アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

いかにして大石寺9世日有は漆を入手し漆加工を施したのか

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(123)~大石寺9世日有は黒漆をどこからどうやって入手していたのか3

■検証123・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか8

 

□大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」偽作に調達したのは京都の漆・漆工職人の可能性が高い

 

さてもうひとつの京都の京漆器説を検証してみたい。

永原慶二氏の著書「日本の歴史10・下克上の時代」によると、室町時代になると、農業生産の向上によって商業や手工業の世界にも、これまでにない活気を呼び起こし、「有徳人」と呼ばれた富裕な金持ち層が京都をはじめ、日本各地に出現。そして貨幣流通による経済発展によって1400年代の京都の町は、驚くほど変貌したという。このころの京都は、古代都市の殻を完全に抜け出して、新しい装いの中世都市に変貌。中世の同業者組合である、いわゆる「座」も京都にも多数あり、薬、唐物、綿、酒、味噌、素麺、襖、材木、炭、銅、馬などの商品を扱うだけではなく、銅細工、銀細工、刀鍛冶などの手工業の座も存在した。中世都市・京都のメインは、なんといっても商人・手工業者などの市民であり、有徳人と呼ばれた人たちだった。彼らはやがて町衆とよばれ、自治的な市政の担い手にもなっていった。京都が中世都市として急速に発展した理由のひとつは、南北朝・室町時代になって幕府が京都に開かれ、将軍の奉公衆が全国各地から上京し、また多数の守護大名たちが軍隊を引き連れて京都に駐留するようになったことがある。

それによってにわかに多くの消費人口を作り出し、それにともなって京都に流れ込む物資も必然的に急増し、京都の手工業生産・商業活動が強く刺激された。

この中で、材木を扱う座や、刀鍛冶などの手工業の座があったことに着目したい。

1432(永享4)3月、大石寺9世日有は、京都の室町幕府へ国家諌暁の申し状を上呈するために、京都へ上京しており、その他、大石寺9世日有の時代には、今の富士門流・日蓮本宗本山・要法寺の前身である上行院などの日尊門流の僧侶が、日蓮正宗大石寺に上ったりしている。まだこの時代は、日蓮正宗大石寺と日尊門流の寺院が交流があったようなのである。京都は、平安遷都以後現在に至るまで、政治・文化と同様に日本の漆工芸の中心地として王朝貴族の祭祀装飾品から茶道具まで特に手間隙をかけた完成度の高い漆器を送り出してきた。京漆器は全国の漆器産地の中でも、とりわけ薄い木地を用い、入念な下地を施し、洗練された優美な蒔絵が施された、日常的に使う器というよりも「美術工芸品」としての価値観に基づいてつくられる漆器である。京漆器の顧客は主に公家や商家、武家といった人たちだったが、これら公家・商家・武家と隣接し発達した京漆器は薄く繊細で気品高いデザインをもち、また、代表的な輪島塗の5倍~10倍と非常に高価であると言われるほどである。こうした京漆器の工芸品は大名同士の贈答品にも用いられ全国に伝播したことから、地方漆器の起源や生産工程に、大きな影響を与えている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(122)~大石寺9世日有は黒漆をどこからどうやって入手していたのか2

■検証122・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか7

 

□大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」偽作に使った漆・漆職人はどこの漆・漆職人なのか2

 

この:現代日本の漆工芸品の産地の中で、大石寺9世日有の時代から漆器の生産が盛んで、なおかつ大石寺9世日有と繋がりがあると考えられるのは、京都の京漆器、そして岩手県や秋田県の漆器である。大石寺9世日有と京都の接点は、大石寺9世日有は1432(永享4)3月、京都の室町幕府へ国家諌暁の申状を上呈するために京都に上洛していること。

大石寺9世日有と東北の接点は、北関東・東北地方に、室町時代からの古い歴史を持つ日蓮正宗寺院の存在があり、大石寺9世日有自身も法主に登座してから、東北地方に巡教しているということがある。同じように大石寺9世日有との接点が考えられる会津漆器や新潟漆器、春慶塗といったものは、大石寺9世日有の時代にはまだ存在していなかった。したがって、有力なのは、京都の京漆器、そして岩手県や秋田県等の東北地方の漆器である。

「漆を科学する会」によると、日本では岩手県や茨城県,新潟県,栃木県などが主な産地で、このうち,岩手県が全生産量の約70%を占めているという。平成8年度の林野庁の統計によると岩手県(1850.0kg),茨城県(830.0kg),新潟県(281.0kg),栃木県(86.0kg)などで計3189.6kgとなっている。

