アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

公明党は創価学会の政治権力行使の道具である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日本のカルト宗教対策を故意に遅らせ、さまざまな妨害活動を繰り返してきた公明党

□カルト宗教対策はカルト宗教・カルト教団が一大勢力になってしまってからでは遅すぎる

 

創価学会、顕正会、法華講、妙観講等の「日蓮正宗系」カルト教団をはじめ、オウム真理教、幸福の科学、統一教会等のカルト宗教対策、カルト教団対策が、今日の日本でもさまざまな所で叫ばれているが、カルト宗教が一大勢力、一大政治勢力に布教拡大してしまってから、カルト宗教対策を講じても、遅すぎるという事態を招く。誤解の無いように一言附言しておくと、「カルト宗教対策はカルト宗教が一大勢力になってしまってからでは遅すぎる」という意味は、もはや今日、カルト宗教対策を講じても遅すぎるから、何もしなくてもよい、何をしてもムダだという意味ではない。本来、カルト宗教対策を講ずるべき時期を逸し、遅くなってしまっているが故に、これからのカルト宗教対策は、より大きな労力や費用を使わねばならなくなるという意味であり、それだけの甚大な労力や費用を使ってでも、カルト宗教対策、カルト教団対策をやるべきである、という意味である。

日本の場合は、1950年代から創価学会の「折伏大進撃」により、日蓮正宗・創価学会の信者数が急膨張。1960年代から創価学会を支持母体とする公明党が都道府県議会、特別区・市町村議会のみならず、衆議院、参議院でどんどん議席を伸ばした。1970年代には、公明党は自民党、日本社会党に次ぐ第3党としての地位を固め、この公明党が、世間一般の創価学会批判、池田大作批判を、ありとあらゆる形で妨害してきた。その代表的なものが、1970年代、80年代に沸き上がった池田大作の国会証人喚問阻止、1990年代の新進党、公明による池田大作国会参考人招致阻止である。196970年ころは、公明党は、自民党・田中角栄幹事長に頼み込んで、創価学会の言論出版妨害事件もみ消し工作をやり、1975年の月刊ペン事件では、公明党は警視庁に圧力をかけ、月刊ペン編集長・隈部大蔵氏を名誉毀損罪で逮捕させている。あるいは1990年代、2000年代に自民党国会議員、民主党国会議員が、創価学会問題を国会審議の場で取り上げて批判すると、これもありとあらゆる工作で妨害しようとする公明党。公明党は、まさに池田大作の走狗、創価学会の走狗であり、日本でカルト宗教対策が進まなかった第一原因は、創価学会と創価学会を支持母体にした公明党の存在そのものを挙げねばなるまい。

国会で宗教問題、カルト問題を議論しようとすると、公明党の妨害でカルト宗教対策が進まなかっただけではない。例えば、カルト宗教被害者救済立法が国会でもできたはずなのに、これができなかったという事態も生んでおり、カルト宗教被害者救済も大きく遅らせている。

ではなぜここまで、カルト宗教対策が遅れてしまったのか。これは日蓮正宗、創価学会が勢力を拡張しつづけてきたことだけが原因ではない。確かに195060年代のころは、創価学会「折伏大進撃」の時代で、日蓮正宗、創価学会は、やれ邪宗だの邪教だのと、他の一般伝統仏教や新宗教に対して、モーレツな折伏攻撃を仕掛けていた。これに対して、一般伝統仏教や新宗教からは、日蓮正宗の教学的矛盾を突く批判で対抗。評論家やマスコミ等からは、日蓮正宗の国立戒壇批判、創価学会・公明党の政教一致批判が多かった。1970年に言論問題が噴出するや、池田大作の言論妨害の責任を問う形で、世間は池田大作の国会証人喚問要求一色になった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(85)~公明党とは実質的に創価学会・池田大作名誉会長が支配する政党だ

■公明党とは実質的に創価学会・池田大作名誉会長が支配する政党だ

 

20099月、衆議院総選挙で落選した公明党の太田昭宏代表が代表辞任を表明。後任代表に山口那津男氏が決まったとき、こんなニュースが配信されたことがあった。

----------------------------------------------------------

■大敗の公明、特別国会までに新代表選出へ

(読売新聞 - 083123:23)

