アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『戒壇大本尊』は日蓮出世の本懐ではない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(180)~聖人御難事の「余は二十七年なり」が「出世の本懐説」とする妄説は完全崩壊している

■検証180・聖人御難事の「余は二十七年なり」が「出世の本懐説」とする妄説は完全崩壊している

 

--------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

板本尊を日蓮大聖人が「出世の本懐」と意義付けた直接の証拠。

件の疑難、既に諸氏が破折しており、すでに崩壊しておる。

(『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板25に引用されている龍神ひろしの妄説)

-------------------------------------------------------------------

 

崩壊しているのは、「アンチ日蓮正宗」の「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は後世の偽作である」で論破されてしまった、日蓮正宗の「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」のほうである。

戒壇本尊1


「アンチ日蓮正宗」の論破に対して、日蓮正宗側は全く閉口したままではないか。

以下の点は、「聖人御難事」の「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」を証拠付けるとする日蓮正宗の説が、完全に誤りである証拠である。

 

■日蓮が自らの信者が信仰のために命を落としたことを以て「出世の本懐を遂げる時が来た」とするはずがない。自らの宗派のために、信者に死を要求する指導者というのは、危険極まりない人物であり、またそのような宗教の説く教えは、危険極まりない思想である。

■日蓮を守ろうとして刺客に命を奪われた信者は熱原法難以前にもいた。熱原法難は日蓮が出世の本懐を遂げる時期ではなかった。

■現在の日蓮正宗が唱えている「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」を歴史上、最初に唱えたのは日蓮正宗大石寺56世法主大石日応である。日応以前の法主は誰一人唱えていない。

「聖人御難事」の「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」を証拠付けるものなら、なぜ日応以前の法主は誰も言っていないのか。

■「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐」の証拠であるとする説を日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨自身が否定している。

■かつて日蓮正宗大石寺67世法主阿部日顕も、「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐」の証拠であるとする説を否定していた。

■「聖人御難事」の「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」を証拠付けるとする、現在の日蓮正宗の説は、かつての堀日亨や阿部日顕の説と矛盾する。

■日蓮自身が「阿仏房御書」で自らが図顕する大漫荼羅本尊を門弟に授与することを「出世の本懐」と言明しており、これにより「聖人御難事」の「余は二十七年なり」が「本門戒壇の大御本尊・出世の本懐説」を証拠付けるとする日蓮正宗の説が間違っていることは明白である。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(117)~日興は日蓮の「出世の本懐」を南無妙法蓮華経・大漫荼羅と言明

■検証117・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞11

 

□日興は日蓮の「出世の本懐」を南無妙法蓮華経・大漫荼羅と言明

 

日蓮の六老僧の一人で大石寺・北山本門寺の開祖・日興は、日蓮の「出世の本懐」について、次のように言っている。

「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候へども未だ木像は誰も造り奉らず候に」

(日興から原弥六郎への返状「原殿書」/大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』8P1011)

日蓮出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊如来
 

「つらつら聖人出世の本懐を尋ぬれば、源権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

聖人出世の本懐
 

このように日興は、日蓮の出世の本懐を「原殿書」では、「南無妙法蓮華経」と言っている。これは三大秘法の題目・本尊・戒壇の義の「題目」に焦点を当てて言ったものと言える。 又、「五人所破抄」においては、日蓮の出世の本懐を「上行所伝の乗戒」と言い、それは「正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅」であると言っている。 特に、日興が「五人所破抄」で日蓮の出世の本懐を「大漫荼羅」と言っているのは、日蓮が、「阿仏房御書」で、大漫荼羅本尊の授与のことを

「出世の本懐とはこれなり」(『阿仏房御書』平成新編御書全集p793)

宝塔をかきあらはしまいらせ出世の本懐とはこれなり
 

と言明している意味と、同じであり、三大秘法の題目・本尊・戒壇の義の「本尊」に焦点を当てて言ったものと言える。 したがって「原殿書」や「五人所破抄」において日興が日蓮の出世の本懐について言明している分は、逆に言うとこれらも、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が、日蓮の「出世の本懐」ではないという証明になっている。 すなわち、この二つの文も、日蓮正宗や創価学会が「戒壇の大本尊」の文証だと強硬に主張している、『「聖人御難事」の「余は二十七年なり」の文が日蓮の出世の本懐を顕した文である』とする、日蓮正宗や創価学会の読み方が間違っているという証拠になっているということではないか。

