アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会の信仰は大衆文化として定着しない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(78)~男子部・女子部・学生部に面倒な活動を全て押しつける特異体質な創価学会

■男子部・女子部・学生部に面倒な活動を全て押しつける特異体質な創価学会

 

さていよいよ昭和58(1983)の統一地方選挙・K市議会議員選挙が公示になると、溝口工務店(仮名)は、てんやわんやの大忙しになった。公示になると、公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)の表向きの選挙事務所がオープしたが、溝口達夫(仮名)本部長や相沢智人(仮名) 男子部本部長、高橋正子(仮名)女子部本部長らが取り仕切る「裏選対」は、そのまま稼働。

中原浩司(仮名)候補の選挙カーは、表向きの選挙事務所から出発して帰るのだが、昼食などは「裏選対」のある溝口工務店(仮名)に来て、食事をする。

それから、途中の休憩も表向きの選挙事務所に来たり、「裏選対」に来たり。選挙事務所でも、「裏選対」のある溝口工務店(仮名)でも、創価学会婦人部が総動員で、おにぎりや味噌汁を造っていた。これらは選挙事務所に来ている人や選挙カーに乗っている人たちが食べる食事である。

 

そしてさらに溝口工務店(仮名)では、この選挙戦の影響で、別の混乱が起こっていた。

まず、現場の親方をやっている溝田勝久(仮名)男子部大B長と職人が、中原浩司(仮名)選挙カーの運転手と、予備運転手にかり出されてしまい、人手不足に陥った。

溝口工務店(仮名)の社長は、創価学会地域組織の本部長だったが、工務店は工務店で、選挙になろうが、どうなろうが、仕事をしなければ会社が成り立っていかない。しかし親方をしている溝田勝久(仮名)と職人が、選挙にかり出されてしまうのは、ものすごい痛手になった。

なぜ溝口工務店(仮名)から二人も選挙にかり出されたのか、というと、選挙公示日から投票日前日までの選挙期間中は、平日がかなりある。選挙カーは、平日も土曜も日曜も関係なく、動かさなくてはならないため、選挙カーに乗る人は、その日は仕事を休まなくてはならない。

今でこそ週休二日やハッピーマンデーの三連休が定着しているが、あの当時は、週休二日も法定三連休もなく、定休日は日曜日と祝日のみ。土曜日の仕事は、当たり前の時代だった。

そういうわけで、仕事を休んで選挙カーに乗れる創価学会員がなかなか見つからない。ということで、創価学会地域組織の本部長が社長である溝口工務店(仮名)に白羽の矢がたつ。

「選挙カーの運転手だったら、定年退職した人でもいいじゃないか」と、世間一般では思ってしまうのだが、創価学会ではそうはいかない。

どういうことかというと、創価学会というところは、面倒な活動は何でもかんでも男子部・女子部・学生部あたりに押しつけようとする特異体質がある。

「若い人がやらなければダメ」などと言うのが常套句だが、丁のいい「おしつけ」である。

ところがその創価学会男子部の熱烈な信者は、だいたい創価班か牙城会をやっていて、この活動だけで、かなりの有給休暇を消化してしまっている。そのため、選挙活動で仕事を休める男子部の信者が極端に少なくなる。このため、ますますしわ寄せが溝口工務店(仮名)に来る。

創価学会本部1


続きを読む

隣の学会員・法華講員(63)~自由恋愛ができない日蓮正宗・創価学会の信仰は大衆文化として定着しない

■自由恋愛ができない日蓮正宗・創価学会の信仰は大衆文化として定着しない

 

それにしても、創価学会壮年部・婦人部・男子部幹部による下山伸三(仮名)・佐倉安代(仮名)の二人の交際に対する罵倒・誹謗は、部外者の私が聞いていても、あまりに内容がひどいものだった。普段、創価学会壮年部・婦人部あたりは、男子部、女子部、学生部、未来部を「将来の宝」だの「創価学会の将来を背負って立つ人材」だのと、さんざん持ち上げて、おだてまくっていたが、ところが男女交際をはじめた途端に、手のひらを返したように、ボロクソにこき下ろす。

こういうのは、誰がみても「矛盾している」と思うだろう。

しかし下山・佐倉の二人をボロクソにこき下ろす壮年部・婦人部・男子部たちは、二人にどうしろと言うのか。自由恋愛している二人に、「別れろ」と迫っているということか??

壮年部・婦人部・男子部たちは、創価学会幹部なのかもしれないが、しかしそうはいっても、所詮は第三者にすぎない。もういい大人になっている下山・佐倉の二人の関係に口を出して介入しようとすること自体が間違っているのではないか。

創価学会幹部が、自由恋愛している二人を、無理矢理にでも別れさせようとしているのなら、こんな時代錯誤的感覚は他にあるまい。

私が、喫茶店・コンパウンド(仮名)に行ったとき、またしても壮年部の溝口達夫(仮名)本部長をはじめとする本部長、支部長、男子部部長らが集結して、下山・佐倉の二人を罵倒・誹謗していたときがあり、私も正面切って、彼ら幹部たちに質問したことがあった。

「創価学会じゃあ、男女交際、自由恋愛をしちゃ、いけないんですか」

「下山・佐倉の二人に別れろ、とでも言うのですか。別れろと言っても、別れるわけがないでしょう。二人にどうしろと言うのですか」

この質問に対する本部長、支部長らの答えはこうだった。

「男子部と女子部が男女交際して、信心がおかしくなったり、自由恋愛で結婚して、創価学会をやめた会員がたくさんいた」

「だから、創価学会では自由恋愛を認めていないし、青年部も、男子部と女子部が別々に活動しているんだ」

壮年部の本部長、支部長らの話しでは、結婚を契機に創価学会をやめるパターンとしては、以下のような感じだという。

1 独身男子創価学会員が一般女性と結婚して、独身男子のほうが創価学会をやめる

2 独身女子創価学会員が一般男性と結婚して、独身女子のほうが創価学会をやめる

3 独身男子・独身女子の創価学会員が自由恋愛し、二人とも恋愛に忙殺されて創価学会の信仰が退転状態になる

これが本当だったとしても、だから下山・佐倉の二人の交際をボロクソに罵倒・誹謗するのは、どう考えてもおかしい。

創価学会本部1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