アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『戒壇大本尊』が日蓮真筆・真造ではない証拠

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(181)~証拠・道理が全くわからない洗脳法華講員の哀れと見苦しい悩乱ぶり

■検証181・証拠・道理が全くわからない洗脳法華講員の哀れと見苦しい悩乱を斬る

 

--------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

その板本尊を広宣流布の時に「本門寺の戒壇に安置する御本尊」と、日蓮大聖人自身が意義付けた証拠。

弘安二年十月十二日の大御本尊の脇書に「本門戒壇」と大聖人が認めておられること明白である

(『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板25に引用されている龍神ひろしの妄説)

-------------------------------------------------------------------

 

洗脳法華講員・龍神ひろしは、「道理」とか「証拠」ということを全くわかっていない人物のようである。

例えば、洗脳法華講員・龍神ひろしは楽天ブログの日記にて

「日有上人が、摸写したとして信徒にだけ見せて、他人には見せない。のは考えにくい。日蓮系の各宗派に自慢したがるはずですし、実際に存在したと見せて自慢したはずです。今日でも、立派な物、建築物や絵や書を発表するのは、当たり前の事です」

などと言っている。

自分でニセモノを造って、自慢して人に見せびらかしている者が世の中のどこにいるというのか。

「日蓮真筆」を詐称して「本門戒壇の大御本尊」を偽作した日有が衆目の面前で自らの偽作をバラすことをするはずがない。そうなれば、日有や大石寺の信用は地に落ちてしまう。こういう簡単な道理が、龍神ひろしは、まるでわかっていないのである。

 

今回の妄説も全く同じ。

「本門戒壇の大御本尊」そのものの真偽を問題にしているのに、「本門戒壇の大御本尊」の「本門戒壇」と書いた脇書きが、最初から日蓮が書いたものという前提で、これを「証拠」と称している洗脳法華講員・龍神ひろしのお粗末ぶりには、全く呆れて閉口してしまう。

 

「本門戒壇の大御本尊」の脇書きが日蓮が書いたものなどとは、日蓮正宗が何の証拠もなく、一方的に言っているだけのことであって、「アンチ日蓮正宗」は全く認めていないし、そもそも「アンチ日蓮正宗」は、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が日蓮の造立であること自体を認めていない。

したがって、「本門戒壇の大御本尊」の脇書きに書いてあることが、日蓮が書いたものだという証拠になるわけがない。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(179)~「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠なら山のようにたくさんあるぞ!

■検証179・「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠なら山のようにたくさんあるぞ!

-----------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

アンチ日蓮正宗を破折・戒壇の大御本尊は後世の作り物である。

この事は日蓮正宗にて幾度となく、破折された内容でして、未だにいうのは、ただの我見である。

日蓮正宗の御本尊は、偽物であると、ほぉ~アンチは、根拠ない意味不明な事を言う。

(楽天ブログの龍神ひろし 日記より)

------------------------------------------------------------------------

 

「根拠ない意味不明な事を言う」のは、洗脳法華講員・龍神ひろしのほうでしょう。「日蓮正宗にて幾度となく破折された内容」等と、片意地張って言っているが、「アンチ日蓮正宗」の

「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」

「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ」

これらは、過去数十年にわたるさまざまな文献調査・実地調査を踏まえ、文献的証拠・状況証拠・歴史考察・会通を加えたものです。「破折された内容」どころか、これを見聞した日蓮正宗の信者は、誰一人、反論などしていません。もちろん、龍神ひろしなる者を含めてです。

「破折された内容」などと言うのは、龍神ひろしの全くの虚言に他ならない。

戒壇本尊1

 

それから「日蓮正宗の御本尊は、偽物であると、ほぉ~アンチは、根拠ない意味不明な事を言う」等々と、「根拠ない意味不明な事」を言っているのは、龍神ひろしのほうであって、「アンチ日蓮正宗」のことではないですな。こちらは日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠は、山のように示しています。

