アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会の独善的・独尊的・排他的体質を斬る

□三十数年前からカルト独善的体質、カルト暴力的体質が全く変わっていない創価学会   久しぶりに「mixi」を眺めていたら、「ラブリィ創価学会」コミュの「アンチを論破せよ!」なる題名のトピックの中に、創価学会員の独善体質・謀略体質を象徴するような書き込みを見つ ...

□勤行も定着しない創価学会が仏教を大衆文化に定着させた仏教宗派を批判しても説得力ゼロ   これも「日蓮正宗系以外は全て葬式仏教だ」とよく似た誹謗中傷である。特にこれを言いたがるのが創価学会員であり顕正会員。そして元創価学会員、元顕正会員。最近は法華講員 ...

□創価学会員、法華講員、顕正会員の信仰活動は大衆文化として根づいているとは言い難い   それでは「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが勤行・折伏・教学研鑽を行い日々の実践に活かす生きた宗教である」「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが生きた宗教、他は全て死せる ...

□仏教寺院・仏教僧による葬儀・法事は上古の昔から日本の大衆文化として深く定着している   創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者は、「『日蓮正宗系』以外(創価学会以外、日蓮正宗以外、顕正会以外…)の宗教は全て葬式仏教だ」「何の社会的活動も平 ...

□無宗教、他宗派を頭から見下す思い上がり、うぬぼれた驕慢極まりない態度だった創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)は、自宅でほとんど毎日のように「鍋宴会」を行い、自らが経営する会社関係者、劇団 ...

□非常識な堕地獄論を説く日蓮正宗系のカルト信者には「死」を語る資格すらないと言うべき   これも昔から言われていることですが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の極めてひどい悪弊・弊害のひとつ。それも日蓮正宗は日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄 ...

■大石寺の日蓮七百遠忌登山参詣を独善的自慢話をして顰蹙を買っていた創価学会員   さて大石寺登山をさんざん自慢していた創価学会員だが、中でもとりたてて自慢していたのが昭和56年(1981年)の日蓮七百遠忌、昭和57年(1982年)の日興・日目六百五十回遠忌の登山会。 ...

■宗創和合時代には我先に大石寺に登山して大石寺登山を自慢していた創価学会員   1990年12月の池田大作総講頭罷免、1991年11月の創価学会破門、1992年8月の池田大作信徒除名から20年以上の歳月が経ち、かつての日蓮正宗と創価学会が和合路線にあった宗創和合時代を全く ...

■定番発言と非科学的・独善的傲慢性のみが色濃く出ていた創価学会員の座談会   さて創価学会員幹部宅で行われる座談会というのは、この時も含めて何度か出た記憶がある。 河岸春樹(仮名)のだまし討ち勧誘で連れて行かれた座談会は1回だけだが、この他にも、創価学会の ...

↑このページのトップヘ