アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有が「身代わり本尊」と同時に偽作した「戒壇の大本尊」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(202)~身代わり本尊彫刻は「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠である

■検証202・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠57

 

戸田城聖の問難は霑志問答での大石寺52世鈴木日霑の言い訳と全く同轍である

 

---------------------------------------------------

(戸田城聖の日有偽作説への問難)

「日有上人が御本尊を偽作したというのは、身延の連中のいうことなのですが、そういわれると、そういうこともあるかなと、思うものもあるでしょう。私は総本山にきて、日有上人の御本尊を拝したことがあります。これは現在でも御宝蔵にきちんとしまってあるのです。身延派はこの御本尊様と間違えているのです。

またおかしいのは紫宸殿御本尊様のことをいっているのでもない、これは年号が違うのです。またどの御本尊様ともいえない。まったくのうそです。弘安二年の御本尊様は、弘安二年の御本尊様です。これは拝んでみれば功徳があるのでわかるではないですか。あの御本尊様を他の人がつくれますか。私がラジオやテレビを作るようなもので、いくらやっても映らないようなものです。洗濯機にしても私の作ったのでは動かないのです。そのようなものです。

大御本尊様を拝んでいれば、そんなことはわかるではないですか。弘安二年の大御本尊様は、日有上人がつくったのではありません。日有上人のは別にあるのです。」

-------------------------------------------------------

これは、大石寺9世日有が造立した板本尊は、「紫宸殿本尊」を模写彫刻した「身代わり本尊」であって、「戒壇の大本尊」のことではない、とするもので、これは明治初期に大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志の間で論争になった「両山問答」における大石寺52世鈴木日霑の言い訳と同轍のものである。大石寺52世鈴木日霑(18171890)は、北山本門寺への公式回答として、次のように言っている。

「蓋し日有の彫刻せる本尊とは、宗祖の御真筆・紫宸殿の本尊と称する者之れを模写して彫刻せし事あり。伝え言ふ、其の時乱離の世に乗じ身延の群徒来りて戒壇の本尊及び其の他の諸霊宝を占掠せんとの説あるによって、日有計って真の本尊及び諸霊宝をば駿東郡東井出村井出某氏の窖(あなぐら)に蔵し、日有彫刻の本尊を仮立して且らく戒壇の本尊に擬せしとなり。…是れ則方今天王堂に安置せる板本尊是れなり。惟ふに後世之れを訛伝して、日有、真の戒壇の本尊を彫刻するの説あるか知るべからず」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』第7巻問答部「両山問答」p101102より)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(201)~「戒壇の大本尊」模写・漆塗金箔加工の別時代・別法主・複数法主による偽作説は誤りである2

■検証201・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠56

 

□大石寺法主が否定している久遠院日騰の「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・加工説」

 

「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の模写と彫刻・塗箔、ないしは模写・彫刻と塗箔が別の法主によって行われたのではないかという説とよく似た説に、「日蓮が紙墨に認めた紙幅の本尊を9代日有が彫刻した」と言った大石寺34代学頭・久遠院日騰の説がある。

日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑が35代大石寺学頭だったので、久遠院日騰は鈴木日霑よりも一つ前の学頭ということになる。

学頭とは大石寺次期法主に内定した人物のことで、法主に次ぐ宗門ナンバー2の高僧である。

久遠院日騰は大石寺51世日英から学頭に任命されたが、法主には登座せず、鈴木日霑が35代大石寺学頭になり、そのまま大石寺52世法主に登座している。

その後、久遠院日騰は1854(安政1)11月の安政の大地震でのケガが元で、翌1855(安政2)10月に48才の若さで死去している。

明治初期に北山本門寺34代貫首・玉野日志氏と日蓮正宗大石寺52世法主鈴木日霑との間の「霑志問答」で、玉野日志が鈴木日霑に、久遠院日騰の説についてこのように書いている。

「其彫刻は現に久遠院弁妙・国学の友大堀有忠今尚存生に語って云く、大石寺に戒壇の本尊有り、惜しいかな九代日有師之を彫刻して其の本紙を失すと」

(『両山問答・本門寺問の部』日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』7p44)

これに対して大石寺の鈴木日霑は、次のように答えている。

「其の彫刻は久遠院便妙・国学の友大堀有忠に語って云くとは死人に口なし、能き証人なり。彼の便妙なる者、吾が信者ならざる方外の友杯に妄りに法話をすべきの人にあらず。是れ必ず死して其の人の亡きを幸いとし斯る胡乱なる証人を出し給ひし者か。若し万が一彼の人にして此の語あらば、彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報なるべし」

