アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

旅行に行ったことがない「日蓮正宗系」カルト信者の妄言を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺の『日蓮本仏義』は日蓮・日興の教義ではない。大石寺9世日有の偽作である

□大石寺門流の中で、最初に「日蓮本仏義」なる教義を説いた人物は大石寺9世日有である

 

日蓮正宗の信仰活動の根幹を成している根本教義に、「戒壇の大本尊」なる板本尊、大石寺法主のみが承継していると自称している「唯授一人の血脈相承」と並んで、彼らの宗祖・日蓮を釈迦牟尼よりも上位にある本仏である、ないしは日蓮と釈迦牟尼は同格の本仏、又は「名異体同」(名前が異なっているだけで、実際は同じ)とする「日蓮本仏義」というものがある。

「日蓮が本仏である」とする「日蓮本仏義」なるものは、日蓮が説いたものでも、日興が説いたものでもなく、日蓮や日興とは全く無関係のものである。否、それどころか、「日蓮本仏論」も「唯授一人の血脈相承」ないしは「法主の血脈」なるものは、日蓮正宗大石寺9世法主・日有が偽作したものである。ではなぜ大石寺9世日有は、「日蓮本仏義」なるものを偽作したのか。

日蓮正宗大石寺を、日蓮の正墓がある身延山久遠寺や日興の正墓がある北山本門寺を凌いで日蓮門流・富士門流の総本山にするためであり、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を理論的に正統化するためである。

そして大石寺9世日有が、「戒壇の大御本尊」なる板本尊を偽作して日蓮真筆だなどと詐称し、日蓮正宗大石寺門流の中心・根本の本尊(法の本尊と日蓮正宗が呼んでいる)に据えた以上、日蓮を根本の仏(末法の本仏・仏の本尊と日蓮正宗が呼んでいる)に据えないと、日蓮正宗大石寺門流の教義の骨格の辻褄が合わなくなる。

日蓮の教義の中でも最重要教義としている「本門事の戒壇」に祀る「戒壇の大御本尊」なる豪華絢爛な板本尊の“造立主”は、釈迦牟尼を超える『本仏』でなければならなかった。釈迦牟尼から相承を受けた上行菩薩が末法の世に再誕した僧侶・日蓮という位置づけでは、『仏』よりも格下の『僧』が根本の『本尊』を説いたことになり、教義が自己矛盾に陥ってしまう。それよりも何よりも、日蓮正宗大石寺を富士門流の総本山はおろか、総ての日蓮門流(日蓮宗)の総本山にして覇権を握りたい大石寺9世日有の野望を満足させるものではなかったであろう。 日蓮正宗大石寺9世法主日有は、大石寺門流の中で、最初に「日蓮本仏義」なる教義を説いた人物であった。

一般的な宗教学上の学説などでは、日蓮本仏義なるものは、日蓮正宗大石寺26世法主・日寛によって確立されたとの見解がなされているが、日蓮を人本尊(本仏としての本尊)とする教義を富士門流、なかんずく大石寺門流の中で、明確に確立したのは、大石寺九世日有である。

大石寺9世日有は、弟子の南条日住が筆録した「化儀抄」において、

「当宗の本尊の事、日蓮聖人に限り奉るべし」

「当宗には断惑証理の在世正宗の機に対する所の釈迦をば本尊には安置せざるなり。其の故は未断惑の機にして六即の中には名字初心に建立する所の宗なる故に地住已上の機に対する所の釈尊は、名字初心の感見には及ばざる故に、釈迦の因行を本尊とするなり。其の故は我れ等が高祖日蓮聖人にて在すなり」(大石寺59世堀日亨が編纂した『富士宗学要集』1巻相伝信条部p65) と、はっきりと明示し、その上から、仏教教学的な観点から、日蓮本仏義の教義を種々に説き示している。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(38)~弱い者いじめ・徒党を組むケンカ・抗争が大好きであるPART2

□全国各地で「問答を模した猿芝居」紛争・争乱を頻発させる創価学会員、法華講員、顕正会員

 

