アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『日興正墓』は大石寺ではなく日蓮宗大本山・北山本門寺にある

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(52)~大石寺興師会で日興墓参がないのは大石寺に日興正墓がないことを日蓮正宗が認めている証拠

■検証52・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない4

 

□大石寺参拝の日蓮正宗信徒がほとんど参詣していない毎年27日の大石寺「興師会」

 

27日は、大石寺開山(開祖)・二祖日興の祥月命日に当たり、毎年26日午後4時から大石寺客殿で「興師会」(こうしえ)御逮夜法要が、27日午前230分から大石寺法主の大導師のもと、大石寺塔中坊全住職が出仕して客殿で丑虎勤行、午前7時からは大石寺客殿で御正当法要が、大石寺法主(日蓮正宗管長)の大導師で営まれる。

日興というのは、日蓮の六老僧の第三位の高僧で、日蓮正宗では、日蓮から血脈相承を受けた「第二祖」であるなどと称している。(日蓮の血脈相承なるものは、大石寺9世日有の偽作)。日蓮から歴代大石寺法主に相承されてきたとする「血脈相承」なるものは偽作であるが、日興が大石寺を創建した「開山」「開祖」であることは史実である。そういう大石寺の「開祖」「開山上人」の祥月命日の法要だから、さぞや全国各地の法華講員が大石寺に参詣して盛大な法要が営まれるのだろうな、と思いきや、それが全くの逆。大石寺の「興師会」に参詣したのは、大石寺塔中坊の住職、在勤教師、在勤所化僧、3人の大石寺総代、大石寺近隣の日蓮正宗信徒。あとは、わずかに当日、「添書登山」で大石寺に参詣した法華講員。法華講連合会の大規模な団体登山会は行われていない。大石寺客殿で営まれる「興師会」を報道する日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の写真を見れば明らかであるが、あの広い1,100畳敷の大石寺客殿に、参詣信徒はわずかしかいないことがわかる。2016年も2017年も「添書登山」が行われているのに、登山信徒もほとんど参詣していない様子。26日は、大石寺塔中坊に宿泊する「一泊登山」の信徒がいるはずなのに、参詣は皆無。午後4時だと、まだ大石寺に着山していないのだろうか。否、26日の「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けて、その日に大石寺塔中坊に宿泊する信徒もいるのだから、参詣信徒が皆無というのは、どう見ても摩訶不思議である。27日午前7時の「興師会」御正当法要に、「一泊登山」信徒が参詣していないのは、摩訶不思議と言う以外にない。宿泊している大石寺塔中坊で、まだ寝ているのだろうか。それとも塔中坊で勤行をしているのか(???)。しかし勤行といっても、塔中坊の住職は、全員、客殿の「興師会」に出仕しているので、塔中坊に住職は不在である。住職不在の塔中坊本堂で勤行しているのか(???)。部外者から見ても、実に摩訶不思議である。

同じく日興が開創し、日興を「開山上人」「開祖」と崇めている富士門流八本山のひとつ、北山本門寺は、毎年27日は「日興上人会」を営んでいるし、同じく富士門流八本山のひとつ、京都要法寺は、京都要法寺の礎になった上行院を開創した「開山上人」日尊祥月命日法要の御逮夜法要を57日に、御正当法要を58日に、墓参を59日に営む。団体参拝も行われている。

こういったことを考え合わせても、27日の大石寺「興師会」に法華講の団体登山会が行われていないのも、「興師会」の御逮夜・御正当法要に、登山信徒の参詣が皆無というのも、摩訶不思議と言う以外にない。日蓮正宗の信徒(法華講員)は、大石寺を創建した「開山」「開祖」である日興の祥月命日の「興師会」は、「どうでもいい」と考えているとしか思えない。

 

3大日蓮)
 

(平成293月号「大日蓮」に載っている大石寺「興師会」の報道記事)

 

2017御開扉日程
 

(毎年、「大日蓮」誌で発表される「戒壇の大本尊」の「御開扉」日程)

 

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(41)~1982(昭和57)年・日興六百五十遠忌大法要で日興「墓参」を宣伝する大石寺の欺瞞を斬る

■検証41・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない3

 

1982(昭和57)年・日興六百五十遠忌大法要で日興「墓参」を宣伝する大石寺の欺瞞を斬る

 