衆院選で太田代表(63)と北側幹事長(56)が落選し、結党以来の大敗を喫した公明党は、9月中旬に召集が予定されている特別国会までに、新代表を含む執行部の陣容を整えたい考えだ。

 同党は9月3日の常任役員会で、代表選の日程づくりや具体的な人選に着手する方針だ。党内では、代表の後任として、世代交代を進める観点から、他の候補より若い山口政調会長(57)や斉藤環境相(57)らの名前が挙がっている。

 太田代表は31日、党本部で記者会見し、新代表の選出について、「特別国会の開会を念頭に置きながら、よく執行部で相談したい」と述べた。同日午前には、都内で太田氏と北側幹事長、井上義久副代表らが会談し、今後の対応を協議した。

 太田氏の後任と目されていた北側幹事長が落選したため、衆目の一致する「ポスト太田」がおらず、党内調整に時間がかかる可能性もある。

-----------------------------------------------------------------

■公明代表に山口氏=井上幹事長、斉藤政調会長を起用

公明党は4日、衆院選敗北で引責辞任する太田昭宏代表の後任に山口那津男政調会長(57)を充てるなど新体制の人事を固めた。幹事長には井上義久副代表(62)、山口氏の後任の政調会長には斉藤鉄夫環境相(57)がそれぞれ就任する。

 同党は7日の中央幹事会で新代表に山口氏を内定し、8日の全国代表者会議で正式に選出。新体制がスタートする運びだ。

 「山口-井上体制」は来年夏の参院選を強く意識した布陣。57歳と比較的若い山口氏を「若返り」の象徴として前面に押し出す一方、党務に精通し支持母体の創価学会の信頼も厚い井上氏が幹事長として実務をこなす。麻生内閣で環境相として地球温暖化対策に取り組んだ斉藤氏は政調会長への返り咲きが適任と判断した。 

-----------------------------------------------------------------

毎度お決まりの公明党の党首・代表の選び方がコレ。

公明党は太田昭宏の後任代表を特別国会までに決めるということだが、そもそも公明党の代表・委員長は、どうやって決めているのか。公明党は結党以来、一度も委員長選挙、代表選挙を行ったことがない。代表を選ぶシステムが全くわからないというのは、こんな不透明な話しはない。

池田大作名誉会長が公明党代表を決めているのではないかと言われる所以がここにある。

公明党本部1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(84)~創価学会は何のために選挙活動・公明党支援活動を行っているのか

■創価学会は何のために選挙活動・公明党支援活動を行っているのか

 

私は、溝口工務店(仮名)でバイトをしていた時、創価学会の選挙活動、公明党支援活動の実態をまざまざと見せつけられることになった。

あの当時、私はまだ学生だったが、あの時でさえ「なぜ宗教団体の創価学会が、こんな選挙活動やら、公明党支援活動やらを行っているのか」という疑問がわき起こった。

この私の疑問は、創価学会の内部にもあったようで、溝口個人会館(仮名)で行われていた「○○総決起大会」の会合で、創価学会幹部の一人が、「なぜ公明党支援活動を行うのか」について、延々と語っていたのを覚えている。

創価学会員個人に聞くと、日蓮御書全集の中にある「三大秘法抄」の「王仏冥合」の文を挙げる人もいたが、会合で喋っていた創価学会幹部は、「王仏冥合」の文こそは挙げなかったものの、「王仏冥合」のような主旨の話しはしていたように思う。

「王仏冥合」ということは、溝口達夫(仮名)本部長も口にしていたように記憶している。

とにかく、宗教団体・創価学会が選挙活動やら、公明党支援活動やらを行う仏教的な定義付けは「王仏冥合」ということを掲げていた。これが第一。

第二は、やはり功徳で信者を釣っていたこと。では、選挙活動に功徳があるのか、ということになると、そんなことは日蓮の遺文(御書)の中には、一言も書いていない。

じゃあ、どうして選挙活動に功徳があるのか、という点についての創価学会鉋部の定義付けは

「選挙の闘いがはじまると、地元ブロック組織では、唱題会をずーっとやっている。唱題するから功徳があるのだ」と、こんな言い方をする。これをよく口にしていた創価学会幹部がいた。

