アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会・創価班の暴力的・非常識な謀略体質批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

SNS、mixi等で再三にわたって危険性が指摘されてきた自称『内部アンチ』

ずいぶん前からのことであるが、mixiをはじめとするSNS等で、いわゆる自称「内部アンチ」の危険性が再三にわたって指摘され続けてきている。

「内部アンチ」というのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の信者・会員であるのに、

「自分は数年前から信仰活動は、何もしていない。宗教教団内部にいるアンチだ」

を自称している人たちのこと。

数年前、ある人がmixi日記にて、こんなことを指摘していた。

「アンチ創価学会の方達へ

内部アンチを装う学会員に注意頂きたい。 内部アンチを名乗りアンチ創価学会方々に対し、マイミクになろうと擦り寄り、 アンチ創価学会の言動を監視、 個人情報入手を企てる輩達が多数発生している との情報を他のアンチカルト創価の人から入手しました」

 

要するに、内部アンチと自称していながら、実際は、マイミクになって擦り寄ったりしてアンチに近づき、情報収集をしているという、情報収集員ないしは諜報員の場合が多いということ。

内部アンチの全員が全員、諜報員とは言えないかもしれないが、ただし、この人の情報は、あながち間違っているとは言えないと思われる。

私が持っている情報でも、内部アンチは、諜報員どころか、アンチに対して創価学会の情報を流し、創価学会にはアンチの情報を流すという、米ソ・スパイ戦争における「二重スパイ」もどきのことをやっている者すら、いるくらいです。ひどいですね。

私がmixiGREEで管理しているアンチ・コミュニティである「アンチ日蓮正宗」「創価学会事件簿」にも、日蓮正宗や創価学会の「内部アンチ」を自称する人から、入会申請が、ちょくちょく来ます。

が、「内部アンチ」の入会申請は全てお断りしている。

コミュニティ説明文等で、日蓮正宗系の信者は例外なく入会できない旨を謳っているので、筋道を通さなくてはならないということが、まず第一にある。

それから、先程の「二重スパイ」ではないが、そういう諜報活動を行っている人たちのために振り回されたり、粉動されてしまうことによって、本来の日蓮正宗系への批判活動が、立ち遅れてしまいまう。こういう愚はさけなければならない。当然であろう。

ましてや「アンチ日蓮正宗」や「創価学会事件簿」には、大事な情報が満載されている。そういったことがあるので、先程の人の日記を読んだとき、すごく共感してしまいました。

 

「アンチ日蓮正宗」にも、自称「内部アンチ」をからの入会申請が絶えません。「アンチ日蓮正宗」にこんな入会申請が来たことがあった。

「日蓮正宗信徒ですが、反日蓮正宗になりつつあります。よろしくおねがいします」

 

しかし日蓮正宗の現役信者は「アンチ日蓮正宗」に入会できないので、

「この度はまことに残念でございます。「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」こちらのほうで、承っておる次第でございます。」

という返事をこちらから出しました。

アンチ日蓮正宗3


続きを読む

隣の学会員・法華講員(72)~仏教とはかけ離れた「選民思想」と人間の欲望でコントロールされた創価班

仏教とはかけ離れた「選民思想」と人間の欲望でコントロールされた創価班

 

溝口工務店(仮名)の個人会館で、よく創価班の会合が行われていたが、部外者の私が傍で見ていても、「おかしい」と感じたことは、他にもたくさんあった。

そのひとつが「創価班員は、一般の創価学会員から選ばれた存在である」ということを、盛んに幹部の指導などで植えつけているということ。何か傍で見ていて、これは仏教の教えというよりも、ユダヤ教かキリスト教の選民思想みたいだな、と思った。こういうことは、普段の創価班の会合における幹部の指導に限らず、その活動にもあるようである。

まず、創価班に入るには、まず1年間、創価班大学校に入って、彼らのいう「訓練」を受けなくてはならない。創価班大学校というのは、創価班の正規メンバーになる前段階、実際に任務につく前の訓練・研修機関のこと。

この創価班大学校に入るには、地域の男子部幹部、たとえば部長、地区リーターといった幹部から推薦され、上級幹部の面接を受けて合格した信者のみが創価班大学校に入校する。

そして1年間、折伏(布教活動)や聖教新聞の購読の推進に取り組み、創価学会の歴史や池田大作宣揚の小説『人間革命』の読破などの指導・訓練を受ける。

折伏(布教活動)や聖教新聞の購読の推進に取り組むとはいっても、1年のあいだに、最低でも1人を創価学会に入信勧誘して、本尊を下附するなりして入信させなくてはならない。これができないと、1年後に、創価班大学校を卒業して正規の創価班員になれない。しかし活動は、創価班大学校の会員も、正規の創価班員もいっしょに活動している。

そうすると、創価班員というのは、当時は日蓮正宗大石寺の正本堂、大客殿、御影堂、登山センター、詰め所や創価学会の会館の創価班詰め所など、一般の信者は入っていけないところにまで入って行って活動する。しかも創価班の本山担当が任務についていたときは、池田大作から創価班に対して、「特別に」大石寺の売店街の食堂で使える「そば券」が渡されていた。

