アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「アンチ日蓮正宗」はこの団体・この人物とは全くの無関係である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)とライブドア広告は全くの無関係である

□ライブドア広告はライブドアが載せているもので「アンチ日蓮正宗」は全く関係ありません

 

「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)が主宰する「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)に、ライブドアの宗教関連の広告が掲載されているとのことで、時折、「『アンチ日蓮正宗』に載っている広告と、何か関係があるんですか」との問い合わせがあります。そこではっきりお答えしておきます。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)に載っている、ライブドアの宗教関連の広告は、ライブドアが載せているもので「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)は全く関係ありません。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)が主宰する「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)とライブドア広告は全くの無関係であります。

アンチ日蓮正宗12


アンチ日蓮正宗7
 

(アンチ日蓮正宗)

 

 

「アンチ日蓮正宗」は元日蓮正宗・自称「保田妙本寺法縁」・鳥本雄行氏とは全くの無関係である

□鳥本雄行の日蓮正宗離脱から「保田妙本寺札幌談所」・市営団地放火事件逮捕までの真実

 

20111116日、札幌市手稲区の市営住宅山口団地の10件の不審火火災事件で、建造物等以外放火容疑で逮捕された日蓮正宗元僧侶で、自称「保田妙本寺法縁」を名乗る鳥本雄行なる人物がいたことを、ご記憶の方も多いのではないかと思われる。鳥本雄行(とりもと・ゆうぎょう)なる人物は、逮捕される数年前から、「保田妙本寺法縁」を自称。札幌市手稲区の市営住宅山口団地の自宅に日蓮正宗の元信徒を集めて「保田妙本寺札幌談所」を名乗り、日蓮正宗批判活動を展開していた。そういうことがあるからか、いまだに「アンチ日蓮正宗」と鳥本雄行なる者を関連付けようとする者がいるようなので、ここではっきりと明言しておきたい。

「アンチ日蓮正宗」は元日蓮正宗僧侶・元日蓮正宗福生寺住職・自称「保田妙本寺法縁」・自称「保田妙本寺札幌談所主管」鳥本雄行氏とは全くの無関係である。

ついでに鳥本雄行とはいかなる人物なのか。鳥本雄行の事件とは一体何なのか。簡単に触れておきたい。鳥本雄行とは、日蓮正宗の元僧侶で、大石寺67世阿部日顕が現役法主だったときに、一般得度で僧侶の道へ。日蓮正宗では、小学校卒業の12才で出家得度する少年得度と、年長者が得度する一般得度がある。阿部日顕の徒弟の僧侶の道号に「信○」「正○」とか「雄○」「法○」という名前をつけるようになっているが、「信○」「正○」という道号がついている僧侶は少年得度で、「雄○」「法○」という道号がついている僧侶は、一般得度での得度者である。

鳥本雄行は、僧侶になった後、大石寺で在勤後、教師に昇格。さらに関西地方の寺院に在勤僧侶として在勤後、和歌山県有田市にある日蓮正宗寺院・福生寺の住職に任命されて赴任。ところが平成16(2004)718日、福生寺住職を辞職。その後、日蓮正宗僧侶を自ら辞している。

2008年に北海道網走市の日蓮正宗寺院・得成寺住職・里内信徳氏にまつわる「不行跡」が得成寺信者の通報で宗務院に入り、阿部日顕の長男である阿部信彰庶務部長が得成寺に出向いて里内信徳氏を査問。この時に阿部信彰庶務部長が里内信徳氏を暴行するという事件に発展。

里内信徳氏が阿部庶務部長を刑事告訴するという事態になった。日蓮正宗宗務院は、刑事事件にするのではなく、内々に事を納めようとして里内信徳氏を指導するも、里内信徳氏が聞き入れず、2009年に宗務院は里内信徳氏を住職罷免(ひめん・解任)・擯斥(ひんせき・破門)処分に、暴力事件を起こした阿部信彰庶務部長を謹慎処分とする。

里内信徳氏は擯斥後も寺院に居座り続け、法華講得成寺支部は宗門派と里内派に分裂。

しばらく得成寺は、里内信徳氏と里内派の法華講が活動していたが、突然、里内信徳氏が信者に何も告げずに得成寺から退去して行方不明になってしまう。信者の話では、里内信徳氏は阿部信彰庶務部長の刑事告訴を取り下げるかわりに、宗務院は里内信徳氏の「不行跡」を不問にするという内々の和解を成立させたのではないかと言われている。この里内派の信者の拠点に現れたのが、この鳥本雄行である。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」はヘイトスピーチ・差別発言を繰り返す自称「アンチ」とは全くの無関係である

□ヘイトスピーチ・レイシスト的差別言動・乱暴・野蛮なバトルトークは大衆の支持を得られない

 

