アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「アンチ日蓮正宗」の論破に敗北・降伏した「日蓮正宗系カルト信者」 > 「日蓮正宗系」カルト信者の他サイト・他本の丸写し・無断複写を笑う

■論破13・洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の妄説を斬る13   □インチキ謀略2ちゃんねるに載っている文章を丸写しして「mixi」日記に載せている黒川和雄   かつて「アンチ日蓮正宗」は、黒川和雄が他サイトや他本を平気で著作権法違反の疑い濃厚な丸写し文を載 ...

■論破101・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である12   □他サイトの文の丸写し・無断複写文で反論しようとして失敗・沈没した日本語不通男・龍神ひろし   最近、日本人なのに日本語が通じないことで有名な日蓮正宗のカルト法華講員・ ...

□米山士郎は「継命」題字のパクリ疑惑について自らの主宰するブログで明確に釈明せよ   上の写真は、元創価学会員の富士門流執着軍団のメンバーで、富士門流執着軍団主宰の「脱会者座談会」で講師も務めた「そううそ」こと米山士郎のブログ「創価学会の信仰に功徳はあ ...

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」団体   これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっちの ...

■論破98・大石寺の「二箇相承」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である1   □二箇相承「重須本」は大石寺9世日有の偽書・二箇相承「大石寺本」の転写・流転本である ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した ...

■論破81・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言) 日蓮正宗に伝わる板御本尊のうち、戒壇の大御本尊を除いて最も古いものは、 ...

■論破79・僧侶は「謗法同座」して信徒には他宗寺院参詣を禁止している日蓮正宗の矛盾を暴く1   □日蓮宗現代宗教研究所・教学発表大会で日蓮正宗僧が研究発表していたのを知らなかった龍神ひろし ----------------------------------------------------- (「アンチ日 ...

■論破3・洗脳法華講員の反論不能・論理破綻・駄作丸写しの醜態を笑う1   □法華講員・黒川和雄の正体・池田大作気取りの「ダサク丸写男」の醜態を暴く   ここ数年くらいのことですが、「アンチ日蓮正宗」にも、いろいろな問い合わせが増えて、日蓮正宗の信者だった ...

■論破58・「冨士大石寺明細誌」の文は「戒壇大本尊」日法彫刻の証明ではない2   □「自筆の手形一通之有り」という「冨士大石寺明細誌」の記述の内容そのものがウソの記述   まず「冨士大石寺明細誌」の文であるが、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が「冨士大石寺明細 ...

↑このページのトップヘ