アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗を特定(謀略・抗争)危険カルト宗教に指定せよ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

現在の日蓮正宗と他教団との紛争

過去においては他宗教は全て謗法・邪宗であると定義し、これらに対する折伏を行ってきている。その意味であらゆる宗教と対立関係にあると言える。ただし、あくまで教義的な対立に限られる。

現状で「紛争」といえるような対立関係(教義以外についての対立関係)があるのは創価学会や正信会、冨士大石寺顕正会などがあり、特に組織の規模として創価学会との対立・抗争が目立っている。

 

顕正会(旧妙信講)とは、1977(昭和52)年、裁判上の紛争について「和解」が成立している。

正信会系日蓮正宗寺院との裁判上の紛争は、管長裁判については、裁判所不介入・双方棄却の最高裁判所判決が出ている。

個々の寺院関係の裁判は、日蓮正宗側に有利な判決ないしは双方棄却の判決が出ているものの、擯斥住職・擯斥僧侶がそのまま寺院に居すわり続けるという状態が続いている。

しかしこれも、擯斥住職の死亡や日蓮正宗大石寺への寝返りによって、日蓮正宗大石寺側に返還されるという流れになっている。

 

創価学会は、1990年(平成2年。正式な破門は翌1991年)に日蓮正宗に破門されて以来、日蓮正宗への攻撃に多くの時間と労力を費やしており、「仏敵を責めること」が重要であるという立場から、聖教新聞などの機関誌では連日のように日蓮正宗への誹謗中傷や人権侵害を繰り返しており、特に前法主・阿部日顕を含む高僧に対しては、とりわけ激しい中傷が繰り返されていた。

67世日顕7


また、日蓮正宗を人的・経済的に消耗させる目的で、敗訴を前提に大量の訴訟を行うという活動も行われている。これは末端の組織でも徹底しており、前法主・日顕の死亡を祈念する唱題会が行われたケースもある。

このため末端の創価学会員には、日蓮正宗の檀徒に対して暴力による攻撃に走る者も多くいた。日蓮正宗寺院の多くは創価学会員による法要の妨害を経験しており、横須賀法照寺では創価学会員が二度にわたって放火で現行犯逮捕されるなど、刑事事件も頻発した。ただし、こうした暴力攻撃も現在では比較的収まってきているが、寺院への盗撮や参詣者への尾行は執拗に続けられているという主張もある。

 

ただし、学会側も2010年以降は表立った日蓮正宗攻撃や批判を縮小する傾向が見られる。

それまで聖教新聞の寸鉄欄は5項目中1項目が必ずと言っていいほど宗門を批判する内容となっていたが、現在は学会内部の綱紀や社会治安、公明党へのハッパといった内容へと変化しており、特に東日本大震災後は防災関連が連日強調されたこともあって宗門を批判する内容の寸鉄は月に数回あるかないかという程度まで減少している。

なお学会の機関紙誌であっても『大白蓮華』では、宗門を批判する内容は滅多に掲載されない。

 

続きを読む

日蓮正宗は数百年の永きにわたって、人々の心を弄び、騙し、国民を欺瞞してきた重大な責任をとれ

日蓮正宗・創価学会・SGI・顕正会・正信会…に、関わりを持った、あるいは日蓮正宗や創価学会などの内紛・抗争に巻き込まれたことで、家族の絆・肉親の絆が引き裂かれたり、悩んだり、苦しんだりした人の数は多い。

日蓮正宗系各教団による強引で執拗な折伏・勧誘の渦中で、日蓮正宗と一般世間とのはざまで、日蓮正宗と創価学会・顕正会・正信会の間の戦争のはざまで悩み、泣き、死ぬほど苦しんでいる人たちの悲痛な叫び声、怨嗟の声が数えきれないほどたくさんある。

総じて日蓮正宗がらみの宗教被害は、過去の日本の歴史において(特に第二次世界大戦後においては)、最大のものだ。

 

全国600の法華講のうち599の講中に布教能力が全くないとしても、残るたった1つの講中にカルト布教するエネルギーがあることが問題なのである。創価学会はまさにその「たった1つ」の講中から勃興したのであり、その創価学会に触発されて、妙信講(今の顕正会)法道院・本行寺・妙観講(今の法華講連合会の中心勢力)が勃興してきたのである。

カルト教団というものは、ガン細胞と同じように増殖するものなのです。

さらに言うと、日蓮正宗・創価学会から発生した公明党が現在、政治権力に食い込み、公明党の政治が否応なしに私たちの生活の中に入り込んできていることを見逃してはならない。

 

しかし今、日蓮正宗も創価学会・SGIも顕正会もその他の分派も…何の弁解もなく、何の釈明もなく、何の謝罪もなく、かつてと同じく強引で執拗な折伏を展開している。日蓮正宗・大石寺は、直系の信徒団体・法華講や妙観講などを「第二、第三の創価学会」「第二、第三の顕正会」化せしめて強引な折伏・勧誘を展開させ、日本中・世界中に再び数千万信徒をつくろうとしている。

