アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

池田大作・創価学会の創価学会員支配・独裁的権力構造の検証

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(216)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証1(権力構造)

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証1(権力構造)

 

居並ぶ創価学会幹部たちの面前で区本部長に対して実質的な解任を宣告してしまうとは、池田大作の権力は、それこそ超独裁権力と言うべきである。しかも記念懇親会という、総会でも本部幹部会でもない、極めて臨時に開かれた会合での、突然の解任宣告。そして1ヶ月も経たないうちに、まさに電光石火の如く、あっという間に池田大作の意向を汲んだ人事を実現してしまう創価学会という組織。池田大作が握っている創価学会内部における独裁権力は、それこそすさまじいものがある。あるいは、創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事で、劇団Nオーナー兼プロデューサーでもあった小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」に行っていた当時、こんなこともあった。「太陽作戦」展開中の中、小矢木隆(仮名)宅で行われていた創価学会地域組織の地区座談会を覗いてみたことがあった。その時、その座談会には、年齢が30代前半のころの男子部副本部長が来て、話しをしていた。その数日後の「鍋宴会」の時、小矢木隆(仮名)はこんな秘話を語っていた。「あの人は、男子部の元全国幹部だった人なんだが、ある時、何かがあって全国幹部を解任されて、平の会員に降格になったんだ。それで平の会員から、班長、地区幹部、部幹部、副本部長と上がってきた人なんだ」…。あるいは、この人ではないが、かつて創価学会全国男子部長として、聖教新聞にもよく登場していた人物が、男子部から壮年部入りしたとたんに、パッタリ、公の場に姿を見せなくなった人物がいる。

一般の会社でも、会社の幹部会や支社長会議、支店長会議といった幹部が勢揃いする公の場で、ある幹部に実質的な解任宣告を出す社長というのは、よほどの独裁権力を握る社長である。それでは権力とは一体、何なのか。辞書によれば次のように載っている。

「他人を強制し服従させる力。特に国家や政府などがもつ、国民に対する強制力。「権力を振るう」「権力者」」(デジタル大辞泉)

「他人を支配し従わせる力。特に国家や政府が国民に対して持っている強制力。 「権力を失う」」 (大辞林 第三版)

「権力とは一般にある主体が相手に望まない行動を強制する能力である」(フリー百科事典・Wikipedia)フリー百科事典・Wikipediaは、さらに権力について次のように解説している。

「権力という概念は、17世紀の力学の発展を背景として生み出された。すなわち、物体はその位置エネルギーと運動エネルギーから力学的エネルギーを生じさせる。これと同様に、何らかの「権力手段」、「基礎価値」をもつことによって、ある者が他者をその意に反してでも行動させうる、特別な「力」を保有している、という理解が生まれた。こうした権力観を「実体的権力観」という。権力は、社会のあらゆる場面で成立する余地がある。一般に政治的な場面で用いられる権力(「政治権力」)といえば、一定の範囲の住民すべてに及ぶ強制力を有し、それを服従させるようにまで至った権力のことをさす。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(180)~創価学会幹部の特権に酔いしれ池田崇拝、池田教の世界にのめり込んでいく創価学会員

■創価学会幹部の特権に酔いしれ池田崇拝、池田教の世界にのめり込んでいく創価学会員

 

池田大作が本山担当・輸送担当創価班員に、大石寺で配布していた「そば券」のせいか、累計で百回以上も「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けていた東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長で創価班の清水谷文夫(仮名)は、完全な池田大作心酔信者になっていた。しかし部外者の私から見れば、実に不可解な「そば券」である。池田大作は創価班に「ご苦労様」という意味合いで、「そば券」を配っているというが、私に言わせれば、そんなことをするくらいなら、夕方17時に創価学会本部集合を強要したり、1年で612日の大石寺任務の強要そのものを、やめたらどうなのか。こういう無理な任務体勢が、創価班員のウソの慶弔休暇取得という詐欺行為の温床になっている。こう言うと、創価学会の外側に居る人から見ると、「そんな無理な本部集合や大石寺任務など、とぼけて休めばいいじゃないか」という発想になるのだが、しかし創価班員からすると、そうはいかない。まず創価班任務に遅刻したり欠勤すると、後日、創価班幹部による、暴力的総括が待っている。これはかつて溝口個人会館(仮名)で見たことがあったが、ものすごい雰囲気で行われる虐待であり、いじめそのもの。実質的な実力制裁に近い。清水谷文夫(仮名)も長谷山陽一(仮名)も、この「総括」を恐れている。それで創価班・本山任務は遅刻も欠勤も許されないとなり、彼らはウソの慶弔休暇を取ろうとする詐欺行為に走る。しかも「どうしても会社を休めなければ、親兄弟を死んだことにして休めばいい」などと、創価班幹部がウソの慶弔休暇を取ろうとする詐欺行為を煽り立てていたのだから、これは組織ぐるみの犯罪行為と言うべきである。しかもこれで大石寺任務に就いたら、池田大作の「そば券」が出てくるのだから、こんな矛盾に満ちた話しはなかろう。

では創価学会は、何のために創価班に、こんな無理な活動・任務を強要しているのか。清水谷文夫(仮名)や長谷山陽一(仮名)が口をそろえて言うには、「これは訓練なのだ」と言う。訓練とは、何の訓練なのか。うっかりすると、大石寺の「戒壇の大本尊」に対する信仰でがんじがらめにする訓練なのかなと思ってしまいがちなのだが、しかしそうではない。これは、創価班員を池田大作崇拝、池田大作教で懲り固めてしまうための「訓練」ということだ。つまりウソの慶弔休暇を取ってでも創価班の任務に来るかどうかの「踏み絵」。ウソの慶弔休暇を取ってでも自分の仕事より創価班の任務を優先して来れば、創価班員として合格。その人物は、創価学会組織の中で、どんどん出世していく。大石寺に創価班任務で行くたびに、池田大作の「そば券」がもらえる。創価学会活動一本で生きて、たとえ彼女ができなくても、壮年部入り一歩寸前の年齢になれば、創価学会女子部員のお嫁さんを紹介してもらえる。たとえ失業しても、交通違反等で失態を冒しても、個人事業で失敗し多額の負債を抱え込んでも、公明党議員が出てきて面倒を見てもらえる。子どもが出来て子どもが創価学会活動に出ていれば、子どもの進学、就職で何かと面倒を見てもらえる。そういう創価学会幹部の「特権」の世界で「あなたは幹部だ。偉い人だ」と言われ、生きていく中で、その人は自然と池田大作崇拝、池田大作教で懲り固まっていく。創価班が創価学会の人材グループだと言われる所以である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