アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史6・日興・日目・日道・日行は京都天奏をしていない(日目)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(30)~朝廷・天皇から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2

■検証30・百六箇抄が日蓮真筆・日興真蹟ではない無関係の偽書である証拠6

 

□天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2

 

したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗である三論宗、成実宗、法相宗、倶舎宗、律宗、華厳宗と、天台宗、真言宗のみ。

僧侶も、朝廷公認の大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺で授戒した僧侶のみが、僧侶として認められたわけだから、ここで授戒していない僧侶は、朝廷からすれば、「どこの馬の骨かわからない私度僧」に過ぎないのである。

したがって仮に、本当に1281(弘安4)12月に日目が日興の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上しに京都に上洛したとしても、天皇から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を朝廷が天皇に伝奏する道理が全くないのである。

また、1281(弘安4)12月と言えば、日興や日目の師匠である日蓮がまだ生きていた時代のことである。日蓮は、立宗宣言をする以前に、比叡山延暦寺をはじめ京都・奈良の南都六宗・八宗で修行し、授戒した僧侶である。したがって、日目が仮に申状を携えて京都に上洛したとしても、伝奏が申状を天皇に取り次がれないことは日蓮は百も承知であった。その日蓮がわざわざ日目に「園城寺申状」なる文書を持たせて、京都に上洛させるはずがない。

もう一つ言うと、鎌倉時代においても、身延・冨士地方から京都に上洛するには、旅費交通費、宿泊費、食費などの多額の費用がかかるが、鎌倉時代の身延山中で生活していた日蓮は、まさに極貧の生活をしていたことが、日蓮の遺文(御書)に書き残されている。

したがって、鎌倉時代の日蓮か生きていた頃に、日興・日目に京都に上洛できるほどの経済力を有していなかった。したがって、1281(弘安4)12月に日目が日興の代理で上洛したとする園城寺申状なる文書は、全くの後世の偽作であり、ニセ文書であると断ずるものである。

1281(弘安4)12月に日目は京都に上洛などしていないのである。

 

□日興は「日興跡条条事」の中で日目に京都天奏を命じていない

 

さてその日目天奏についてであるが、富士門流研究家・東佑介氏が201111月号「法華仏教研究」6号に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、実に珍妙・奇怪な説を書いている。東佑介氏の言及は、日目天奏についてのことなので、ここではっきり論破しておきたい。東佑介氏は、「日興跡条条事」第一条の文

「一、本門寺建立の時は新田卿阿闍梨日目を座主として、日本国乃至一閻浮提の内に於いて山寺等の半分は日目嫡子分として管領せしむべし。」

について、こんなことを書いている。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(29)~朝廷・天皇から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

■検証29・百六箇抄が日蓮真筆・日興真蹟ではない無関係の偽書である証拠5

 

□天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

 

日蓮正宗では、「1281(弘安4)12月に日目上人が日興上人の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上した」などと言っているが、時の天皇が日興や日目の申状を受け取るはずがない。

それはなぜか。それは日興も日目も、天皇が正式に勅許した戒壇、すなわち伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺のいずれでも授戒・度牒した経験がなく、天皇・朝廷や京都・奈良の仏教界から見て、正式に認められた官僧ではないからである。

そもそも「戒壇」とは、戒律を授ける(授戒)ための場所を指すのであるが、「戒壇」で授戒を受けることで出家者が正式な僧侶・尼として認められることになる。すなわち官僧である。

日本に仏教が伝わった当時の戒律は、不完全なもので、当時、出家僧侶は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない私度僧が多くいた。

又、出家僧侶といえど修行もせず堕落した僧が多かった。そのため、唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えられ、東大寺に戒壇が築かれて授戒し、この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。

東大寺というのは、奈良市にある華厳宗大本山の寺。奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏を本尊とし、世界最大級の木造建築である大仏殿が有名な、あの東大寺である。

鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた。これ以降、僧になるためには、いずれかの戒壇で授戒して戒牒を受けることが必須となり、国(国分寺)が僧を管理することになった。

