アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会の池田大作専政・非民主的上意下達体質批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(215)~池田大作の寵愛を受けて出世した総区長・総区婦人部長夫婦と池田大作に干された区本部長

□池田大作の寵愛を受けて出世した総区長・総区婦人部長夫婦と池田大作に干された区本部長

 

池田大作を頂点とした創価学会内部の権力構造を知る上で、象徴的な事例がいくつかある。そのひとつが1984(昭和む59)年末に起こった東京N区最高幹部の人事である。創価学会・東京N区の中心拠点は、N文化会館。東京N区の組織は、第一N区、第二N区、第三N区の三つに分かれ、それぞれの区の下に、地域本部支部地区ブロックが編成されていた。この第一N区、第二N区、第三N区を統括するのがN区本部。N区本部長は印旛沼男(仮名)で、この人はN区にある日蓮正宗K寺の総代を兼任していた。N区本部の副区本部長が大島国太郎(仮名)。婦人部は、N区本部婦人部区本部長は、大島国太郎(仮名)夫人の大島泰子(仮名)。もともと東京N区は、第一N区、第二N区、第三N区の三つに分かれる以前は、大島国太郎(仮名)N区長だった。

ところがN区が三分割になって、N区本部が第一N区、第二N区、第三N区を統括するようになってから、大島国太郎(仮名)N区長からN区本部の副区本部長になった。

創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事で、劇団Nオーナー兼プロデューサーでもあった小矢木隆(仮名)をはじめとする一般の東京N区の創価学会員の間では、N区本部長の印旛沼男(仮名)よりも、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうがウケがいいのである。小矢木隆(仮名)らは、「鍋宴会」で、創価学会の東京N区の話題になると、やたらと「大島さんが…、大島さんが…」と、大島国太郎(仮名)の話しばかりをする。ではなぜ一般の創価学会員の間で、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうがウケがいいのか、ということになるが、それはN区本部長の印旛沼男(仮名)よりも、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうが、池田大作の覚えがめでたいのである。つまり池田大作の寵愛を受けているのが大島国太郎(仮名)。それを地元地域組織の創価学会幹部が見ていて、創価学会員の歓心は、印旛沼男(仮名)よりも、大島国太郎(仮名)のほうに集中する。そして地元地域組織の創価学会幹部は、大島国太郎(仮名)に取り入り、ごまをすり、気に入られようとする。

その夫婦で創価学会・東京N区最高幹部を務める大島国太郎(仮名)・大島泰子(仮名)を一度だけ直接見たことがあった。場所は小矢木隆(仮名)宅からそんなに遠くない所にあった創価学会幹部が運営する個人会館。「太陽作戦」展開中の最中、この個人会館で地域の会合があり、たまたま小矢木隆(仮名)に誘われたときに、大島国太郎(仮名)がどんな人物なのか、少しばかり関心があったので、この会合の末席に座っていたことがあった。小矢木隆(仮名)が「大島さんが…、大島さんが…」と言うので、よほど腰の低い人なのかと思っていたところ、実際に見てみると、これが全く違う人物。まずはN区本部婦人部区本部長の大島泰子(仮名)だが、これが見るからに「上から目線」で喋る人物で、いかにも自分はN区本部婦人部区本部長なんだぞと言わんばかりの喋り方。

私も偉そうな態度の創価学会幹部は、イヤと言うほど見てきたので、「またこういうタイプか」という感じ。この人の印象に残った部分は、まさに偉そうな態度だけである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(211)~うんざりして辟易した創価学会員たちの「上から目線」・上意下達の全体主義的体質

□うんざりして辟易した創価学会員たちの「上から目線」・上意下達の全体主義的体質

 

創価学会は表向きは、何かにつけて「地域でみんなの意見を出し合って協議」だの「世界平和の団体」だの「民主主義の時代」だのと言っていたが、しかし私に言わせれば、創価学会ほどトップの上意下達の独裁体制、非民主的で全体主義的体質を持つ団体であり、こんな時代錯誤な団体は、他に類例を見ないと思う。創価学会員は、人を説得したり、納得させることはせず頭ごなしに

「創価学会は日蓮大聖人から血脈相承を受けている大石寺御法主猊下を仏法の師と仰ぐ日蓮正宗の信徒団体。創価学会は仏意仏勅の団体だ。創価学会を批判すると地獄に堕ちるぞ」

「創価学会は750万世帯の折伏をやった。大石寺に奉安殿、大講堂、大坊、大客殿、六壺、正本堂を寄進した。日本全国に何百ヶ寺の寺院を宗門に寄進した。創価学会の草創期は、貧乏人と病人と犯罪者の集まりと言われた。しかし今は、貧乏人も病人も犯罪者もいなくなった。功徳を受けて蘇生したんだ。創価学会をバカにすると地獄に堕ちるぞ」…。こんな感じで、創価学会流の「仏罰論」「堕地獄論」を頭から振りかざしてくる。創価学会から「貧乏人」と言われる人がいなくなったのは、195080年代の日本の高度経済成長があったためであり、創価学会からいわゆる「病人」と言われる人がいなくなったのは、195080年代の日本で医療・保険制度が発達し、医学が進歩したことが大きな理由と考えられる。犯罪者のほうは、いまだに創価学会からは消えてはいないようで、今でも創価学会員が引き起こす犯罪・社会的事件が続発している。

創価学会幹部個人を見ても、例えば小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」に来たことがある光村本部(仮名)田元支部(仮名)の支部長・柿沢滋(仮名)は、1960年代の創価学会男子部時代には、いわゆる「縦線」組織で、一人で数十世帯もの人を創価学会に入信させただの、創価学会の御書学習会や大きな会合の席では、日蓮遺文(御書)の文について創価学会員の前で講義する「御書講義」も行う教学力を持っているだのということで、いかにも「オレの言うことを聞け」と言わんばかりの「上から目線」の人物。この手の「上から目線」の創価学会幹部は何も柿沢滋(仮名)だけではない。何か機会がある度毎に「男子部時代は縦線組織で数十世帯の折伏をやった」という折伏実績の自慢話を披露する人たちは、ゴロゴロたくさんいた。私が学生だったころ、さんざん「だまし討ち折伏」をやらかしたT大学の創価学会男子学生部信徒・矢田敏夫(仮名)は、私の前でよくこんなことを言っていた。「オレは創価学会の信仰歴20年なのだ。オレは創価学会のことは何でも知っている。オレの言うことを聞け」…。あの当時、20才そこそこだった矢田敏夫(仮名)が「オレは創価学会の信仰歴20年」と言うのは、生まれて間もない頃、矢田敏夫(仮名)の母親が日蓮正宗寺院に連れて行って授戒を受けさせて、創価学会員になったから。こんなことを平気で口にしていた。

生まれて間もないころに、母親に日蓮正宗寺院に連れられて創価学会員になったから「オレは創価学会の信仰歴20年」と言う感覚には、全く恐れ入ってしまう。それならば、生まれて間もないころから勤行していたのか。生まれて間もないころから大石寺に登山していたのか。生まれて間もないころから、日蓮の御書全集を読んでいたのか、という話になる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