それも最近の話しなどではなく、mixi「アンチ日蓮正宗」では20053月から。5年以上も前からです。その山のようにたくさんある証拠の一旦を示すと

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(167)~日蓮在世の時代に「法華講」はなかった

■検証167・日蓮在世の時代に「法華講」はなかった

 

日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の授与書には「法華講衆等敬白」とあると、日蓮正宗の正式文献の中に記載されている。 日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した「富士宗学要集」第8巻の「漫荼羅脇書等」の欄には、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」の脇書に

「右現当二世の為に造立件の如し、本門戒壇の願主弥四郎国重、法華講衆等敬白、 弘安二年十月十二日」

と記されていると、書いてある。 そして日蓮正宗では、この授与書を根拠に

「『法華講』の名は、宗祖日蓮大聖人さま自らが御命名なさったものである」

と信徒に教えている。僧侶の御講の席や信徒団体の会合の席でも、よく耳にする言葉であり、日蓮正宗や創価学会、顕正会の信者ならば、聞いたことのない信者などいないであろう。

 日蓮正宗の正式文献にも次のように述べている。

「法華講の名称は、御本仏大聖人が直々に名付けられた呼称です。一閻浮提総与・本門戒壇の大御本尊の脇書には『願主 弥四郎国重 法華講衆等敬白』と認められており、日蓮大聖人出世の本懐たる大御本尊が、法華講衆の信心の上に建立されたのであります」(信心の原点―法華講員育成のために)

「法華講という名称は、日蓮大聖人が700年前に名づけられたものです」(日蓮正宗公式HP

戒壇本尊1

 

ところが、である。この「法華講衆等敬白」と書かれた「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊授与書は、「日蓮大聖人さま御自らの御命名」どころか、中世の大石寺法主らの手による偽作である馬脚が現れているのだ。

「法華講」という名前が日蓮出世の本懐の終窮究竟の本尊に、自ら命名した名前であれば、日蓮は、弟子・信者に下附した本尊や自ら執筆した御書や各信徒に宛てた消息文に、その自ら命名した「法華講」ないしは「法華講衆」の名前を使ったはずである。 ところが、日蓮が書き残した本尊・御書・消息文のどこを探しても「法華講」「法華講衆」の名前はどこにもない。ひとつも見当たらないのである。そんな名前は、日蓮在世の時代に、どこにも存在していないのである。

 

 さらに言うと、二祖日興・三祖日目をはじめ、六老僧・本六僧・新六僧の時代となっても、「法華講」も「法華講衆」も出てこない。わずかに二祖日興が「佐渡国法華かうしう」というふうに、遠隔地の信徒に対して、ほんの一部に「法華かうしう」の名が見えるだけだ。しかしこの言葉は、甲斐・駿河・富士地方の信徒に対しては、使われてはいない。

 日興の富士門家で、この時代に一般的に使われていたのは「法華講」や「法華講衆」ではなく、「法華衆」という言葉である。この「法華衆」という語は、かなりこの時代に一般的に使われていたようで、大石寺や北山本門寺などの富士門家の文献によく出てくる。これは堀日亨編纂の「富士宗学要集」といった資料をくまなく調べてみれば、わかることだ。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(98)~日興は1279(弘安2)年9月から10月にかけて身延山にいなかった

■検証98・「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない9(三師御伝土代2)

 

□日興は1279(弘安2)9月から10月にかけて身延山にいなかった

 

大石寺4世日道が、日蓮、日興、日目の伝記を書いた「三師御伝土代」の文

「さて熱原の法華宗二人は頸を切られおわんぬ。その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばすのみならず、日興の弟子、日秀、日弁二人、上人号し給ふ」(日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨編纂『富士宗学要集』5巻宗史部・日道著「三師御伝土代」p8)

その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばす2
 

の正確な現代語訳は

------さて熱原の法華衆の二人は、首を切られてしまった。その時、日蓮大聖人は、何かお感じになるところがあって、日興上人と、上人号をつけて、授与の御本尊にお書きになったのみならず、日興上人の弟子の日秀、日弁の二人にも、上人号をつけられた-----

