる熱心な信者が数人来ていて、開門を待ち構えていた。丑寅勤行は、毎日深夜に行われているのだが、大石寺近隣に住む熱心な信者の中に、毎日、大石寺の丑寅 ...

↑このページのトップヘ