アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

法華講員ではないのに入った日蓮正宗寺院の行事

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(118)~宗創和合時代の日蓮正宗常在寺の談話スペースで見聞した創価学会員の本音と苦悩

■宗創和合時代の日蓮正宗常在寺の談話スペースで見聞した創価学会員の本音と苦悩

 

東京池袋の日蓮正宗寺院・常在寺の入り口から入って階段を登っていくと、正面が受付で、左側に本堂入り口。須弥壇には1972(昭和47)年に大石寺66世細井日達法主が書写・造立した板本尊が祀られ、さらにむかって左側に日蓮木像。右側に日興木像が祀られている。

僧侶席は畳席で、参詣信徒席は椅子席。須弥壇にむかって右側には、塔婆供養の塔婆を立てる祭壇がある。

私は、宗創和合時代の昭和50年代後半のころ、何度も常在寺に行っているが、普段の平日でも、信徒席の6070%くらいが埋まっていて、一心不乱に唱題していた。

夕方18時からは、僧侶が出仕して夕の三座勤行が行われる。勤行が本堂ではじまると、信徒席はほぼ満席に近い状態に膨れあがっていた。参詣信徒の大半が創価学会員であった。

もっとも創価学会員の総数に比べたら、常在寺に参詣していた創価学会員の割合は10%に満たないくらいだったかもしれない。創価学会員の話しによれば、あの当時は池袋東口関係の創価学会員は常在寺所属。池袋西口関係の創価学会員は法道院所属ということになっていたらしいが、仮に池袋東口関係の創価学会員がくまなく常在寺に参詣していたら、それこそ寺院は常在寺一箇寺では足りなくなるはず。だから宗創和合時代でも、日蓮正宗寺院に参詣していた創価学会員の割合は、わずかなものだったはずだ。

宗創和合時代でも、創価学会活動のメインは、日蓮正宗の寺院ではなく、創価学会の会館であり、個人会館であり、拠点になっている個人宅。そういう時代の中で、こけだけ熱心に、熱烈に日蓮正宗寺院に参詣している創価学会員がいることに、私は興味をもった。「この人たちは、どういう人たちなのだろうか」と。

常在寺本堂入り口の手前には、椅子と灰皿が置いてある談話スペースがあり、ここにいつも数人の参詣信徒が集まって、いろいろな話しをしていた。私はここで参詣信徒の話が聞けるかもしれないと思い、あの当時、タバコを吸いながら、談話スペースに座っていた。今の私は15年以上も前に禁煙して、タバコは1本も吸わないが、あの当時はそれこそ130本以上のタバコを吸うヘビースモーカーだった。それで、この談話スペースで参詣信徒のいろいろな話を聞くことが出来た。

 

A氏 20代か30代はじめくらいの、おとなしい感じの男性  この人は創価学会員だが、地元の創価学会幹部たちと折り合いが悪く、大石寺登山も創価学会幹部と仲が良くないことから、参加させてもらえない。創価学会の会合にも顔を出しずらいことから、常在寺に参詣しているという。

それでは創価学会を脱会するのか、というと、心の中は脱会の方向に揺れ動いているが、寺院に相談したところ、受け入れが難しいと言われたとのこと。だから、脱会したいが、脱会を半ば諦めている、という感じ。

常在寺1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(41)~池田大作・創価学会を絶賛して褒めちぎっていた日蓮正宗重役・法道院主管・早瀬日慈氏

■日蓮正宗の信者でも何でもないのに出席した法道院法華講の御講3

 

□池田大作・創価学会を絶賛して褒めちぎっていた日蓮正宗重役・法道院主管・早瀬日慈氏

 

献膳が終わったあと、法道院主管・早瀬日慈氏は法道院本堂の導師席に着席して、法華経の読経、そして太鼓の音と唱和しての信者たちの唱題。そして引き題目で法要の部は終了。