ケンカが大好きな日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト団体・カルト信者たちが、「ケンカの場」として、よく使いたがるのが、鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答を模倣した猿芝居」であり、この「問答を模倣した猿芝居」に異常なほどの執着心を見せている。さしずめ「問答を模倣した猿芝居執着軍団」とも言うべきであろう。日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者たちが大好きな「問答を模倣した猿芝居」のモデルケースは、日蓮・佐渡流罪中の塚原問答、江戸時代の大石寺門流の砂村問答、大石寺・要法寺問答、明治・大正・昭和初期の霑志問答、大石寺vs顕本法華宗問答、大石寺56世日応vs要法寺42祖日守問答、大石寺vsヤソ教徒問答、大石寺vs国柱会の横浜問答、大石寺vs八品派問答、大石寺信徒vs日蓮宗信徒問答、大石寺信徒vs藤井日達問答、大石寺vs京都妙頂寺問答等々らしい。さて1950年代以降の、昭和の高度成長期における創価学会「折伏大進撃」においても、創価学会vs日蓮宗の「小樽問答」の他、立正佼成会、天理教等に対して、やれ「法論だ」の「問答だ」などと称してケンカを仕掛けていた。

顕正会は、日蓮正宗「妙信講」と名乗っていた時代から、創価学会との対論は、やはり鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答を模倣した猿芝居」形式でやろうとしていた。顕正会と改名してから、顕正会会長・浅井昭衛は2000年以降、大石寺67世阿部日顕に問答を仕掛けようとしているが、これもまた鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答を模倣した猿芝居」での問答を要求している。しかし顕正会が言う「問答」とは名ばかりで、創価学会vs妙信講(顕正会)の抗争は、1974(昭和49)年には暴力事件に発展しているし、顕正会会長・浅井昭衛が想定している大石寺67世阿部日顕との「問答」なるものも、問答とは名ばかりで、「顕正会員が大石寺客殿前を埋め尽くす」だのと、やはり暴力的争乱を想定したものである。199012月末以来の日蓮正宗vs創価学会の「宗創戦争」でも、特に1990年代においては、全国各地で創価学会員vs法華講員、創価学会員vs元創価学会員による「問答」の名目で、鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答を模倣した猿芝居」形式の紛争・争乱が頻発していた。創価学会員vs法華講員、創価学会員vs元創価学会員の紛争・争乱は、刑事事件に発展したものもあり、とても笑い話で済まされるものではない。

1980年代以降、日蓮正宗大石寺の法華講の中に「妙観講」と称する過激体質を持つ講中が勃興してきているが、この集団もまた、創価学会や顕正会と同じように「問答」の名目で、鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答を模倣した猿芝居」形式の紛争・争乱を頻発させている。1980年代は顕正会との抗争事件を起こしていたが、まさに「問答」とは名ばかりの暴力集団同士の抗争である。

□「宗教団体にあるまじき暴力集団同士の抗争・妙観講vs顕正会の非常識な抗争を斬る」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43509221.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43593246.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43691183.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43771180.html

 

続きを読む

日神を斬る(7)~JTB旅行プランもレンタカーのカーナビも知らない「旅行に行ったことがない」吉野日神(智応)

■論破7・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く7

 

□二度の遁走は無理だと諦め「アンチ日蓮正宗」管理人の訪問を承諾した吉野日神(智応)

 

インターネット上で見るだけでは、吉野日神(智応)は、日蓮正宗批判・創価学会批判の気概も、僧侶としての道念も完全に失っていることは、どこからどう見ても明らかであり、今さら、そんな男に、わざわざ旅費をかけてまで会ってもしょうがないというのは一理ある。しかしこの不審男・吉野日神(智応)なる者は、創価学会→法華講(?)→大日蓮宗・吹田教会所主宰→西山本門寺系・大津蓮華寺自称「副住職」などという不可解極まりない経歴の男である上に、さらに輪をかけて、「浄土真宗の僧籍を取った」などと自称し、謎の寺院・仏眼寺なる寺院に入ったと宣言した吉野日神(智応)。これは一体どういうことなのか、どういう男であるのかを、自分の目と耳で確かめる必要がある。吉野日神(智応)とのインターネット上の「交流」をつづけるにしろ、やめるにしろ、ここはどうしても確かめておく必要がある。そこで吉野日神(智応)に連絡を取ると、今度は、仏眼寺訪問の日程が、以外にも、すんなり決まった。さすがに二度も、私の訪問から「遁走」できないと思ったのであろう。

