アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺68世法主・早瀬日如の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺68世日如を斬る(1)~早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大虚妄である

■論破1・大石寺御影堂は日興の創建ではなく12世日鎮の創建・17世日精の再興である1

 

       □早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大虚妄である

 

日蓮正宗大石寺は201312月に、日蓮立正安国論七百五十年記念事業のひとつである「御影堂大修理工事」を終了させ、落慶法要を営んだ。これで調子づいたのか大石寺68世早瀬日如法主が、「大石寺御影堂は日興の創建」なる妄説を説き始めた。それらを抜粋してみたい。

------------------------------------------------------------

(大石寺68世日如の大石寺御影堂日興創建の妄説)

私共はその歓びと共に、大改修成った御影堂の偉容に負けない強盛なる信心を築いていくことが肝要であります。即ち、御影堂は古くは日興上人の創建によるものであり、その日興上人の御生誕七百七十年を愈々(いよいよ)明年に迎える本年、私共は御報恩のため、前途に如何なる障害や困難が惹(じゃっ)()しようが、法華講員五十パーセント増の誓願は、講中の総力を結集して、なんとしてでも達成しなければなりません。

(大白法・平成26年1月1日刊・新年の辞)

--------------------------------------------------------

そもそも、当山の御影堂の創建は遠く日興上人に遡(さかのぼ)りますが、このたび大改修された堂宇は、寛永91632)年、第17世日精上人の時、阿波徳島藩藩主・蜂須賀至鎮公夫人、敬台院殿の寄進により再建されたものであります。

(平成二十六年 元旦勤行・大白法・平成26年1月16日刊)

-----------------------------------------------------------

しかるところ、平成二十七年の日興上人の御生誕七百七十年の佳節を明後年に控えた本年、それに先立ち昨日、日興上人の御創建による御影堂の大改修落慶大法要が、皆様方の尊い御供養と多大なる御尽力により、めでたく奉修申し上げることができましたことは、この上ない悦びであります。(平成25年大石寺御大会・大白法・平成25年12月16日刊)

---------------------------------------------------------

このように御影堂大修理工事落成を控えたころから、大石寺68世早瀬日如法主が、「大石寺御影堂・日興創建説」を言い出した。2015年の「日興生誕七百七十年」に向けて士気を鼓舞したいのかもしれないが、それにしても、またしても歴史を歪曲した妄説を言い出したのには、全く呆れ果てて言葉も出ない。これはもはや、妄説を通り越した、早瀬日如の捏造説と言っても過言ではない。そこでここでは、「大石寺御影堂・日興創建説」なるものが早瀬日如の大虚妄説であることを明らかにしたい。

68世日如D1
 

(大石寺68世早瀬日如法主・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む

日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主の「75000人総会」での説法を斬る2

---------------------------------------------------------------------------

(1からのつづき) 

そこで、これらの意味から、この先の目標について申し上げたいと思います。

宗門は、本年から数えて十二年後の平成三十三年に「宗祖日蓮大聖人御誕生八百年」を迎えます。そして、その中間に当たる六年後の平成二十七年には「第二祖日興上人の御誕生七百七十年」を迎えます。そのうち、まず日興上人の御誕生七百七十年の平成二十七年までに、全国のすべての法華講支部は、現在の講員数の五十パーセント増を目指して、折伏実践の確実な歩みをもって仏祖三宝尊に御報恩謝徳申し上げていくことが肝要であります。

さらにその先、この確実な成果の上に立って、さらに折伏を重ね、平成三十三年、宗祖日蓮大聖人御誕生八百年までには、御誕生八百年にちなんで、法華講員八十万人の体勢を築き、大法広布に資していきたいと思います。 なお、大法要および結集・総会等の詳細については、その時の状況に応じて執り行っていきたいと思います。 今までにも再三申し上げてきたように、このたびの七万五千名大結集総会は、御命題にお応えして、法華講の七年間にわたる広布への戦いの成果を示す重要な意義を持った大総会でありますが、同時に、新たなる戦いに向けての大出陣式でもあります。 この意義をもって、今日お集まりの皆様には、一人ひとりが広布の戦士として講中の中核となり、次の目標を目指していよいよ御精進くださることを心からお祈り申し上げ、本日の挨拶とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------

これが、早瀬日如法主の指南の全文。

これを読んでいると、68世法主・早瀬日如という人物も、先代の法主・阿部日顕に負けず劣らずのウソつきであると、つくづく思わされてしまう。早瀬日如法主は

「七年間にわたる弛まぬ努力が実り、七万八千四百二十三名の参加をもって、見事、御命題にお応えして立正安国論正義顕揚七百五十年記念七万五千名大結集総会を開催することができたのであります」

なんて言っているが、奉安堂落慶記念大法要の折に阿部日顕法主が言った命題とは

「地涌の友の倍増乃至、それ以上の輩出と大結集」(2002111日付け「大白法」より)

というものである。

「地涌の友」とは法華講員のことだが「倍増乃至、それ以上の輩出と大結集」ということだから、2002年の三十万総登山会に比較しても、2009年には、六十万登山を行い、又、1994年の六万総会に比較したら、今年は十二万人総会を行っていなくてはならないはずである。

ところが今年は六十万登山どころか、最初から十万人減らした「五十万登山」といい、しかもその内容は、法華講の支部総登山、連合会の団体登山会なども全て含めた数字であるというから、明らかに、これらの結果は、2002年当時の阿部日顕の思惑からすれば、大幅に後退した内容ではないか。

67世日顕7 

続きを読む

日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主の「75000人総会」での説法を斬る1

2009726日に大石寺で行われた、「立正安国論正義顕揚七百五十年記念75000名総会」の席において日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主は、下記の如くの指南を日蓮正宗の全ての僧侶・信者に対して行った。

