アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『日目正墓』は京都要法寺末寺・京都鳥辺山實報寺にある

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(51)~毎年12月15日の下之坊御会式で日目「墓参」をしたと宣伝する大石寺の欺瞞を斬る

■検証51・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない10

 

□日蓮正宗は毎年1215日の下之坊御会式で日目「墓参」と称する儀式を即刻中止せよ

 

日蓮正宗では毎年1215日に、大石寺法主が静岡県富士宮市の大石寺の南約2キロぐらいの所にある下之坊という名前の寺院に下向し、下之坊の御会式とともに、大石寺三祖日目の「墓参」と称する儀式を行っている。20161215日も、大石寺68世早瀬日如法主が下之坊に下向し、日蓮正宗の大勢の僧侶が出仕。さらに全国各地の日蓮正宗信徒が参詣して盛大に、下之坊御会式と大石寺三祖日目の「墓参」が行われたことが、平成292月号「大日蓮」に載っている。

「アンチ日蓮正宗」では、当シリーズにおいて、大石寺三祖日目の正墓は大石寺・下之坊になく、日蓮本宗本山・京都要法寺の末寺・鳥辺山實報寺にある、と再三にわたって指摘してきている。

大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p6971に収録されている、京都・東山の延年寺墓地に葬られた日目の墓地を、富士門流が延年寺から墓地を四度にわたって買い取って、墓域を拡張した四通の文書(堀日亨は売券と呼んでいる)によって、日目が京都・鳥辺山の延年寺墓地に葬られたことは明らかである。この古文書を堀日亨は正文書と認めており、さらに上代の法主である大石寺17世日精も、「家中抄」で、日目は京都・東山・鳥辺野に葬られたと書いている。つまり日蓮正宗大石寺の上代の法主が、大石寺三祖日目は京都・鳥辺山に葬られたと認めているのである。大石寺・下之坊にある日蓮正宗が「日目上人の墓」と自称するものはニセ墓である。

ところが日蓮正宗では、毎年毎年1215日に大石寺三祖日目の「墓参」と称する儀式を行い、さらに1982(昭和57)1215日には、日目第六百五十回遠忌を大石寺で行い、日目の「廟参」を行ったと宣伝している。

これらはいずれも大石寺や下之坊に、大石寺三祖日目の墓があるのだ、というウソを、日蓮正宗の信徒に信じ込ませるための、パフォーマンスであろうと思われる。大石寺三祖日目の正墓は大石寺・下之坊になく、日蓮本宗本山・京都要法寺の末寺・鳥辺山實報寺にあるのだから、日蓮正宗は毎年1215日の下之坊御会式で日目「墓参」と称する儀式を即刻中止すべきである。

日蓮正宗は、大石寺三祖日目「墓参」と称する儀式を行いたいのなら、日蓮本宗本山・京都要法寺の末寺・鳥辺山實報寺で行うべきである。

 

下之坊・日目墓参1
 

(平成292月号「大日蓮」に載っている大石寺三祖日目の「墓参」と称する儀式)

 

下之坊御会式1


下之坊御会式2
 

(平成292月号「大日蓮」に載っている下之坊の御会式)

 

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(50)~日目六百五十遠忌大法要で日目「墓参」をしたと宣伝する大石寺の欺瞞を斬る

■検証50・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない9

 

日目六百五十遠忌大法要で日目「墓参」をしたと宣伝する大石寺の欺瞞を斬る

 

日蓮正宗大石寺には、日目の遺骨はなく、現在も「日目の墓」「日目の正墓」は存在していない。

ところが日蓮正宗は、大石寺墓苑にある日蓮・日興・日目の「三師塔」を「日蓮の正墓」「日興の墓」「日目の墓」だと言って、日蓮正宗の信者を欺瞞している証拠がある。それは、まだ日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の昭和57(1982)12月に大石寺で行われた「日目六百五十遠忌慶讃大法要」で、日目の墓参が行われたことを報道する昭和57(1982)1217日付け聖教新聞である。さてその聖教新聞には、こんなことが書いてある。

「総本山大石寺で繰り広げられていた第三祖日目上人第六百五十回遠忌大法会は最終日の十六日、午前二時半から勤行衆会、また午前十時半からは御廟(ごびょう)参の儀がそれぞれ御法主日顕上人猊下の大導師のもと厳修された。」

「御法主上人猊下御出仕のもと、大石寺墓苑の三師大塔で御廟参の儀が執り行われた。これには藤本栄道総監、早瀬日慈重役、太田慈晁宗会議長をはじめとする各御僧侶方が列席。また名誉総講頭の池田名誉会長、大講頭の秋谷会長、森田理事長、和泉・辻副会長、小泉隆参事会議長、阿部唯七郎法華講連合会委員長、並びに学会、法華講の代表が参列した。