さらに問題なのは、日蓮正宗系の各教団(日蓮正宗法華講・妙観講・創価学会・SGI・顕正会・正信会…)は、日蓮正宗の内紛・分裂によって各々が勢力を弱めるどころか、逆にそれぞれが勢力を拡大してきているということだ。こんなことがあってはならない。

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会など日蓮正宗系宗教団体が繰り広げている強引・執拗な折伏・入信勧誘は、過去に積み上げてきた「日蓮正宗の悲劇」の拡大再生産でしかなく、国民の信教の自由・不信教の自由といった、基本的人権や権利の重大な侵害に他ならない。

日蓮正宗は数百年の永きにわたって、善良な人々の心を弄び、騙し、日蓮正宗の信者、元信者から一般国民までも欺瞞してきた重大な責任をとれ。

 

続きを読む

日蓮正宗とは現代社会の『民主主義』を否定している宗教である

午前7時から御影堂で御講が行われるということなので、車の中でしばらく仮眠していた私は、午前630分ごろ、三門から表塔中を歩いて御影堂に行った。御影堂の前では、すでに信者が待ち構えており、「総本山大石寺」と書かれたハッピを着た数人の初老の男性が、竹ホウキで、掃除をしていた。なぜ掃除をしているのか聞いてみると、御影堂の御講には「御前様(ごぜんさま)がいらっしゃるから」ということであった。御前様とは、法主のことである。

御影堂1

 

御影堂前の参道の両サイドに、信者が整列して法主の出仕を待つ中、どこからか出仕鐘やら出仕太鼓やらが、聞こえてきた。すると、表塔中の参道のほうから、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、所化小僧、塔中坊の住職たちを従えて、静々と御影堂に向かって歩いてきた。信者は全員が頭を下げて合掌。無言の法主の行列が、全員、表玄関口から御影堂の中へ入って行った。私も中へ入ってみようかな、とも思ったが、外で様子を見てみることにした。

大石寺の御講は、末寺で行われている御講とは、ずいぶん違うところがある。

大石寺御影堂での御講は、阿部日顕法主が、須弥壇の前に並べられた膳のご飯や料理に箸を立てたり横にしたりする「献膳」を行うが、御影堂の中で座っていた信者は、唱題せず、黙って頭を垂れて、合掌。末寺の御講では、信者の唱題の声が和す中で、住職が献膳をする。

献膳のあと、阿部日顕法主の大導師で読経がはじまったが、読経も末寺の御講とは違いがある。末寺では、「方便品」「寿量品」の読経を行って、唱題に入るのだが、御影堂の御講は、「方便品」「寿量品」の読経のあと、「寿量品」の「自我偈」の読経を二回か三回、繰り返して読む。

読経のあと、御影堂のほうは、唱題はせずに、ゆっくり「南無妙法蓮華経」を唱える「引き題目」を五回ぐらい唱えて終了。これも末寺の御講では、太鼓の音とともに唱題するのとは違っている。

さらに、読経・唱題のあと、末寺の御講では、住職の説法が行われるが、御影堂の御講のほうは、読経・引き題目のあとは、法要は終了になってしまって、法主の説法などは一切なし。

御講が終了したら、阿部日顕法主を先頭に、所化小僧、塔中坊の住職たちの行列が、御影堂から表塔中の参道を下って行った。

阿部日顕法主が御影堂の正面玄関口から出ようとするとき、一人の所化小僧が、懐から草履を出して、御影堂の玄関口に置いたのを私は見た。すると、御影堂から出てきた阿部日顕法主が、その草履をはいて、行った。

んー、これは、まだ織田信長に仕えていたころの、木下藤吉郎(豊臣秀吉)の草履とりの逸話そのものである。

法主と所化小僧の関係は、織田信長と木下藤吉郎の関係のようなものなのか??法主と所化小僧の関係、法主と信者の関係が、あたかも封建専制君主と下人の関係によく似ていると思っていた私から見て、これはあまりいい光景には見えなかった。

御影堂4 

続きを読む

日蓮正宗の黒い疑惑4・1985年「大石寺銃撃事件」自作自演説を追う2

そういう今とは全く違う大石寺情勢を踏まえた上で、宗創和合時代の1985年「大石寺五之坊銃撃事件」を読むべきである。

さて、この銃撃事件の勃発により、静岡県警は機動隊70名を大石寺に動員し、46日と7日、大石寺の霊宝虫払い大法会の時は、右翼団体「太勢会」の街宣車は、大石寺周辺には全く近づくことができなかった。

これだけなら、通常の事件として片付けられてしまったところなのかもしれないが、あの当時、大石寺や創価学会を盛んに批判していた檀徒新聞「継命」に、事情通のコメントが載った。これが波紋を広げたのである。その事情通のコメントとは、下記のものである。

 

「あれは狂言だね。というのも、現在、大石寺には『太勢会』と称する右翼団体が連日おしかけ、池田大作の批判を行っているんだが、創価学会としてはこれを、御虫払い(霊宝虫払い大法会)に、(参詣に)来る池田に聞かせたくなかった。そこで、富士宮署(富士宮警察署)に警備の強化を申し入れたが、どうも乗り気じゃなかったというんだ。そりゃそうだろう。警備を強化する名目がないんだもの。そこで一芝居うって、名目を作ったというわけだよ。

