アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有は莫大な経済力で女犯・男色をしていた

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(145)~帝政ロシアのラスプーチンも顔負けの中世大石寺の怪僧だった大石寺9世日有

■検証145・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治12

 

日蓮正宗大石寺で上古の昔から僧侶社会の中で「男色」が行われていた証拠「懇ろ」

 

日蓮正宗大石寺で「男色」(男性同性愛)や「稚児」による男性少年愛が公然と行われていたというと、日蓮正宗信者や一部の人たちは「そんなバカな」と否定するだろう。しかし残念ながら、現在の日蓮正宗に、古来から「男色」(男性同性愛)が行われていた証拠が残っているのである。

それは日蓮正宗でよく使われている「懇ろ」(ねんごろ)という言葉である。

日蓮正宗の僧侶が信者の前で「懇ろに御祈念申し上げました」「懇ろに御回向申し上げました」と言っているのを、日蓮正宗の信者であれば聞いたことがあるだろう。あの「懇ろ」のことである。

そもそもこの「懇ろ」(ねんごろ)という言葉は、男性同性愛の社会で使われている言葉「念此」(ねんごろ)が転嫁した言葉であり、「念此」(ねんごろ)の言葉の意味は、「男色・男性同性愛の契りを結ぶこと」である。「懇ろ」(ねんごろ)のほうは、辞書によれば

「1 心がこもっているさま。親身であるさま。『―にとむらう』『―なもてなし』

2 親しいさま。特に、男女の仲が親密であるさま。『―な間柄』」

「1 親密になること。

 『おまへは貧乏神と―してござるかして』〈浮・禁短気・一〉

2 男女が情を通じること。

『此のお夏は手代と―して』〈浄・歌祭文〉

3 男色関係を持つこと。

『主の子を―して』〈浮・男色大鑑・一〉 」

と載っている。

「懇ろに御祈念申し上げました」「懇ろに御回向申し上げました」で使う場合は「心がこもっているさま。親身であるさま」の意味で使っているのだろうが、男色関係をもつ意味でも使われる言葉としても、残っていることがわかる。

この男色関係が大石寺で公然と行われるようになったのが、少なくとも大石寺8世日影の時代であり、大石寺8世日影は、稚児僧として寵愛し「念者」として強い精神的関係にもあった17才の日有を自らの後継法主とした。その大石寺8世日影の後継法主となった大石寺9世日有は、同じように自らの後継に稚児僧13才の日鎮を12世法主とした。その12世法主日鎮は、同じように自らの後継に稚児僧9才の日院を13世法主とした。その13世法主日院は、同じように自らの後継に稚児僧18才の日主を14世法主とした。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(144)~中世の僧侶社会ではどこでも行われていた「男色」(なんしょく・男性同性愛)

■検証144・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治11

 

中世の僧侶社会ではどこでも行われていた「男色」(なんしょく・男性同性愛)

 

京都醍醐寺には「稚児乃草子」という絵巻が格蔵されているが、それには年老いて男根が勃起しなくなって挿入できなくなった僧侶を不憫に思い、尻の穴を拡張するように努力した稚児の話しなどが載っている。仏教では僧侶は女性と性交することを「女犯」として禁じられ、そのために多くの僧侶たちが男性、とりわけ稚児を「男色」「性交」の対象としてきた。こういったことは、日蓮正宗大石寺も決して以外ではない。江戸時代において仏教は、国学者や儒学者たちから社会規範を乱すもの、社会には何の役にも立たない穀潰しの宗教と非難されてきた。国学者や儒学者たちが仏教を批判する場合、僧侶たちが行っている「男色」(男性同性愛)を批判のひとつに挙げていた。

