アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「大衆福祉」の仮面で創価学会の布教に間接関与する公明党

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(265)~「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動3

□「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動3

 

公明党の政治活動は創価学会の布教活動とは無関係なものではない。創価学会の布教活動における公明党の役割は、まことに重要な位置を占めている。「比例代表選挙の投票用紙に世間一般の外部の人が『公明党』と書くのは、創価学会の入信決意書にサインするのと同じだ」という創価学会幹部。公明党の政治活動が創価学会の布教活動の先兵役になり、創価学会の布教活動に間接関与し、側面から創価学会の布教活動を拡大する役割を担っていることは明らかである。

では具体的にどのようにして、公明党の政治活動が創価学会の布教活動に間接関与しているのか。例えば、公明党は日常活動として生活相談、市民相談を行っており、これを機関紙・公明新聞で大々的に宣伝している。生活相談・市民相談を受けているのは公明党衆参両院議員から都道府県議会、特別区・市町村議会の議員の全てにわたる。では公明党議員が受ける生活相談、市民相談とは一体どんなものなのであろうか。それはこういった内容のものである。

「私の息子・娘をどうしても○○大学に進学させたい」「私の息子・娘が大学を卒業するのだが、どうか一流企業に就職させてほしい」「私の息子は創価学会男子部幹部なのだが、いつまでたっても独身で結婚しない。どうか創価学会女子部のお嫁さんをもらって結婚させたい。面倒を見てほしい」「自分が経営する会社が経営危機だ。どうにかして銀行から△千万円、×億円の融資を受けたい。面倒を見てほしい」「私の娘が重い病気にかかっている。名医さんを紹介してほしい」「リストラで失業し再就職が決まらない。創価学会幹部をやっているので、創価学会活動ができるような仕事に再就職したい」「病気で仕事ができないので生活保護を受けたい」「タクシー運転手をやっているが事故と違反で点数がなくなってしまった。面倒を見てほしい」「何とかして都営住宅に入居したいので、面倒を見てほしい」「借金まみれでもうカネを貸してくれない。都や市からカネを借りたい」「都や市で行うプロジェクトの仕事を受注したい」「息子が選挙違反事件で逮捕されてしまった。早く保釈されるように面倒を見てほしい」……こういったものだ。こうした市民相談、生活相談に対して、公明党議員はありとあらゆる政治力を使って面倒を見る。公明党議員が創価学会員のありとあらゆる面倒を見ている活動実態が、公然と生放送のテレビ番組で語られたことがある。

19999月放送の「朝まで生テレビ・徹底討論! 公明党」で、自民党衆議院議員・平沢勝栄氏が「創価学会員の犯罪があると公明党議員が『面倒を見てくれ』と警察官僚にお願いに来る」と指摘・批判したところ、公明党衆議院議員・北側一雄氏(現・公明党副代表)が「公明党議員が創価学会員の面倒を見る為に、お願いに行くのは当たり前のことだ」と開き直って認めたことがあった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(264)~「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動2

□「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動2

 

なぜ創価学会は「広宣流布」「王仏冥合」の実現のために、「政治」「政党」(公明党)を必要としているのか。その第二の理由は、創価学会の信仰活動が日本ないし世界各国の一般庶民に何ら定着しておらず、創価学会が布教活動をやめてしまえば、創価学会員はどんどん減少して先細りしていくからである。ではなぜ創価学会が布教活動をやめたら、創価学会員がどんどん減少していくのか。宗教団体にとって布教活動とは、宗教活動のいわば生命線のようなものだが、創価学会員の実態はどうなっているかというと、創価学会活動に自ら積極的に参加する創価学会員が全体のおよそ1/3。創価学会幹部や両親、兄弟姉妹から誘われれば創価学会活動に消極的ながら参加する創価学会員が全体のおよそ1/3。あとの1/3は、創価学会幹部から誘われても、仏罰論や堕地獄論で脅迫されても創価学会活動には姿を見せない名前だけの創価学会員。この名前だけの創価学会員、創価学会活動に消極的ながら参加する創価学会員の多くの人、あるいは創価学会活動に自ら積極的に参加する創価学会員の一部が、将来的に創価学会を退会ないしは創価学会の信仰を捨て去っていく退会予備軍である。この退会予備軍が創価学会を退会していけば、創価学会が布教活動をストップした時、当然のことながら創価学会員の総数は減少の一途をたどる。否、退会予備軍が創価学会を退会しなくとも、退会予備軍の子どもや孫の代になれば、創価学会から離れていくので、これまた時間が経過するにしたがって創価学会員が減少していくことになる。創価学会員が減少していく要因はこれだけではない。創価学会の基本的信仰活動のひとつである日々の「勤行」からして、創価学会員はサボりまくっており、勤行が自然な形で創価学会員に定着していない。特に20才代の若い独身男女に定着しておらず、若い創価学会員たちは、自宅から会社へ出勤する時刻ギリギリまでベッドで寝ていて、10分前に起き上がり、大急ぎで身支度を調え、勤行どころか食事もせずに、大急ぎで会社へ出勤する。朝の勤行など全く眼中にない。