御廟参の儀では、御法主上人の大導師のもと、まず中央大塔で読経・唱題と進められ、列席の御僧侶方、居士衣を着した名誉会長ら参列者が相次いで焼香を行い、第三祖日目上人の御高徳を偲びつつ御報恩申し上げた。ひきつづいて、西大塔、東大塔でそれぞれ御廟参の儀が厳粛に修されたあと、大村寿顕教学部長から参列者の懇ろな焼香に対する丁重な謝辞があった。」

(昭和57(1981)1217日付け聖教新聞)

日目650遠忌1


日目650遠忌2
 

(大石寺「日目墓参」を報じる昭和571217日付け聖教新聞)

日目650遠忌3


日目650遠忌4
 

(大石寺67世日顕と居士衣を着た池田大作の焼香を報じる昭和571217日付け聖教新聞)

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(49)~大石寺・下之坊にある日蓮正宗が「日目上人の墓」と自称するものはニセ墓である

■検証49・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない8

 

□大石寺・下之坊にある日蓮正宗が「日目上人の墓」と自称するものはニセ墓である

 

下之坊とは、大石寺、下条妙蓮寺の南方にある日蓮正宗の寺院で、ここは身延離山した日興が、最初にここに住み、それがそのまま寺院になったもので、大石寺が落成すると、日興はここから、大石寺に移った。これにより、大石寺を「上之御坊」と言うのに対して、ここが「下之御坊」と呼ばれるようになったのが最初と言われている。ここ下之坊のお会式は、日目の月遅れの祥月命日である1215日に、大石寺から法主が下向して、法主の大導師により営まれる。なぜ月遅れの祥月命日にお会式なのか、というと、どうやらここに、日目の正墓と自称している墓がここにあることに由来しているようである。1984(昭和59)3月に発行された小冊子「大石寺案内」の44ページには、「当坊には日目上人の御墓があり」と書かれており、45ページには、その日目の正墓と称している墓の写真が掲載されている。

下之坊・日目偽墓
 

(小冊子「大石寺案内」の44ページに載っている日目のニセ墓)

下之坊お会式3


下之坊お会式1
 

(下之坊のお会式)

大石寺案内1
 

(小冊子「大石寺案内」)

この自称「日目の正墓」は、下之坊の墓苑の中にある。しかし、これは、相当に怪しいものである。

日蓮正宗では、1333(正慶2)1115日、京都天奏上洛の旅の途上にあった日目が、美濃国(岐阜県)垂井で死去し、日目に随侍していた日尊、日郷の二人は、京都に上洛・天奏したのち、日郷が大石寺に帰り、日目の遺骨を下之坊に埋骨したという説を採っている。ところが、「大石寺案内」には、「日目の正墓」なるものの写真まで掲載されているのに、いつの間にやら、今では「日目の正墓は大石寺にある」などということになっている。一体、いつ、日目の遺骨を下之坊から大石寺に移したのか。そんなことをした日蓮正宗の公式発表は、今まで一切なかった。気がついたら、日蓮正宗の公式発表は、いつの間にやら、日目の正墓の場所が、下之坊から大石寺に変わっていたのである。又、富士門流の別の文献の説によると、日目の遺骨は、日尊、日郷が京都に上洛したときに、京都・鳥辺野の延年寺に葬られたのだという。しかし、現在は、京都・延年寺の場所はわからなくなっている。ただし、京都には鳥辺野墓園・鳥辺山墓地というのは現存している。

ただし、昔の鳥辺山というのは、今の祇園・円山公園から東山五条一帯全域を指していたが、今は範囲が狭まり、東山五条の五条坂から大谷本廟・実報寺・通妙寺・本寿寺などを含む小高い丘のことを指して「鳥辺山」というのだという。ここに、鳥辺野墓地というのがある。この日目・鳥辺山正墓説からすると、下之坊の正墓なるものは、ニセ物ということになる。なお、下之坊の「日目の正墓」の写真は、1991(平成3)年に発行された小冊子「大石寺案内」からは、削除されている。

大石寺案内2
 

(1991(平成3)年に発行された小冊子「大石寺案内」)

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(48)~京都實報寺に大石寺・要法寺三祖日目の正墓があると断言した實報寺住職・嘉儀吉裕氏2

■検証48・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない7

 

□京都實報寺に大石寺・要法寺三祖日目の正墓があると断言した實報寺住職・嘉儀吉裕氏2

 

一通りの住職からの回答があった後、私と住職の問答になった。

○「日目上人の正墓は実報寺さんにあり、大石寺にはないということで、よろしいわけですね」

□住職「正墓というのは、どういう概念で言っておられるのですか」

○「人が亡くなって、葬儀を執り行い、遺体を荼毘に付して、遺骨をどこかに葬る場合、通常は、その人の遺骨をお墓に納めますね。そこが正墓と言うことです。その後、分骨をして他にも墓を建てる場合がありますが、そこを正墓とはいいません。通常なら、正墓は一カ所しかないはずです。」

□住職「それならば、目師(もくし・日目のこと)の正墓は、ここ(實報寺)にあるということになります」

○「では實報寺の墓苑にある正墓には、日目上人の真骨が納められている、ということですね」

□住職「日目上人は、こちらに葬られたことは史実ですが、しかし、それから何百年も経っていますので、今は土に還っているかもしれません」

○「こちらにある墓が、日目上人の正墓ということであれば、日蓮正宗が、大石寺・下之坊にあると自称している『日目上人の正墓』なるものは、ニセモノということになりますねえ」

□住職「ニセモノ?

