アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着しない > 創価学会の信仰は大衆文化として定着しない

■男子部・女子部・学生部に面倒な活動を全て押しつける特異体質な創価学会   さていよいよ昭和58年(1983)の統一地方選挙・K市議会議員選挙が公示になると、溝口工務店(仮名)は、てんやわんやの大忙しになった。公示になると、公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)の表 ...

■自由恋愛ができない日蓮正宗・創価学会の信仰は大衆文化として定着しない   それにしても、創価学会壮年部・婦人部・男子部幹部による下山伸三(仮名)・佐倉安代(仮名)の二人の交際に対する罵倒・誹謗は、部外者の私が聞いていても、あまりに内容がひどいものだった。 ...

↑このページのトップヘ