アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会員ではないのに入った創価学会員限定の行事

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(213)~創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」2

□創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」2

 

「創価学会特別記念展」に参観できるのは創価学会員だけのばずだったのに、小矢木隆(仮名)の「キミ、これに行ってみないか」と言う、まさに『鶴の一声』で、私にとっては願ってもない千載一遇のチャンス到来。創価学会員ではないのに、創価学会員限定公開で創価学会員しか参観できない「創価学会特別記念展」に参観。陳列されている創価学会の歴代会長が大石寺歴代法主から贈られた品々を拝観した。それらを見れば、大石寺や創価学会が何を考え、何を行ってきたかがわかるのではないかと思う。それで後日、聖教新聞に掲載された写真を元に、1985(昭和60)年当時、創価学会が「重宝」と称していた品々をここで紹介してみたい。

日達・委嘱状1
 

(大石寺66世日達が池田大作に授与した『委嘱状』)

創価学会ではこの文献を「正本堂落成を慶讃する『世界平和祈願大法要』が奉修された昭和47(1972)1015日、総本山66世日達上人より池田名誉会長に賜った人類救済、世界平和への委嘱状」としている。ここにはこんなことが書いてある。

「委嘱状 日蓮正宗法華講総講頭 池田大作殿

ここに正本堂も遂に完成し未来にわたる世界人類の永遠なる平和の確立は広宣流布の達成によって盤石となるものと信じます。依ってあなたは日蓮正宗法華講総講頭として益々全人類救済のために御盡力下さい 昭和四十七年十月十五日 日蓮正宗管長 総本山六十六世 細井日達」

委嘱状とは、国語辞典によれば「仕事や作業などを部外の人に頼む 旨が記載された書類のこと」と載っている。大石寺66世細井日達法主は、在職中にこの大客殿模型、正本堂模型、壺、硯、香炉、日本画、18金の香合、「無上道」の衝立、花器、数々の染筆など数多くの品々を池田大作に贈っていて、それらが全て創価学会の重宝として展示されていた。それらの極めつけがこの「委嘱状」であろう。「日蓮正宗法華講総講頭として益々全人類救済のために御盡力下さい」との文面からして、これは人類救済の委嘱状ということか。人類救済の委嘱状とは、恐れ入った文献である。いずれにせよ、折伏大進撃の時代、大石寺66世細井日達法主は、池田大作を全面的に信頼していたということだろう。

日達・本門事戒壇染筆1
 

(大石寺66世細井日達法主が『本門事戒壇』と墨書した写真集・正本堂)

大石寺66世細井日達法主は訓諭やその他の説法の席で、「正本堂は本門事の戒壇」と言っているが、それは「戒壇の大本尊」を祀るが故だと言い訳する。創価学会には「正本堂は本門事の戒壇」と言ったり、宗門僧・寺族や妙信講には「正本堂は三大秘法抄の戒壇ではない」と言ったり、言っていることを二転三転させたあげく、最終的に「法主の指南に逆らった」として妙信講が破門になった。大石寺66世細井日達法主は創価学会には「正本堂は本門事の戒壇」と言っていたわけだから、この写真集も貴重な創価学会の重宝ということか。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(212)~創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」

□創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」

 

1985(昭和60)年という年は、創価学会ウォッチャーにとって『佳境の年』だったように思う。公明党の得票数・得票率等々から考えて、この1985(昭和60)年ころが創価学会として最高潮の年だったのではないかと思われること。そして1985(昭和60)年に、創価学会の最高指導者・池田大作がはじめて狭心症で東京女子医大病院に入院したこと。ほどなくして退院したのであるが、この池田大作の入院が、その後の創価学会の方向性に大きく影響したものと思われること。そして1985(昭和60)年は創価学会創立55周年にあたるということで、さまざまな記念行事を行っていた。そのひとつが東京・八王子の創価大学・東京会館で行われた「創価学会特別記念展」である。ここで創価学会は創立以来の数々の重宝を展示していた。それらの中には大石寺歴代法主から下賜された染筆、居士衣、感謝状、金盃、模型等々が数多く含まれている。この6年後に創価学会は日蓮正宗から離反することになるのだが、創価学会が重宝として公開した大石寺歴代法主から下賜された染筆等々は、これが最初で最後ではないかと思われる。それくらい貴重な展示であった。