日蓮正宗大石寺には、日興の遺骨はなく、現在も「日興の墓」「日興の正墓」は存在していない。

ところが日蓮正宗は、大石寺墓苑にある日蓮・日興・日目の「三師塔」を「日蓮の正墓」「日興の墓」だと言って、日蓮正宗の信者を欺瞞している証拠がある。それは、まだ日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の昭和57(1982)3月に大石寺で行われた「日興六百五十遠忌慶讃大法要」で、日興の墓参が行われたことを報道する昭和57(1982)39日付け聖教新聞である。さてその聖教新聞には、こんなことが書いてある。

「御法主上人猊下は大石寺墓苑に御出仕され、三師大塔で御廟参の儀が執り行われた。

これには藤本栄道総監、早瀬日慈重役、太田慈晁宗会議長をはじめとする各御僧侶方が列席。また名誉総講頭の池田名誉会長、大講頭の森田理事長、和泉・辻副会長、阿部唯七郎法華講連合会委員長、並びに学会、法華講の代表が参列した。

御廟参は、御法主上人の大導師のもと、まず中央大塔で読経・唱題が厳粛に進められ、列席の御僧侶方、居士衣を着した名誉会長ら参列者が相次いで焼香。ひきつづき、西大塔、東大塔で御墓参の儀が執り行われ、報恩感謝申し上げた。」

(昭和56(1981)1017日付け聖教新聞)

この記事の見出しは

「厳かに御廟参の儀」

となっていて、墓参ではなく「廟参」となっているが、記事の中を読むと「御廟参」と「御墓参」の語句が入り交じっている。「廟」とは、辞書によれば

「(宗教施設) 死者を祀る宗教施設。特に各親族集団において祖先を祀るものをいう(仏壇など)。霊廟。祖廟。」(Feペディア)

「1 祖先・先人の霊を祭る建物。おたまや。「香椎(かしい)―」「レーニン―」2 神社。社(やしろ)。祠(ほこら)。3 王宮の正殿。東西に庇(ひさし)のある建物で、政治を行う所」

(大辞泉国語辞書の検索結果)

となっていて、「廟参だから、墓参ではない」という言い訳が、一見成り立つように見えなくもない。しかしこれは、大石寺の悪質なごまかしと欺瞞のからくりがあるのである。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(40)~北山本門寺で遷化し北山本門寺で葬儀が行われ北山本門寺で荼毘に付されて葬られた日興

■検証40・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない2

 

□北山本門寺で遷化し北山本門寺で葬儀が行われ北山本門寺で荼毘に付されて葬られた日興

 

大石寺開山・二祖日興は、晩年は北山本門寺に住しており、その北山本門寺で遷化し、北山本門寺で葬儀が行われ、北山本門寺で荼毘に付され、北山本門寺に葬られ、墓所が築かれた。よって日興の正墓・遺骨は北山本門寺にあるのであり、大石寺にはない。その証拠となる正文書「日興上人御遷化次第」が日蓮宗宗学全書第二巻興尊全集興門集p270に載っていて、大石寺59世堀日亨が、著書「富士日興上人詳伝」に全文を引用している。その冒頭には

「正慶二年癸酉二月七日丑の刻 駿河国富士山麓重須の郷に於いて日興上人御年八十八爾御遷化 同八日酉時入棺 同戌時御葬葬送次第」

(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」下p274275)

この「日興上人御遷化次第」について、大石寺59世堀日亨は

「開山上人(日興)の御遷化記録は、この分よりほかにはない。記名はなけれども、宰相阿闍梨日郷の自筆に相違ないことは房山(保田妙本寺)正本にて認められる」

(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」下p280)

と書いて、日郷自筆の正本であることを認めている。であれば、「日興上人御遷化次第」は日興の正墓は北山本門寺にある証拠になり、大石寺の「日興墓」はニセモノである証拠ということになる。

ということは、「日興上人御遷化次第」という文書は、日興葬送の記録を記した、大石寺にとって貴重な古文書であるはずなのに、大石寺の「日興墓」はニセモノであることを暴く、大石寺にとってまことに不都合な文書でもある。そういう理由からか、大石寺59世堀日亨は自らが編纂した「富士宗学要集」全10巻の中に、「日興上人御遷化次第」を収録していない。大石寺「戒壇の大本尊」なる板本尊が大石寺9世日有の偽作である証拠文書である「新池抄聞書」、大石寺の「日興墓」はニセモノであることを暴く「日興上人御遷化次第」といった、大石寺にとって不都合な古文書を、堀日亨は「富士宗学要集」全10巻の中に収録していない。ところがさすがに大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」には、「日興上人御遷化次第」を載せざるを得なくなった堀日亨は、日興の「薪尽火滅の入寂」の項で、こんな言い訳がましいことを書いている。

