アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・歴代大石寺法主(日蓮正宗管長・代表役員)一覧

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(236-1)~解説・日蓮正宗大石寺55世法主・下山日布

■下山日布(しもやま・にっぷ・18351919)

 

日蓮正宗大石寺55世法主  広宣院川越阿闍梨泰勤または泰隆と称する

1835(天保6)25日 埼玉県入間郡石井村に下山善助を父として誕生

1841(天保12)116日 7才のときに日蓮正宗大石寺51世法主・日英を師僧として出家得度。

1852(嘉永5)420日 18才で上総の細草檀林に入る。

1864(文久4)年 細草檀林を出檀(卒業)

1874(明治7)年1212日、54世日胤より相承を受け、大石寺55世法主日布として登座

1876(明治9)年、日興門流八本山とその末寺により日蓮宗興門派が成立。大石寺門流もこの中に入る。

1878(明治11)1217日 北山本門寺34代貫首・玉野日志が大石寺に問難書を送ったことについて、北山本門寺・玉野日志貫首宛てに返書を送る。

1881(明治14)年516日より1882(明治15)年426日まで、日興門流八本山貫首の輪番により、日蓮宗興門派第4代管長に就任。

1881(明治14)810日~16日 大石寺にて日蓮六百遠忌法要を行う

1882(明治15)7月 大石寺分離独立願いを内務省に提出

1883(明治16)118日 僧俗護法会議を開き大石日応を議長に任命する

1884(明治17)104日 血脈付法の大石寺法主を日蓮宗興門派管長に選任すべき意見書を八山会議に提出させる。

1885(明治18)415日 大石寺と他七山がそれぞれに分派願を内務省に提出

1885(明治18)615日 大石寺大坊を辞して富士見庵に隠退し、隠居だった大石寺52世鈴木日霑が三度大坊に入って大石寺法主の当職に就く

1889(明治22)521日 大石寺56世大石日応に相承する

1919(大正8)34日 大石寺富士見庵にて遷化(死去)85

55世日布 

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(150-1)~解説・日蓮正宗大石寺14世法主日主

■日主(にっしゅ・15551617)

 

日蓮正宗大石寺14世法主

弘治元年(1555)生まれ。下野国出身で、俗姓は一色。父は上杉家代々の家臣で、館林の城主・河内守である。

幼少の頃、出家して大石寺に登る。行学に励み、天正元年(1573)、大石寺13世日院から相承を受けて14世法主に登座する。わずか18才で法主になった。

法主に登座した1573819日、霊宝虫払いを修する。

天正8(1580)77日にも霊宝虫払いを修した記録がある。

西山本門寺檀徒・清彦三郎を介在させて富士門流八本山のひとつで、日尊門流の祖山である京都・要法寺との間に通用を成立させる。京都・要法寺貫首は14代日賙だったが、その前の13代貫首・広蔵院日辰の代から、造仏読誦を行っていた。

要法寺17表門


天正15(1587)58日、わざわざ要法寺・開山会の日に合わせて、大石寺・要法寺三祖日目の本尊を要法寺14代日賙に送っている。

天正16(1588)319日、要法寺14代日賙が、大石寺14世日主に、大石寺・要法寺開山・日興の本尊を送っている。

この大石寺・要法寺通用の6年後の文禄3(1594)8月、要法寺から日昌が大石寺に登山。

慶長元年(1596)91日、下野国小金井の蓮行寺にて日昌に相承して隠退。

その後は小金井の蓮行寺にて隠居していた。

元和3(1617)817日 63才で遷化(死去)

 

 

 

日蓮正宗法主・大石寺貫首一覧4(56世日応から68世日如)

代 日号 (姓名) 阿闍梨号・院号・房号

法主在位

誕生 - 遷化 享年(満年齢)(()内は数え年)

56世 日応(大石日応) 甲斐阿闍梨 大石阿闍梨 法道院 大石慈含 日雄

1889521 - 19081110

18481115 - 1922615 73歳(75歳)

56世日応












57世 日正(阿部日正) 宮城阿闍梨 事証院  阿部慈照

19081029 - 1923812

18611218 - 1923818 61歳(63歳)

58世 日柱(土屋日柱) 寂照阿闍梨 自鑑院 土屋慈観 日浄 

1923812 - 192638

1865524 - 1928126 62歳(64歳)

