アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「日蓮本仏義」は大石寺以外の他宗派・他門流の偽作ではない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(65)~百六箇抄「日興嫡嫡相承の曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである4

■検証65・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである10

 

□百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである4

 

「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説を唱えている「富士門流執着軍団」の大石寺・富士門流研究家の東佑介氏は、「百六箇抄」の

「日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」1p21)

百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)


百六箇抄8(十万貫・日目大導師)
 

の「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことではなく、日蓮が1272(文永9)年正月元日に図顕したと京都要法寺門流が自称している「称徳符法の本尊」、ないしは、日蓮が1276(建治2)年正月元日に図顕したと要法寺門流が自称している「符法の曼荼羅」であるとしている。東佑介氏は著書『大石寺教学の研究』でこう書いている。

「後加文は尊門僧によってなされたものであるから、『日興嫡嫡相承の曼荼羅』とは、本門戒壇の大御本尊をさすものではなく…「称徳符法の本尊」「符法の曼荼羅」をさすものと考えるのが妥当である」(東佑介氏の著書『大石寺教学の研究』p2324)

要法寺偽作説1


要法寺偽作説2
 

京都要法寺には、「称徳符法の曼荼羅」の他にも、「附法の曼荼羅」「付法第一の本尊」「大日本国護衛の本尊」といった、謎めいた本尊が格蔵されている。中でも「建治二年(1276)正月元日」の日付がある「附法の曼荼羅」は、要法寺では日蓮から日興への「血脈付法の真印」と位置付けられている本尊ということである。これについては、富谷日震の著書『日興上人正伝』において、

「(三)付法の曼荼羅

建治二年(一二七六)正月元日、本尊を図し重ねて師に賜う。脇書に云く、付法沙門日興授与之 称徳付法の曼荼羅と共に両幅三元の本尊と称し奉る、これ血脈付法の真印として日尊上人相伝し、これまた京都・要法寺に蔵す。」(『日興上人正伝』p31

と書いている。「血脈付法の真印」という位置づけは、ここから来るようである。

「附法の曼荼羅」の曼荼羅の相については、かつて要法寺機関紙『要法』406号の2面に載ったという「附法の曼荼羅」の写真を、東佑介氏がブログに載せている。

「京都要法寺所蔵『附法漫荼羅』について」

http://blog.livedoor.jp/naohito_blog/search?q=%C9%ED%CB%A1%A4%CE%D2%D8%E8%B8%CD%E5

この写真を見る限り、曼荼羅の相はあまりにも不鮮明で、判読は不可能に近い。そういう不鮮明な曼荼羅の相から、東佑介氏は、強引に曼荼羅の相を判定して偽筆説を導き出そうとしているが、これはあまり説得力がない。「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」も「建治二年(1276)正月元日」の日付がある「附法の曼荼羅」は偽筆であるという東佑介氏の説には賛意を表するが、東佑介氏の京都要法寺「附法の曼荼羅」偽筆説の組み立て方は、誤りであるという見解である。「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の「附法の曼荼羅」偽筆説は、以下の通りである。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(64)~百六箇抄「日興嫡嫡相承の曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである3

■検証64・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである9

 

□百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである3

 

京都要法寺が格蔵する「称徳符法の大本尊」とは、実に謎の多い本尊である。しかも京都要法寺本堂では1990年代のころまで「称徳符法の大本尊」のレプリカの板本尊が祀られていたが、2000年代に入ってから日興筆の曼荼羅本尊に変わった。仏教寺院の本堂に祀られている本尊を変えるということは、これは大変なことであり、通常ではとても考えられないことである。そこでもう少し、ここでかつて京都要法寺本堂に祀られていた釈迦仏像本尊と謎の「称徳符法の大本尊」について掘り下げてみたい。仏像本尊について、日蓮本宗宗務院教学部の公式見解はこうなっている。

「宝蔵 天保13(1842)年再建。宝形造・唐破風・土蔵形式。紫宸殿の曼荼羅、称徳符法の曼荼羅など各種霊宝、仏像などを収納。錠は貫首上人の直封です」(『私たちの要法寺』p15)

「宝蔵 宗祖大聖人御付属をはじめ、御消息文、歴代の上人御直筆、その他門外不出の霊宝が蔵せられ、耐火、耐震最善の設備せられ、絶対安全に万遺漏なき注意されてある」(『本山要法寺参詣案内』)

要法寺参詣案内2

要法寺参詣案内1
 

「私たちの要法寺」の記述によると、宝蔵の中には、紫宸殿の曼荼羅、称徳符法の曼荼羅、仏像などを収納しているとなっている。つまり堀川綾小路時代、二条寺町時代に本堂に祀られていた釈迦牟尼仏像は、今は宝蔵の中に収められているようである。京都要法寺31世日舒が書いた「百六対見記」には

「然るに日俊上の時、下谷(常在寺)の諸木像、両尊等土蔵に隠し、常泉寺の両尊を持仏堂へ隠したり。日俊上は予が法兄なれども其の所以を聞かず。元禄第十一の比、大石寺門流僧、要法の造仏を破す。一笑々々」(『富士宗学要集』9p70)

