アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗僧侶・寺院住職の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(6)~日興の「白蓮阿闍梨」号に関する日蓮正宗僧侶・山口範道氏の詭弁を斬る

■検証6・百六箇抄が日蓮真筆・日興真蹟ではない無関係の偽書である証拠3

 

□日興の「白蓮阿闍梨」号に関する日蓮正宗僧侶・山口範道氏の詭弁を斬る

 

日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長山口範道氏が著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、日興がいつ日蓮から阿闍梨号を授与されたかについて、「百六箇抄」偽作を隠蔽する詭弁見解を発表している。山口範道氏は、こんなことを書いている。

--------------------------------------------

日興上人・日持・日朗は、大聖人から(阿闍梨号を)授与されているが、中でも日興上人は最も晩年に授与されている。…最も早い時期では、弘安三年正月十一日の百六箇抄で、その末文に「白蓮阿闍梨」の名が見えるが、同文の中に『就中六人の遺弟を定むる表事は、先々に沙汰するが如し』と書かれている。而るに六人の弟子を定めたのは弘安五年十月八日(御遷化記録中文)であるから、この百六箇抄は、それより以後ということではならないということになる。

ところが百六箇抄のこの「就中定六人」よりの下文は後加文であるというから、もともと百六箇抄に付いていなかったものとすれば、此の百六箇抄の系年は再検の余地がある。

今ひとつは、百六箇抄の下種の弘通戒壇実勝の本迹四十三条に「三箇の秘法建立の勝地は富士山云々」と、最勝の地を富士山と指定してされている。にもかかわらず、弘安五年四月八日の三大秘法抄に「最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か」と仰せられて、未だ富士山とは明示されていない。

百六箇抄の写本には系年のないものと、有るものとがあるが、この書を弘安三年一月に系けると、「就中定六人遺弟」の時期と、三大秘法抄の「最勝の地を尋ねて」の文に矛盾が出てくる。このような矛盾のある百六箇抄を弘安三年一月に系けるには疑点があると思う。

したがって百六箇抄は後加分を切り離し無年号として弘安五年十月八日以降に置くべきであろう。故に弘安三年一月に日興上人の阿闍梨号を初見とすることはできないので、この時期は問題外となる。

(山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p34)

------------------------------------------------

このように山口範道氏は、「百六箇抄」に載っている日興の「白蓮阿闍梨」号には、時期的な矛盾があることを認めている。

さらに山口範道氏は、日興の「白蓮阿闍梨」号の時期的な矛盾の他に、百六箇抄の下種の弘通戒壇実勝の本迹四十三条に、最勝の地を富士山と指定しているにもかかわらず、弘安五年四月八日の三大秘法抄に最勝の地を未だ富士山とは明示されていない矛盾があることも認めている。

ここまで山口範道氏は「百六箇抄」の矛盾を認め、実質的に「百六箇抄」が偽書であることを認めている、と言ってもいいくらいなのであるが、日蓮正宗の僧侶が「百六箇抄が偽書」とは公式には言えない。そこで山口範道氏が、百六箇抄が偽書であることを認めたくないが為に、しがみついているのが、大石寺59世堀日亨が「富士宗学要集」で述べている「後加分」である。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(9)~本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2

■検証9本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠4

 

本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2

 

「二箇相承」の解釈に完全に行き詰まった山口範道氏が、著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、こんなことを書いている。

--------------------------------------------

(日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏の妄説)

一つの事跡に対して数通の異説古文献があって、その中より一つの事実を証拠立てようとする場合、その原本の形状を留める文献が一通しかない場合は立証価値が弱く、証拠文献が二通あるものは立証が強くなるものであると考える。

この二箇相承の場合、重須(北山本門寺)の伝承本と大石寺の伝承本(或いは正本か)と、他の反系に流れていた伝承本との三系統があったものと推測されるのである。

これを証明するに足りる理由は、次の文献より窺えるのである。

すなわち、真蹟か写本かの区別はわからないが、大石寺と重須と小泉に、それぞれ伝承本が一本ずつあったということは、会津実成寺の宝物記録に左の如き日辰の記がある。

「血脈相承三幅 二幅は裏に『弘治二(1556)丙辰年七月七日 日優宗純寂円幸次等於駿州富士郡重須本門寺令拝見之畢今欲趣泉州故記之干時永禄三庚申八月十三日 又永禄二巳未年正月十二日奉拝見之日辰』と書し。一幅には

