□大石寺法主の評価は創価学会の牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」だった永井藤蔵氏

 

日蓮正宗の信徒の中では総講頭に次ぐナンバー2の地位である日蓮正宗法華講大講頭の職にあり、全国・海外の日蓮正宗寺院に所属する法華講支部の連合体組織である日蓮正宗法華講連合会の前の委員長だった永井藤蔵氏が今年1020日、84才で死去した。戒名は大石寺68世早瀬日如法主から直々に下賜された。法主が下賜した戒名は「慈行院法徳日藤居士」。日蓮正宗の在家信徒の戒名の最高位は、大石寺法主が下賜する日号・大居士号が入った戒名。ところが永井藤蔵氏の戒名は、日号は入っていたが、大居士号ではなく、ただの居士号だった。

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号より)

永井藤蔵死去・大日蓮1


永井藤蔵死去・大日蓮2


永井藤蔵死去・大日蓮3


12大日蓮
 

これで比較したくなるのが、大石寺法主が下賜した歴代の創価学会会長の戒名。牧口常三郎は「冷然院感得日常大居士」。戸田城聖は「大宣院法護日城大居士」。北条浩は「宣正院浩徳日基大居士」。いずれも日号・大居士号が入った最高位の戒名だが、永井藤蔵氏の戒名は、日号は入っていたが、大居士号はなし。つまり日蓮正宗法華講大講頭、日蓮正宗法華講連合会委員長を務めた永井藤蔵氏に対する大石寺法主の評価は、牧口常三郎・戸田城聖や、あの「北条報告書」や「惰眠をむさぼること28年」という題名の日蓮正宗批判論文を書いた北条浩よりも、下だったということに他ならない。それにしても、法華講員は、大石寺法主から無理難題の折伏誓願と称する、過酷な布教ノルマを押しつけられ、「入信するまで折伏をつづけろ」と、ストーカー折伏まで命令されている。ほとんど大石寺法主の馬車馬のように酷使されているにもかかわらず、大石寺法主の評価が、牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」というのは、なんともお気の毒の極みである。

永井藤蔵氏は、茨城県土浦市の日蓮正宗寺院・本妙寺の信徒で、先祖代々からの法華講員。日蓮正宗の内部情報によれば、永井藤蔵氏の自宅の仏壇には、板曼荼羅本尊と日蓮の御影像(木像)が祀られている、ということである。日蓮正宗では、1991(平成3)年以降の日蓮正宗vs創価学会の、いわゆる「宗創戦争」以降、法華講連合会役員等に板曼荼羅本尊を下賜してきている。ところが、永井藤蔵氏の場合は、板曼荼羅本尊に加えて日蓮木像まで下賜されていたわけで、これはさしずめ寺院の本堂並み。いくら先祖代々の法華講員とは言っても、これは破格の好待遇である。それにしてもなぜ永井藤蔵氏は、ここまで破格の好待遇を受ける身になり得たのか。

それは、1970(昭和45)年、永井家に先祖代々所蔵してきた、「弘安三年太歳庚辰二月日」の脇書が入った「日蓮直筆」を自称する曼荼羅本尊を、大石寺に奉納したことがあげられる。大石寺に「日蓮直筆」自称曼荼羅本尊を奉納した在家・俗人は、江戸時代に日仙授与本尊と称される「日蓮直筆」自称曼荼羅本尊を奉納した六代将軍・徳川家宣の正室・天英院以来のことである。

 

続きを読む