アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺未入信者で『戒壇大本尊』御開扉を受けた人

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺66世日達を斬る(15)~創価学会折伏大進撃で「大石寺信者のみ『戒壇大本尊』御開扉を受けられる」と変わった

■論破15・細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』粉砕す」の妄説を斬る5

 

□創価学会折伏大進撃で「大石寺信者のみ『戒壇大本尊』御開扉を受けられる」と変わった

 

「大石寺においても、末寺の添書(証明書)がなければ、僧であれ信徒であれ、入山・参詣は許しません」という文の意味は、いつから「大石寺本末信者以外は『戒壇の大本尊』御開扉を受けられない」という意味になったのか。

これは第二次世界大戦後における創価学会の折伏大進撃と関係がある。というか、創価学会の折伏大進撃によって、「大石寺においても、末寺の添書(証明書)がなければ、僧であれ信徒であれ、入山・参詣は許しません」という文の意味が、「大石寺信者のみ『戒壇大本尊』御開扉を受けられる」と変わったのである。

つまりどういうことかというと、創価学会の折伏大進撃で、日蓮宗や法華宗、他の富士門流寺院までどんどん折伏活動を拡大していく中で、創価学会が信者獲得の手段として、

「大石寺本末信者以外は『戒壇の大本尊』御開扉を受けられない」ということを折伏の決まり文句の一つとした。よって「大石寺本末信者以外は『戒壇の大本尊』御開扉を受けられない」というのは、創価学会の文献に出てくる。

これが昭和二十年代、三十年代から四十年代にかけて創価学会が急激に教線を拡大して、この当時は実質的に「日蓮正宗の信者=創価学会員」という状況が生まれていた。

そういう中で「大石寺本末信者以外は『戒壇の大本尊』御開扉を受けられない」ということになっただけのことである。

よって日蓮正宗大石寺、僧侶、檀家、先祖代々からの法華講には、「大石寺本末信者以外は『戒壇の大本尊』御開扉を受けられない」という意識は全く皆無である。

室町時代には、日蓮宗の寺院・下総(千葉県)妙興寺の僧侶・大法院日憲が「御開扉」を受けた記録が残っているし、日蓮正宗大石寺55世法主下山日布の大導師で、宗教学者・姉崎正治博士、国柱会の山川智応氏、長瀧智大氏が、「戒壇の大本尊」なる板本尊の「御開扉」を受けたことがあった。

昭和二十年代、三十年代から四十年代にかけての創価学会折伏大進撃の時代でも、日蓮正宗・宗外の人が大石寺にて「戒壇の大本尊」の御開扉を受けている。

文学博士で立正大学図書館長である宮崎英修氏は、「月刊ペン」昭和51(1976)10月号寄稿論文「大石寺・板曼荼羅についてその価値と成立」の中で、日蓮宗の僧侶・稲田海素氏が日蓮遺文調査で大石寺に行ったとき、「戒壇の大本尊」御開扉を受けたことがあることを書いている。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

大石寺66世日達を斬る(14)~歴代法主説法に未入信者は「戒壇大本尊」御開扉を受けられないとは書いていない

■論破14・細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』粉砕す」の妄説を斬る4

 

---------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の妄説)

他山では進んで写真に出して宣伝しているのに大石寺ではしないという。此れも写真に出して何の効があるのか。(細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」p11)

よくも斯様な出鱈目(でたらめ)が言えたものと唯あきれかえるばかりである。一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずるから根もないことを誠しやかに論ずることになる。

(細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」p1112)

----------------------------------------------------------

歴代法主説法に未入信者は「戒壇大本尊」御開扉を受けられないとは書いていない

 

この言葉を書いているのは、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主であるが、これは何も細井日達に限らず、日蓮正宗の僧侶・信者・信者団体が口をそろえて言う、代表的な詭弁である。

つまり「戒壇の大本尊を写真に出して何の効があるのか」と言って、外に対しては、「戒壇の大本尊」の公開を拒否しておいて、その一方では「(戒壇の大本尊を)一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずるから根もないことを誠しやかに論ずる」などと言って、日蓮正宗外部の大半の人が「戒壇の大本尊」を拝していないことをいいことに、「一度も拝していないのに、戒壇の大本尊を批判するな」と言って、戒壇の大本尊偽作説をことさらに下そうとするわけである。

何としてでも、戒壇の大本尊偽作説を封じ込めたいのであろうが、まことに悪辣な奇弁と言うべきである。

まず第一に、「(戒壇の大本尊を)一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずる」と言うなら、日蓮正宗未入信者でも、過去に「戒壇の大本尊」の御開扉を受けた人が少なからずいたことを言わなくてはなるまい。このことをかつて「アンチ日蓮正宗」内部で議論したところ、日蓮正宗元信者から、