『永禄二巳未年正月十八日於小泉久遠寺書之重須日出上人寺僧本行坊日輝丹後讃岐民部卿京主日玉等熟披見此書写者也。此外大石寺有一紙御付嘱状是廣格異耳 要法寺日辰』と書す。共に華押あり(新編会津風土記巻之15-216)

右記によれば、大石寺と重須と小泉に伝承本があったことを日辰は証明していると云えるのである。其の他にもう一つの伝承系があったということは、日教と越後本成寺日現は両相承書の配列次第と日付は同じであるが、日教と日現のものは先掲の如く文字の異同が余りにも多い。

これだけの僅か八十字位の短文の二紙の中でそれぞれ十二ヶ処も異なっているということは、日教と日現は同一系統の伝承本を見て書写したのではなく、全く別系統であると考えられるのである。小泉のは転写本もないのでここで取り上げられないが、日廣・日耀(日辰本)は共に同一の重須にあったものを書写したのであるから、重須系であり、日教は大石寺系であり、日現は反系伝承で別系である。したがって両相承書は、大石寺系()と重須要山系()と反系の三系統となるが、日付の系統から分けると二系統となるのである。…

御正本は大石寺創立当時には現存し、これが上代から日有上人の頃の書き物の中に引用され、それがたまたまの日教の書き物の中に、その原文が写されて残ったのであろうということが考えられる。

…重須本のことであるが、日廣や日耀が写したものや、駿府城に奉持したという重須の伝承本は正本ではなくて、花押まで模写したところの古写本であったのではと思うのである。

(山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p4043)

------------------------------------------------

二箇相承3 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(8)~本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る

■検証8本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠3

 

本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る

 

「二箇相承」の矛盾に対する堀日亨や松本佐一郎の言い訳は、愚にも付かない言い訳であるが、そういう中で、日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長山口範道氏が著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、面白い見解を発表している。

日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏は、こんなことを書いている。

--------------------------------------------

(日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏の妄説)

古来このように両書(身延相承と池上相承の二書。二箇相承のこと)に二通りの伝承経路があるので、本論は仮に両系(正系と傍系)考察という題名を以て論考するものである。

結論的に云って、伝承の日付に異なりがあるということは、何れかが何時の時代かにおいて間違ったのであるということであって、御正本は二種類あったというものではない。

したがって、この日付の異なりは、後世における大聖人の法義の食い違いから起こったものか、或いは書写の誤りから生じたものか、或いは故意的に間違えたものかということである。

 (山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p34)

------------------------------------------------

山口範道氏は、日付等の記載が異なる複数の「二箇相承」の写本が存在することについて

「後世における大聖人の法義の食い違いから起こったものか、或いは書写の誤りから生じたものか、或いは故意的に間違えたものか」

などと、煙に巻いたことを言いつつ、

「御正本は二種類あったというものではない」

などと強弁する。しかしこれほど強気に記載が異なる複数の「二箇相承」の写本が存在することについて強弁しようとする山口範道氏が「二箇相承」の伝承の経緯について、ごまかしがある。

それは、1480(文明12) の本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」の中で「二箇相承」の全文を引用していることについて、これを本是院日叶(左京阿闍梨日教)の直記とせずに

「聖滅266(1547)天文16年、要山日在、富士立義記(日叶作)を添削前後補接百五十箇条として編録二箇相承全文引用」(山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p36)

として、1547(天文16)に京都要法寺12祖貫首・日在が「添削前後補接」したものであるとしている。これは、「富士宗学要集」2巻に収録されている「百五十箇条」の末文に

「編者曰く要山本の奥書に云く

時に天文十六年丁未八月十日書写し畢りぬ。住本寺本是院日叶所談なり、十二代日在在判」

(堀日亨編纂『富士宗学要集』2p246)

とあることを根拠にしているものと思われる。

二箇相承3 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(47)~「日興跡条条事」の内容の矛盾を指摘していた要法寺13祖貫首・広蔵院日辰

■検証47・「日興跡条条事」の内容の矛盾を指摘していた要法寺13祖貫首・広蔵院日辰

 

□日興跡条条事の矛盾に気づきながら「偽書だ」とは言えなかった要法寺13祖広蔵院日辰

 

「日興跡条条事」の末文である「十七の才日蓮聖人の所甲州身延山に詣り御在生七年の間常随給仕し、御遷化の後、弘安八年より元徳二年に至る五十年の間…」の文が、間違いだらけであることは、「日興跡条条事」の文を少しでも検証したことが有る人なら、容易に気がつくことである。