「一閻浮提法華本門弘通の大導師の御涅槃は、安祥にして式の行事もまた日目上人によって厳粛に行わる。以来六百二十年、再々示現して利導衆生し、広宣流布の軌道を進行せらるべし。現本山法主六十余世のなかのいくばかさの応現ならずとせんや。われら凡眼にして、たしかに知ること能わざるをうらむのみ。嗚呼、代々の貫首即日蓮日興の尊語をいかにせんや」

(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」下p274)

大石寺の「日興墓」はニセモノであることを暴く「日興上人御遷化次第」を「富士日興上人詳伝」に載せざるを得なくなった堀日亨の言い訳と言えよう。

日興遷化次第1


日興遷化次第2


日興遷化次第3


日興遷化次第4
 

(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」)

59世日亨2
 

(大石寺59世堀日亨)

 

 

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(39)~大石寺・本門寺の開山・二祖日興の正墓は日蓮宗・北山本門寺(重須本門寺)にある

■検証39・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない1

 

大石寺・本門寺の開山・二祖日興の正墓は日蓮宗・北山本門寺(重須本門寺)にある1

 

日蓮正宗大石寺には、「日蓮の遺骨」も「日蓮の墓」も存在していない。同じように、大石寺には「日興の遺骨」「日興の墓」「日目の遺骨」「日目の墓」「熱原三烈士の遺骨」「熱原三烈士の墓」も全く存在していない。大石寺に「ある」と自称しているものは、全てニセモノである。

ではまず大石寺開山・二祖日興の墓はどこにあるのかというと、大石寺ではなく、正式名「法華本門寺根源」という寺院にある。「法華本門寺根源」というと、「何のことですか」と首をかしげる方がいるが、法華本門寺根源とは、通称名を「北山本門寺」といい、こちらの名前のほうが一般に知られている。正式名は、「日蓮宗大本山・富士山法華本門寺根源」と言う。この寺院の住所が、静岡県富士宮市北山4965にあるので、通称、北山本門寺と呼ばれていると言うことである。あるいは、このあたり一帯をかつて重須と呼んでいたことから「重須本門寺」という通称名もある。この北山本門寺という寺は、あの日蓮正宗・大石寺から東へ約2キロほど離れた地にあり、大石寺と同じ日興が開祖になっている富士門流八本山のうちのひとつ。今は、日蓮宗大本山に数えられています。なぜここが日蓮宗大本山になっているかというと、1941(昭和16)3月の日蓮宗、顕本法華宗、本門宗の三派合同で日蓮宗に合同したまま、日蓮宗にとどまっているので、そうなっているもの。元は、北山本門寺は、本門宗総本山だったとこころで、ここ北山本門寺に、本門宗宗務院が置かれていた。本門宗とは、日興門流が1876年(明治9年)に結成し、 1941年の日蓮宗、顕本法華宗との三派合同によって発展解消した、日蓮系の宗派。1876年(明治9年) 富士門流に所属する8本山(富士大石寺、北山本門寺、西山本門寺、小泉久遠寺、富士妙蓮寺、伊豆実成寺、保田妙本寺、京都要法寺)とその末寺により、日蓮宗興門派として発足。 1899年(明治33年)本門宗と改称したもの。 この中には、今の日蓮正宗である富士大石寺、妙蓮寺および末寺が入っていた。

1900年(明治34年)大石寺とその末寺が離脱し、日蓮宗富士派として独立、1912年(明治45)には日蓮正宗と改称。1941年(昭和16年)、本門宗は勝劣派の顕本法華宗、一致派の日蓮宗とともに三派合同を行い、勝劣派、一致派の諸門流の本山末寺からなる日蓮宗に発展解消した。

ではなぜ、この北山本門寺が、本門宗総本山で、本門宗宗務院が置かれていたのか、というと、ここに日興門流の開祖・日興の正墓がある、ということが、何と言っても決め手であろう。現在の北山本門寺は、公式に「日興・日頂二上足御正廟」と銘打っており、日興の正墓は「日興上人御正廟」ないしは「日興上人御正所」と称しており、公式サイトでも「日興上人は元弘三年(1333)二月七日、当山に於いて遷化。翌八日荼毘に付され、当地に御正廟が建立されました。」と発表しています。

http://park16.wakwak.com/~honmonji/

日興は、元弘3年(133327日、北山本門寺で入滅し、北山本門寺で荼毘に付され、葬送の儀が行われ、北山本門寺に葬られて、正墓が建てられている。これは古文書にも明らかな史実である。したがって、日興の正墓がある所は、北山本門寺なのであって、大石寺ではない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