そうすると、「創価班員は、一般の創価学会員より選ばれたエリートなんだ」というような、優越感に浸る。この手の優越感に浸ったら、やはり優越感の虜になってしまうのではないだろうか。

しかも創価学会男子部の地区リーダー以上は、創価班か牙城会をやっていなくてはならないというのがあって、正規の創価班員になれなければ、創価学会の中での出世が完全に絶たれてしまう。そうすると、1年間のあいだに、何がなんでも誰かを入信させなくては、ということになり、強引・執拗な入信勧誘に、ますます拍車がかかっていくというわけである。

さらに見ていて唖然としたのは、創価学会の大きな会合やら行事になると、創価班の各組織毎に割り当てられた任務者の数というものがあるらしく、人気のある会合になると、割り当てられた数よりも、希望者のほうが上回る。そうすると、椅子取りゲームではないが、少ない椅子をめぐって創価班員同士が凌ぎを削ってその椅子を奪い合おうとする。これなんかは、ただの人間の欲望を創価学会の組織維持のために利用しているという感じに見える。所詮、創価班員たちをコントロールしているのは、仏教とはかけ離れた「選民思想?」と人間の欲望というわけである。

大石寺創価班8

続きを読む

隣の学会員・法華講員(71)~創価学会の暴力体質の本音むき出しのすさまじい暴力的雰囲気の創価班の総括

常識的にはとても活動持続が不可能なシステムになっている創価班の活動体制

 

K市の溝口工務店(仮名)隣の個人会館では、月1回、地元創価学会の「創価班」の定例会合が行われていた。 創価班とは、創価学会男子部に所属する会員で構成されているグループで、創価学会の歴史と理念を学び、大きな会合の運営に携わっている、言わば、創価学会男子部の中核グループ。創価学会の会合が開催される際には、会館内での場内整理、駐車場誘導などを行い、仏道修行として、無償で活動している。

溝口個人会館で行われていた、創価班の会合も、傍から見ていて、驚き以外の何物でもなかった。 1991(平成3)年からの宗創戦争によって、日蓮正宗大石寺から消えていなくなったため、創価学会の会館の任務だけになってしまったようだが、1983(昭和58)年当時と言えば、日蓮正宗と創価学会が和合していた「宗創和合時代」であり、創価班は「会館担当」のほかに、「本山担当」と「輸送担当」というのがあった時代。

「本山担当」というのは、毎奇数月か偶数月の決められた2(1011日とか、2223日とか)に、日蓮正宗大石寺の登山センター(後の法華講事務所に衣替えした堂宇)に行き、12日の日程で、大石寺の警備の任務に就くというもの。

「輸送担当」というのは、各地域の創価学会組織による大石寺への団体登山会へ、信者と一緒に引率していく役目のことである。

「本山担当」にしても「輸送担当」にしても、一旦、任務日が決められると、何が何でもその日には、大石寺に行かなくてはならないのだという。しかも「本山担当」の場合は、任務日初日の前日の夕方17時までに、東京・信濃町の創価学会本部に集合して、そこで任務者全員で勤行をし、バスに乗って大石寺に行くのだという。 創価班幹部に言わせると、遅刻や欠勤は厳禁。1回でも遅刻をすると、定例会合や別の所で「総括」があるという。

しかし、この日程では、17時に東京・信濃町の創価学会本部に集合に遅刻しないほうが、おかしい。会社員で、この時間に集合しようとすれば、絶対に会社を早退しないと間に合わない。 常識的に考えれば、遅刻してあたり前のような日程である。

しかも、毎奇数月か偶数月に任務があるわけだから、1年でも最低6回は早退し、6日は創価班の任務のために、休まなくてはならない。 早退が無理なら、1年で最低12日は、創価班の任務のために休まなくてはならない。

「本山担当」であっても、時には「輸送担当」や「会館担当」の任務に就いたり、あるいは一般信者として、団体登山に参加したりするわけだから、月20日ぐらいは、創価学会の活動のために休まなくてはならなくなる。 有休が取れれば、給料には影響しないが、有給が取れなければ、ズル休みをしなくてはならなくなる。 そうすると、これは必然的に、給料に影響してくる。

創価班の活動というのは、常識的に考えて、普通ではとても維持できないシステムになっていると言わざるを得ない。

大石寺創価班12 

続きを読む

死してもなお山崎正友氏へ敵意を剥き出しにする創価学会員・「日蓮正宗」系の仏罰論の虚構

創価学会批判活動家・山崎正友氏は、20081229日、急性腎不全で死去。72歳。

年が明けて200912日の「読売新聞」ニュースには、次のような短い報道文が載っていた。

-------------------------------------------------------------

■山崎正友氏(元創価学会顧問弁護士)が死去(読売新聞 - 0102 21:32)

 