20世紀に入っても、いろいろな人が「日興跡条条事」の内容の矛盾を指摘しており、有名なところでは美濃周人氏の著書「虚構の大教団」でも、この指摘が見られる。

ただしこれも言っておかねばならないことだが、「日興跡条条事」の内容の矛盾をはじめて指摘したのは、20世紀に入ってからではなく、ましてや美濃周人氏の著書「虚構の大教団」が最初でもない。では一体、誰が最初に指摘したことなのか。

「日興跡条条事」の内容の矛盾点については、何と戦国時代の頃から指摘されていたことなのである。その戦国時代に「日興跡条条事」の内容の矛盾を指摘した人物とは、日尊門流の本山である京都・要法寺第13祖貫首・広蔵院日辰である。日辰は、1560(永禄3)11月に書いた自らの著書「祖師伝」の中で、次のように書いている。

「建治二丙子年十七才、身延山に登り蓮祖に値ひ奉り弘安五壬午年十月に至るまで合して七年の給仕なり。弘安八乙酉年より元徳二己巳年に至るまで合して四十六年なり。然るを日興五十年と書き玉ふことは蓋し大数に約するか。元徳四年は即合して四十八年なり。元徳四壬申年は即正慶元壬申年なり」

(広蔵院日辰の著書『祖師伝』/日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』5p3132)

 

広蔵院日辰はこの中で「弘安八年より元徳二年の間は、50年ではなく46年である。元徳四年でも48年である」と指摘し、「弘安八年より元徳二年」の46年を日興が50年と書いたのは、「大数に約するか」と言っている。

「大数」とは、「古語辞典」によれば「おおよその数。概算。あらまし」と載っている。

つまり「弘安八年より元徳二年」の46年を日興が50年と書いたのは、おおよその概算で書いた、と日辰が言っているというわけである。

しかしこの日辰の言い訳はおかしい。弘安八年より元徳二年の間が数百年も数千年もあいているというのなら、おおよその概算で年数を書くということもあり得るだろう。数百年どころか、弘安八年より元徳二年の間46年である。どうしておおよその概算で書かなくてはならない理由があろうか。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(8)~3人連署の『誡めの状』は後世の偽作で『日興跡条条事』真書の証明ではない

■検証83人連署の『誡めの状』は後世の偽作で『日興跡条条事』真書の証明ではない

 

□日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の論説は「日興跡条条事」真書を言いたいが為の悪質なこじつけ

 

1281(弘安4)12月に日目が日興の代理で上洛したとする園城寺申状なる文書は、全くの後世の偽作であり、ニセ文書である。1281(弘安4)12月に日目は京都に上洛などしていないのである。したがって、「弘安五年の御下文、日目に之を授与する」との文面がある「日興跡条条事」は偽作文書である。

しかし「日興跡条条事」を何としても日興真筆の文書にしたい日蓮正宗は、ありとあらゆるものを、こじつけて、無理矢理にでも、真書に仕立て上げようとするのである。下記の高橋粛道氏の妄説は、その一例である。

-------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の妄説)

歴史を知らない者が何人悪口を言ったとしても事実は変わらない。『御下文』を守護すべく、日善、日仙、日目上人の連署の『誡めの状』の三通のうち、正本二通が大石寺に厳存している。

(高橋粛道氏の論文・「美濃周人氏の『日興跡条条事』の考察に対して」)

--------------------------------------------------------

日善、日仙、日目の連署の『誡めの状』というのは、「日蓮聖人の御影並びに御下文園城寺申状」と題する文書で次のような文面になっている。

「日興上人御遺跡の事

日蓮聖人の御影並びに御下文園城寺申状

上野六人老僧の方巡に守護し奉るべし。但し本門寺建立の時は本堂に納め奉るべし。此の条・日興上人の仰せに依って支配し奉る事・此の如し。此の旨に背き異議を成し失たらん輩は永く大謗法たるべきなり。誡めの状件の如し。

正慶二年癸酉二月十三日  日善在判、日仙在判、日目在判」

(『富士宗学要集』8p18/日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p222223)

 

日蓮正宗は、これを「日興跡条条事」が真筆である証明であるかのように言うが、この日善、日仙、日目の連署の『誡めの状』なるものも後世の偽作である。

「上野六人老僧の方巡に守護し奉るべし」と書いてあるが、日興の本六僧は、日興が死去した1333(正慶2)年の段階で、日目、日仙の二人しか生き残っていなかった。したがって日興が死去の直前に、二人しか生き残っていない本六僧に「上野六人老僧の方巡に守護し奉るべし」などと誡めるはずがない。

日興跡条条事2

(昭和55年4月9日付け聖教新聞に載っている『日興跡条条事』)

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