福島県喜多方市の「喜多方うるし美術博物館」によると、 福島県喜多方市の漆の生産の歴史は、約500年前の昔(1400年代)にまで遡るという。 室町戦国期に大名芦名氏が、漆樹植栽を奨励。さらに1590(天正18)年、蒲生氏郷が近江国(滋賀県)から、漆の生産のために木地師と塗師を招いたという。永原慶二氏の著書「日本の歴史10・下克上の時代」によると、14081428年ころ成立したとされる「庭訓往来」という書物から1400年代のころの地方の特産品として「奥漆」が記載されており、東北地方の漆をあげている。

「日本漆工の研究」という本によると、全国各地の漆工芸の歴史についての記述がある。これによると大石寺の地元の静岡県の場合は、静岡漆器は今川氏の時代にすでに生産していたと書いてあるのだが、しかし本格的に静岡漆器が発展の途についたのは、1634(寛永11)年に徳川家光が浅間神社を造営した時に、諸国の漆工を駿河に招集して社殿を建設させたのだが、浅間神社竣工後も駿河に永住する者が出て、この漆工が静岡漆器の基盤となって順次発展の途についたものと書いてある。 となると、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するに当たって、静岡漆器の漆工を使った可能性は非常に低いといえるだろう。

大石寺9世日有の時代以前から日蓮正宗寺院がある東北・北関東地域は、栃木県、福島県、茨城県、宮城県、岩手県であるが、その中で漆、漆工芸品の生産が盛んだったのは岩手県である。

日蓮正宗末寺はないが、岩手県のとなりの秋田県の川連漆器も1193(建久4)年にはじまったという歴史をもっている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(121)~大石寺9世日有は黒漆をどこからどうやって入手していたのか1

■検証121・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか6

 

□漆器の産地・鎌倉、京都、奈良などの大都市の大寺院・京都御所、幕府周辺にいた漆工職人

 

日蓮正宗大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するにあたって、黒漆をどうやって、どこから入手したのだろうか?あるいは漆工をどこから招聘したのだろうか。

石川県輪島市の石川県輪島漆芸美術館で、漆研究の第一人者・四柳嘉章館長の見解を聞いたとき、私は四柳嘉章館長からこんな話を聞いた。

○「鎌倉時代、日本における漆の産地、漆工芸が行われていた所を教えていただけませんか。山梨県の身延山周辺で、漆工芸や漆の生産は行われていたのでしょうか」

四柳氏「中世、鎌倉時代になると、日本全国、かなり広範囲に漆の生産が行われていました。漆製品・漆工芸品が全国各地の遺跡から出土しています。現在、漆工芸が行われていない地域でも、中世の昔は漆生産や漆工芸が行われていた可能性はあります」

○「鎌倉時代、ないしは室町時代、漆職人はどのあたりにいたのでしょうか」

四柳氏「京都、奈良、鎌倉にはいましたね。それから大きな寺院の周辺。大きな漆の需要がある所の周辺に、漆職人はいましたね」

○「そうすると、鎌倉時代、身延山の山中で、日蓮一門が漆を生産し、畳一畳大の板本尊に漆を塗る漆加工を行うことは可能だったわけですか」

四柳氏「素人が漆を塗ったかどうかということになると、問題があります。素人に漆を扱うことは、とてもむずかしいことです。もし、畳一畳大の板本尊に漆を塗ったとすれば、それは日蓮一門が自分たちで行ったのではなく、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って、漆塗りを完成させたと見るほうが現実的でしょう」

仮に鎌倉時代の身延周辺で、漆生産が行われ、漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手で漆を扱うのは非常にむずかしく、外部から漆職人を雇って漆加工を完成させたと考えられるという。仮に鎌倉時代に身延周辺で漆生産や漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手によって「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りが行われたとは非常に考えにくいということ。なぜなら、素人には漆の取り扱いそのものが非常にむずかしいため、「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りは、日蓮一門が自分たちで行ったというよりも、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って漆塗りを仕上げたと考えたほうが、非常に現実性が高いというのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(120)~漆の基礎知識、漆塗りの工程、漆に関するさまざまな展示を行っている輪島漆器会館を訪ねる

■検証120・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか5

 

□漆の基礎知識、漆塗りの工程、漆に関するさまざまな展示を行っている輪島漆器会館を訪ねる

 

石川県輪島漆芸美術館での四柳嘉章館長との単独会見を終えた私は、徒歩で輪島漆器会館に向かった。輪島漆器会館とは、輪島漆器商工業協同組合が経営している会館で、一階が輪島漆器商工業協同組合直営の漆器展示販売所。ここは、輪島市内約100の漆器専門店が共同出店している販売所で、輪島塗のありとあらゆる漆器が販売されている。輪島塗とは、輪島漆器会館の見解に依れば、次のようになる。