すなわち、この当時の僧侶、国が管理する戒壇で授戒・戒牒を受けた僧侶の地位とは、国家資格であり、国家公認の僧、すなわち官僧である。

大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられたが、822年、伝教大師最澄の死後、比叡山延暦寺に戒壇の勅許が下され、大乗戒壇が建立された。

当時は、中国の仏教界は比叡山延暦寺の大乗戒壇を、戒壇としては認めておらず、ここで受戒した僧は、中国では僧侶として認められなかった。また、官立寺院(官寺)ではない比叡山延暦寺に戒壇設置を認められたことに東大寺をはじめとする南都(奈良)の寺院の反発を招いた。東大寺は、大石寺9世日有が在世の時代でも、日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺であった。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(28)~日蓮から京都開教の附属を受けたのは日興でも日目でもなく龍華院日像である

■検証28・百六箇抄が日蓮真筆・日興真蹟ではない無関係の偽書である証拠4

 

□日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない

 

「百六箇抄」の中にある「史実に反する文」は、他にもある。□「百六箇抄」の文中に

「又玉野卿公日目は新所建立と云ひ・予天奏の代として而も二度流罪・三度の高名是れあり」

とあるが、日蓮在世の時代に、日目は新寺院建立もしていなければ、日蓮の代理で天奏(京都の天皇に諫暁をすること)をしたという事実もない。

歴史的事実として、日蓮門下で最初に京都に上ったのは1294(永仁2)の日像が最初である。

日目は1333(正慶2)年、天奏に行く途中で、美濃国垂井で急死しているが、これが日興門流にとって、最初の天奏の旅であり、日目にとっては、最初で、最期の天奏の旅だった。しかし日目は結局のところ、天奏を果たすことができなかった。日蓮も日興も日目も、その生涯において、天奏(てんそう)、つまり京都に上って天皇に申状を言上したという事実は全くない。

日蓮も日興も日目も、その生涯において、天奏(てんそう)、つまり京都に上って天皇に申状を言上したという事実は全くない。当然のことながら、日蓮がまだ生きていた時代に、日蓮の代理として天奏をしたという事実もなければ、時の天皇から「御下文」を下賜されたという事実もない。

日蓮正宗が出版している富士年表によると1281(弘安4)年、日興が「園城寺申状」を日蓮の代理として天奏したと記述しており、これを「初度天奏」と位置づけている。しかし、この日興が「園城寺申状」を日蓮の代理として天奏したなどという事実は全くない。あるいは日蓮正宗では、「日興跡条条事」第二条の文

「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、弘安五年の御下文、日目に之を授与する 」 (日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p17)

この中に「弘安五年の御下文」という記述があることを証拠として1281(弘安4)年、日興が「園城寺申状」を日蓮の代理として天奏したと反論する。「御下文」(おくた゛しぶみ)とは、時の天皇から下される詔書、勅書の類の文書である。その「御下文を日興が日目に授与する」という文だ。

ところが、日蓮も日興も日目も、その生涯において、天奏(てんそう)、つまり京都に上って天皇に面談し、申状を言上したという事実は全くない。当然のことながら、時の天皇から「御下文」を下賜されたという事実もない。「日興跡条条事」という文書そのものが、大石寺9世日有が偽作した全くのニセ文書であり、日興「初度天奏」の証拠でも何でもないものである。

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(5)~朝廷・天皇から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

■検証5・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない3

 

□天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

 

日蓮正宗では、「1281(弘安4)12月に日目上人が日興上人の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上した」などと言っているが、時の天皇が日興や日目の申状を受け取るはずがない。

それはなぜか。それは日興も日目も、天皇が正式に勅許した戒壇、すなわち伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺のいずれでも授戒・度牒した経験がなく、天皇・朝廷や京都・奈良の仏教界から見て、正式に認められた官僧ではないからである。

そもそも「戒壇」とは、戒律を授ける(授戒)ための場所を指すのであるが、「戒壇」で授戒を受けることで出家者が正式な僧侶・尼として認められることになる。すなわち官僧である。

日本に仏教が伝わった当時の戒律は、不完全なもので、当時、出家僧侶は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない私度僧が多くいた。

又、出家僧侶といえど修行もせず堕落した僧が多かった。そのため、唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えられ、東大寺に戒壇が築かれて授戒し、この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。

