アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:反日蓮正宗系活動はカルトの専横に抵抗する現代の自由民権運動だ > 「反日蓮正宗系カルト」活動家は日蓮正宗系信者の特性を研究すべき

□ありとあらゆる手段を使って「アンチ日蓮正宗」の業務妨害を謀る「日蓮正宗系」カルト信者たち   法華講員、創価学会員、顕正会員、正信会信徒、「富士門流執着軍団」の者たちは、誰でも閲覧することができる「公の場」に出てこようとせず、一般の人が見ることが出来 ...

□メール問答、ビデオ問答、非公開コミュ問答等は一般の第三者に問答の内容が全く見えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ(アンチ日蓮正宗)」では、「mixi」時代から、法華講員、創価学 ...

□すでに大石寺9世日有の代からあった日蓮宗・富士門流での大石寺批判・大石寺教学批判   日蓮正宗の法華講員は、創価学会批判をしているのは法華講員だけだと錯覚していることに加えて、日本国内で日蓮正宗批判をしているのは、創価学会、顕正会、正信会だけだと錯覚し ...

□1950年代からあった伝統仏教宗派や評論家・マスコミによる日蓮正宗批判・創価学会批判   これはカルト信仰に染まりきった法華講員に見られる悪弊・弊害だが、しかしこの錯覚ぶり、思い上がりぶりには、全く呆れ果ててしまうばかりである。1991年の「宗創戦争」以前か ...

□「日蓮正宗系」の労働蔑視・労働遊離思想は奈良・平安仏教と鎌倉仏教の混同によるもの   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員ら「日蓮正宗系」団体の信者に共通の悪弊として、労働、所得、企業などの経済活動を蔑視しているということがある。人が労働をして勤 ...

□華々しい活動の「表の顔」とは正反対の「裏の顔」を持つ日蓮正宗系信者・富士門流執着軍団   「アンチ日蓮正宗」の「実録・となりの創価学会員・法華講員」シリーズでも書いているが、創価学会員をはじめ法華講員、顕正会員は、表の顔と裏の顔を極端に使い分ける。「 ...

□日蓮正宗系が衆生から称賛されて当たり前だとは「うぬぼれ」・「思い上がり」も甚だしい   日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」カルト信者たちは、自分たちが批判されれば批判されるほど、教団・信者の内部で固まり、セクト主義的・閉鎖的になっていくとい ...

□都合が悪いことは「ウソだ」「証拠がない」「2ちゃんねるだ」と誹謗・連呼する日蓮正宗系の信者   これも日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会に長くいた信者に見られる典型的な悪弊・弊害である。「アンチ日蓮正宗」が大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条 ...

□宗教界は「正しい宗教」「間違った宗教」で成り立っていると錯覚している日蓮正宗系の信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の悪弊・弊害の第一番目に「無宗教を知らない」という項目を挙げた。これて行くと「じゃあ日蓮正宗系の信者は宗教は知っているのか」と ...

□何が偽作の証拠で何が真筆の証拠なのか、まるでわからない日蓮正宗や創価学会等の信者   日蓮正宗のガチ信者たちと問答すると、いかに彼らが「道理」に暗いか、「証拠」ということが、まるでわかっていないことに驚かされてしまう。大石寺の「戒壇の大本尊」が日蓮真 ...

↑このページのトップヘ