----------------------------------------------------------------

(2009726日「75000人総会」での早瀬日如法主の指南)

本日は、諸天が寿ぐなか、「立正安国論正義顕揚七百五十年記念七万五千名大結集総会」が、御隠尊日顕上人猊下の御臨席を仰ぎ、全国より法華講支部指導教師各位ならびに法華講員、合計七万八千四百二十三名が集い、このように盛大に開催され、まことにおめでとうございます。

初めに、この立正安国論正義顕揚七百五十年記念七万五千名大結集総会に至るまでの経過を申し上げたいと思います。

まず、平成二年七月に大石寺開創七百年を記念して「法華講連合会第二十七回総会」が、総本山大客殿広場において行われました。

それ以前の法華講連合会の総会参加者は毎年、一万数千人程度でありました。こうした状況を見て、日顕上人猊下は法華講の将来を慮られ、昭和五十八年に、七年後の平成二年の大石寺開創七百年に「法華講三万名の結集」を命ぜられたのであります。

以後、法華講はその御指南にお応えすべく、僧俗一体となって戦ってきた結果、平成二年、大客殿広場において行われた総会は、目標の三万名をはるかに超え、四万一千九百名の結集をもって大成功裡に行われたのであります。この体験が法華講に大きな勇気と感動を与え、これを契機として法華講の大躍進が始まったのであります。

そして、その総会の折、日顕上人猊下より、四年後の平成六年に「地涌六万人結集」の御命題が下されたのであります。

また、この間に創価学会問題が起こり、三宝破壊の大罪を犯し、大謗法団体となった彼らは、宗門から破門され、離れていったのであります。

一方、法華講は、学会を脱会して正しい信心を求める純信な御信徒が日ごとに増え、各地方で陸続と法華講支部が結成されました。また折伏も進み、その結果、平成六年の地涌六万人総会は、本日と同じこの広布の広場において、六万八百余名が結集して盛大に執り行われたのであります。そして、この地涌六万大総会の砌、日顕上人猊下より新たに、八年後の平成十四年・宗旨建立七百五十年に「三十万総登山」の御命題が下されたのであります。

しかるところ、その四年後の平成十年に、耐震的に問題のあった総本山大客殿の建て替え工事が行われ、「客殿新築慶祝記念大法要・十万総登山」が、法華講員の新客殿落慶を祝う歓喜のなかで行われ、合計十万二千余人の参加をもって盛大に奉修されたのであります。

その後、平成十四年に「宗旨建立七百五十年慶祝記念法華講三十万総登山大法要」が六十会にわたって盛大に奉修され、ここでも三十万人を上回る三十四万九千余人が登山され、歓喜のうちに大法要を奉修し、御報恩申し上げることができたのであります。

68世日如1


続きを読む

早瀬日如のこんな折伏誓願達成話が額面通りに解釈できるか!!

日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主が、日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」平成23年1月1日号における「新年の辞」の中で、実に奇妙なことを言っている。

 

「昨年は全国的に講員御一同の勇猛果敢なる活躍によって、過半数を大幅に上回る多数の支部が折伏誓願を達成されましたことは誠に慶びに堪えません。中でも特筆すべきは、岐阜布教区・愛知東布教区・青森布教区・北近畿布教区・山口布教区・熊本布教区・静岡西布教区では全支部が強烈に折伏を推進し、管内すべての支部が折伏誓願を達成いたしました。

是れも偏(ひとえ)に誓願を達成された布教区の指導教師各位並びに御信徒各位が広布の一念に燃え、異体同心・一致団結してあらゆる困難を乗り越え、障害を克服して果敢に戦ってきた結果であり、各位の健闘に衷心より敬意を表します。」

68世日如6

 

早瀬日如の弁によれば、全国の法華講の中で、2010年度は、半分以上の講中が「折伏誓願目標」を達成し、中でも岐阜・愛知東・青森・北近畿・山口・熊本・静岡西の布教区の法華講は、全支部が「折伏誓願目標」を達成したのだとか。

 

この話、額面通りに解釈できますかね?できるわけ、ありませんよね。

なぜか、言いましょうか。

 

「折伏誓願目標」の達成などと言うと、実に法華講員たちには聞こえが良いのだろうが、この中身が問題。

私の元には、昨年、日蓮正宗は、折伏数のカウントを、本尊下附をした数から、授戒・勧戒を受けた人数に改めた、という情報が入ってきている。

勧戒というのは、創価学会、顕正会、正信会、元日蓮正宗信者が、日蓮正宗に再入信したもの。授戒とは、これら日蓮正宗系以外から日蓮正宗に入信したもののことである。

本尊下附なら1世帯1体だが、授戒・勧戒を受けた人数なら、1世帯4人全員が入信すれば、折伏成果を「4」に「水増し」できる。

法華講夫婦に子どもが生まれて、すぐに寺院で授戒させたら、これも折伏成果「1」となる。

「まさか」と思うかもしれないが、法華講はこれくらいは序の口である。

 

本尊下附をした数で折伏成果をカウントしていた頃も、息子の独立、娘の結婚で、新たに本尊下附をしたものまで、折伏成果「1」にカウントしていた。

こんなことをやったあげくの「折伏誓願目標」の達成なのである。

額面通りに解釈できるわけないでしょうが。

 

何が何でも「達成したことにする」「勝利したことにする」戦術だというなら、まさに池田大作・創価学会が今までさんざんやってきたことと全く同じ。

まさに、こういうことも日蓮正宗と創価学会が「目くそ鼻くそ」である証拠に他ならない。

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