と、こんな感じになる。 日蓮正宗や創価学会の読み方は、明らかな読み間違えであり、したがって、この「三師御伝土代」の文は、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮によって造立された文献的証拠(文証)ではない。文献的証拠になるはずがない。この「三師御伝土代」は、「戒壇の大本尊」なる板本尊とは、最初から、全く無関係の文書である。 日蓮正宗や創価学会の読み方が間違っていることを証明する証拠は、他にもある。日蓮正宗や創価学会のように「三師御伝土代」の「日興上人と御本尊に遊ばすのみならず」の文を「日蓮大聖人が日興上人と共に、大御本尊を建立された」と読むと、別の矛盾が出るのである。

これはどういうことかと言うと、1279(弘安2)1012日に日蓮が日興と共に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立したとするならば、少なくとも日興は身延山の日蓮のもとにいなくてはならない。そうしないと日蓮正宗や創価学会が言うように、「日蓮大聖人が日興上人と共に、大御本尊を建立された」ということが根本的に不可能ということになる。 がしかし、日興は1279(弘安2)9月から10月にかけて、身延山の日蓮のもとには、いなかった。日興は日蓮のもとに、いなかったのだから、日蓮正宗や創価学会が言うように、日蓮と日興が共に、合作して、「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できるはずがない。と言うか、絶対に不可能である。 その証拠は、1279(弘安2)9月から10月にかけて、日蓮は日興に宛てて書き残した、数通の遺文(手紙・御書)である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(97)~「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない9(三師御伝土代1)

■検証97・「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない9(三師御伝土代1)

 

□「御本尊に」の文を「御本尊を」と誤って読んでいる日蓮正宗や創価学会の読み方

 

日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達は自らの著書『悪書板本尊偽作論を粉砕す』にて 「『戒壇の大本尊』は日蓮と日興の合作である」と言っている。

細井日達法主は、その根拠となる文献なり証拠なりを何も示していないが、この「悪書板本尊偽作論を粉砕す」が出版された時と、ほぼ同時代に、当時の会長・戸田城聖氏が校閲して創価学会が出版している「創価学会批判の妄説を破す」という本の中に、次のような文がある。

「日蓮門下に於ける最も古い歴史である、大石寺日道上人の御伝草案に、大聖人は熱原法難にあった日興上人と共に、大御本尊を建立されており、日興上人に充て給る弘安二年の大御本尊として、日目上人に相承宛てされている。大石寺には弘安二年の本尊はこの本尊しかないし、紛失した事実もないから、この御本尊にちがいない」

この「大石寺日道上人の御伝草案に、大聖人は熱原法難にあった日興上人と共に、大御本尊を建立されており」と創価学会が言っている根拠となるものが、大石寺4世日道が、日蓮、日興、日目の伝記を書いた「三師御伝土代」である。その「三師御伝土代」には、次のような文がある。

「さて熱原の法華宗二人は頸を切られおわんぬ。その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばすのみならず、日興の弟子、日秀、日弁二人、上人号し給ふ」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』5巻宗史部・日道著「三師御伝土代」p8)

その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばす1
 

------さて熱原の法華衆の二人は、首を切られてしまった。その時、日蓮大聖人は、何かお感じになるところがあって、日興上人と、上人号をつけて、授与の御本尊にお書きになったのみならず、日興上人の弟子の日秀、日弁の二人にも、上人号をつけられた-----

大石寺4世日道が書いた「三師御伝土代」の先の文を正確に現代語に訳すと、こんな感じになる。 しかし日蓮正宗や創価学会の読み方はちがう。創価学会は次のように読んでいる。

「さて熱原の法華衆の二人は、首を切られてしまった。その時日蓮大聖人は、何かお感じになるところがあって、日興上人と御本尊を図顕されるのみならず、日興上人の弟子の日秀、日弁の二人に、上人号をつけられた」

つまり日蓮正宗や創価学会は、「三師御伝土代」の文を「日興上人と共に、大御本尊を建立された」と読む。 問題の箇所は「日興上人と御本尊に遊ばす」という箇所で、これを「日興上人と御本尊を遊ばす」と読めば、日蓮正宗や創価学会の説に近くなる。

 


 続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