仏教では菩薩の位を持っている僧侶であっても、もともとは武士や農民と同じ人間であり、男性である。人間である以上、性欲があるのは当たり前のことであり、これを我慢しすぎると、「不邪淫戒」で禁止されている女犯を犯す危険が高まってくる。そこで性交のターゲットにされたのが、寺院の稚児僧である。その稚児僧と僧侶が性交をもつということは、どのように定義付けされていたのだろうか??「往生要集」には、稚児僧と性交した者が地獄に堕ちて苦を受けるということが説かれている。本来は地獄に堕ちてしまう行為であるものの、僧侶たちは稚児僧を性交の対象として扱ってきた。それには、僧侶と稚児の間には「児灌頂」という思想があった。

醜拙の者が多かった僧侶社会では、僧侶と性交をする稚児とは、単なる美少年ではなく、菩薩であり、菩薩である稚児と性交し、肌を触れ合うということは、菩薩と性交することを意味していた。

中世の「秋夜長物語」などの稚児の物語と呼ばれるもの描かれているものは、僧侶が稚児と性交して仏道を悟るというものである。その場合の稚児は、文殊菩薩や観音菩薩の化身として描かれている。つまり、僧侶が稚児と性交をもつということは、男性としての愛欲を解消するだけの意味ではなく、菩薩の救済を得る行為でもあったのである。「児灌頂」という思想により、醜い自己を離れ美を精神的に獲得しようと、又、菩薩と一体化するような感覚を得るために、僧侶は稚児との性交を必要としていた。「児灌頂」という思想のもと、菩薩の化身として僧侶を救うことを求められた稚児であったが、ではその稚児自身は、どのようになっていったのであろうか。

寺院に56才で引き取られ、実家からは一文半銭の出費もなく育てられた。寺小姓から成人すると、出家得度して僧侶になる者は、生活が保障されただけではなく、法主の寵愛を受けたものは稚児の時から、次期法主に指名されたのである。大石寺の場合は、法主の寵愛を一身に受けた稚児が、法主の座を承継していったのであった。だが必ずしも、すべての稚児が将来を安泰に送ったわけではない。寺院に籍を置かない、正式ではない僧侶になる者、僧侶になれず生涯を童形のまま過ごす者もすくなくなかったようである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(143)~日蓮正宗大石寺9世法主日有を筆頭にした大石寺「稚児」法主の真実

■検証143・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治10

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有を筆頭にした大石寺「稚児」法主の真実

 

大石寺門流の「唯授一人の血脈相承」なるものを偽作したのは、大石寺9世日有であるが、この日有を筆頭に大石寺12世日鎮、13世日院、14世日主までの法主継承に重要なキーワードがある。それは「稚児法主」と「男色」である。大石寺9世日有は、1402(応永9)416日、現在の大石寺近郊の南条家に出生し、1419(応永26)8月、日有は満17才にして日蓮正宗大石寺の法主の座に登座している。 大石寺12世法主日鎮が、1482年に大石寺9世日有の死去によって満13才で大石寺法主の座に登座。次の大石寺13世日院は、1527年に満9才で大石寺法主に登座。さらに次の大石寺14世日主は、1573年に満18才で大石寺法主に登座するという、大石寺9世日有から数えると約200年近く、若年で登座した法主の時代がつづく。これらの事実から、15世紀から16世紀のころにかけて、大石寺には「稚児」(ちご)とよばれる幼少の僧侶がいたことがわかる。このことは、日蓮正宗大石寺の正式見解としても認めているところである。

問題はこの「稚児」の意味であるが、世間的な意味は、たしかに乳児、幼児のことで、「ちのみご」という言葉が縮んだものと考えられ、6才くらいまでの幼児を意味する。しかし仏教各宗寺院における「稚児」の意味は、単なる幼児とか、幼い僧侶という意味ではない。