この「創価学会特別記念展」に創価学会として組織的な団体参拝を行っていた。あの当時はまだ創価学会が大石寺に団体参拝を行っていた時代だったが、私から見ると、創価学会は大石寺登山参拝の他に、新たに創価大学への参拝もはじめたのか、という感じに見えた。

創価学会創立55周年の1985(昭和60)年から数えて6年後に、宗創戦争によって創価学会の大石寺団体登山会は廃止になり、創価学会員はその後、創価大学にある東京牧口記念館に参拝するようになった。今にして思えば創価学会創立55周年の創価大学参拝は、宗創戦争後に本格化した創価学会員の創価大学・東京牧口記念館の嚆矢ではなかったかと思う。

それにしても「なぜ創立55周年にこんな大行事をするのか」という素朴な疑問は、一般の人にとっては普通にわき上がるのではないだろうか。創価学会としても創立55周年記念行事には、相当な力の入れようだった。あの当時は、創価学会員の誰に聞いても明快な答えは得られなかったが、その5年後の19901116日のあの有名な池田大作「1116スピーチ」の中に答えがあった。

50周年、敗北の最中だ。裏切られたたかれ、私は会長を辞めさせられ、宗門からさんざんやられ、正信会からバカにされ……55周年を見ろ。そうでしょうか。バカか本当にもう…」

というのがあるが、池田大作としては、1980(昭和55)年の創価学会創立50周年は、日蓮正宗、正信会、マスコミ・週刊誌等から池田大作批判、創価学会批判の雨嵐が吹き荒れ、とても祝賀するどころではなかった。それで「5年後の55周年を見ろ。55周年で大祝賀行事をやるぞ」と固く決めていたらしい。50周年で祝賀行事ができなかった池田大作の悔しさが、「1116スピーチ」の中ににじみ出ているのが、何とも面白い。それで創価学会創立55周年の1985(昭和60)年に、祝賀行事のひとつとして、「創価学会特別記念展」を行ったということのようである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(117)~自分の話しが終わるとクルリと信者に背中を向けた尊大な常在寺37代住職・細井珪道氏

自分の話しが終わるとクルリと信者に背中を向けた尊大な常在寺37代住職・細井珪道氏

 

創価学会出身の日蓮正宗僧の大半が、昭和50年代のころは、「正信覚醒運動」に身を投じていくなどしたことがあり、創価学会出身の日蓮正宗僧侶ほど、寺院にあって創価学会員や参詣人に対して、辛い態度に当たる僧が多い、ということが日蓮正宗の内部事情としてあった。

それでは、日蓮正宗寺院住職の子弟あがりの僧侶は、そんなことはなかったのか、ということになるが、これが創価学会出身の日蓮正宗僧侶と「目くそ鼻くそ」状態。寺院にあって創価学会員や参詣人に対して、辛い態度に当たるのは、日蓮正宗寺院住職の子弟あがりの僧侶も同じである。

その典型的な例が、大石寺66世細井日達法主の長男で、常在寺37代住職・細井珪道氏。

この細井珪道氏をはじめて実見したのは、昭和60年代の宗創和合時代。常在寺の新年勤行のときである。

年の初めの元日になると、大石寺をはじめ日蓮正宗末寺寺院でも元朝勤行を行う所が多い。元朝勤行とは、11日の午前0時、ないしは6時半とか7時から行う勤行のことである。

宗創和合時代の日蓮正宗寺院の元朝勤行には、近隣の日蓮正宗の信者、創価学会員が多数詰めかけていた。特に1991年の宗創戦争勃発以前、全国どこの日蓮正宗寺院でもそうだが、創価学会員が寺院本堂に入りきれないほど多数、詰めかけていた。