山崎正友氏(やまさき・まさとも=元創価学会顧問弁護士)12月29日、急性腎不全で死去。72歳。告別式は6日午前11時、東京都杉並区西荻北5の4の3・妙観講本部。喪主は妻、桂子さん。 創価学会の顧問弁護士を解任された後、同学会から3億円を脅し取ったなどとして恐喝、同未遂罪で実刑判決を受けた(1991年確定)。また、宮本顕治・元共産党議長宅の盗聴事件などに同学会関係者が関与したとする手記を週刊誌で公開した。

----------------------------------------------------------------

このニュースは、早速、創価学会員の間でも、あっと言う間に広まったらしい。

それにしてもお寒くなるのは、創価学会系のブログやプロフ日記などにおける、相も変わらない、山崎正友氏に対する罵詈雑言。

山崎正友氏が死しても、創価学会の山崎正友氏への怨念というか、敵意というか、凄まじいものがある。そこには、寛容とか慈悲とか愛情とか、まったく感じられない。

こういう創価学会員たちの姿を見ていると、創価学会という宗教が、いかに狭量で器の小さい宗教か。いかに自分のエゴイズム剥き出しの宗教かということが、よくわかる。

創価学会の思想というのは、苦悩する人間を救う者と言うには全くほど遠い、ただの狂気であり、エゴイズムであり、犯罪者の思想であるということだ。

こんなものが人を救うわけがない。

難しい仏教の知識など、わからなくても、人間としての、ごくあたりまえの常識や良識に照らし合わせてみれば、この創価学会という宗教はおかしいと普通にわかるはずであろうと思う。

 

ちょうどこのころ、この話題を「アンチ日蓮正宗」で内部討議したとき、こんな意見が寄せられた。

 

「これは日蓮正宗にあっても本質的には変わりません。

反対者は地獄に堕ちるのですから、hideさんなんかも何言われるか分かりませんよ。(笑)

私なんかも30年来友達付き合いだった人も寄り付きもしません。」

hideさん、創価学会の批判の記事よく記載されているので気をつけた方がいいですよ。私自身、正直学会なんてどうでもいいのですが、政治に関与している事だけは絶対許せません(怒)

学会の信者はある意味哀れですね。日蓮の教えを信じ、毎日『南妙法蓮華経』と言えば言うほど、極楽浄土に行ける、幸せになるという視野の狭い教えを信じ込まされる訳なんですから。」

山崎正友6 


続きを読む

美味しくなかった創価班が池田大作の『そば券』で食べていた大石寺売店街「そば」

大石寺売店街には、もうひとつの売り物のメニューがある。それは「そば」である。

なぜ、そばが、大石寺売店街のメインメニューになっているのか実は、これも創価学会が絡んでいるものである。

 

創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代においては、全国から創価学会の信者が大石寺に参拝に来ていたが、それと同時に、全国から創価班も大石寺に登山してきていた。

創価班(そうかはん)とは、創価学会の男子部に所属する会員を中心に構成されているグループで、創価学会の歴史と理念を学び、創価学会の会合には運営全般に携わっている。

会合が開催される際には、会館内での場内整理、会館周辺の交通整理、駐車場誘導などをおこなっている。仏道修行のもとに、創価学会の会員を守る一環の任務として、無償で活動している。

大石寺に来ていた創価班は、全国の登山信者といっしょに列車やバスに乗って登山してくる輸送担当創価班と、最初から大石寺の登山センターに張り詰めて、大石寺各所の警備につく本山担当創価班の二種類があった。

輸送担当創価班は、創価学会の団体登山会に引率する創価班だから、その登山会が行われているときだけの任務だが、本山担当創価班は、偶数月か奇数月の二日間と決められている。

たとえば、奇数月の12日・13日が担当日と決まったら、1月、3月、5月、7月、9月、11月の12日・13日が担当になり、年6回の任務割り当てがある。

偶数月の場合は、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回。その他に、大石寺に右翼、顕正会、正信会等の街宣車や抗議デモ等があると、臨時の呼び出しがかかることがある。

その定例の年6回の任務割り当てだが、たとえば12日・13日が担当日の場合、東京近郊の創価班は、前日の17時までに創価学会本部に集合して、勤行をしてからバスに乗って大石寺に行っていた。17時までに創価学会本部に行くということは、仕事を早退して行かなくてはならない。

しかも年6回の任務割り当ては、平日だろうが土曜日曜だろうが関係なく、割り当てられ、遅刻・欠勤でもすれば、創価班の「総括」が待ち受けている。

だから、あの当時の創価班の本山担当をやっている信者たちは、仕事がメチャメチャになっている信者はザラにいた。34年で転職をつづけている信者もゴロゴロいたし、しょっちゅう「親が死んだ」「兄弟が死んだ」とウソをついて仕事を休んでいる信者など、当たり前のようにたくさんいた。

信者にとって、この本山担当創価班の任務は、かなりきついものだったと思われる。

それはそうでしょう。私から見ると、無理難題を押しつけているようにしか見えない。

大石寺創価班12

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