○「それは、そうでしょう。日目上人は、ここ鳥辺山に葬られて、ここに正墓があるわけですから。正墓というのは、一カ所しかありませんですからねえ。ここ以外で、日目上人の正墓だと称している所は、ニセモノということになるでしょう。まあ、もっとも、要法寺さんや實報寺さんのほうで、大石寺に日目上人の遺骨を分骨していれば、話しはべつですが」

□住職「大石寺に分骨はしておりません」

○「ならば、日蓮正宗が大石寺・下之坊にあると称している『日目上人の正墓』なるものは、ニセモノということになるでしょう」

□住職「まあ、そういうことになるのかもしれませんけども、ただ、むこう(日蓮正宗)が、そういうことを言っているとしても、こちら(實報寺)は、それはちがうよ、ということも言いませんけどね」

こんな感じで、私と實報寺住職との間で、日目の正墓論争が延々とつづきました。が、この中で

□京都鳥辺山にあった延年寺に、日目が葬られて正墓が建てられたこと

□その後、富士門流で、日目の正墓がある墓域を延年寺から買い取ったこと

□その買い取った日目の正墓の墓域が、今の實報寺であること

□よって實報寺に日目の正墓があること

□大石寺に、日目の遺骨の分骨をしていないこと

以上のことを明確に實報寺住職が認めた。しかし住職の話しっぷりは、日目の正墓のことで實報寺が日蓮正宗と対決するような事態になることは避けたいという、意向のように見えた。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(47)~京都實報寺に大石寺・要法寺三祖日目の正墓があると断言した實報寺住職・嘉儀吉裕氏

■検証47・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない6

 

□京都實報寺に大石寺・要法寺三祖日目の正墓があると断言した實報寺住職・嘉儀吉裕氏

 

私がいくら説明しても、住職は「ここに来るなら来るで、どうして事前に連絡しなかったのか」の一点張りで全くラチがあかない。私も「この人も、本当に分からず屋の人だな」と思い、そこまで言うのなら、こっちだって言いたいことがあると思い、住職に反論。

○「ご住職、そこまでおっしゃるのなら、私にも言うことがありますよ。まあ先程から『事前連絡がなかった』と言っておられますが、そんなに大きく言えたものではないでしょう。私は、昔から、御本山の要法寺さんに何度も伺ったことがあります。最初に要法寺さんに行ったのは、平成6年の日尊上人六百五十回遠忌の年でした。あの時は要法寺さんの境内に塔頭の御住職がおられたので、お話を聞くことが出来ました。その時、私は、本堂の中の御本尊様参拝の許可をもらいました。その塔頭の御住職の応対は、なかなか良心的だったと思います。」「その後、要法寺さんには何度も行っています。あるときは、要法寺さんの受付に、若手の所化さんが出てこられて、『ウチの信者さん以外に御本尊様は見せられません』と、頭ごなしに断られたこともありました。失礼な話しですよね。本当のところは、事前連絡をしようが、しまいが閉鎖的な応対をすることにかわりはないと言うことでしょう。だったら、そこまで事前連絡を強調することは、ないんじゃないですか」

この話に、住職はいささか驚いた様子で、「事前に本山に連絡をしたのですか」「連絡をしていなければ、そうなりますよ」などと言って、やたら本山要法寺の所化僧をかばう様子。

私は、この機会に、美濃周人氏の著書「虚構の大教団」の中で、日目の正墓が京都・鳥辺山の延年寺にある、と書いたジョージ左京氏という人物の記述について、住職に質問。

○「御本山の要法寺さんやこちらの實報寺さんに来たのは、何も私だけではありません。実は、平成7年に出版された本の中で、日目上人の正墓が京都・鳥辺山の延年寺にある、ということを書いている人が居ます。平成5年か6年頃か、こちらに日目上人の正墓の所在を訪ねてきた人はいませんでしたか」

□住職「平成5年か6年頃ですか。そんな人は来なかったと思いますがね-。…平成56年頃というと、ワシがもうここの住職として入っておった頃ですがなー」…こんな感じで、やれ事前連絡をするだのしないだのとか、要法寺の応対がどうだのこうだのという、私と住職の論争が延々と受付の窓口でつづき、お互いに言いたいことを言い合った後、ようやく話題が本題に入った。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