(『両山問答・大石寺答の部』日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』7p101)

鈴木日霑は、もし万が一にも久遠院日騰が本当に国学の友大堀有忠に「大石寺に戒壇の本尊があるが、これは大石寺九代日有が彫刻した本尊で、日有は日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を失してしまった」と語ったならば、久遠院日騰が安政の大地震でのケガが元で死去したのは、この妄言を言った仏罰の報いなのだ、と言っている。

つまり鈴木日霑は、久遠院日騰が言ったとされる「日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を大石寺九代日有が彫刻した」という説を言下に否定しているのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(200)~「戒壇の大本尊」模写・漆塗金箔加工の別時代・別法主・複数法主による偽作説は誤りである

■検証200・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠55

 

大石寺「戒壇の大本尊」は一人の法主・大石寺9世日有により偽作された板本尊だ

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説には、様々な異説が存在していることも事実で、その中の一つに、「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の模写と彫刻・塗箔、ないしは模写・彫刻と漆塗金箔加工が別の法主・複数の法主によって行われたのではないかという説がある。

かつて「アンチ日蓮正宗」トピックで、このような質問が出されたことがありました。

-----------------------------------------------------------------

(『戒壇の大本尊』模写・塗箔の別時・別の法主・複数の法主による偽作説)

「河辺メモ」のなかで、当時の阿部教学部長が、河辺氏に言ったこととして、

 「中央の主題は弘安3年日禅授与のご本尊から転写したもので、後の仏滅後云々とかの脇書はおそらく時師(日時)のころか有師(日有)のものだ。」と有ります。

大石寺第6世日時の時代は大石寺も貧窮していたので、黒漆や金箔等の加工は出来なかったでしょうが、楠の半丸太に字を彫刻する位の事は出来たでしょう。「本門戒壇の板本尊」が日時の時代に原形が造られ、黒漆・金箔を日有の時代に施した可能性も有るのではないか。

----------------------------------------------------------------------

つまり質問の主旨は、大石寺の「戒壇の大本尊」は、「大石寺9世日有が偽作した」というような「一人の法主による偽作」ではなく、6世日時と9世日有、9世日有と17世日精というような別の時代の、別の二人以上の法主によって偽作された可能性があるのではないか、という質問である。

この時の質問者は「河辺メモ」を論拠に置いた質問であったが、「アンチ日蓮正宗」では「河辺メモ」そのものに疑義を呈しており、「河辺メモ」を論拠にした偽作説そのものが誤った説であるという見解である。そこで、ここでは「河辺メモ」を度外視した質問であったという前提で、話を進めて行きたい。『戒壇の大本尊』なる板本尊の模写と彫刻・塗箔が別の時代の、別の二人以上の法主によって偽作されたということは、全くあり得ません。「戒壇の大本尊」模写・塗箔が別の法主による偽作説は誤りである。それはなぜか。

 

□別の時代の二人以上の法主では「戒壇の大本尊」偽作の「完全犯罪」は成立しない

 

それは、あなたが仮に、貧窮・極貧時代の大石寺法主だったと仮定して、大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を超える日蓮一門の本山にしようと一発大逆転を狙って、「戒壇の大本尊」偽作を思いついたとしましょう。そのときに、どうしますか。

つまり、「戒壇の大本尊」を「偽作」した「犯人」の立場になって考えてみるということです。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(199)~2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇の大本尊」偽作570周年の年だ

■検証199・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠54

 

2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇大本尊」偽作570周年の年だ

 

日蓮正宗では、すでに20153月に大石寺で行う「日興生誕770年記念法要」ならびに「法華講員50%増『偽りの達成宣言』大会」の計画を発表。2014610日に日蓮正宗宗務院が全国住職・主管宛てに発した「九者別報告書の提出について」と題する通達の中で、何と

「一、檀信徒名簿に登録した法華講員が、転居先不明となった場合、宗規第223条の除籍規定によらない限り、住職・主管の判断で檀信徒名簿から削除することはできない。…

二、宗規第220条のとおり、日蓮正宗の檀信徒は全員が法華講員である。したがって通称『墓檀家』『檀徒』も法華講員であり、当然所属檀信徒の世帯数・人数に含まれる。住職・主管の判断で、墓檀家の世帯数・人数を法華講員から除外することのないよう注意すること。但し、墓地使用者の中で、他寺院所属の信徒、及び本宗信徒以外の者は、所属檀信徒には含めない。」

