アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ > 日蓮に『戒壇大本尊』を造立する経済力はなかった

■検証281・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった13   □洗脳法華講員の反論は身延山で極貧生活をしていた日蓮が金を入手した証明になっていない2   鎌倉時代の日本はちょっとした産金国で、黄金を中国大陸に輸出していた。著 ...

■検証280・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった12   □洗脳法華講員の反論は身延山で極貧生活をしていた日蓮が金を入手した証明になっていない   ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗 ...

■検証279・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった11   □14世紀に造立の漆・金箔加工板本尊は土肥金山産出の金により造立された板本尊だ   それでは漆加工・金箔加工の板本尊とは、いつごろから日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院 ...

■検証278・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった10   □身延山久遠寺・日向造立板本尊が金箔加工の板本尊であった証拠は全く存在しない   「アンチ日蓮正宗」では、鎌倉時代の身延山中の日蓮の生活は、まさに極貧の生活で、弟 ...

■検証277・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった9   □大石寺の「戒壇大本尊」なる板本尊の漆加工と下山大工は全くの無関係である   「アンチ日蓮正宗」では、石川県輪島漆芸美術館の四柳嘉章館長の証言、昭和時代初期からの ...

■検証276・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった8   □身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている「日蓮大聖人正伝」   日蓮正宗は、1981(昭和56)年の「日蓮七百遠忌」を記念して大石寺67世阿部日顕法主 ...

■検証275・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった7   □「普段からそれだけの多額の銭が有ったならば」「百余人の弟子僧を身延山中に養い十二時の法華経を読ましめ談義させることができるであろう」と言った日蓮   日蓮正宗謀 ...

■検証274・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった6   □身延山中で極貧の生活を送っていることが明らかに記されている日蓮遺文(御書)の文2   日蓮遺文(御書)を読めば、身延山中で暮らす日蓮の生活ぶりは、まさに極貧の生活だっ ...

■検証273・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった5   □身延山中で極貧の生活を送っていることが明らかに記されている日蓮遺文(御書)の文   「アンチ日蓮正宗」では、日蓮は身延山中で極貧の生活をしており、その証拠として日 ...

■検証62・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった4   □身延山中で食うや食わずの極貧生活をしていた日蓮に漆・金箔加工をする経済力は絶無だった   日蓮が身延山にいた9年間で信者から受けた供養金の1年平均ではたった19万2500 ...

■検証61・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった3   □日蓮が身延山で信者から受けた供養は1年で約20万円弱だった   このように日蓮正宗発刊の「御書全集」から゜拾っていくと、日蓮が身延山にいた9年間で信者から受けた供養金 ...

■検証60・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった2   □日蓮が身延山9年間で信者から受けた供養は合計で121貫500文である   では日蓮が身延山にいた9年間で、信者からいくらの供養を受けたのかというと、それは日蓮正宗が発刊し ...

■検証59・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった1   □日蓮が9年間の身延山生活で信者からの供養金の総計は現代価値にして約100万円程度だ --------------------------------------------------------- (不埒な洗脳法華講員・龍 ...

■検証58・「コスト面から偽作は不可能」というなら「日蓮は『戒壇の大本尊』を造立できなかった」   □日蓮に「戒壇の大本尊」を造立する経済力がなかったことは日蓮遺文(御書)に明らか --------------------------------------------------------- (不埒な洗脳法 ...

■検証55・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった20   □「日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった」証拠のまとめ   それではここで「日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった」の証拠をまとめてみたい。 □日蓮には、漆、金、漆加工職人、金箔加工職人を外部から調達 ...

■検証54・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった19   □日蓮正宗の「戒壇の大本尊」弘安二年造立説は板本尊の漆・金箔加工と完全に矛盾する   もし仮に、日蓮正宗側が「戒壇の大本尊」なる板本尊の漆・金箔加工が、日蓮の時代に行われた漆・金箔加工ではなく、日興 ...

■検証53・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった18   □平安・鎌倉・室町時代の長期保存のための木材防腐加工とは漆加工・金箔加工だった   中国における漆器の製作は、およそ六千年前と言われ、中国の殷(いん)(紀元前1600年頃 - 紀元前1046年)の遺跡から漆器の ...

■検証51・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった16   □仏教の権威の象徴であり現世での富や豊かさの象徴・権力の象徴であった金2   平安時代末の12世紀、平泉・中尊寺金色堂に代表されるように、奥州には藤原氏により約100年にわたって、華やかな黄金文 ...

