アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

戒壇大本尊・板本尊の原型は禅宗伝来の寺位牌・板位牌だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(289)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である3

■検証289日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ10

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である4

 

「アンチ日蓮正宗」がいくら「身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である」とか「日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ」等々と論説しても、禅宗の寺位牌も板位牌も全く見たことがない日蓮正宗のカルト法華講員は、ほとんどの者が理解不能に陥ってしまう。よって禅宗の寺位牌・板位牌がいかに日蓮正宗の板本尊とそっくりのものであるかを写真で見てもらう以外にない。では日蓮正宗の板本尊とそっくりの寺位牌・板位牌がどこにあるのかというと、まずは曹洞宗大本山・永平寺の「祠堂殿」(位牌堂)である。

位牌は、もともと禅宗が中国から日本に伝承せしめたものというのが定説。曹洞宗はもともと中国の禅宗五家(曹洞、臨済、潙仰、雲門、法眼)の一派で、道元禅師が中国から日本に伝えた宗派である。日本においては禅宗(曹洞宗・日本達磨宗・臨済宗・黄檗宗・普化宗)の1つである。だから道元禅師は、日本曹洞宗の宗祖とは言えるが、曹洞宗そのものの宗祖ではない。

さてその永平寺の寺位牌、板位牌等の「位牌」なのだが、日蓮正宗や富士門流の板曼荼羅本尊に実によく似ているのである。位牌というと、個人宅の仏壇に祀られている小型の位牌を連想してしまいがちだが、永平寺にある「位牌」は、そんな小型位牌ではない。もっと大型の寺位牌である。

永平寺には位牌堂があり、ここにも寺位牌が祀られている他、おびただしい数の板位牌が収蔵されている。永平寺の位牌堂は「祠堂殿」とよばれている。祠堂殿とは全国各地の末寺寺院による壇信徒の入牌、納骨をする堂宇。特別志納の人による全国各地の位牌が祀られ、追善供養の法要も営まれる。祠堂殿の中には、二体の寺位牌が祀られていて、これは法堂の寺位牌とほぼ同じ。巨大な寺位牌の形は、日蓮正宗、富士門流寺院の板本尊によく似ている。もちろん永平寺にあるのは寺位牌だから、日蓮の曼荼羅は図顕されていないが、寺位牌の形そのものが、富士門流の板本尊に似ているのである。

永平寺65位牌堂寺位牌
 

(祠堂殿の中にある寺位牌)

それと祠堂殿(位牌堂)の中には、所狭しと板位牌が収蔵されている。寺位牌も板位牌も、黒漆塗りの金文字。板位牌のほうは寺位牌に比べて、やや小さいが、それでも形は、日蓮正宗や富士門流寺院にある板曼荼羅本尊にそっくりである。永平寺の板位牌には、もちろん曼荼羅は書いていないが、板位牌の表面に曼荼羅を書けば、そっくりそのまま日蓮正宗や富士門流寺院にある板曼荼羅本尊に早変わりしてしまうくらい。永平寺の板位牌は、祠堂殿(位牌堂)のみならず、道元禅師の霊骨を祀る承陽殿にもある。

永平寺64位牌堂板位牌


永平寺66位牌堂板位牌
 

(祠堂殿の中にある板位牌)

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(288)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2

■検証288日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ9

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である3

-----------------------------------------------------------------------

(法華講員・太田魁の妄説)

「他の弟子が知らぬはずがない」という事についてですが他の弟子も知っています。

五老の一人・民部日向は日興上人身延離山後の正安二年十二月、日蓮大聖人の紙幅御本尊を模写して板本尊を造立しています。いかに日蓮大聖人の法義に暗い五老でも直弟である以上、日蓮大聖人のなさった前例なくして、まったくの新義を作り出す事はあり得ません。

これは身延山久遠寺の本堂に安置された本門戒壇大御本尊を拝していた日向が大御本尊を真似て板本尊造立に及んだと考えるほかないです。因みにこの日向造立の板本尊はそれから五十年以上、身延山久遠寺本堂の本尊として安置されていました。

 (『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板103の太田魁の妄説)

----------------------------------------------------------------------

身延離山の11年後の1300(正安2)12月に、身延山久遠寺第二祖日向が造立したとされる通称「板本尊」と、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、全くの無関係である。両者を無理矢理に結びつけようとする太田魁の妄説は、ただのこじつけの論に過ぎず、この日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を結びつける直接の証拠は何一つない。以下の点からしても、日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が無関係であることは明白だ。

1 日向造立「板本尊」の脇書は「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」になっていると「日蓮宗宗学全書」に記載されている旨、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が言っている。が、しかし「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きは