百六対見記2


百六対見記1
 

と、大石寺22世日俊が、大石寺末寺の常在寺、常泉寺の仏像を土蔵や持仏堂に隠したという記述を残しているが、京都要法寺の場合も、本堂に祀られていた仏像を宝蔵に収蔵したようです。

それから「称徳符法の曼荼羅」(称徳符法の大本尊)が京都要法寺宝蔵に収蔵されているということですが、ならばかつて京都要法寺本堂に祀られていた「称徳符法の大本尊」とは、宝蔵に収蔵されている曼荼羅のレプリカ板本尊ということになる。仏教界で広く使われている用語を用いれば、かつて本堂に祀られていた板本尊とは、称徳符法の曼荼羅のレプリカ、つまり拓本、「お前立」ということになる。前立というのは、仏教界では特に珍しいものではなく、秘仏本尊を格蔵している仏教寺院では、必ずと言っていいほど、「前立本尊」がある。それくらい、広く前立本尊が全国各地の寺院にある。つまり京都要法寺では、かつては要法寺宝蔵に「称徳符法の大本尊」を格蔵したまま、秘仏扱いにして、本堂には、レプリカの板本尊である称徳符法の大本尊を祀っていた、ということになる。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(63)~百六箇抄「日興嫡嫡相承の曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである2

■検証63・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである8

 

□百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである2

 

日蓮本宗・本山要法寺の重宝・「称徳符法の大本尊」の伝承の経緯を調べていくと、さまざまな疑問点が噴出してくる。「称徳符法の大本尊」が、日蓮、日興、日目、日尊から歴代要法寺貫首に相承されてきたというなら、上古の附属状に「称徳符法の大本尊」が出てきてしかるべきなのだが、これが全く出てこない。康永3(1344)68日、日尊が日印に授与した付弟状には、次のように記されている。

「宰相禅師日印に授与する 本尊壱鋪 日興上人の御筆 元応三年正月十三日

大聖人の御影壱鋪 右付弟として授与する件の如し

康永三年甲申六月八日 法師日尊在判 日慧在判 日大在判 日堯在判 日禅在判 日従在判」

(日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨編纂『富士宗学要集』5p44)

日尊付弟状
 

この日尊付弟状は、京都要法寺13祖貫首・広蔵院日辰が著書「祖師伝」の中で引用しているものであるが、正本が存在していないという。この中に、日尊から日印へ日興筆の曼荼羅と日蓮御影を授与するとは書いてあるが、「称徳符法の本尊」については、何も記されていない。『富士宗学要集』を編纂した大石寺59世堀日亨もこの点については、付記において

「同山(要法寺)の重宝と称する称徳符法の本尊は何師が相伝を受けられしや未だ記文を見ず」

(『富士宗学要集』8p101)

称徳符法不審1
 

と不審を書いている。堀日亨は、『富士宗学要集』8巻の中で、日尊付弟状につづいて、天正14(1586)の聖主院日顕から要法寺14世日賙、慶長13(1608)の要法寺14世日賙から15世日性、16世日恩から18世日陽への要法寺相承目録を載せている。それを見ると

「日賙在判 天正十六戊子年五月初三日之を許可し了ぬ。

当流相承の諸大事 嫡弟日陽に授与せしめ候 慶長十三戊申年六月十三日 日性在御判追って之を許す」

「一 授戒式法相承  一 御本尊書写御代々の相承の如し 付り守符

 一 本因妙抄相伝 付り二箇御相承  一 百六箇の本迹相伝

 一 五人所破抄相伝、興師御作日順御右筆  一 八通の御切紙相伝 

 一 廿六箇条の御遺誡相伝

時に天正十四丙戌年二月七日  日顕 大教坊日陽 謹んで授与し畢ぬ  十六代日恩 在御判」(『富士宗学要集』8p101102)

要法寺相承1


要法寺相承2
 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(62)~百六箇抄「日興嫡嫡相承の曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである

■検証62・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである7

 

□百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである

 

「百六箇抄」要法寺偽作説を唱えている大石寺・富士門流研究家の東佑介氏は、「百六箇抄」の

「日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」1p21)

百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)
 

の「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことではなく、日蓮が1272(文永9)年正月元日に図顕したと京都要法寺門流が自称している「称徳符法の本尊」、ないしは、日蓮が1276(建治2)年正月元日に図顕したと要法寺門流が自称している「符法の曼荼羅」であるとしている。ただし東佑介氏の「日興嫡嫡相承の曼荼羅・称徳符法の本尊説」は、

「後加文は尊門僧によってなされたものであるから、『日興嫡嫡相承の曼荼羅』とは、本門戒壇の大御本尊をさすものではなく…「称徳符法の本尊」「符法の曼荼羅」をさすものと考えるのが妥当である」(東佑介氏の著書『大石寺教学の研究』p2324)

