アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 大石寺68世法主・早瀬日如の妄説を斬る

■論破1・大石寺御影堂は日興の創建ではなく12世日鎮の創建・17世日精の再興である1          □早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大虚妄である   日蓮正宗大石寺は2013年12月に、日蓮立正安国論七百五十年記念事業のひとつである ...

--------------------------------------------------------------------------- (1からのつづき)  そこで、これらの意味から、この先の目標について申し上げたいと思います。 宗門は、本年から数えて十二年後の平成三十三年に「宗祖日蓮大聖人御誕生八百年」を迎えま ...

2009年7月26日に大石寺で行われた、「立正安国論正義顕揚七百五十年記念75000名総会」の席において日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主は、下記の如くの指南を日蓮正宗の全ての僧侶・信者に対して行った。 ---------------------------------------------------------------- ...

日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主が、日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」平成23年1月1日号における「新年の辞」の中で、実に奇妙なことを言っている。   「昨年は全国的に講員御一同の勇猛果敢なる活躍によって、過半数を大幅に上回る多数の支部が折伏誓願を達成 ...

↑このページのトップヘ