「どうして未入信の人が、『戒壇の大本尊』の御開扉を受けることが出来たのか」

「輸送班がカードを固めている正本堂に、どうして未入信者が入ることが出来たのか」

という意見が複数寄せられた。

日蓮正宗では、「日蓮正宗の僧俗以外の者は絶対に『戒壇の大本尊』の御開扉を受けられない」と言って、徹底的に洗脳している。この洗脳によって、日蓮正宗の信者から戒壇の大本尊偽作説を遠ざけ、封じ込めようとする。日蓮正宗の元信者ですら、ここまで日蓮正宗の洗脳から脱出できないでいるわけだから、日蓮正宗の現役信者の洗脳度については、推して知るべしである。

さて、問題は日蓮正宗では、「日蓮正宗の僧俗以外の者は絶対に『戒壇の大本尊』の御開扉を受けられない」と言っているが、これは全くのウソであるということである。

この歴史の真実をはっきりさせておくべきである。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(239)~日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた内拝券ダフ屋から内拝券を買った人他

■検証239日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた6(その他)

 

日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた内拝券ダフ屋から内拝券を買った人他

 

日蓮正宗に入信していないのに、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けた人は、他にもいる。日蓮正宗大石寺理境坊妙観講のが発行している小冊子「化儀抄のやさしい解説()」には、こんなことが書いてある。

「以前、顕正会や正信会の人が内拝券をごまかして御開扉を受けた、という話しを耳にしたことがあるが…」(「化儀抄のやさしい解説()p38)

 

顕正会とは、1974(昭和49)年に日蓮正宗から破門された妙信講が改名したものであり、正信会は、1980(昭和55)年以降、日蓮正宗vs創価学会問題の中で、最終的に法主の血脈を否定して破門になった僧俗の一団。どちらも、日蓮正宗から破門されたわけだから、未入信者と同様、正規の手続きであれば、「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けることは許可されない人たちである。それがなぜ、顕正会や正信会の信者が、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けることができたのか。

それは、1991(平成3)年正月に日蓮正宗と創価学会の宗創戦争が勃発し、その年の7月に大石寺登山参詣の制度が改正される以前においては、日蓮正宗末寺寺院の受付窓口において、自分が創価学会員であり、大石寺に登山参詣したいと申し出れば、ほとんどノーチェックで、添書が発行され、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けることが出来たのである。

つまり創価学会員でなくても、寺院の窓口で「私は創価学会員だ」と言って、本部名・支部名を名乗れば、寺院は創価学会員の信徒名簿を持っていなかったため、全くフリーパス・ノーチェックで添書が発行されていた。

1991(平成3)7月の登山制度改定によって、添書登山でも登山信徒名簿への登録が必要になり、法華講員以外は、運転免許証などの身分証明書の提示が必要になった。これによって、部外者が末寺寺院から添書を発行してもらうことがむずかしくなったわけだが、それでも、日蓮正宗未入信の部外者が、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けることを完全に閉ざされたわけではない。それはなぜか。その後もこういったことがあるのである。

 

□内拝券を持っている法華講員が未入信者・部外者に内拝券とワッペンを売っている

これは、GREEの法華講員専用コミュニティの掲示板に堂々と、「部外者に内拝券を売っている法華講員がいる」という書き込みが為されている。さしずめ、内拝券のダフ屋みたいなことをしている法華講員がいるということですね。

大石寺・正本堂御開扉1


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(238)~日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けたパナマの独裁者・ノリエガ将軍

■検証238日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた5(ノリエガ将軍)

 

日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けたパナマの独裁者・ノリエガ将軍

 

現代の20世紀の時代においても、未入信者が「御開扉」を受けた実例があった。その人物とは、かつてのパナマの独裁者・ノリエガ将軍である。ノリエガ将軍が「御開扉」を受けた場所は、正本堂であり、池田大作を通じてノリエガ将軍が「御開扉」を受けたということに他ならない。

池田大作とノリエガ将軍の関係は古く、両者は1974(昭和49)年以来、パナマ、日本、ハワイでしばしば旧交を温め合ってきている。

池田大作・ノリエガ1


そのノリエガ将軍が、1991年の宗創戦争勃発以前の「宗創和合時代」において、池田大作の尽力で、「戒壇の大本尊」なる板本尊が格蔵されていた日蓮正宗大石寺正本堂に参詣している。そのノリエガ将軍の正本堂参詣を創価学会の機関紙「聖教新聞」は、以下のように伝えている。