この時点では、私は仏眼寺なる寺院が、浄土真宗木辺派の寺院だとは全く知らず、吉野日神(智応)が「浄土真宗の僧籍を取った」などと自称していた「浄土真宗」が、真宗十派のひとつ・木辺派のことだとは全く知らなかった。私はこの時、23日の日程を組んでいたが、何も仏眼寺だけを訪問したのではなく、世界遺産で有名な姫路城の見学、姫路から一歩足を伸ばして岡山の日蓮宗不受不施派の本山・妙覚寺、不受不施日蓮講門宗(祖)本覚寺の訪問も日程に入れていた。

□日蓮宗不受不施派()妙覚寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/cat_191568.html

□不受不施日蓮講門宗(祖)本覚寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/cat_611308.html

そういうかなり強行日程を組んでいた。さて吉野日神(智応)は、仏眼寺訪問は承諾したものの、今度は「駅まで迎えに行く」だの「仏眼寺で泊まって行ってくれ」だのと、またしても、わけのわからない、キチガイ沙汰としか思えないようなことを言い出した。いつも私が地方に行くときは、概ねJTB「出張応援価」(ビジネスパック)などの旅行プランを使う。これは、まともに往復の新幹線乗車券・指定席特急券とホテルの宿泊券を買うよりも、かなりの安上がりになる。12日の旅費・宿泊費で比較して見ると、ビジネスパックを使ったときは、おおむね1泊の宿泊代がタダになる計算になる。また1泊プラスして23日にしても、プラス1泊の宿泊代が割安価格になる。またプラス1000円ないし2000円でグリーン車に乗ることも出来る。まともにグリーン券を買うよりは、はるかに割安であり、私はビジネスパック旅行の帰路は、よくグリーン車に乗る。だからかなりお得な料金で旅が出来る。この他、JTBではポイントカードがあり、JTBを使うと、1年間有効なポイントが貯まる。そのポイントは、次回の旅行の時に割引きになる。ビジネスパックは、人気が高いため、23日前くらいになると、ビジネスパックに割り当てられたホテルの部屋やJR列車の座席が満席になっているというときがある。そういう場合は、ビジネスパック以外の旅行プランを使うが、ビジネスパックよりも割高になる。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(37)~弱い者いじめ・徒党を組むケンカ・抗争が大好きであるPART1

□「日蓮正宗系」カルト団体はケンカ・抗争が大好きでケンカ・抗争によって肥大化していった

 

この悪弊・弊害は、今さら言うまでもないくらいに有名な日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト団体からカルト信者に至るまで、広く共通する悪弊・弊害である。かつて「アンチ日蓮正宗」コミュにも、世間の良識ある方から、「日蓮正宗系」カルト信者はケンカが大好きであるという苦情が来ていた。

「喧嘩好きの日蓮正宗信徒には困ったもんです。去年の9月なんか、暴走しまくりの日蓮正宗信徒が居て、携帯電話のピコピコで、やれ法論だ、やれ帰依だと、さんざんやりたい放題の勧誘行為をやった日蓮正宗信徒も居ましたから。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

まず日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会等「日蓮正宗系」カルト団体が、ケンカや抗争が大好きな宗教団体であり、人の道を説き、平和を説くべき宗教団体として、あるまじきカルト宗教である。そもそも日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会等「日蓮正宗系」カルト団体そのものが、ケンカや抗争によって肥大化していった教団だということを見逃すべきではない。顕正会は、日蓮正宗信徒団体・日蓮正宗妙信講を名乗っていた時代から、日蓮正宗、創価学会、法華講とのトラブルを多数抱えていた。1970年代に入ってからは、大石寺に建立された正本堂が「日蓮遺命の戒壇か否か」という正本堂意義付け問題により、日蓮正宗、創価学会、妙信講の三つどもえの論争・抗争があり、妙信講首脳・浅井親子による大石寺66世細井日達法主脅迫事件や創価学会本部襲撃事件といった暴力事件までも起こしている。日蓮正宗は妙信講を1974(昭和49)8月に破門にしたが、妙信講はその後、顕正会と改名し、日蓮正宗vs顕正会、創価学会vs顕正会の抗争は今もつづいている。その抗争の中で、顕正会が100万会員を自称するところまで肥大化しているが、ここまで顕正会が肥大化したのは、日蓮正宗から破門されて以降、「日蓮正宗顕正会」だの「富士大石寺顕正会」と名乗るようになってからのことである。

