アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会・創価班の暴力的・非常識な謀略体質批判

ずいぶん前からのことであるが、mixiをはじめとするSNS等で、いわゆる自称「内部アンチ」の危険性が再三にわたって指摘され続けてきている。 「内部アンチ」というのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の信者・会員であるのに、 「自分は数年前から信仰活動は、何もしてい ...

■仏教とはかけ離れた「選民思想」と人間の欲望でコントロールされた創価班   溝口工務店(仮名)の個人会館で、よく創価班の会合が行われていたが、部外者の私が傍で見ていても、「おかしい」と感じたことは、他にもたくさんあった。 そのひとつが「創価班員は、一般の ...

■常識的にはとても活動持続が不可能なシステムになっている創価班の活動体制   K市の溝口工務店(仮名)隣の個人会館では、月1回、地元創価学会の「創価班」の定例会合が行われていた。 創価班とは、創価学会男子部に所属する会員で構成されているグループで、創価学会の ...

大石寺売店街には、もうひとつの売り物のメニューがある。それは「そば」である。 なぜ、そばが、大石寺売店街のメインメニューになっているのか。実は、これも創価学会が絡んでいるものである。   創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代においては、全国か ...

戦前の堀米日淳と牧口常三郎・戸田城聖の関係については、複数の人の証言がある。 1935(昭和10)年4月に日蓮正宗に入信し、第二次世界大戦後に、創価学会理事長を歴任したのち、日蓮正宗僧侶として出家得度。埼玉県大宮市(現さいたま市)の日蓮正宗寺院正因寺住職になった矢 ...

↑このページのトップヘ