 

(ノリエガ将軍は)正本堂に参詣してパナマ国家の健全な発展に向けての出発点にした」(19741029日付け『聖教新聞』)

「この日(ノリエガ)将軍は(池田名誉会長との)会談に先立って総本山大石寺に拝観しており、名誉会長も前日の雨も止み、晴天の中での総本山拝観は、まさに貴国の大発展を象徴していると思うと喜びを述べ…」(1985531日付け『聖教新聞』)

「なお、この日午後、同将軍は総本山大石寺に詣でた」(19861214日付け『聖教新聞』)

 

大石寺に「参詣」「詣でる」というのは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の「御開扉」を受けることを意味する。これは「日蓮正宗の常識」である。創価学会も、池田大作をはじめ最高幹部の登山を大石寺「参詣」「参拝」とか正本堂「参詣」「参拝」と呼び、「御開扉」を受けるための正本堂への入場券のことを「参拝券」と呼んでいた。(内拝券とは呼んでいなかった)

こういったことからか、199021日号「ニューズウィーク」誌が、「ノリエガ将軍・創価学会員説」を報道している。この報道に対して、創価学会本部が「ノリエガ将軍の創価学会入信」を公式に否定したとのコメントが載せられている。しかし創価学会はノリエガ将軍が正本堂で「御開扉」を受けたことは否定していない。

19891221日、アメリカ軍がパナマに侵攻し、ノリエガ邸に突入したところ、ノリエガ邸内には、「ブードゥ」や「黒魔術」などといわれる呪術の儀式のための生き血が祭器の中に残されていたという。ノリエガ将軍が創価学会に入信していたとしたら、自宅でこんな呪術の儀式をしていたとは、とても考えにくいものがある。つまりこれは、ノリエガ将軍は、創価学会本部のコメントのように、「創価学会員ではない」ということであり、ノリエガ将軍の正本堂参詣も、日蓮正宗未入信者が「御開扉」を受けた事例ということになろう。

ノリエガ1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(237)~日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた日蓮宗の僧・稲田海素

■検証237日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた4(稲田海素)

 

日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた日蓮宗の僧・稲田海素

 

文学博士で立正大学図書館長である宮崎英修氏は、「月刊ペン」昭和51(1976)10月号に寄稿した論文「大石寺・板曼荼羅についてその価値と成立」の中で、下記のことを書いている。

-----------------------------------------------------

(宮崎英修氏の論説)

次に実物の調査結果を言えば、かつて稲田老師は、御遺文対照の為、大石寺におもむいた時、これ(戒壇の大本尊)を見ることができたが、真っ赤な偽物であったといっておられる。以来、石山(大石寺)門徒は、宗外批判を恐れ具眼の者には絶対に見せぬように秘匿しているが、偽物を以て閻浮総与の本尊としていることは、まことに哀れむべきものといわねばならない。

(「大石寺・板曼荼羅についてその価値と成立」・「月刊ペン」昭和5110月号p61p62)

------------------------------------------------------

ここに出てくる「稲田老師」とは、日蓮宗の僧侶・稲田海素氏のことと思われる。稲田海素氏の略歴とは、下記に記す如くである。

 

□稲田海素( いなだかいそ・18691956)

 

明治-昭和時代の日蓮宗の僧。新潟県出身。法名は日達。

明治2(1869)111日生まれ。加藤文雅が開宗650年記念事業として出版を発願した「日蓮聖人御遺文」の編集にくわわる。全国各地の真筆,古写本を調査,校訂し,明治37(1904)刊行。

のち「日蓮聖人御真蹟」も編集。その生涯を日蓮遺文の研究にささげた。

昭和31(1956)226日死去。86歳。

(デジタル版 日本人名大辞典より)

 

この稲田海素氏という人も、日蓮正宗の僧侶・寺族・信者のいずれでもない人である。そういう人物がやはり大石寺で「戒壇の大本尊」の御開扉を受けて、実見した結果、「戒壇の大本尊」は偽物だと、宮崎英修氏に語ったというのである。

稲田海素氏は、日蓮の遺文調査で大石寺に行ったときに、「戒壇の大本尊」の御開扉を受けたというから、時期的には明治・大正・昭和前半の頃であろう。

このころは、由井一乗氏が「戒壇の大本尊」の写真を大石寺の許可を受けて撮影したり、宗教学者・姉崎正治博士、国柱会の山川智応氏、長瀧智大氏らが大石寺で「戒壇の大本尊」の御開扉を受けた時期とも重なる。

奉安殿3


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