20141020日、大阪市庁舎で橋下徹・大阪市長と桜井誠・在日特権を許さない市民の会(在特会)会長の「意見交換会」が行われ、両者はげしい火花を散らしたバトルトークを繰り広げ、「意見交換会」そのものは、約10分足らずで終了した。この「意見交換会」は、ニュースでも取り上げられて報道されたに止まらず、ユーチューブで「意見交換会」の完全ノーカット版がアップされていて、一部始終を見ることができる。それにしても、この「意見交換会」の内容の凄まじさに驚いたのは、おそらく私一人ではないと思う。そもそもこの「意見交換会」が行われたのは、在特会のヘイトスピーチスピーチや差別的発言・活動に批判的な橋下市長が、定例記者会見等で在特会を批判。ここから話しが発展して、「意見交換会」が行われたもよう。私は、「意見交換会」そのものは、別に悪いことでも何でもないし、在特会や橋下市長に限らず、いろいろな団体、政党、政治家は「意見交換会」をどんどんやったほうがいいと思う。がしかし、問題は、その内容である。

大阪の「意見交換会」は、はじまる前から桜井会長が、マスコミ・報道陣を前にして延々と、マスコミ批判。時には報道陣を面罵し、罵倒する場面が出てくる。その後、橋下市長が入室、登場。二人のトークがはじまるが、最初から「オマエ」「オマエじゃねえーだろ」「何だオマエ」と罵倒の連続。あげくのはては、二人でつかみ合い寸前まで発展。ボディーガードが間に入って、事なきを得る場面まで出てくる。最初からマスコミに大々的に取り上げられることを狙ったパフォーマンスか(?)というように見えなくもないが、二人とも本気でやっているのか、芝居でやっているのか、よくわからない部分もある。市長がケンカ腰になって、つかみ合い寸前まで行ったのは、私もはじめて見た。そういえば昭和の時代、国会の法案審議をめぐって、はげしく自民党と野党・社会党、共産党、民社党が対立。国会で多数を握る自民党が強行採決を謀ろうとすると、これを阻止しようとする野党議員が議長席におしかけ、議長席周辺で、与党議員と野党議員がつかみ合い、殴り合いのケンカになった「乱闘国会」というのがあった。国会議員同士のケンカに衛視が止めに入ったが、乱闘はおさまらなかったようである。大阪の「意見交換会」のあと、「橋下市長の口の利き方が悪い」と市長を批判する電話が市庁舎に殺到。一方の桜井会長は、大阪の「意見交換会」のあとに行われた在特会の会長選挙に不出馬を表明。八木康洋氏が新しい会長に選出された。八木会長は、「橋下市長の意見のとおり」と、橋下市長の批判を受け容れる意向を表明している。

この大阪の「意見交換会」のもようを見て、さまざまな意見を言う人がいるが、乱闘やつかみ合いのケンカは全く論外であることは言うまでもない。乱闘やつかみ合いのケンカを除いたとしても、お互いがお互いをただ罵倒するだけの罵倒合戦や乱暴・野蛮なバトルを繰り広げても、どんなにいい意見を言ったとしても、それは大衆の支持を得ることにはつながらない。大衆の支持を得るどころか、どちらも支持者が離反していったのではないだろうか。大衆の支持が離れていってしまっては、何のために意見交換会を行ったのか。全く意味がないではないか。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」管理人と「山童」の「潰れる寸前コミュ」とは全くの無関係である

山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=38913365

 

山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童とは、かつて「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュにいたのであるが、ミクシィのメッセージは本来、著作権法でいう「公開された著作物」ではないから、書いた本人に無断で公開したら著作権法違反になるなどというデタラメを、管理人でもないのに、ニセ管理人になりすまし、さらに裁判官でも弁護士でもないのに、「著作権法違反となります」などと、法令違反であることを断定するニセ判決を偽作する悪質な書き込みを行ったため、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティから追放になった人物である。

「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティを追放後も、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティを混乱させる攪乱行為を続行。

○「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティの参加者を攪乱させるメールを送信。

○法華講員に「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュ管理人をアクセスブロックするよう推奨。

○「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュをアラシ行為で追放になった者や議論に敗北して降伏宣言した者を集めて攪乱・謀略コミュニティを設立して、ウソ・デタラメ満載の謀略書き込みを行う。

 

ところが、山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童が設立した、鳴り物入りの攪乱・謀略コミュニティは、法華講員からも完全に見放され、誰もコミュニティに入らず、「潰れる寸前コミュニティ」と化してしまったのである。

これに慌てた山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童は、mixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」に参入して、ありとあらゆることに、こじつけて、「アンチ日蓮正宗」管理人と、山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童の「潰れる寸前コミュ」が関係あるかのように宣伝しようとしたが、ことごとく失敗に終わった。

これでいよいよ窮地に陥った山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童は、何と、こともあろうに「アンチ日蓮正宗」管理人に対して、山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童の「潰れる寸前コミュ」に協力するように、不当な要求をしてきたのである。

当然のことながら、「アンチ日蓮正宗」管理人は、山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童の不当要求を全て拒否した。

しかしmixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」をはじめ、「アンチ日蓮正宗」「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュなどを、たくさんの人たちが閲覧しているということもありますので、ここで、事の次第をみなさんの前で、はっきりさせるため、次のように宣言するものであります。

 

「主文」

「『アンチ日蓮正宗』『アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗』管理人と山アラシ・ブー太郎 おっと失礼 山童の『潰れる寸前コミュ』は、全くの無関係である」

拒否1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