■「カルト宗教取締法」を制定し信教の自由を蹂躙・踏みにじるカルト宗教を規制せよPART5

 

□「日蓮正宗系」カルト教団が行う未成年者のカルト教育は「信教の自由」に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に共通するカルト体質のひとつに、まだ自由意志による選択、自由な判断ができない乳幼児、子供、小中学生、高校生を日蓮正宗寺院、創価学会会館、顕正会会館へ強制的に連れて行き、本人の意志も何も関係なく、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に無理やり入信させる、ということが数十年前から常態化している。これは「信教の自由」に対する重大な脅威・危険な体質である。

日蓮正宗の場合を見てみよう。日蓮正宗は「法灯相続」(ほっとうそうぞく)ということを日蓮正宗信徒に指導している。日蓮正宗の「法灯相続」とは、日蓮正宗の信仰を子供の代、孫の代、子々孫々の代まで伝承し、跡を継がせていけという意味である。これにより、法華講員夫婦は、まだ物心がつかない乳幼児、子供のうちに、日蓮正宗寺院へ連れて行って授戒させ、日蓮正宗に入信させてしまう。あるいは小学校入学前、あるいは小学校低学年といった、まだ大人のような自由意志で宗教が選択できない年齢のうちに、法華講員の親が強制的に子供を日蓮正宗寺院に連れて行き、子供の意志とは関係なく、それこそ有無を言わせず授戒させ、日蓮正宗の信徒にしてしまう。

それだけではない。有無を言わせず日蓮正宗に日蓮正宗に入信させられた子供は、御講、大石寺登山会、法華講支部総会、法華講支部座談会、唱題会、勤行会、少年部会、御会式、盂蘭盆会、彼岸会、七五三、等々、ありとあらゆる機会に日蓮正宗寺院に連れて行かれる。子供の意志も何もあったものではない。実質的な日蓮正宗寺院への強制連行である。そして小学校に入れば少年部、中学校に入れば中等部、高校に入れば高等部、大学に入ったら学生部、社会人になったら男子部、女子部に入らされる。こうして日蓮正宗の信仰生活一色に染まってしまう。そして大人になり、普通の判断能力がつくようになった年齢のころには、もはや後戻りができなくなってしまっている、完全な日蓮正宗のカルト信者になってしまっているというわけである。その人たちは、自分の意志によって日蓮正宗のカルト信者に育ったのではない。日蓮正宗のカルト信者である親の意思によって、有無を言わせず日蓮正宗のカルト信者にさせられた人。いわば工場で組み立てられた日蓮正宗のカルトロボットに等しい。

 

続きを読む