ひきつづいて、早瀬日慈氏はくるりと信者たちのほうに向いて、法話をはじめた。

1時間ほど、早瀬日慈氏の独演会のような法話がつづいたが、具体的な詳しい内容は忘れてしまった。しかし、早瀬日慈氏の話しとして、印象に残っているのは、

「法華講の信者は、創価学会の強引・執拗な折伏活動を見習って、折伏・入信勧誘にはげめ」

という内容の法話。

さらに早瀬日慈氏は、御講の説法の席で、創価学会の強引・執拗な折伏・布教活動を絶賛し、早瀬日慈氏に言わせると、創価学会の最高支配者・最高実力者である池田大作は日蓮正宗の折伏の先駆者であり、その「池田先生の尽力で」創価学会の信者が世界130ケ国に広まっているという話しをして、創価学会や池田大作のことをべた褒めに褒めちぎっていたのを鮮明に覚えている。

早瀬日慈氏の法話を聞いた私としては、仏教の内容の話しがどうのこうのよりも

「この人は、日蓮正宗の中でも、創価学会べったりというか、池田大作べったり派の僧侶なんだな」という印象を強く持った。

私はあの当時から、福寿荘をはじめとする創価学会員たちの強引・執拗な折伏や非常識な言動の被害に強く悩まされていたので、この話しを聞いて、驚き呆れ果ててしまったのと同時に、その迷惑千万な創価学会員たちの非常識な折伏を見習って、法華講も折伏をやれと、ハッパをかけているのであるから、私としては、早瀬日慈氏の法話には、心底、ため息が出てしまった。

 

それと早瀬日慈氏は、法話の中で池田大作のことをべた褒めに絶賛していたばかりか、池田大作のことを「池田先生」と「先生」付けで呼んでいたのが印象的だった記憶がある。

日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」などの文献では、日蓮正宗の僧侶たちが、池田大作のことを「池田先生」と呼んでいたのは知っていたが、直接の肉声で、日蓮正宗の僧侶が「池田先生」と呼んだのを聞いたのは、この時が最初で、私の耳に強くこの言葉が残った。

 

それにしてもどういう意味合いで、宗創和合時代に日蓮正宗の僧侶は、池田大作のことを「池田先生」と呼んでいたのだろうか。創価学会員たちが「池田先生」と呼んでいたのに倣ったのか。創価学会に媚び諂ってのことか。「池田先生」と呼べば、供養金がたくさん入るからなのか。

その辺の意味は、よくわからないが。

法道院2


続きを読む

隣の学会員・法華講員(40)~日蓮正宗の信者でも何でもないのに出席した法道院法華講の御講2

■日蓮正宗の信者でも何でもないのに出席した法道院法華講の御講2

 

法道院に所属する法華講中である「法華講法道院支部」は、1990年までの宗創和合時代においては、日蓮正宗において最大の信者数をかかえる法華講であった。今でも妙観講を別にすれば、最大級の法華講であり、法華講連合会の阿部唯七郎3代委員長、石毛寅松・副委員長は、法道院の信者ということである。

1980(昭和55)年、佐藤悦三郎2代委員長をはじめとする当時の法華講連合会幹部が日蓮正宗宗務院と、役員人事をめぐって対立して総辞職したとき、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、法道院と本行寺の法華講幹部で連合会を再建。当時から法華講連合会において、法道院と本行寺は、信者数においては双璧だったようである。

その法道院とよく比較対象になる妙観講(日蓮正宗法華講理境坊妙観講支部)は、そもそも法道院の法華講から派生したものである。1978年(昭和53年)、法道院の法華講員だった大草一男氏他200名余りが法道院から大石寺塔中の理境坊に移籍。それらの信者たちが、1980年(昭和55年)に日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の認可を受けて妙観講を結成したものである。

 

1948年(昭和23年)~1957年(昭和32年)の間、後の妙信講、今の冨士大石寺顕正会の創始者である浅井甚兵衛と息子の浅井昭衛(顕正会現会長)が法道院法華講に在籍し、一時は浅井甚兵衛が講頭を、浅井昭衛が青年部長を務めた。がしかし、法道院法華講の内紛により、浅井甚兵衛・浅井昭衛親子は法道院を離脱して東京・向島の妙縁寺に移籍し、「妙信講」を結成している。

 

又、1991年の宗創戦争後、創価学会を脱会して大石寺塔中南之坊の法華講員になり「蘇生講」講頭をしていた福島源次郎氏が南之坊を飛び出して法道院へ移籍し、ここで「正蓮講」を結成している。福島源次郎氏の死去後も、「正蓮講」はそのまま法道院に存続していたが、東京・世田谷区の善福寺が正信会から日蓮正宗に復帰したことに伴って、「正蓮講」信者は、法道院から善福寺に移籍している。

