□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線に出没しつづける顕正会カルト信者

 

先日、JR東日本とJR北海道が、2015314日のダイヤ改正を以て、19883月の青函トンネル開業以来、営業運転してきた寝台特急「北斗星」の廃止を発表した。これは2016年度に開業する北海道新幹線を見据えていること。そして旧国鉄時代に製造された客車寝台を改造した車両も老朽化が進み、ついに限界に来たものと思われる。上野駅13番線ホームからは、かつて北斗星定期2往復、臨時1往復、カシオペア1往復、あけぼの1往復、北陸1往復、そして臨時寝台特急エルム1往復が発着。16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していた。しかしエルムも、あけぼのも北陸も廃止になり、北斗星が廃止になれば、「ブルートレイン」と呼ばれる寝台列車は、上野駅から姿を消すことになる。なぜこんな話しが「アンチ日蓮正宗」と関係あるのかと不思議に思う人がいるかもしれないが、これが大いに関係がある。どこがどう関係あるのか。

カシオペア、北斗星などの寝台特急が上野駅13番線ホームから発車する時刻が近づいて来ると、寝台特急の写真や動画を撮影しようと、数多くの鉄道ファン、鉄道オタクから写真家、動画撮影家たちが集結。寝台特急に乗車する乗客と、写真や動画を撮影しようとする人たちで上野駅13番線は、たくさんの人でごった返す。その上野駅13番線に集結する人を狙って、日蓮正宗系カルト教団・顕正会への強引・執拗で非常識な折伏・勧誘を繰り返すカルト信者が、毎日のように出没している。最も数多くアンチに目撃され、アンチに撃退されつづけているのが自称「前川原某」を名乗る顕正会員である。自称・前川原というのは、当人は「前川原某」なる名前を名乗っているが、本名かどうかは不明。世間の常識で言えば、全く見ず知らずの人に、いきなり個人情報を教える人はいないが、彼らカルト信者に、世間の常識を持つ人は皆無だから、「前川原某」なる名前が本名かどうかは何とも言えない。そこでここでは通称名「前川原某」と書くことにする。

私が最初に上野駅13番線ホームで「前川原某」と遭遇したのは、今から十年前ぐらいのこと。あの当時、私は自主映画、インディーズ映画や自主映像の撮影・制作を手がけていて、上野駅13番線ホームでも写真を撮ったり、動画を撮ったりしていた。そこで遭遇したのが「前川原某」。時間帯も、これから寝台特急の発車が近づいて来るころであった。「前川原某」は無精ヒゲに、数日、顔を洗っていないかのような浅黒い顔をし、似合わないメガネをかけ、頭髪も何となく汚らしい。着ている服も、長らく洗濯していないんのような服を着ていて、おおよそ清潔感とはほど遠い格好をしていた。「前川原某」は、いきなり私に住所と名前を告げてきて、「鉄道に興味ありますか」的な話しをしてきた。あの当時はまさに上野駅13番線ホームから16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していたころのこと。「前川原某」は、私を鉄道ファンの一人と勘違いして、声をかけてきたと思われる。私も最初は、この男も上野駅から発着している寝台特急に、ストーカーのようにつきまとっている鉄道ファンか鉄道オタクの一人だとばっかり思っていた。

 

続きを読む