東大寺というのは、奈良市にある華厳宗大本山の寺。奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏を本尊とし、世界最大級の木造建築である大仏殿が有名な、あの東大寺である。

鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた。これ以降、僧になるためには、いずれかの戒壇で授戒して戒牒を受けることが必須となり、国(国分寺)が僧を管理することになった。

すなわち、この当時の僧侶、国が管理する戒壇で授戒・戒牒を受けた僧侶の地位とは、国家資格であり、国家公認の僧、すなわち官僧である。

大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられたが、822年、伝教大師最澄の死後、比叡山延暦寺に戒壇の勅許が下され、大乗戒壇が建立された。

当時は、中国の仏教界は比叡山延暦寺の大乗戒壇を、戒壇としては認めておらず、ここで受戒した僧は、中国では僧侶として認められなかった。また、官立寺院(官寺)ではない比叡山延暦寺に戒壇設置を認められたことに東大寺をはじめとする南都(奈良)の寺院の反発を招いた。東大寺は、大石寺9世日有が在世の時代でも、日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺であった。

東大寺28大仏殿 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(4)~大石寺三祖日目は生涯42度の国家諫暁をしていない

■検証4・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない2

 

□堀日亨が自ら「日目は生涯42度の国家諫暁をしていない」と否定している

 

よく日蓮正宗や創価学会の信者が「日目上人は生涯で42回の国家諫暁をなされた」と言う。そしてこの42回の国家諫暁からして、1281(弘安4)年の「園城寺申状」や1282(弘安5)の天皇からの下し文も有りえると反論する。そしてこれら42回の国家諫暁の根拠として、日興が日目に授与した二つの本尊の授与書(脇書き)を挙げている。

ひとつが1324(元亨4)1229日の本尊の脇書き

「最前上奏の仁卿阿闍梨日目(日道加筆)日道之を相伝し日郷宰相阿に之を授与す」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p206)

ふたつめが1332(正慶1)113日の本尊の脇書き

「最初上奏の仁、新田阿日目に之を授与す、一が中の一弟子なり、(日道加筆)日道之を相伝す」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p188)

である。

しかし日目が42度の国家諫暁をしたなどという根拠は、実際は本尊の脇書きなどではなく、大石寺9世法主日有の弟子の大石寺僧・左京阿闍梨日教、保田・妙本寺14代貫首・日我、京都・要法寺13祖日辰の記述によるものである。

□左京阿闍梨日教の著書「五段荒量」

「殊に日目上人は四十二度の御天奏・最後の時…」(『富士宗学要集』2p296)

□保田・妙本寺14代貫首・日我の著書「申状見聞」

「大聖と開山と自身との御天奏として上洛だにも四十二度也」(『富士宗学要集』4p105)

□京都・要法寺13祖日辰が大石寺13世法主日院に送った状

「高祖開山の代と為って鳳闕の奏聞鎌倉の訴状既に四十二度に及ぶ」(『富士宗学要集』9p63)

 

しかし左京阿闍梨日教、日我、日辰の記述には何の根拠も証拠もなく、日目が42回の天奏なり国家諫暁をしたなどという歴史的事実は全く確認されていない。

しかもこの日目四十二度天奏説については、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨自身が著書の中で否定しているのである。堀日亨は次のように書いている。

「日教の記および日我の記のごとき四十二度というと、いかにも想像しえられぬ。弘安四年より正慶二年にいたる五十三年の間であれば、平均一年四ヶ月に一回上洛の割合となる。往復一ヶ月の道程なるにさようのことありうべきはずがないが、それも弘安五年の時のほかはかりに伝説としても、一回もその時日を示していない。それに鎌倉への訴状ならば大いに日数も減少して万事手軽であるが、両書とも『御天奏』となっておる。『上奏』の敬語は鎌倉以後の文学暗黒時代には禁裏と柳営とに通用したりやと見ゆれども、明らかにともに『御天奏』と記し、日我はさらに『上洛』の文字すら加えているから、大いに疑わざるをえぬ」

(堀日亨の著書『富士日興上人詳伝上』p167168)

59世日亨2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