法華講や正信会もまた「日蓮正宗系」カルト団体同士の抗争の中で生まれ、肥大化した教団である。1970年代に入ってから池田大作と大石寺66世細井日達の対立に端を発し、1970年代後半の日蓮正宗vs創価学会の「第1次宗創紛争」により、大量の創価学会員が創価学会を脱会して、その多くが日蓮正宗寺院の信徒になった。197080年代にかけて、創価学会を脱会して日蓮正宗寺院の信徒になりながら、未だ法華講にも入っていない人たちを「檀徒」とよんでいた。その「第1次宗創紛争」は1979(昭和54)53日の創価学会第40回本部総会に大石寺66世細井日達が臨席し、池田大作の総講頭・会長辞任を見届けて終結。その後、1979(昭和54)722日の大石寺66世細井日達死去・大石寺67世阿部日顕登座、1980(昭和55)46日の代替わり法要の阿部日顕説法で日蓮正宗と創価学会が再び和合路線を歩んでいく。これに反対する反創価学会急先鋒の僧侶が「正信会」を結成。日蓮正宗・創価学会vs正信会の抗争へと推移していく。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(32)~旅行に行ったことがないPART2

□第二に経済的余裕がない故に旅行に行けない創価学会・法華講・顕正会等「日蓮正宗系」信者

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」カルト信者が、なぜ、旅行にほとんど行ったことがないのか、旅をほとんど知らないのか、ほとんど旅行慣れしていないのか。その第二の理由は、彼らは旅行に行く経済的余裕がなかったのである。まずは法華講の場合から。

法華講の場合、毎月の御講、新年勤行、日蓮誕生会、日蓮立宗会、春秋の彼岸会、夏の盂蘭盆会、秋の御難会、御会式等で寺院に対して供養金を包んで差し出す。一般信徒が包む供養金は御講等の法要で1000円から5000円くらいが相場。これが法華講支部役員から総代・講頭・副講頭・幹事・会計の法主認証役員になると、数万円から数十万円に跳ね上がる。これが秋の御会式になると、これが1ケタあがって一般信徒で5000円から5万円前後。法主認証役員になると、数十万円から数百万円にこれまた跳ね上がる。なぜこんなに多額の供養金を納めるのかというと、法華講支部役員は、多額の供養金を寺院に差し出すことが常態化しており、法主認証役員や法華講支部役員が、御講や御会式で1000円や2000円くらいしか供養金を出さないと、後で何だかんだと理由を付けられて、役員から降ろされてしまうという。法華講員は二言目には「土餅の供養」を引き合いに出すが、法主認証役員や法華講支部役員ともなると、「土餅の供養」は、これが全く通用しない。さしずめ日蓮正宗寺院の沙汰もカネ次第ということのようである。

さらに法華講員の経済状態を著しく蝕んでいるのが、大石寺登山の費用と特別供養である。大石寺の「戒壇の大本尊」御開扉供養は2000円だが、大石寺までの往復旅費がかかる。団体登山会の場合、東京・関東近県から大石寺までのバス代が1万円弱ぐらい。さらに宿坊供養金と弁当代で1200015000円前後。これは1人分の費用であり、これが家族4人になると5万~6万円もする。総登山は、初登山、春登山、夏季講習会登山、支部登山の4回の他、御虫払い法要、寛師会、御大会の登山もある。家族4人で7回の登山をしたとすると、何と約40万円もかかる。しかもこれは、関東、中部、関西地方から大石寺に登山した場合の費用であり、遠隔地の東北、北海道、山陽、山陰、四国、九州、沖縄から大石寺登山した場合、さらに莫大な費用がかかる。

さらに日蓮正宗では、1994年、1998年、2002年、20072009年にそれぞれ六万塔、客殿、奉安堂、立正安国論750年の特別供養を集めている。さらに法華講員は、役員が上に昇進していくと、形木本尊から、ひとまわり大きい特別形木本尊へ、さらに特別形木本尊から大石寺法主直筆で信徒名が入る常住本尊に取り替える。法華講連合会役員クラスになると、紙幅の常住本尊から常住板本尊が下付される。一般信徒でも、入院先や外出先で勤行するための小型の守り本尊が下付される場合がある。守り本尊や特別形木本尊の下附で数万円から数十万円、大石寺法主直筆で信徒名が入る常住本尊の下附で数十万円から数百万円の供養金を寺院に納めなくてはならない。これらの経済負担が法華講員に重くのしかかっており、とても家族団らん、家族旅行や個人旅行に行く経済的余裕がないのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