アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・宗制宗規

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

■日蓮正宗宗規22(義納金・補則)

第三節 義納金

 

第二百六十五条 義納金は、次の通りとする。

 一 度牒義納金  二 昇級義納金  三 任命義納金

第二百六十六条 度牒義納金は度牒下附の場合、昇級義納金は教師の僧階昇級の場合、任命義納金は住職又は主管任命の場合にこれを納付する。但し、新寺又は新教会に任命された場合は、その等級が決定したときに納付するものとする。

第二百六十七条 度牒義納金は、度牒下附の際、千円を納付するものとする。

第二百六十八条 昇級義納金は、次の表により納付する。

第二百六十九条 任命義納金は、上級の寺院の住職又は教会の主管に任命された場合、次の通り納付する。

 一 総本山 百万円  二 本山 十万円 

 三 総本山の坊・本山の坊・外国の寺院及び教会 一万円

 四 由緒寺院・一般寺院・教会

第二百七十条 兼務の住職若しくは主管又は代務者に任命された場合及び褒賞による僧階昇級の場合は、義納金の納付を要しない。

第二百七十一条 義納金納付通知書は、総監がこれを発する。

第二百七十二条 義納金は、前条の納付通知書を受けた日より三十日以内に財務部に納付するものとする。

2 前項の義納金を期限内に納付しない者は、その度牒、昇級又は任命を取消すことがある。

 

第四節 手数料及び寄附金

 

第二百七十三条 すべて認証、承認又は証明等を受けた場合は、財務部において管長の裁可を得て別に定める内規により手数料を納付するものとする。

第二百七十四条 寄附金は、その使途を指定されたものは、その指定使途に適う会計口に繰入れ、その他は日蓮正宗護法局に繰入れる。

早瀬日慈2 


続きを読む

■日蓮正宗宗規21(財務・宗費)

第十三章 財産管理その他の財務

 

第一節 財産管理

 

第二百五十条 本宗の資産は、管長がこれを管理する。

第二百五十一条 財務部長は、宗制第四十五条第二項に掲げる物件につき、毎年度資産目録を調製し、宗務院に備えて置く。

2 前項の資産目録には、当該物件の種類、数量及び価格等を記載する。

 

第二節 宗費の賦課

 

第二百五十二条 宗費は、次に掲げる収入をもって支弁する。

 一 賦課金  二 義納金  三 手数料  四 教学護法財団の補給金 

 五 寄附金その他の収入

2 宗費は、予算をもって定める。

第二百五十三条 賦課金は、次の通りとする。

 一 寺院教会賦課金  二 教師賦課金  三 事務取扱者賦課金

2 賦課金は、毎年度四月一日を賦課期日として、寺院及び教会並びに権大僧正以下の教師及び事務取扱者に賦課する。

3 特別の事情により、寺院若しくは教会又は権大僧正以下の教師若しくは事務取扱者のうちに、賦課金を賦課することが適当でないと認められるものがあるときは、宗会及び責任役員会の議決を経て、賦課を免除することができる。

第二百五十四条 本宗の予算の総額から、第二百五十二条第二号乃至第五号の収入並びに教師賦課金及び事務取扱者賦課金の収入を控除したものを寺院教会賦課金の総額とする。

第二百五十五条 各寺院教会の賦課金は、次の規定によって算出する。

 一 前条の寺院教会賦課金の総額を第二百五十六条の負担割合の個数の総和をもって除す。但し、算出された金額に一円未満の端数を生じたときは、その一円未満の端数はこれ

を切上げる。

 二 前号により算出された金額に第二百五十六条による各寺院及び教会の負担割合の個数を乗ずる。但し、算出された金額に百円未満の端数を生じたときは、その百円未満の端

数はこれを切上げる。

常泉寺2


続きを読む

■日蓮正宗宗規20(檀信徒への懲戒)

第三節 檀信徒に対する懲戒

 

第二百四十六条 住職又は主管は、所属の檀信徒が次の各号の一に該当するときは、総監の承認を得て、除名に処することができる。

 一 教義上の異説を唱え、又は信仰の改変を企てたとき。

 二 管長その他の本宗の僧侶又は寺族を誹毀又は讒謗したとき。

 三 本宗の法規又は寺院若しくは教会の規則に違反したとき。

 四 管長その他の本宗の僧侶又は寺族に対し、その職務を妨げ、その他不正行為をなしたとき。

 五 寺院又は教会の財産に関して不正行為をなしたとき。

 六 その他本宗、寺院又は教会の秩序又は平穏を乱したとき。

2 本宗の檀信徒に前項各号の一に該当する事由があると認められる場合において、特別の事情があるときは、総監が除名に処することができる。

池田大作3


第二百四十七条 総監、住職又は主管は、前条の規定により檀信徒を除名しようとするときは、その者に対し書面をもって弁疏する機会を与えなければならない。

第二百四十八条 第二百四十六条による除名処分は、次の各号のいずれかによって効力を発する。

 一 書面による本人への通告  二 掲示場への掲示  三 本宗の機関紙への公告

第二百四十九条 住職又は主管は、除名された檀信徒の改俊の情が顕著であるときは、総監の承認を得て、これを赦免し復籍させることができる。

2 総監は、除名された檀信徒の改俊の情が顕著であるときは、これを赦免し復籍させることができる。

 