平安時代の頃から、真言宗、天台宗等の仏教界の大規模寺院において、1218歳くらいの剃髪しない少年修行僧が現れはじめ、これが稚児と呼ばれるようになった。皇族や上位貴族の子弟が行儀見習いなどで寺に預けられる「上稚児」、頭の良さを見込まれて世話係として僧侶に従う「中稚児」、芸道などの才能が見込まれて雇われたり腐敗僧侶に売られてきた「下稚児」がいた。禅宗では喝食と呼ばれた。仏教各宗の大規模な寺院は、修行の場であるため、それらの多くは山間部にあり、また、建て前上は「不邪淫戒」の女人禁制であるため、上稚児以外の稚児はいわば「男性社会における女である存在」となり、しばしば「男色」の対象とされた。中世以降の仏教寺院に於いても、稚児・喝食は主に「男色」、「衆道」の対象であった。

男色(なんしょく)とは、男性同士の性愛(男性の同性愛)を指す言葉で、女色(男性の異性愛)の対語に相当する。衆道(しゅどう)とは、「若衆道」(わかしゅどう)の略であり、男性による同性愛・少年愛のこと。この「男色」「衆道」と言われる男性同性愛は、日本では平安時代より僧侶や公家の間で営まれ、特に中世に入り、公家、武家、僧侶の世界で盛んに行われるようになった。

この「稚児」が、「男色」「衆道」と言われる男性同性愛、少年愛の対象とされたことは、大石寺の場合も例外ではなかったのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(142)~大石寺9世日有の莫大な経済力を証する傍証「下部の湯治」の女犯

■検証142・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治9

 

□日有の下部温泉“湯治”の目的は宿病の治療ではなく湯女風呂のサービスだった

 

「花魁(おいらん)」は江戸時代の一時期の遊郭における最高ランクの遊女を指す言葉である。温泉などの湯屋で働く女性「湯女(ゆな)」、宿場で働く女性「飯盛女(めしもりおんな)」は、より大衆的な売春婦であった。宿駅で性的サービスをする女性は傀儡女とも言われ、さらにその下には街頭で体を売る夜鷹も存在した。一般的には、宴会席で男性客に踊りを始めとする遊芸を主に接待し、時代、及び立地により、客の求めに応じて性交を伴う性的サービスをする事もあった。

日蓮正宗大石寺9世法主日有の時代に、甲州・下部温泉等々の温泉宿の湯屋にいた「湯女(ゆな)」も、当然のことながら、性的サービスをする売春婦という側面があった。

こういった歴史的事実、客観的史実と照らし合わせる時、日有の下部温泉“湯治”は、宿病の治療などではなく、湯女風呂のサービスを目的にしていたのではないかと考えられるのである。日有は、これらの温泉宿の高価な湯女風呂に使う充分な経済力を保持していた。

日有は「宿病」など全くない、「仮病」で下部温泉“湯治”と言って湯女風呂に行っていたのではないかと考えられるのである。

 

□大石寺9世日有の莫大な経済力を証する傍証「下部の湯治」の女犯

 

大石寺9世日有が、下部温泉の湯屋で性的サービスを受けていたことに関連して、見逃せないことがもうひとつある。それは、飯盛女(めしもりおんな)又は飯売女(めしうりおんな)と呼ばれた女性たちの存在である。

飯盛女とは、宿駅、宿場にいた、奉公人という名目で半ば黙認されていた私娼のことである。宿場とか宿駅というと、江戸時代の東海道五十三次をはじめとする主要街道に発達した宿場町が有名だが、宿駅・宿場そのものは、古代、奈良時代・平安時代から駅馬・伝馬の制度によって次第に整備されていったものであった。宿場には公家や武家・大名などの宿泊、休憩のため問屋場、本陣、脇本陣などの他に、一般旅行者を対象とする旅籠、木賃宿、茶屋、商店などが立並んだ。