私は、まだ宗創和合時代のころ、というか住職に今の細井珪道氏が就任した直後くらいのころ、一度だけ、常在寺の元朝勤行に行ってみたことがある。細井珪道氏とは、日蓮正宗大石寺66世細井日達の長男であり、宗会議長という要職も務めたこともある人物。この人は、どんな人物なのか、見ておきたかったためだ。

当初、細井珪道氏は、常在寺36代住職・早瀬義孔氏が病身だったころ、住職の職務の全てをむ代行する住職代務者として常在寺に入寺した。そして早瀬義孔氏が住職を病気退任した後、正式に細井珪道氏が常在寺37代住職として大石寺67世阿部日顕法主より任命になった。

 

日蓮正宗寺院の元朝勤行には、誰でも入れるというのは、他の行事でも同じである。元朝勤行のときは参詣信者が多いからか、常在寺の門前にはテントが張られ、そこで係員が供養金の受付をしていた。信者は札束を紙袋に入れて係員に差し出し、供物を係員からもらってから、本当に入って行っていた。私は、というと、テント村も本堂入口前に陣取る警備員?も素通りして、本堂の中へ入って行き、本堂の最後列に座った。私は信者じゃないんだから、供養金なんて出すわけがない。しかし私は誰からも何も言われなかったし、何一つ、咎められなかった。そういうわけで、常在寺の元朝勤行のようすを最後列から、だまって観察していた。

常在寺1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(116)~創価学会員や参詣人に対して尊大な態度だった創価学会出身の日蓮正宗僧侶

■創価学会員や参詣人に対して尊大な態度だった創価学会出身の日蓮正宗僧侶

 

昭和57(1982)年当時、東京池袋・常在寺の住職・早瀬義孔氏は病身のため、勤行や法要にはほとんど出仕せず、常在寺在勤教師・平井正道氏、小口寛道氏のどちらか、あるいは二人が本堂での勤行等の法要に出仕していた。二人とも僧名に「道」字がつく名前だが、これは大石寺66世細井日達法主の弟子で、細井日達法主の道号「精道」の一文字をもらっているのだという。つまり一見して細井日達法主の弟子だとわかるのだという。

昭和54(1979)7月に大石寺66世細井日達法主が死去し、かわって大石寺67世阿部日顕法主が登座。昭和55(1980)4月から阿部日顕法主の徒弟として新たに得度した僧侶を大石寺で採用し始めていたが、阿部日顕法主の弟子は、少年得度者は「信」文字。一般得度者は「雄」文字がついた僧名がつけられていった。これは阿部日顕法主の道号「信雄」から一文字をもらった僧名なのだという。阿部日顕法主はその後、27年間の長きにわたって大石寺法主の当職にあり、毎年20人以上の新規得度者を採用していたため、少年得度者は「信」文字から「正」「良」「行」文字になり、一般得度者は「雄」文字から「法」文字になっている。

宗門関係者の話によれば、大石寺66世細井日達法主の代から、各末寺住職が徒弟として新規得度僧を弟子として採用してきた制度を、毎年4月に大石寺法主が新規得度僧を法主の直弟子として採用していく制度に改定した。

細井日達法主の代といえば、まさに創価学会の折伏大進撃による信徒激増期であり、まさに創価学会の全盛時代。宗創和合時代における日蓮正宗の新規得度者は、元からの寺院住職の子弟か、創価学会員の子弟が大半だったという。

ということは、昭和50年代のころは、昭和3040年代に日蓮正宗の少年得度者(12才で出家した僧)ないしは青年得度者(それ以外の成人してから出家した僧・のちの一般得度者)として出家した僧が、教師僧侶になりたての若手僧侶として大石寺ないしは末寺に在勤していたころ。ところが皮肉なことに、それら創価学会員の子弟、ないしは創価学会出身の日蓮正宗僧は、おしなべて日蓮正宗内の反創価学会運動である「正信覚醒運動」に加担して激しい創価学会批判活動を展開。創価学会を擁護した創価学会出身の日蓮正宗僧は、ほとんどいなかった。なぜそうなったのか。