■検証50・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった15   □仏教の権威の象徴であり現世での富や豊かさの象徴・権力の象徴であった金1   大石寺48世日量が書いた「富士大石寺明細誌」には、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が「黒漆金文字」とはっきり書い ...

■検証49・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった14   □鎌倉時代の日蓮一門は金(きん)を入手できなかった3   砂金は奈良時代から日本国内でも、きわめて高価なものとして珍重され、遣唐使や中国留学生が、中国での滞在費として天皇から下賜されて携行し ...

■検証48・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった13   □鎌倉時代の日蓮一門は金(きん)を入手できなかった2   金銀の貨幣化は、甲斐の国(山梨県)の戦国大名・武田信玄が湯之奥金山など自国の領地内にあった金山から産出した金を使って「甲州金」という貨 ...

■検証47・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった12   □鎌倉時代の日蓮一門は金(きん)を入手できなかった1   「七百年前の身延山中で日蓮一門には漆加工そのものが不可能だった」…こう言うと「いやそんなことはない。絶対に『本門戒壇の大御本尊』が弘 ...

■検証46・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった11   □素人には取り扱いが非常にむずかしい漆・漆加工2   「漆かぶれ」の問題ひとつとってみても、素人が漆を取り扱うことは極めてむずかしいことであった。昭和の時代においてすら、家具等々に漆塗りを行 ...

■検証45・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった10   □素人には取り扱いが非常にむずかしい漆・漆加工1   鎌倉時代の日蓮は、ほとんど経済力・財力がないに等しかったため、経済力を以て漆を買い入れる、ないしは経済力を以て漆職人を雇って、漆加工を仕 ...

■検証44・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった9   □鎌倉時代でもかなり高価なものだった漆加工3   中世において漆の値段は、どれくらいだったのか。これについては、日本の漆工・漆芸研究の第一人者である石川県輪島漆芸美術館長で漆器文化財科学研究 ...

■検証43・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった8   □鎌倉時代でもかなり高価なものだった漆加工2   この漆加工の具体的な価格・費用なのだが、これについて、石川県の能登半島の町・輪島市にある石川県輪島漆芸美術館に問い合わせると、さまざまなこと ...

■検証39・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった4   □漆加工・金箔加工が日蓮一門には不可能ということは「戒壇大本尊」は後世の偽作ということ   大石寺「戒壇の大本尊」の「彫刻、塗漆、塗箔」の過程の可否を論ずることは「戒壇の大本尊」なる板本尊が本物なのか ...

■検証38・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった3   □彫刻・漆加工・金箔加工が日蓮存命中に完成していたどしている日蓮正宗の見解   日蓮正宗では「弘安二年十月当時、日蓮一門に漆加工・金箔加工は不可能だった」ということを、さんざん追及された挙げ句の果て、 ...

■検証37・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった2   □身延山中の草庵で小氷期の極寒・食う物にも困窮する凄惨な極貧生活をしていた日蓮   文永11年、鎌倉から身延山に入山した日蓮は 「飢渇申すばかりなし。米一合も売らず。餓死しぬべし。此の御房た ...

■検証36・鎌倉時代の日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった1   □日蓮正宗の鎌倉時代造立説に合致しない「戒壇の大本尊」なる板本尊の漆・金箔加工   日蓮正宗の公式見解によれば、弘安2年10月に身延山中で日蓮…というより孫弟子の和泉公日法の彫刻で…造立された ...

■検証10・昔も今も身延山に自生の楠木はない5   □日蓮は経済力がなかった故に「戒壇の大本尊」なる板本尊造立ができなかった   「アンチ日蓮正宗」の「偽作論」においては、重要な課題として「経済力」を挙げている。これは日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板 ...

■検証8・昔も今も身延山に自生の楠木はない3   □今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の「楠木」を徹底検証する3   さて残りのポイントである ■4 1200~1900年の約700年間は「鎌倉・江戸・小氷期」と呼ばれる「小氷河期」だった ■5 では誰が、どうやっ ...

■検証7・昔も今も身延山に自生の楠木はない2   □今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の「楠木」を徹底検証する2   「富木殿御書」「乙御前御消息」「兵衛志殿御返事」「上野殿御返事」・・・・こういった遺文(御書)で日蓮は、米一合もない。餓死するかもし ...

■検証6・昔も今も身延山に自生の楠木はない1   □今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の「楠木」を徹底検証する1   日蓮正宗総本山大石寺の奉安堂に鎮座している「戒壇の大本尊」なる板本尊の真偽を検証していく上で、「楠木」という要素は、「戒壇の大本尊 ...

↑このページのトップヘ