旅籠というのは、一般旅行者用の食事付き宿泊施設。 木賃宿というのが、一般旅行者用の自炊宿泊施設であるが、旅籠には接客用の飯盛女を置く飯盛旅籠と、飯盛女を置かない平旅籠に別れていった。ただし、全ての飯盛女が売春をしたわけではなく、単純に現在の仲居と同じ内容の仕事に従事した女性も存在した。飯盛女とは、現在の旅館の仲居とは全く異なる職業である。又、売春をせず寝食の世話だけをする飯盛女も存在していた。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(141)~大石寺9世日有の下部温泉湯治の目的は湯女風呂か2

■検証141・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治8

 

□日蓮正宗大石寺9世法主日有の時代はすでに公然化していた僧侶の女犯

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有の下部温泉での“湯治”は、宿病の治療などではなく、湯女風呂の性的サービスを目的にしていた、と言うと、日蓮正宗の信者たちから「僧侶の女犯は禁じられていた」「日有上人は聖僧だった」などという反論が飛んできそうだ。

しかし釈迦牟尼が僧侶の女犯厳禁を説いた「邪淫戒」なるものは、大石寺9世日有が生きていた室町時代、すでに有名無実化していた、というのは歴然とした史実である。僧侶の「女犯」(男女性交)は、半ば公然の秘密であり、僧侶は女人禁制だった寺院の外へ出ては、秘かに女犯に勤しんでいた。中には、寺院境内地内に女人を連れ込んできては、女犯をする僧侶までいた。それどころか、浄土真宗のように、公然と僧侶が妻帯する宗派まで出現し、日本国内に広く流布していた。

僧侶の女犯で有名なのは、奈良時代の僧・道鏡と孝謙天皇(女帝)の関係である。「続日本紀」「日本霊異記」「古事談」「日本紀略」には、道鏡と孝謙天皇の肉体関係が露骨に表現されている。

「日本霊異記」には「弓削の道鏡法師、皇后と同じ枕に交通し、天の下の政を相摂りて、天の下を治む」とあり、あたかも道鏡と孝謙天皇の閨(ねや)の中で政治が行われていたような表現がなされている。ただし、仮に女性と通じていたというなら、相手が天皇でなくても仏教の戒律を破ったとして僧職を剥奪されるはずであるとして、これは俗説であるとする学説もある。

しかし、女犯を理由に僧侶が権力によって厳罰に処せられたのは江戸時代のことである。日本に仏教が伝来した際に伝わった戒律は不完全なものであり、当時、出家は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない私度僧も多く、出家といえど修行もせず堕落した僧が多かったのは事実だ。しかも道鏡の女犯の相手が女帝なら、道鏡のなすがままだっただろう。

1207(承元元)年に、浄土宗の宗祖・法然の高弟・法本坊行空と安楽坊遵西は後鳥羽上皇の寵妃松虫、鈴虫姉妹と密通(上皇に内緒で性交)し、これが後に後鳥羽上皇に露顕して後鳥羽上皇の逆鱗に触れ、遵西は京都・六条河原で男の急所・男根を先に切断されてから死刑になるという残酷な刑に処せられた。1571(元亀2)9月、織田信長が比叡山延暦寺を焼き討ちにしたが、信長は比叡山焼き討ちを決行する理由を「行体行法するのが出家の作法にもかかわらず、天下の嘲弄にも恥じず、天道のおそれもかえりみず、淫乱にふけり、魚や鳥を食らい、金銀の賄賂を取り放題、しかも浅井や朝倉に加担し、われらに戦いいどむとは、大敵に値する」と述べ、比叡山延暦寺を総本山とする天台宗山門派の腐敗堕落と女犯乱行の様をあげ、焼き討ちをするのだと家臣たちに説明した。当時の比叡山延暦寺の有様は「多聞院日記」に次のように批判されている。

「檜皮葺きの大堂本尊は拝まれず、灯明も二、三、形だけとぼされており、堂も舎坊も一円は荒れ放題の体である。嘆かわしいことだ。僧衆のほとんどは坂本に下って、乱行不法のかぎりをつくしている。修学の廃頽はこの有様なので、一山は、もはや果てたと同じである」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