彼ら(創価学会)は、警察さえ動けばいいんだから。新聞沙汰にする気は毛頭もっていなかったんだ」(某事情通)

大石寺銃撃事件1

 

話しに出てくる「狂言」とは、「人をだますために仕組んだ作り事」という意味で、いうなれば自作自演ということである。

この事情通の話の内容が、何らかの証拠を伴ったものではないので、額面通りにとるわけにはいかない。しかし、事件の経過を見ると、静岡県警による事件の正式発表がなかったこと。

新聞各紙が報道したのは、6日朝刊ではなく、1日遅れの7日朝刊だったこと。

散弾が撃ち込まれたにしては、実弾が発見されなかったこと。事件が容疑者不詳のまま迷宮入りしたこと。など、不審点が多い上に、この事情通が指摘するとおり、静岡県警が大石寺周辺に機動隊を投入して警備を厳重にした結果、右翼団体『太勢会』の街宣車は、霊宝虫払い大法会の間は、全く大石寺に近づけず、大石寺と創価学会が有利な結果に終わった。

 

さらに静岡一区の藪中義彦・公明党衆議院議員が、大石寺売店組合の役員に

「あと、23日すれば、(右翼の街宣も)静かになるよ」

と発言したことも伝えられ、「大石寺銃撃事件」は、大石寺・創価学会による自作自演説が、まことしやかに流されたのである。

この当時は、宗創和合時代のことであるから、創価学会の自作自演ということは、大石寺も完全にグルだったということに他ならない。

 

これが事実だとしたら、大変なことになる。

れっきとした宗教法人が、自分たちの都合のために、銃撃事件をでっち上げたとなれば、ただ事ではない。

 

しかしこれを完全に裏付ける証拠がなく、証人も現れなかったため、事件そのものが迷宮入りになっており、その疑惑も残されたままになっていることは、伝えておかねばならないだろう。

 

 

 

日蓮正宗の黒い疑惑3・1985年「大石寺銃撃事件」自作自演説を追う1

1985(昭和60)45日午後755分ころ、大石寺の「霊宝虫払い大法会」の前日、大石寺五之坊に「散弾銃」らしきものが打ち込まれ、五之坊の窓ガラス1枚に穴があいたという事件が発生。静岡県警が機動隊を動員して大石寺警備に当たるという、周囲が緊張する事件があった。

大石寺銃撃事件1

 

このように書くと、今の大石寺の境内を連想してしまいがちだが、当時の情勢は、今と全く違うので、少し解説をしておきたい。

まず「大石寺五之坊」という建物だが、これはかつて大石寺の総門と三門の間に建っていた同型の五棟の宿坊があり、それぞれ一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊と名付けられていた。

つまり今の総一坊、総二坊が建っている場所のこと。総一坊、総二坊が建てられる以前、ここには一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊という五棟の鉄筋コンクリート三階建ての宿坊が建っていた。五之坊というのは、その中のひとつである。

この五棟の総坊は、正本堂建立慶祝六百万総登山の一環として、当時の法華講総講頭・池田大作氏の寄進により建てられたもの。

これが、1990年の大石寺開創七百年記念事業として、全て取り壊され、総一坊、総二坊に建て替えられたのである。

 

二番目に、1985(昭和60)年といえば、もちろん1991年の宗創戦争開戦以前の「宗創和合路線時代」であり、日蓮正宗信者のトップである法華講総講頭は、池田大作。

大講頭は、秋谷栄之助、森田一哉、和泉覚、辻武寿、小泉隆の創価学会幹部と、法華講連合会委員長の阿部唯七郎。

宗創和合時代は、2月を除く月は、毎月2日から25日くらいまで、毎日、約1万人規模の創価学会員の大石寺への団体登山会と個人登山が行われていた。今の総一坊バスターミナルには、連日、満員の創価学会員を乗せた観光バスが賑々しく発着していたのである。

 

三番目に、あの当時の大石寺周辺には、右翼団体の街宣車をはじめ、日蓮正宗から破門された顕正会や正信会の街宣車が連日押しかけ、三門前や外周道路を低速で運転して、大石寺批判、創価学会批判、池田大作批判をがなり立てていた。

さらにその他に、正信会が公式に企画した「大石寺抗議登山会」という名目の抗議行動があり、こういう時は、大勢の正信会寺院住職・僧侶と正信会寺院所属の信者が大挙して大石寺周辺に押しかけ、デモ行進や野外集会、正本堂遙拝などを行っていた。

こういったようなことがあり、宗創和合時代というのは、大石寺周辺はかなり喧噪、騒然としており、緊張していた雰囲気があった。

今でも、大石寺奉安堂周辺には

「ここは大石寺の境内地であり礼拝所前です。この付近で、スピーカー等により騒音を発することは、礼拝の妨害となり、違法行為となりますので、固くお断りします。

大石寺」

と書かれた立て看板が立っているが、これは騒然としていた宗創和合時代に建てられたものである。

 大石寺・街宣禁止1

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