 

■日蓮正宗宗規19(僧侶への懲戒)

第二節 僧侶に対する懲戒

 

第二百三十三条 僧侶に対する懲戒は、次の六種と定める。

 一 譴責 罪科を明記した宣誡状をもって叱責する、

 二 停権 二年以内の期間を限り、役職員への就任並びに選挙権及び被選挙権を停止する。

 三 降級 僧階を一級乃至三級降す。 四 罷免 住職又は主管の職を罷免する。

 五 奪階 現僧階を剥奪し、沙弥に降す。

 六 擯斥(ひんせき) 本宗より擯斥し、僧籍を削除する。

第二百三十四条 次の各号の一に該当する者は、擯斥に処する。

 一 法主の権限なくして本尊を書写し又は日号を授与した者

 二 教義上の異説を唱え又は信仰の改変を企て、訓戒を受けても改めない者

 三 管長を誹謗又は讒謗(ざんぼう)し、訓戒を受けても改めない者

 四 住職、主管又はそれらの代務者の赴任の際、これを妨害し又は寺院若しくは教会の財産の引継ぎをしない者

1980山口法興住職罷免1


第二百三十五条 次の各号の一に該当する者は、その情状に応じて、第二百三十三条各号に定めるいずれかの懲戒に処する。

 一 本宗の法規又は寺院若しくは教会の規則に違反した者

 二 本宗、寺院又は教会の秩序を乱し又はその信用を害した者

 三 正当な理由なく宗務院の命令に従わない者

 四 宗内の選挙に関し、本宗の法規に違反し又は不正の行為をなした者

 五 住職、主管又はそれらの代務者として職務に違背し又はこれを懈怠した者

 六 本宗僧侶としての品位を失うべき非行を犯した者

 七 その他本宗僧侶として相応しくない言動をした者

第二百三十六条 僧侶に対する懲戒は、総監において事実の審査を遂げ、参議会の諮問及び責任役員会の議決を経てこれを行なう。

第二百三十七条 懲戒は、管長の名をもって宣告書を作り、懲戒の事由及び証拠を明示し、懲戒条規適用の理由を付して行なう。

第二百三十八条 懲戒処分は、次の各号のいずれかによって効力を発する。

 一 書面による本人への通告  二 掲示場への掲示  三 本宗の機関紙への公告

第二百三十九条 懲戒に処せられた者にしてその処分を不服とするときは、宗規の定める手続きに従い、書面をもって監正会に不服を申立てることができる。

第二百四十条 役職員、参議又は宗会議員にして、停権以上の懲戒に処せられたときは、免職の手続きを為さずしてその職を失う。但し、懲戒処分を取消されたときは、復職できるものとする。

1980佐々木秀明住職罷免通告1


続きを読む

■日蓮正宗宗規18(褒賞)

第一節 褒賞及びその方法

 

第二百二十四条 僧侶及び檀信徒の善行に対しては、褒賞を行なう。

第二百二十五条 僧侶に対する褒賞は、次の五種と定める。

 一 特典 大漫茶羅の授与  二 昇格 上人号、院号又は阿闍梨号の免許

 三 昇級 僧階の昇級  四 物品授与 袈裟、法衣等の授与

 五 褒詞 賞状の授与

第二百二十六条 檀信徒に対する褒賞は、次の四種と定める。

 一 大漫茶羅授与  二 日号授与  三 物品授与  四 褒詞

第二百二十七条 僧侶にして次に掲げる各号の一に該当する者には、褒賞を行なう。

 一 国家又は社会人類に対して、福祉増進の功顕著な者

 二 公共又は宗門の事業に裨益(ひえき)した者

 三 宗義を宣揚すべき一大著述をした者

 四 学術又は徳行が世の模範となる者

 五 堂宇又は会堂を新築し、その他寺院又は教会の永続維持の方法を確立した者

第二百二十八条 僧侶にして次に掲げる各号の一に該当する者には、第二百二十五条第一二号乃至第五号の褒賞を行なう。但し、本条により既に褒賞せられた者、又はその功績著大な者に対しては、同条第二号乃至第五号の褒賞を行なう。

 一 寺院又は教会を新設又は復興した者  二 本堂又は庫裡を新築した者

 三 多年学林の教授に従事し、功労のあった者

 四 檀信徒の教化に特別の功績のあった者

 五 多年宗務及び布教伝道に尽力して功労のある者

大歓寺1


第二百二十九条 僧侶又は檀信徒にして、次に掲げる各号の一に該当する者に対しては、僧侶にあっては物品を授与し、檀信徒にあっては、日号又は物品を授与し、その功特に著しい者には、大漫茶羅を授与する。

 一 寺院又は教会の新設、新築又は改築等のため特別の尽力をなし、又は多額の浄財を喜捨した者

 二 浄財又は不動産を喜捨し、宗門永遠の基礎の確立に功労のあった者

 三 宗学生のため浄財を喜捨し、徒弟の養成を助けた者

第二百三十条 僧侶又は檀信徒にして、次に掲げる各号の一に該当する者には褒詞を授与する。

 一 興学又は布教に勉励した者  二 信行如法にして、堅く本宗の法規を遵守した者

 三 徳行優れ、他の模範となる者

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