□思わず写真と見間違えてしまうような見事な写実主義の風景画、人物画に深く感銘

 

先日、東京八重洲のブリヂストン美術館で、「都市の印象派、日本初の回顧展・カイユボット展」を見学・鑑賞してきました。

ブリヂストン美術館とは、公益財団法人石橋財団が運営する西洋美術、日本近代美術を中心とした私立美術館。ブリヂストンの創業者・石橋正二郎の収集した美術品を展示する美術館として、1952年、東京・京橋のブリヂストンビル内に開館したもの。

「カイユボット展を鑑賞」と書くと、「カイユボットって、何ですか」という人が大半ではないだろうか。カイユボットとは、ギュスターヴ・カイユボット(1848 1894)のことで、フランスの画家。印象派絵画の収集家。

ギュスターヴ・カイユボット(1848 - 1894)は、パリの裕福な実業家の家に生まれ、法律学校を卒業後、画家を志す。1873年にパリ国立美術学校に入学。1876年の第2回印象派展に出品し、以後、5回にわたって中心メンバーとして活躍。画家たちの意見調整をはかり、会場の手配や資金援助、友人たちの作品を購入することで経済的な支援を続ける。カイユボットが収集した良質の作品群が国家に遺贈され、今ではパリのオルセー美術館の重要なコレクションとなった。

平たく言えば、19世紀後半のフランスの画家。ブリヂストン美術館等のカイユボットの履歴には、「印象派」という言葉が登場する。印象派とは、19世紀後半のフランスに発した、絵画を中心とした芸術運動のこと。印象派の登場当初は、貴族や富豪らのパトロンを持たぬ画家の作品ということもあり、画壇での注目は低かったが、絵画市場や投機家によるもっぱら、経済絵画として扱われ始め、その後、世界の画壇を席捲するようになったもの。

私が、西洋の画家が描いた絵画で、最も感銘するのは、人物画、風景画を正確に描く絵画である写実主義である。西洋の写実主義の絵画を鑑賞すると、いつも感銘を深くします。「あれ。これは写真なのかな」と、思わず写真と見間違えてしまうような見事な風景画、人物画が、いわゆる写実主義の絵画。カイユボット展でも、写真と見間違えてしまう見事な風景画、人物画がズラリと並ぶ。

遠くから鑑賞していると「写真かな?」と思い、近づいて鑑賞してみると、コテコテの絵の具で描かれた、完全な絵画。「やっぱり絵だな」と思う。中年女性の人物画の白髪が、美術館の蛍光灯に照らされて、光っていて、本物の白髪のように見える。「あれえ」と思って、近づいてよく観察してみると、白色の絵の具に蛍光灯の光が反射しているだけ。「光の反射まで計算に入れて描いたのかな」と思ってしまった。「室内で読む女性」の絵を、少し離れて鑑賞すると、女性が手にする書類が、本物の紙の書類に見える。しかし近づいて見てみると、やはり絵の具で描かれた絵画。場内に展示されている絵画を、ひとつひとつ、くまなく鑑賞したが、まさに感銘の連続である。

過去にも国立西洋美術館や、他の美術館で、何度も見事な写実主義の絵画を鑑賞して、そのたびに感銘を深くした。「また鑑賞したいな」と思っていたところ、今回の「カイユボット展」がブリヂストン美術館であったので、足を運んだら、また感銘。やはり、来て良かったですねえ。

 

続きを読む