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が、本当に日蓮の出世の本懐の本尊として存在していたならば、日興はけっしてこんな言い方をしなかったはずである。 「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐・弘安二年の大御本尊」とか「聖人出世の本懐を尋ぬれば、戒壇の大御本尊」とか言ったことであろう。しかしそう言わずに、「日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像…」とか「聖人出世の本懐を尋ぬれば、源権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅」とか言ったということは、少なくとも、『「聖人御難事」の「余は二十七年なり」の文が日蓮の出世の本懐を顕した文である』という日蓮正宗や創価学会の解釈は、間違っているという証拠である。

戒壇大本尊1大正4年由井本1
 

(大石寺「戒壇の大本尊」)

 

 

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(116)~日蓮は「阿仏房御書」で自らが図顕する大漫荼羅本尊を門弟に授与することを「出世の本懐」と言明

■検証116・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞10

 

□日蓮は「阿仏房御書」で自らが図顕する大漫荼羅本尊を門弟に授与することを「出世の本懐」と言明

 

日蓮が、自らの出世の本懐について、直接に言及した遺文が残されている。それは「聖人御難事」ではなく、1275(文永12)313日に日蓮が執筆した「阿仏房御書」と呼ばれている遺文で、その中には、次の文がある。

「宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ。子にあらずんば譲る事なかれ。信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ。出世の本懐とはこれなり」

「宝塔をば夫婦ひそかにをがませ給へ」

(『阿仏房御書』平成新編御書全集p793)

宝塔をかきあらはしまいらせ出世の本懐とはこれなり
 

「阿仏房御書」とは、日蓮の弟子の阿仏房が日蓮に、「法華経の多宝如来涌現の宝塔とは何を意味するものですか」と書状で質問したことに対して、日蓮が「宝塔とは大漫荼羅本尊であり、大漫荼羅本尊を拝んで信仰する人のことである」と答え、阿仏房に大漫荼羅本尊を図顕してこの遺文(御書)といっしょに授与したものだ。そして日蓮はこの「大漫荼羅本尊の授与こそが出世の本懐だ」と言っているのである。 この遺文の中にある「出世の本懐」を指しているのは阿仏房に対する本尊をはじめとして日蓮が多くの弟子の僧侶や信者に対して授与している「個人授与の本尊」のことなので、大石寺が偽造した「戒壇の大本尊」なる板本尊とは何の関係もない。

この「阿仏房御書」の文によれば、日蓮は、弟子や信者に対して、自らが図顕する「大漫荼羅本尊」を授与することを「出世の本懐」と言っているのだから、逆に言うと、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が、日蓮の「出世の本懐」ではないという証明になっている。もともと大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は後世に偽作されたものであるから、そもそも日蓮の「出世の本懐」になろうはずがない。 つまり、日蓮正宗や創価学会が「戒壇の大本尊」の文証だと強硬に主張している、『「聖人御難事」の「余は二十七年なり」の文が日蓮の出世の本懐を顕した文である』とする、日蓮正宗や創価学会の読み方が間違っているという証拠になっているということである。

最近は、この「阿仏房御書」の文中に「出世の本懐とはこれなり」とあることを奇貨としたのか、日蓮正宗の信者が、この文を引っ張りだしてきて、「戒壇の大本尊の文証だ」などと言い始めているようだが、欺瞞も甚だしいと言わねばなるまい。

戒壇大本尊1大正4年由井本1
 

(大石寺「戒壇の大本尊」)

 


 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(115)~「余は二十七年なり」直接証拠説を否定する堀日亨と阿部日顕の二人の法主

■検証115・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞9

 

□「余は二十七年なり」直接証拠説を否定する堀日亨と阿部日顕の二人の大石寺法主

 