第三は、創価学会の信者が増えれば、創価学会員の政治家を輩出していかなくてはならない、といったような定義づけ。これは、戸田城聖の時代に、はじめて創価学会が政治進出したときから言っている、創価学会独自の政治進出の定義付けである。これも決起大会で、よく創価学会幹部が口にしていたと記憶する。

第四は、福祉政策を推進していくという政策的な定義づけ。しかしこれは、私に言わせれば、まやかしに近い。福祉政策がどーのこーのという政策的な看板は、あくまでも対外的なものにすぎない。じゃあ、創価学会員一人一人が、政治や政策の話しをするかというと、これが全くの皆無。

溝口達夫(仮名)本部長の長男がマスターをしていた喫茶店・コンパウンド(仮名)に、創価学会婦人部が集まって話していたのを聞いていたら

「自民党の政治なんて、所詮、カネよねー」「そーよねー」

などと、実に他愛ない話をしている。

創価学会婦人部によれば、日本の保守政治は全部カネで動いているのだそうである。そんなレベルの話しをお茶飲みながら喋って、みんなで喜んでいる創価学会婦人部。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(74)~創価学会個人会館で垣間見た公明党が創価学会の政治権力行使のための道具である実態

■創価学会個人会館で垣間見た公明党が創価学会の政治権力行使のための道具である実態

 

1983(昭和58)4月の統一地方選挙投票日が近づいてくるにつれ、溝口個人会館(仮名)では、まさしく連日連夜、そういう創価学会の会合の繰り返しであった。

ある日、夜7時からはじまった壮年、婦人、男子、女子の四者合同の会合では、選挙支援活動ががぜん盛り上がってきたところへ、創価学会幹部が池田大作のメッセージやら伝言やら和歌を紹介。しかし、池田大作のメッセージには、政治のことや選挙のこと、公明党支援のことは何一つ書いていない。ところが、選挙支援活動がメインの会合で、こういったものが披露されると、会合のボルテージは、がぜん盛り上がったものになっていく。

池田大作のメッセージや伝言の中に、政治、選挙、公明党支援のことに直接言及していないのは、万一、これらのものが創価学会に批判的なマスコミや評論家に流れた時に、「政教一致の証拠」として、取り立たされることを念頭に置いたものと思われる。しかし、池田大作のメッセージや伝言といったものは、実際は選挙支援活動をメインにした創価学会の会合で使われているわけで、世間の目をごまかそうとする、巧みな創価学会の欺瞞劇だ。

 

又、その会合の途中からK市の公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)氏が現れて、満堂の創価学会員の前で挨拶。会合が盛り上がってきた最中、途中から入場してくるというのは、1990年代から2000年代にかけて、マスコミやメディアでよく取り上げられた池田大作が創価学会本部総会に途中入場してくるパターンと全く同じである。おそらくこういうやり方も、池田大作や創価学会最高幹部たちから直伝されているのだろう。

さてその中原浩司(仮名)氏だが、最初は顔を紅潮させ、緊張した面持ちで下をうつむきながら喋っていた。まあ選挙を全力で闘っているということをアピールするパフォーマンスだったのだろうが、中原浩司(仮名)氏の話しの内容は、政治家としての政策の話しは適当に終わらせ、大半は、創価学会員としての活動歴の話し。

創価学会の入信は昭和○○年で、創価学会男子部では、どこどこに所属して、折伏にがんばりましただの、何十世帯の折伏をして創価学会に入信させただの、自分の女房は創価学会女子部の出身で、折伏はどこどこでやっていましただの、そんな話しばっかりをしている。

挙げ句の果ては、男子部の中原浩司(仮名)氏と女子部の夫人が結婚した、なれそめまで紹介し、それが何と池田大作が出席していた会合で、池田大作と懇談したとき、池田大作から「二人はいっしょになったらどうか」と言われて、結婚したというのである。こんな話しを聞いていた婦人部は大喜びしていたようだが、私は「ヘェーッ」という感じで(?)

そして中原浩司(仮名)氏の話しの最後の締めくくりは、「(池田大作)先生を守るため」「学会を守るため」議員になったというのである。「(池田大作)先生を守るため」「学会を守るため」議員として、がんばるというのである。

公明党本部1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