と記し、実質的に日蓮正宗の信仰を放棄した人、日蓮正宗から離檀した人から日蓮正宗宗門寺院を去って正信会寺院に行った「檀徒」まで含めて、法華講員50%増達成を宣言しようという、驚くべき「裏技」を使う方針を打ち出している。「転居先不明者」などと言えば聞こえはいいが、この中に日蓮正宗の信仰を放棄して、寺院に行き先を告げずにどこかに行ってしまった人が入っているのは明らか。なぜならば、通常、法華講員が転居した場合は、所属寺院に届け出る。転居によって一時的に住所がわからなくなった場合でも、寺院に参詣している人であれば、その人が寺院に来たときに転居先を聞くので、住所が判明する。他の日蓮正宗寺院に移籍した場合は、移籍した先の寺院が、信徒の住所等を把握している。だから普通に法華講員として信仰活動をしている人で、転居先不明になるなどということはあり得ない。したがって、寺院の信徒名簿に名前が残っていながら、転居先不明になっている人とは、日蓮正宗の信仰を事実上放棄した人以外にあり得ない。さらに「檀徒」までも法華講員としてカウントするというのも全く驚きという以外にない。檀徒とは、197080年代にかけて、創価学会を脱会して日蓮正宗寺院信徒になった人たちのことだが、1970年代は、今の正信会寺院も日蓮正宗寺院として機能しており、又、日蓮正宗宗門寺院にも、多数の檀徒が所属していて、「檀徒会」という団体を組織していた。これが正信会の創価学会批判や大石寺67世阿部日顕の血脈問題による混乱で、正信会寺院から宗門寺院へ、宗門寺院から正信会寺院へ移る信徒が続出。この当時は、今のように日蓮正宗「宗規」の中で、檀信徒の条項が整備されておらず、日蓮正宗寺院信徒=法華講員でもなかった時代のこと。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(198)~大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ3

■検証198・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠53

 

□大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ3

 

日蓮正宗大石寺9世法主・日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊の他に、「御身代わり本尊」を含めた五体の板本尊を造立している。さらに大石寺9世日有は、そもそも「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作する必要性の上から、大石寺に土蔵造りの宝蔵を創建した。大石寺宝蔵の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するに当たって、板本尊偽作を大石寺信者の目から隠蔽するために、同時に造立した板本尊として、最も可能性の高いのは「文安二年乙丑十一月六日」の日付が入っている御身代わり板本尊と呼ばれている、日蓮の紫宸殿本尊(※日蓮正宗では紫宸殿本尊のことを『師資伝』本尊と呼んでいる)を板に模写彫刻・漆塗金箔加工した本尊であろう。

ただし大石寺宝蔵の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊といっしょに造立された板本尊としては、身代わり板本尊以外の他の四体の板本尊の可能性も残ってはいるし、「戒壇の大本尊」なる板本尊といっしょに他の五体の板本尊が同時に造立された可能性も残ってはいる。日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂した「富士宗学要集」や大石寺塔中観行坊住職・能勢順道氏が編纂した「諸記録」といった史料を見ても、御身代わり板本尊の木の材質が何であるかが載っていない。

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺に格蔵されている、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊は、日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が書いた「堀ノート」によると、「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」と書いており、楠木の板で出来ていると書いてある。

「大石寺の『戒壇大本尊』は後世の偽作だ」で詳述しているが、鎌倉・室町・江戸時代は、日本を含む北半球が、今より平均気温が摂氏2度前後低かった「小氷期」であり、身延山がある山梨県、大石寺がある静岡県富士地方をはじめ、信行寺がある栃木県栃木市には、自生の楠木はなかったと考えられること。

楠木という木は古くから「神木」として崇められてきている木であり、特に僧侶をはじめとする宗教者が簡単に伐り倒せる木ではなかったこと。

こういったこと等々から、日蓮正宗・平井・信行寺の応永十九年(1412)十月十三日の板本尊は、応永十九年(1412)に信行寺で造立されたのではなく、大石寺9世日有の代になってから大石寺で造立され、信行寺に運ばれた板本尊と断定している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