「右現当二世の為造立件の如し、本門戒壇之願主 弥四郎国重、法華講衆等敬白、弘安二年十月十二日」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」第8巻資料類聚1より)

となっており、両者の脇書が全く違っている。

2 日蓮正宗大石寺48世日量が書いた「富士大石寺明細誌」によると、「戒壇の大本尊」なる板本尊は「竪四尺七寸五分、横二尺一寸五分」(堀日亨編纂「富士宗学要集」第8p334)となっているが、日蓮正宗大石寺59堀日亨は日向造立「板本尊」について

日向の添書に『正安二年庚子十二月日。右日蓮幽霊成仏得道乃至法界衆生平等利益の為に之を造立す』とある丈二尺七寸、幅一尺八寸の大聖人の御筆を写した板本尊」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『富士日興上人詳伝(下)』p120p121より)

と書いている。したがって「竪四尺七寸五分、横二尺一寸五分」(本門戒壇の大御本尊)と、「丈二尺七寸、幅一尺八寸(日向造立板本尊)では、大きさが全く違う。

法華講員・太田魁が言うように「日向が大御本尊を真似て板本尊造立に及んだ」のなら、脇書や大きさも、全く同じにしたはずである。がしかし、両者は全く違っている。日向造立「板本尊」なるものは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の真似でも何でもない。両者は、全くの無関係である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(287)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である

■検証287日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ8

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説)

正安2年は、日興上人身延離山から11年の後であります。更に、その後13年も日向は身延に在住しております。そして、この板御本尊は身延の本堂の本尊としておったことは、この板御本尊造立の正安2年より51年も後の観応2年、辛卯の年に

「身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊  金箔 造営修造結縁」(『日蓮宗宗学全書』第1巻)と中山3代日祐の『一期所修善根記録』に書き残してあります。

これをもって身延の御影堂の大聖人の御厨子の中に、日向造立の板本尊が安置してあったことはあきらかであります。(中略) 一尊四士の釈尊像を中心とする日向が、板本尊を造立したということは、その前に戒壇の大御本尊が存在していたという正しい証明であります。この日向造立の板本尊は、今は富士に気兼ねしてか本堂にまつらず倉庫の中に隠匿しているのであります。

(日蓮正宗大石寺66世法主細井日達『本門戒壇の疑難に対する弁駁』

-------------------------------------------------------------

日蓮正宗では民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したなどと盛んに言っているが、日向が造立したのは、板「本尊」ではなく、板「位牌」である。

板位牌は、「寺位牌」「本位牌」と呼ばれるもので、鎌倉時代の当時、禅宗とともに中国から日本に伝来した「位牌」の一種である。

その証拠が、これに書かれている脇書きである。脇書きには、

「右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す」

となっていて、この「幽霊成仏得道」「乃至衆生平等利益の為」という文字が、まさに亡者菩提のためであるということ、則ち「寺位牌」「本位牌」として、建立されたものであることを物語っている。

もし日向が、本当に「戒壇の大本尊」なる板本尊の代わりにこれを造立したならば、脇書きは「乃至衆生平等利益の為」ではなく、「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きと同じの「右現当二世の為に造立件の如し」にするはずではないか。

そもそも寺位牌・本位牌という化儀は、日蓮正宗にはなく、日蓮宗、禅宗、浄土宗、真言宗、時宗にある化儀であるので、これをインターネットフリー百科事典から引用する。

「『寺位牌』

本位牌の他に、菩提寺(旦那寺)や本山に供養の布施と共に納める位牌。寺では位牌堂や本堂内に安置し、朝夕の勤行の際に供養される。」

特に「寺位牌」は、ほとんど「本尊」と同じように扱われていることがわかる。これは証拠の第二。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(286)~日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ7

■検証286日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ7

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である

 

日蓮正宗では、日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したことが、日蓮、日興が生きていた時代から「戒壇の大本尊」な板本尊が存在していた証明だなどと、言っている。これは元々、日蓮正宗大石寺66世細井日達が言い出した説なのであるが、最近、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」が盛んにこの説を唱えている。

しかし日蓮正宗ではこれを「板本尊」などと言っているが、この1300(正安2)12月に日向造立の板本尊なるものは、「板本尊」ではなく、鎌倉時代の当時、栄西や道元が中国から伝えた禅宗とともに中国から日本に伝来した「位牌」の一種である「寺位牌」「本位牌」と呼ばれるものである。

佐渡阿闍梨日向は、日蓮在世の時代、あるいは日蓮入滅後も、禅宗の大寺院が立ち並ぶ鎌倉方面に布教の足を伸ばしていた。鎌倉時代、鎌倉の仏教寺院、なかんずく禅宗寺院にはすでに中国から伝来した「寺位牌」「本位牌」があったので、当然のことながら、日向も「寺位牌」「本位牌」を知っていたと考えられる。