中でも20才代の独身女性の創価学会員(いわゆる創価学会女子部信徒)にとっては、勤行よりもお化粧や衣服、彼氏のほうが大事であると考えている。だから創価学会の信仰に凝り固まって固いことばかり言っている創価学会員の独身男性とは結婚せず、頭の中が柔軟な一般世間の独身男性と結婚するケースが続出している。創価学会の中の独身男性と独身女性の比率は64、ないしは21で、圧倒的に独身男性が多く、創価学会男子部の中には、創価学会活動に若かりし人生を傾けながら、創価学会女子部信徒と結婚できない独身男性が続出している。こういう人たちの多くは、世間一般の女性と結婚して創価学会の信仰活動をつづける人もいるが、その一方で結婚を契機にして、創価学会のカルト活動の誤りに目覚め、創価学会を去っていく人もかなりいる。あるいは結婚とは関係なく、創価学会のカルト宗教活動、創価学会・公明党の政教一致体質、創価学会の独善的体質、男尊女卑体質、強引・執拗な体質、創価学会の非常識な活動に「NO」を突きつける良識派の人もいる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(263)~「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動

□「大衆福祉」の仮面をかぶり創価学会の布教活動の先兵役になっている公明党の政治活動

 

実態としての創価学会と公明党はまさに表裏一体の同体異名であり、これが伝統仏教の仮面、宗教団体としての仮面をかぶれば創価学会であり、その政治団体としての正体は、まさに創価学会全体が公明党そのもの。創価学会とは宗教団体の仮面をかぶる実質的な政治団体である。

公明党の国会議員、都道府県議会議員、特別区・市町村議会議員の政治活動は、創価学会の宗教活動、布教活動とはあたかも無関係であるかのように装っているが、それは全く事実とは異なる。池田大作は1994(平成6)914日の記者懇談会の発言で

「こう言うと、また政教一致と言われるけどね。(創価学会の)教義を(現実世界で)実現するためには、政治の力が必要です。そういう目的で公明党をつくったのだから。それは(政教分離宣言以降の今も)変わらないですよ」

と言っている。この発言を出すと創価学会幹部や創価学会員たちは躍起になって「そんなことは言っていない」と否定するが、実は池田大作は、1994(平成6)914日の記者懇談会の発言と同趣旨の発言をすでに1960年代前半から行ってきている。その事例を出そう。

1964(昭和39)528日に東京・両国の日大講堂で行われた「第495月度創価学会本部幹部会」で、北条浩副理事長(後の四代会長)が「王仏冥合の総仕上げ」と題して、こう言っている。

「王仏冥合とは、すなわち化儀の広宣流布とは政治である。選挙をとおして創価学会も進み、個人個人も進み、そして全民衆の救済の段階が進むのであると教えられ、そして私たちは実践をとおして、たしかに体験をしてまいりました。(池田大作)先生がこのあいだ、53日の日に、その政治の段階におきまして宣言をされるということは、いままでのどの戦いよりも、今後の戦いは、大きな意義がある。そして今度の戦いを勝つことが、すなわち今後の広宣流布の大きな基礎になるということは、すでに皆さんはよくご承知であります」(1964(昭和39)530日付け聖教新聞より)

1962(昭和37)53日に東京・両国の日大講堂で行われた「創価学会第24回総会」では、北条浩副理事長(後の四代会長)が「王仏冥合の実現」と題して、こう言っている。

(池田大作)先生は、ことあるごとに、王仏冥合のいくさは、すなわち広宣流布は選挙をとおして進むのである。選挙こそは広宣流布への最大の関所である。このように申されております。……

いよいよこの次の選挙に勝ったならば、9人の候補が全員当選したならば、いよいよ世間は、学会の正しい姿に目覚め『この世の中を救うものは創価学会しかない。いままで悪口を言ってすみませんでした。どうかお願いします』という時がくるのであります。…

さらに(池田大作)先生は、この選挙こそは、昔でいえば公場対決である。公場において、宗教の正邪を決するのである。この選挙に勝って、創価学会が真に国を救う団体であるということを、大聖人様の正義を天下に宣言するのが、この次の選挙である」

(1962(昭和37)55日付け聖教新聞より)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