「輪島塗の起源については諸説ありますが、鎌倉時代後期から、室町時代の初期(西暦1400年頃)と推定されています。その考証として、市内の重蔵神社本殿にある応永4年(西暦1397年)のものとされる内障の扉には、朱塗りの形跡が見られ、また文明8年(西暦1476年)建立の重蔵権現講堂の棟札には、塗師三郎次郎定吉の名が記されています。その他、市内東山の養覚寺より収集された黒塗八隅膳と椀一組は、稚拙な製作技術からみて鎌倉時代後期から室町時代のものと推定されています。さらに近郷の能登町柳田字合鹿や当目、および北河内においても、その当時から漆器づくりがなされていたと伝えられています。現在の輪島塗に近いものができるようになったのは、桃山時代後期から江戸時代初期の頃と考えられていますが、それは珠洲市飯田町の乗光寺より収集した四つ椀揃い八隅膳からの推察であります。…

寛文年間(16611673)に至って、当時輪島に発見された珪藻土の一種を焼成粉末にして「地の粉」をつくり、漆に混入し、塗り研ぎを何度も繰り返して堅牢な下地を作る工法がされました。これが本堅地法で「布着せ」とともに今日の伝統工芸輪島塗の基本的工法となっています。

輪島塗に文様を施すようになったのは、江戸時代中期以降で、それまでは朱漆で絵付けされたものもありましたが、ほとんどは無地物でした。享保年間(17161736)頃には、輪島独特の華やかな沈金技法が考案され、蒔絵は文政年間(18041829)頃、会津から来た安吉夫婦によって会津蒔絵が伝えられたのをはじめ、京、加賀からの技術技法の導入や、蒔絵師の移住などによって次第に改善され普及し、華麗さを加えました。輪島塗の販売が全国各地に広まったのは、江戸時代中期からで、とくに文化文政年間(18041829)頃には品種も多様化し、現代にも劣らぬ優秀な技術の職人があらわれ、格調の高い名品がつくられて、今日まで遺されているものがあります。」

(輪島漆器会館の「輪島塗のあらまし」より)

輪島漆器会館の二階が輪島漆器資料館になっている。ここは、輪島塗の歴史民俗資料約4000点以上を保有している他、漆に関するさまざまな展示を行っている。私が、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の漆塗りの問題で、輪島漆器会館を訪れたのは、この展示を見たかったからである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(119)~日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章氏が館長を務める石川県輪島漆芸美術館を訪ねる3

■検証119・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか4

 

□石川県輪島漆芸美術館館長室にて日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章館長と単独会見1

 

○「日蓮正宗大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は、大きさが縦は約143センチ、横は約65センチ。だいたい畳一畳ぐらいの大きさです。畳一畳ぐらいの大きさの板に漆を塗るとなると、どれくらいの量の漆が必要になりますか」

四柳氏「だいたい2号から3号ぐらいでしょう。ただし、漆というのは、1回だけ塗って終わりなのではなく、通常は三回塗ります。まず1回目を下地塗りといい、2回目を中塗り。3回目を上塗りといいます。漆というのは、塗ると木の中に染みこむのです。そのための下地塗りが一回目。中塗りと上塗りが仕上げです。だから、3回塗るという工程から考えると、2号から3号よりももっと多くなります。おそらく1升以上は必要になるでしょう。」

○「鎌倉時代、日本における漆の産地、漆工芸が行われていた所を教えていただけませんか。山梨県の身延山周辺で、漆工芸や漆の生産は行われていたのでしょうか」

四柳氏「中世、鎌倉時代になると、日本全国、かなり広範囲に漆の生産が行われていました。漆製品・漆工芸品が全国各地の遺跡から出土しています。現在、漆工芸が行われていない地域でも、中世の昔は漆生産や漆工芸が行われていた可能性はあります」

○「鎌倉時代、ないしは室町時代、漆職人はどのあたりにいたのでしょうか」

四柳氏「京都、奈良、鎌倉にはいましたね。それから大きな寺院の周辺。大きな漆の需要がある所の周辺に、漆職人はいましたね」

○「そうすると、鎌倉時代、身延山の山中で、日蓮一門が漆を生産し、畳一畳大の板本尊に漆を塗る漆加工を行うことは可能だったわけですか」

四柳氏「素人が漆を塗ったかどうかということになると、問題があります。素人に漆を扱うことは、とてもむずかしいことです。もし、畳一畳大の板本尊に漆を塗ったとすれば、それは日蓮一門が自分たちで行ったのではなく、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って、漆塗りを完成させたと見るほうが現実的でしょう」

仮に鎌倉時代の身延周辺で、漆生産が行われ、漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手で漆を扱うのは非常にむずかしく、外部から漆職人を雇って漆加工を完成させたと考えられるというのである。つまり日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と漆の関係を解明して行くに当たって、四柳嘉章館長の見解に依れば、仮に鎌倉時代に身延周辺で漆生産や漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手によって「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りが行われたとは非常に考えにくいということ。なぜなら、素人には漆の取り扱いそのものが非常にむずかしいため、「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りは、日蓮一門が自分たちで行ったというよりも、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って漆塗りを仕上げたと考えたほうが、非常に現実性が高いというのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