それは昭和47(1972)10月の正本堂建立以降、日蓮正宗と創価学会の間に次第に不協和音が起こり、昭和50年代に入って以降は、それまで毎年数十ヶ寺の寺院建立を寄進してきた創価学会が、ほとんど寺院建立寄進をしなくなり、日蓮正宗内には住職になれない在勤教師が毎年のように激増。それこそ、あふれかえらんばかりに在勤教師が増え、それらの在勤教師たちは

「創価学会がもっと寺院を建立してくれていたら、オレも住職になれたのに」

との不満を持っていた。それが創価学会の板本尊模刻をはじめとする「昭和五十二年路線」、そして大石寺66世細井日達法主が火蓋を切った創価学会批判、「正信覚醒運動」が巻き起こり、創価学会出身の日蓮正宗僧の大半が、「正信覚醒運動」に身を投じていく。そういうことがあったためか、創価学会出身の日蓮正宗僧侶ほど、寺院にあって創価学会員や参詣人に対して、辛い態度に当たる僧が多い、ということも聞いたことがある。

常在寺1

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(115)~日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏

■日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏

 

東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、江戸時代初期、大石寺16世日就が創建した寺院で、約400年にわたる歴史がある古刹寺院。さらに大石寺17世日精が、法主隠退後、長く常在寺住職を務め、大石寺26世日寛が出家を決意したことでも、知られている。

そういう歴史ある寺院なので、古来からの常在寺檀家を中心にした法華講、いわゆる法華講常在寺支部がある。

方や、東京中野の中野教会(後の昭倫寺)で主管(住職)・堀米泰栄(後の大石寺65世日淳)氏とトラブルを起こして牧口常三郎・戸田城聖ら創価教育学会幹部が常在寺に移籍し、戦後、戸田城聖が常在寺を拠点のひとつとして創価学会再建に着手。戸田城聖は創価学会会長になってからも、常在寺で創価学会の座談会や質問会を開催。戸田城聖が主宰して常在寺で行われていた創価学会の座談会や質問会にも、常在寺住職・細井精道氏(後の大石寺66世日達)もよく同席していた。また戸田城聖が地方指導に行った時も、よく細井精道氏(日達)が同行して行っていた。

そういう意味で、創価学会にとっても常在寺という寺院は、縁が深い寺院。

宗創和合時代においては、常在寺では、御会式、御講、盂蘭盆会、彼岸会などの行事を、法華講信者の法要と創価学会信者の法要を別々に営んでいた。これは法華講がある寺院、東京でいうと、常在寺の他、常泉寺、本行寺、妙縁寺、妙光寺等では、当時としては、ごく当たり前の形態。創価学会のお会式、御講とは言っても、創価学会が主宰するのではなく、お会式、御講などの法要の主催者はあくまでも日蓮正宗寺院。つまりこれは「創価学会に所属する日蓮正宗信者を対象にしたお会式・御講」ということである。

ではこの「創価学会員のためのお会式」は、創価学会員しか入場できないのかというと、そうではなく、入場制限は一切なく、誰でも入場できた。というわけで、私は学生の頃、1度だけこれに入場したことがある。私の記憶では昭和57(1982)だったと思う。

 

お会式というと、住職が導師で、当該の布教区の寺院住職が何人も出仕して…と思いがちだが、この時は、常在寺住職・早瀬義孔氏は病身のため出仕できず、常在寺在勤教師の平井正道氏が導師で、出仕した僧侶も同じく在勤教師の小口寛道氏と、常在寺に在勤している所化僧だけ。

読経、申状奉読、唱題のあと、「布教講演」という名前の僧侶の説法が行われたが、講師は日蓮正宗の布教師ではなく、常在寺の在勤教師・小口寛道氏。

布教講演というのは、僧侶の説法が延々と50分ないし1時間近く続くのだが、小口寛道氏の説法というのは、面白くも可笑しくもない、なんともつまらない話しが延々と続いた。それで私もつい、説法を聞きながらウトウトと眠ってしまった。だから、小口寛道氏の説法の内容は、全く聞いていませんでした。目が覚めても説法が続いていたので「あれ、まだ終わらないのかな」と感じたことを憶えています。

常在寺1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