要法寺偽作説1


要法寺偽作説2
 

と書いているように、「百六箇抄」は日尊門流による偽作なのだから、「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことではなく、京都要法寺の「称徳符法の本尊」「符法の曼荼羅」のことだ、という、いわば自動推論により結論を導き出しているのであって、何らかの証拠を示して「日興嫡嫡相承の曼荼羅・称徳符法の本尊説」を展開しているわけではない。

しかし、「百六箇抄」の偽作者が日尊門流ではなく、大石寺9世日有だと言うことになると、大石寺9世日有が京都要法寺の「称徳符法の本尊」「符法の曼荼羅」を想定して、

「三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり」

「日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

と書くわけがなく、これは大石寺9世日有が偽作した大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことであることは明白である。したがって「百六箇抄」の偽作者が大石寺9世日有であることが明らかになったことによって、東佑介氏の自動推論は、不成立ということになる。

もっと言うと、「百六箇抄」の「三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり」とは、大石寺9世日有が偽作した独自教義である「事の戒壇」である。

□大石寺9世日有偽作の証拠・事の戒壇・本門寺本堂・本門寺戒壇

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1150643.html

□大石寺9世日有「百六箇抄」偽作の証拠・「本門寺本堂」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_701479.html

「事の戒壇」義そのものは、大石寺9世日有独自の教義であり、日蓮・日興・日目の教学にもなければ、日尊門流の教学にもない。さらに「百六箇抄」には

「鎌倉殿より十万貫の御寄進有りしを縁と為して諸所を去り遁世の事・甲斐国三牧は日興墾志の故なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』1p22)

百六箇抄8(十万貫・日目大導師)
 

という、鎌倉幕府からの十万貫の寄進などという史実の捏造まで行って、日蓮にさも経済力があったかのような文まで見られる。つまり、「鎌倉殿より十万貫の御寄進」があったから、日蓮には「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できる経済力があった、という「戒壇の大本尊」日蓮造立を意図的にでっち上げる謀略文である。これらの証拠からしても、「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊のことであることは明らかである。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(61)~上行院の三文字を論拠とした「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである

■検証61・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである6

 

□上行院の三文字を論拠とした「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである

 

「日蓮本仏義」「百六箇抄」が、日尊門流・京都要法寺の偽作ではないかとする「京都要法寺偽作説」は、古くから指摘されてきたことである。「京都要法寺偽作説」の根拠は、「百六箇抄」の

「何れの在処為りとも多宝富士山本門寺上行院と号す可き者なり、時を待つ可きのみ云々」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p22)

百六箇抄8(十万貫・日目大導師)
 

である。つまり、現在の日蓮本宗本山・京都要法寺の山号は、この「百六箇抄」に書いて有るとおり、日蓮正宗大石寺と同じ「多宝富士山」であり、「上行院」というのは、京都要法寺13祖貫首・広蔵院日辰が上行院・住本寺を合併して京都要法寺を建立する以前の寺号である。よってこの文によれば、京都要法寺が根本の本山であり、「事の戒壇」ということになり、この文が、「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説の論拠とするものだが、しかしこの説は誤りである。

大石寺59世堀日亨は、創価学会「折伏大進撃」の宗創和合時代の創価学会教学理論誌「大白蓮華」に掲載された「堀上人に富士宗門史を聞く」の中で

「百六箇抄は本山(大石寺)には残っていない」(『富士宗門史』p90)

と述べている。ところが、堀日亨より約200年前に、大石寺法主だった大石寺26世日寛が、自らの著書「文底秘沈抄」の中で、「百六箇抄」の当該箇所を引用している。大石寺26世日寛は、次のように「百六箇抄」の当該箇所を引用して書いている。

「痴山日饒が記に云く『富士山に於いて戒壇を建立すべしとは…富士山本門寺の戒壇なり。故に百六箇抄に云わく、何れの在処為りとも多宝富士山本門寺と号す可き者なり云々…』

…百六箇抄に云わく、『日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり…何れの在処為りとも多宝富士山本門寺と号す可し』」(『文底秘沈抄第二』p6668大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』3p9596)

日饒戒壇義1


日饒戒壇義2


 

大石寺26世日寛が引用している痴山日饒とは、京都要法寺24祖貫首・信行院日饒のことで、大石寺26世日寛は、要法寺貫首だった日饒の著書を引用する形で、「百六箇抄」の当該箇所を引用して書いている。それを見ると、当該箇所は「多宝富士山本門寺と号す可き」となっていて、「多宝富士山本門寺上行院と号す可き」とはなっておらず、「上行院」の三文字が抜けている。

京都要法寺24祖貫首・日饒は、自らの著書で「百六箇抄」の当該箇所を引用して、要法寺戒壇説を唱えた者なのだが、もし京都要法寺24祖貫首・日饒が所持していた「百六箇抄」に「多宝富士山本門寺上行院と号す可き」と書いてあったならば、上行院の三文字をわざわざ削除したりせずに、そのまま引用して書いたはずである。そのほうが、京都要法寺24祖貫首・日饒が要法寺戒壇説を展開していく上で有利になるからである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