59世 日亨(堀日亨) 水鑑阿闍梨 恵日院 堀慈琳

192638 - 192862

1867224 - 19571123 90歳(91歳)

60世 日開(阿部日開) 信夫阿闍梨 証行院 阿部法運 

192862 - 193561

1873823 - 19431121 70歳(71歳)

61世 日隆(水谷日隆) 石柳阿闍梨 一道院 水谷秀道 

193561 - 1937102日、1945617 - 1946125

1874810 - 1947324 72歳(74歳)

62世 日恭(鈴木日恭) 筑後阿闍梨 信譲院 鈴木慈謙

1937102 - 1945617

1869916 - 1945617 75歳(77歳)

63世 日満(秋山日満) 讃岐阿闍梨 自照院 秋山慈円

1946125 - 1947115

187335 - 195117 77歳(79歳)

64世 日昇(水谷日昇) 摂津阿闍梨 慈眼院 水谷秀円

1947115 - 195632

1879924 - 19571014 78歳(79歳)

64世日昇









65世 日淳(堀米日淳) 龍谷阿闍梨 信乗院 堀米泰栄

195632 - 19591115

18981010 - 19591117 61歳(62歳)

続きを読む

日蓮正宗法主・大石寺貫首一覧3(38世日泰から55世日布)

代 日号 (姓名) 阿闍梨号・院号・房号

法主在位

誕生 - 遷化 享年(満年齢)(()内は数え年)

38世 日泰 堅持院 活賢、文淳日軌、小泉

1783428 - 1785220

1731 - 1785220日 (55歳)

39世 日純 遠妙阿闍梨 専光院 活了日明

1785年春 - 1786

1736 - 1801730日 (66歳)

40世 日任 長好阿闍梨 要行院、完岳日良 松塚

179171 - 1795628

1747 - 1795825日 (49歳)

41世 日文 孝善院 活音日善 佐藤

1795628 - 1796814

1751 - 1796814日 (46歳)

42世 日厳 山川阿闍梨 要順院 完礼日満 山川

1796923 - 1797年閏711

1748 - 1797年閏711日 (50歳)

43世 日相 忍行阿闍梨 尚道院 活如日衣 賀川

1799117 - 180310

1759 - 1805123日 (47歳)

43世日相聞書2


44世 日宣 真成院 隆順

180310 - 1807819日、180858 - 924日、1817127 - 1817216

1760 - 182217日 (63歳)

45世 日礼 鶴岡阿闍梨 樹香院 活陳、玄成日寿 石倉

1807819 - 180858

1763 - 180858日 (46歳)

46世 日調 後藤阿闍梨 持勝院 賢存 淳明 後藤

1808924 - 1814411日、1815816 - 1817127

1766 - 1817127日 (52歳)

47世 日珠 覚授阿闍梨 浄明院 覚英日珍 小川

1814411 - 1815812

1769 - 1816922日 (48歳)

続きを読む

日蓮正宗法主・大石寺貫首一覧2(18世日盈から37世日琫)

代 日号 (姓名) 阿闍梨号・院号・房号

法主在位

誕生 - 遷化 享年(満年齢)(()内は数え年)

18世 日盈 通心院

1633 - 16378

159433 - 163837 44歳(45歳)

19世 日舜

16451027 - 1652

1610 - 16691112日 (60歳)

20世 日典 三玄

1652 - 1673

1611 - 1686921日 (76歳)

21世 日忍

1673 - 1680

1612 - 168094日 (69歳)

22世 日俊  松園 本法院 日暁

1680 - 16822

1637 - 16911029日 (56歳)

23世 日啓 久本院 慈雲 日深

16822 - 169267

1648-17071114日 (60歳)

24世 日永 富士阿闍梨 大弐坊 長然 清

169267 - 1709年春

1650 - 1715224日 (66歳)

25世 日宥 寿命院 栄存

1709年春 - 17183

1669 - 17291228日 (61歳)

26世 日寛 大弐阿闍梨 堅樹院 覚真日如 伊藤

17183 - 1720224日、172364 - 1726526

166587 - 1726819 61歳(62歳)

26世日寛1


27世 日養 本法阿闍梨 広宣院 学応日通

1720224 - 172364

1670- 172364日 (54歳)

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