大石寺59世堀日亨や大石寺67世阿部日顕が、日蓮の遺文「聖人御難事」の「余は二十七年なり」(平成新編御書全集p1396御書全集p1189)の文が、「戒壇の大本尊」なる板本尊が造立された証拠であるとする説を公然と否定していると言うと、日蓮正宗の信者あたりから「切り文だ」などという反論が聞こえてきそうである。大石寺の法主が公式に「余は二十七年なり」の文が、「戒壇の大本尊」なる板本尊が造立された証拠であるとする説を公然と否定したとなると、大石寺56世大石日応が言い出した、その「聖人御難事」の文を根拠とした「戒壇大本尊・出世の本懐論」と、真っ向から矛盾してしまうことになる。 したがって、堀日亨も阿部日顕も、言い訳がましく、弘安29月~10月期における何らかの日蓮の本懐満足を示唆はしているが、二人とも、結論として、日蓮の遺文「聖人御難事」の「余は二十七年なり」の文が、「戒壇の大本尊」なる板本尊が造立された証拠であるとする説を公然と否定していることは事実である。 大石寺59世堀日亨の場合は、

「自分は宗旨建立より二十七年目に法難も終結して始めて出世の本懐を満足したのであると云ふ御意と拝見せねばならぬ。法難即本懐では無くて法難終結に寄せて何か本懐満足の事実を祝し給ふのではないか」

と、一応、大石日応の説を立てた弁を述べたあとに

「然れば当時何事か宗祖(日蓮)の本懐満足と云ふ史実が有ったらうかと考えてみると、先師が曾て直に此文(『聖人御難事』の『余は二十七年なり』の文のこと)を以て戒壇本尊顕彰の依文と為れたやうだが、直接の文便は無いやうである」 (堀日亨の著書『熱原法難史』p72)

熱原法難史1


熱原法難史2


熱原法難史3
 

と、「余は二十七年なり」の文と、「戒壇の大本尊」なる板本尊の直接の関係を否定している。

 


 続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(114)~かつては大石寺67世阿部日顕も否定していた「戒壇の大本尊」聖人御難事証拠説

■検証114・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞8

 

□かつては大石寺67世阿部日顕も否定していた「戒壇の大本尊」聖人御難事証拠説

 

すでに大石寺59世法主である堀日亨が、日蓮の遺文「聖人御難事」の文

「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す計りなし。先々に申すがことし。余は二十七年なり」(平成新編御書全集p1396、御書全集p1189

仏四十余年天台三十余年伝教二十余年余二十七年なり
 

を根拠とした「戒壇の大本尊・出世の本懐論」を、公然と否定していることは述べたが、ところが日蓮正宗大石寺の法主で、もう一人、公式の席で日蓮の遺文「聖人御難事」の文が、「戒壇の大本尊」なる板本尊が造立された証拠であるとする説を公然と否定した人物がいる。 それは、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕である。大石寺67世阿部日顕は、日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の1983(昭和58)46日、大石寺御影堂での「霊宝虫払い大法会」御書講の席で、次のように説法している。

「この御抄(聖人御難事のこと)の日時は、弘安二年十月一日でありますから、まだ本門戒壇の大御本尊顕発を旬日(じゅんじつ)の後に控えております。従って、この文が直ちに戒壇の大御本尊を顕したもう事実的証拠ではありません。そのように取るのは過ぎた解釈と思われます」

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」昭和585月号・1983(昭和58)48日付け「聖教新聞」)

6聖人御難事1


6聖人御難事2


6聖人御難事3
 

(日顕全集11p286287)

1983年虫払会・聖人御難事説法
 

どこをどう読んでも、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕は、日蓮の遺文「聖人御難事」の「余は二十七年なり」の文は、「この文が直ちに戒壇の大御本尊を顕したもう事実的証拠ではありません」と、完全に否定している。この文は、大石寺59世堀日亨が、1922(大正11)1220日に出した「熱原法難史」という著書の中で

「然れば当時何事か宗祖(日蓮)の本懐満足と云ふ史実が有ったらうかと考えてみると、先師が曾て直に此文(『聖人御難事』の『余は二十七年なり』の文のこと)を以て戒壇本尊顕彰の依文と為れたやうだが、直接の文便は無いやうである」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『熱原法難史』p72)

 

と、述べていることと軌を一にしている。 「余は二十七年なり」の文が、「戒壇の大本尊」なる板本尊が熱原法難のときに造立された証拠であるとする説は、日蓮正宗大石寺の法主自らがかつては否定していたことなのである。

 

(大石寺「戒壇の大本尊」)

 

 


 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