アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

自宗の信者に殉教を説く日蓮正宗・創価学会の危険教義

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(110)~「金沢法難」という名の「偽りの宗教美談」の地に建っていた日蓮正宗寺院・妙喜寺

■「金沢法難」という名の「偽りの宗教美談」の地に建っていた日蓮正宗寺院・妙喜寺

 

まだ福寿荘(仮名)に住んでいて、創価学会学生部たちといろいろ揉めていた頃、石川県金沢市に、「昔からの日蓮正宗寺院がある」と聞き、「本当にそんな寺院があるのか」と思って、自分で探して見学に行ったことがある。なぜこんな話になったのか、というと、私の出身地が北陸地方だということから、創価学会員たちが「江戸時代には、金沢地方に法難があった。あの地方の人たちは信心が強い」と言ったことから。

「江戸時代、金沢地方に日蓮正宗の法難があった?そんなもの、聞いたことがない」

石川県、富山県、福井県の北陸地方は、大半が浄土真宗の家で、日蓮正宗どころか、日蓮宗の家すらも、聞いたことがなかった。日蓮宗の寺院でも、「忍者寺」の別名がある日蓮宗・妙立寺ぐらいしか、あの時は知らなかった。その他、浄土真宗以外の寺院で知っていたのは、福井県にある曹洞宗大本山永平寺。石川県能登地方にある曹洞宗総持寺祖院ぐらい。

そこで私も「富士宗学要集」等々で調べてみた。大石寺59世堀日亨編纂の「富士宗学要集」第9巻資料類聚(2)・下、法難編を見ると、「第五章 金沢」という項目があり、ここに江戸時代の金沢法難の史料がいろいろと収録されている。そして金沢市内には、明治時代から日蓮正宗寺院・妙喜寺があるということがわかった。

私は、金沢市内にある高校に通学して、高校時代はそれこそ毎日のように金沢市内に行っていたが、妙喜寺という日蓮正宗寺院は全く見ず聞かず。そこで学生の頃、自分で場所を調べて、妙喜寺に行ったことがある。

妙喜寺(みょうきじ)とは、石川県金沢市に所在する日蓮正宗の寺院で、正式名称は天司山(てんしさん)妙喜寺という。行ってみると、日蓮正宗寺院としては、ごく普通の庫裏、本堂があり、本堂に入っていくと、須弥壇中央には、板本尊が祀られていた。この板本尊は、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が書写・造立した本尊。

本堂の片隅では、かなり年老いた信者と住職?が何やら話しをしていた。信者のほうは、何かを一生懸命、自らの体験を語りつづけ、それを住職がうなづきながら聞いている。それを除けば、本堂の中はガランとしていた。別に、何の変哲もない日蓮正宗の寺院であった。

江戸時代、金沢の地で、日蓮正宗大石寺門流の信者が領主・前田家から弾圧を食らった「金沢法難」があったというのだが、妙喜寺に行っても、金沢法難の面影といったものは、特に何も感じられない。金沢法難の地の日蓮正宗寺院とはいっても、この地に妙喜寺が建ったのは、金沢法難が終焉して、明治の世になってからのことである。

妙喜寺は、金沢法難の地に建てられた寺院ということだが、この金沢法難自体が、日蓮正宗の信者や創価学会員の間では、美談として語られている。つまり江戸時代、加賀前田藩に、日蓮正宗大石寺門流の末寺がなく、大石寺の信仰が藩内では禁止されていたにも関わらず、領主の弾圧にもめげずに、それこそたくさんの信者が、信仰を貫いたという話しが、「信者の鏡」として、日蓮正宗や創価学会で語られている、というわけである。

大石寺黒門3 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(5)~自宗派のために信者に殉教や死を要求する宗教は危険極まりない宗教だ

■論破5・自宗派のために信者に殉教や死を要求する宗教は危険極まりない宗教だ!!

 

------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

アンチ日蓮正宗を破す。熱原三烈士が殺されるのは、日蓮の教えがデタラメである。

アンチと言う輩は、こういう歴史をきちんと調べもせずに騒ぐのである。

アンチと言う輩は、法華経の信仰を知らずに騒ぐ。

 (楽天ブログ・龍神ひろし201023日の日記より)

------------------------------------------------------------

「アンチ日蓮正宗」のどこを読んで、龍神ひろしは、こんなマヌケなことを言っているのだろうか、と思ってしまうのだが、「アンチ日蓮正宗」が言っているのは、自宗の信者が政府に投獄・処刑されて「出世の本懐」の所願満足とする宗教指導者など、インチキだと言っているのである。

 

日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂した「御書全集」には次のように載っている。

「(日蓮)大聖人は、興上(日興のこと)弘教の熱誠を賞し、其の功績重大なるに伴いて法難の熾烈な事は、実に末法怨敵の当鉾なりといえども、是れ全く日蓮出世の本懐満足の画期として弘安二年十月十二日、本門戒壇の大御本尊を興上に親付し給うたのである」(「弟子檀那列伝」御書全集付録p16より)

また1981(昭和56)年の日蓮七百遠忌を記念して日蓮正宗大石寺が出版した「日蓮大聖人正伝」には、次のように書いてある。 

「富士の一帯、さらに鎌倉に至る弟子檀那、とくに未だ大聖人にまみえず、日興上人の教導によって入信まもない熱原の民、百姓たちが命を捨てて法華経を信じきるという、世の名僧や武士も及ばぬ信力・行力を示したのである。求道の至誠として仏になる道は、命を妙法に奉ることである」

「ここに熱原の法難を通じて、日興上人を中心とする法華講衆の結束と、死身弘法の赤誠の信仰をご覧になった大聖人は、下種仏法の究竟の法体を建立される大因縁の時がまさに来たことを感ぜられた」

(日蓮は『聖人御難事』を書いて)四条金吾を代表とする檀越に、今こそ大聖人御自身の出世の本懐を遂げる時であることを密示・予証されたのであった」(日蓮正宗大石寺「日蓮大聖人正伝」p378379より)

 

これらの日蓮正宗の文献を要約してみると、日蓮は

(1).熱原法難での日興の活躍を賞賛した。(2).入信まもない熱原の農民たちが、命を捨てて法華経を信じきったことを、(3).出世の本懐を遂げる時が来たと思った。というようなことになる。

本照寺7

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(109)~1279(弘安2)年の熱原法難は、日蓮が出世の本懐を顕す所願満足の時期ではなかった2

■検証109・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞3

 

1279(弘安2)年の熱原法難は、日蓮が出世の本懐を顕す所願満足の時期ではなかった2

 

そもそも人を救うべき宗教が、自らの宗派のために、教祖のために、仏のために、僧のために、本尊のために、信者に対して命を捨てることを要求すること自体が、間違っているし、あってはならないことだ。しかも自分の弟子たちが大きな法難に巻き込まれて、首まで切られるかもしれないという事件が起こっている時に、「今こそ出世の本懐を遂げる所願満足の時だ」 などと言う仏がどこにいるのか。そんなことを言っている仏など、まさにインチキであり、そんな宗教は、インチキ宗教だ。 熱原の法難で、実際は、日蓮は、信者の法難に巻き込まれたことに対して、心を痛めたのではないか。熱原法難の時期に、信者に対して日蓮は、いくつかの書状を書いている。

「滝泉寺申状」「聖人御難事」「伯耆殿御返事」「聖人等御返事」といった遺文(御書)がそれだ。

日蓮は、たいへん厳しい人であったようだが、その反面、信者に対しては、溢れんばかりの慈愛に満ちた言葉の数々を遺文(御書)の各所に、書き残している。 そういう日蓮が、信者が次々と投獄され、首まで切られるかもしれないという事件が起こっている時に、 「出世の本懐満足の画期として」、「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立するということがあり得るだろうか?? そんなことがあり得るはずがないではないか。