このように、法道院の法華講は、日蓮正宗では最大級の法華講ながら、数奇な歴史を歩んできており、そういう意味でも、法道院法華講の御講というのは、興味深いものがあった。

 

御講がはじまる前は、本堂いっぱいに埋めつくしていた法華講信者が唱題していたが、信者席の最前列あたりには、法道院信者でもあった阿部唯七郎法華講連合会委員長(当時)をはじめ、法華講の幹部たちも来て座っていたのがわかった。当時、日蓮正宗法華講連合会委員長だった阿部唯七郎氏を直接見たのは、このときが最初。

法道院2


続きを読む

隣の学会員・法華講員(39)~日蓮正宗の信者でも何でもないのに出席した法道院法華講の御講

■日蓮正宗の信者でも何でもないのに出席した法道院法華講の御講

 

夕陽ブロイラー(仮名)のバイトの直属上司・笠間氏(仮名)が、東京都内の先祖代々の法華講ということだったので、「法華講って何だ」と少しばかり興味を持った。あの当時からすでに日蓮正宗の寺跡調査は少しずつ行ってきていて、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」を常在寺の窓口で買ったり、図書館で創価学会機関紙「聖教新聞」も読んでいて、日蓮正宗や創価学会の中の様子も少しずつわかりはじめてきていた。今から約30年前の、大学生の頃だ。

あの当時からすでに常在寺にも法華講があり、寺院でも御講や御会式等の行事が創価学会の信者用と法華講の信者用の二回行われていた。そういうことは知っていたので、「法華講って、ああ、あれか」ぐらいの認識。ただし、法華講の中の様子までは、詳しくはまだ知らなかった。

それと、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトによる創価学会員の朝の勤行崩壊事件のころ、福寿荘の創価学会員たちは、「東京・池袋の法道院で勤行をしている」などということも言っていた。

福寿荘は埼玉県K市にあり、東京・池袋まではかなり離れている。どうしてそんな遠いところで勤行に通っていたのか不明だが、法道院という日蓮正宗寺院も、「大日蓮」で読んでいたので知っていた。

法道院とは、東京・豊島区南池袋の明治通り外回り沿いにある日蓮正宗の寺院。当時の法道院主管(住職)は、日蓮正宗重役の早瀬日慈氏。今の日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主の父親である。日蓮正宗重役とは、法主(日蓮正宗管長・代表役員・大石寺貫首)、宗務総監と並ぶ日蓮正宗の責任役員で、早瀬日慈氏は、若いころから日蓮正宗宗務院教学部長などを務め、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の代には、宗務総監を務めていた。

法道院は、1899(明治32)年に日蓮正宗大石寺56世大石日応法主が開基した寺院だが、二代目の主管は、早瀬日慈の父親の早瀬慈雄氏。その次の主管が早瀬日慈氏で、三代めの主管。

ちなみに4代主管が大石寺68世早瀬日如法主で、5代主管が今の八木日照総監である。

私が大学生の頃(昭和5559)というと、もちろん日蓮正宗と創価学会が和合していた

宗創和合時代のことであり、早瀬日慈氏は、池田大作、秋谷栄之助、小泉隆、和泉覚、辻武寿、柏原ヤスといった創価学会の最高古参幹部とつとめて友好的な僧侶として有名だった。


そういう有名な寺院だったから、福寿荘の創価学会員たちが、わざわざ法道院まで勤行に通っていたのか。あるいは夕陽ブロイラー(仮名)のバイトによる創価学会員の朝の勤行崩壊事件をモロに私に見られたので、私の前で見栄を張っていたのか。それはわからないが。

私としても、法道院という寺院がどんな寺院なのか、早瀬日慈氏という人が、どういう人なのかということを直接自分の目で確かめておきたかったという気持ちが一番大きい。

しかし法道院で、福寿荘の創価学会員たちとバッタリ鉢合わせになるのだけはイヤだったので、彼らが絶対に東京・池袋まで行かない時間帯である、真っ昼間に行ったことを憶えている。

法道院2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