それから日向造立の「板本尊」には、細井日達によると「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」と書いてあると言うのであるが、こんな脇書きのある本尊というのは、日向の師・日蓮が図顕した本尊には全くない。

日蓮は、自らが書した大漫荼羅本尊を亡者の菩提のためではなく、生きていた弟子の僧侶や信者に授与していた。しかもそれらの本尊は、全て紙の書かれた本尊である。しかも「乃至衆生平等利益」いう文は本尊ではなく、故人の菩提のために建立される「塔婆」に書かれている文である。

日向も「板本尊」造立の目的を「日蓮幽霊成仏得道」と、師・日蓮の菩提のためとしていることからして、これは「本尊」と言うよりは「本位牌というべきものである。

「身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊…」と中山法華経寺三代住職日祐が書き残しているから「本尊」と解釈するむきもあるようだが、そもそも「寺位牌」というものは、本位牌の他に、菩提寺(旦那寺)や本山に、供養の布施と共に納められる位牌で、寺では位牌堂や本堂内に安置され、朝夕の勤行の際に供養されるものなのである。 その「寺位牌」の扱いは、本尊に準じるか、本尊と何ら変わらないかのように、扱われるものである。

中国から伝来して間もない「寺位牌」が、須弥壇中央に祀られていたとあっては、「位牌」をはじめて見た人たちにとっては、「本尊」と映ったと考えられるのである。

したがって、これらのことからして、日向造立の「板本尊」とよばれるものは、「本尊」ではなく、鎌倉時代において中国から伝来していた「本位牌・寺位牌」をモデルにした「位牌」であり、「位牌」として身延山久遠寺の御影堂に納められた「寺位牌」だったと考えられる。

もちろん大石寺の「戒壇の大御本尊」なる板本尊とは何の関係もないものである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(285)~日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ6

■検証285日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ6

 

□日向造立板本尊の造立の目的は「戒壇の大本尊」の代わりではない

 

日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したことが、「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮在世の時代から存在していた証明だ、などという妄説を日蓮正宗が言っている。

1976(昭和51)1024日に創価学会札幌文化会館で行われた「創価学会第39回本部総会」に臨席した日蓮正宗大石寺66・細井日達法主は、法主の「特別御講演」で次のように述べた。

-------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世細井日達の妄説)

「日興上人は日向並びに波木井実長と義絶して正応二年の春、富士に移られたのであります。その時、身に充て給ったこの戒壇の大御本尊にお供して、無事富士に移し奉ったのであります。

すると身延山久遠寺には、本堂の御本尊がないわけであります。では日向はどうしたかと申しますと、彼は大聖人の御本尊を写して、板本尊を造っております。それは『身延山文書』に

『一、板本尊 本尊は祖師の御筆を写すが、下添え書きは第三祖向師(日向)の筆なり。下添え書きに云く、正安二年十二月 日 右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す』(日蓮宗宗学全書22)と書いてあります。・・・・・・

正安二年は日興上人身延離山から十一年の後であります。さらにその後、十三年も日向は身延に在住しております。そしてこの板本尊は身延の本堂の本尊としておったことは、この板本尊造立の正安二年より五十一年も後の観応二年辛卯の年に

『身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊、金箔、造営修造結縁』(日蓮宗宗学全書1)と中山三代日祐の『一期所修繕根記録』に書き残してあります。これを以て身延の御影堂の大聖人のお厨子の中に、日向造立の板本尊が安置してあったことは明らかであります。・・・・・

一尊四士の釈尊像を中心とする日向が板本尊を造立したということは、その前に戒壇の大御本尊が存在していたという正しい証明であります。この日向造立の板本尊は、今は富士(大石寺)に気兼ねしてか、本堂に祭らず、倉庫の中に隠匿しているのであります」

(日蓮正宗法華講連合会『大白法』昭和511216日号より)

----------------------------------------------------------------

なんとなくまどろっこしい、分かりにくい文章だが、要するに細井日達が言っていることは、日興の身延離山の11年後の1300(正安2)12月に、身延山久遠寺第二祖日向が板本尊を造立しているが、これは身延離山まで、身延山久遠寺には「戒壇の大本尊」なる板本尊があったからで、日向の板本尊造立は、「本門戒壇の大御本尊」の存在を証明している、と言っているのだ。

しかし細井日達法主の説法は、何の証拠もない、ただのこじつけの論に過ぎず、この日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を結びつける直接の証拠は何一つない。

民部日向造立の板本尊は「戒壇の大本尊」なる板本尊とは全く無関係なものなのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