こんなことをいくら言っても、日蓮正宗の信仰の世界にどっぷりと浸り、日蓮正宗の教義に洗脳されてしまっている信者には、届かないかもしれない。彼らはただ

「大聖人は、下種仏法の究竟の法体を建立される大因縁の時がまさに来たことを感ぜられた」

「今こそ大聖人御自身の出世の本懐を遂げる時であることを密示・予証された」(日蓮正宗大石寺「日蓮大聖人正伝」p378379より)という、日蓮正宗の教義を繰り返すだけだからだ。

法華講衆結束と死身弘法信仰を大聖人は究竟法体建立大因縁時が来た


日蓮大聖人正伝
 

それならば、敢えて問う。 熱原法難より以前には、日蓮の信仰のために命を捨てた信者は一人もいなかったのか?? いなかったどころではない。日蓮の信仰のために命を捨てた信者は、熱原法難より以前にも、それこそ何人もいたではないか。

1264(文永1)1111日、日蓮が安房の国(千葉県)東条小松原で、地頭・東条景信に襲撃された「小松原法難」では、日蓮の弟子である鏡忍房と工藤吉隆が実際に命を落としている。 1271(文永8)912日、日蓮が龍口の刑場に引き出された「龍口法難」では、四条金吾が「我も死なん」として日蓮のもとに駆けつけ、自らも腹を切ろうとした。

 


 続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(108)~1279(弘安2)年の熱原法難は日蓮が出世の本懐を顕す所願満足の時期ではなかった1

■検証108・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞2

 

1279(弘安2)年の熱原法難は日蓮が出世の本懐を顕す所願満足の時期ではなかった1

 

日蓮正宗は、随所において、日蓮が1279(弘安2)年の1012日に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立したと教えている。 たとえば日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂した「御書全集」には次のように載っている。

「(日蓮)大聖人は、興上(日興のこと)弘教の熱誠を賞し、其の功績重大なるに伴いて法難の熾烈な事は、実に末法怨敵の当鉾なりといえども、是れ全く日蓮出世の本懐満足の画期として弘安二年十月十二日、本門戒壇の大御本尊を興上に親付し給うたのである」(「弟子檀那列伝」御書全集付録p16

また1981(昭和56)年の日蓮七百遠忌を記念して日蓮正宗大石寺が出版した「日蓮大聖人正伝」には、次のように書いてある。 

「富士の一帯、さらに鎌倉に至る弟子檀那、とくに未だ大聖人にまみえず、日興上人の教導によって入信まもない熱原の民、百姓たちが命を捨てて法華経を信じきるという、世の名僧や武士も及ばぬ信力・行力を示したのである。求道の至誠として仏になる道は、命を妙法に奉ることである」

「ここに熱原の法難を通じて、日興上人を中心とする法華講衆の結束と、死身弘法の赤誠の信仰をご覧になった大聖人は、下種仏法の究竟の法体を建立される大因縁の時がまさに来たことを感ぜられた」

(日蓮は『聖人御難事』を書いて)四条金吾を代表とする檀越に、今こそ大聖人御自身の出世の本懐を遂げる時であることを密示・予証されたのであった」(日蓮正宗大石寺「日蓮大聖人正伝」p378379)

法華講衆結束と死身弘法信仰を大聖人は究竟法体建立大因縁時が来た


日蓮大聖人正伝
 

要約してみると、日蓮は

1.熱原法難での日興の活躍を賞賛した。

2.入信まもない熱原の農民たちが、命を捨てて法華経を信じきったことを、.出世の本懐を遂げる時が来たと思った。

というようなことになる。 日蓮正宗では現に「日蓮は、命を捨ててまでも退転しなかった信者の出現を喜んだ」「『戒壇の大本尊』は信者が命を捨ててまでも護らなければならない本尊だからだ」と教えている。 しかし、本当にそうなのか?? 日蓮は、熱原法難で熱原の農民信者が命を捨てて信仰を護ったことを喜んで、「今こそ出世の本懐を遂げる所願満足の時だ」と思ったのか?? 常識で考えれば、これらの事柄はことごとくおかしいではないか。

 


 続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