アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

弘安二年十月当時・小氷期の身延山に楠木はなかった

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

ブレイクタイム(9)~和歌山城大手門一之橋付近にある和歌山県天然記念物の楠木の大木

□「戒壇大本尊」の楠木は関西以西・四国・九州の西日本の楠木であることは明らかである

 

今般、和歌山へ行って、和歌山城大手門一之橋付近にある和歌山県天然記念物指定の楠木の大木を撮影してきました。和歌山城へは二十数年前にも行っているのですが、あの当時はデジカメはなし。アナログの写真しかないので、今回、写真をブログにアップするために、デジカメで写真を撮り直して来ました。和歌山城は、和歌山県庁がある和歌山市中心部にある平山城。

和歌山城とは、1585年に豊臣秀吉の紀州征伐によって紀州を平定。弟の秀長に命じて虎伏山に創建したのがはじまり。1600年、関ヶ原の戦いの後、東軍に属した浅野幸長が軍功により376千石を与えられ紀州藩主となり入城。1619年、徳川家康の十男・頼宣が555千石で入城。徳川御三家のひとつ、紀州徳川家が成立。頼宣は徳川2代将軍徳川秀忠より銀5千貫を受領し、これを元手に1621年より城の改修と城下町の拡張を開始した。しかし、この改修が大規模であったため幕府より謀反の嫌疑をかけられるほどであった。

その後、1655年に西の丸・二の丸が焼失。1813年に西の丸大奥より出火し西の丸御殿が全焼。1846年に天守に落雷。大小天守など本丸の主要建造物が全焼。1850年に大小天守が再建されたが19457月のアメリカ軍の和歌山大空襲により天守など11棟を焼失した。1945年の空襲の際に、大楠も大きな損傷を受けたが、今はその箇所も分からぬほどに旺盛な繁茂を見せている。

その和歌山城がある和歌山市に行くには、JR新大阪駅から特急くろしお号に乗って行くのが便利。JR新大阪駅は東海道・山陽・九州新幹線が乗り入れているし、北陸方面からの特急サンダーバード号、鳥取方面からの特急スーパーはくと号、福知山・城崎温泉方面からの特急こうのとり号も停車する。JR新大阪駅までは東海道新幹線のぞみ号で東京から約2時間半。山陽新幹線のぞみ号・みずほ号で博多から約2時間半。特急サンダーバード号で金沢から約2時間半。特急スーパーはくと号で鳥取から約2時間40分。特急こうのとり号で城崎温泉から約2時間40分。それでJR新大阪駅から特急くろしお号に乗ってJR和歌山駅までは約1時間で到着する。JR大阪駅から出ている紀州路快速で和歌山までは約1時間半くらい。列車の本数としては紀州路快速のほうが多い。だから和歌山城に行って帰ってくるだけだったら、東京、博多、金沢、鳥取から日帰り旅行で行ける所である。

さてJR和歌山駅から和歌山城大手門前まではタクシーで56分で到着。私は駅前で着け待ちしている個人タクシーに乗ったのであったが、この運転手、少々ぶっきらぼうであった。()

この大手門からさほど遠くない所に和歌山県天然記念物指定の楠木の大木がある。この楠木の巨木は、四国、九州地方にある楠木の巨木と比べると、ほんのわずかながら太さに欠けるが、関東・甲信越地方にある楠木と比べれば、これは比べものにならないほど、幹が格段に太い。

熱海・来宮神社の楠木や身延・大野山本遠寺の楠木は、巨木ではあるがほとんど枯れかかっていて、幹の中が空洞になってしまっているが、和歌山城一之橋の楠木の巨木は、隆々とした堂々たる楠木の巨木で、空洞等も全くない。

和歌山城の大楠1


和歌山大楠4


和歌山大楠7


和歌山大楠14


和歌山大楠15
 

(和歌山城一之橋の楠木の巨木)

 

続きを読む

大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の証拠・楠木調査で訪問した静岡県熱海市・来宮神社

大石寺の「戒壇の大本尊」の楠木の調査で、いろんなところに実地調査に行きましたが、その中で静岡県東伊豆地方の楠木調査に行ったときのことをここに紹介します。

静岡県東伊豆地方には、樹齢千年を超える大楠木がありますが、「鎌倉・江戸小氷期」といわれる時代においても、ここに楠木が自生していたと思われること。

そして身延山から最も近いところにある楠木自生地域だと考えられる。というわけで、ここに楠木調査に行っています。

来宮神社というのは、静岡県熱海市のJR伊東線・来宮駅から徒歩で78分くらいのところにある神社です。熱海駅からタクシーで行っても、ものの5分もかからないくらいで着いてしまいます。

来宮神社のすぐ前には、JR東海道線・伊東線が走っていて、さらに東海道新幹線の高架橋もあります。来宮神社の入り口は、東海道新幹線の高架橋の、すぐ真下ぐらいの所に位置しています。

創建時期は定かではないが、社伝によると和銅3年(710年)、熱海湾で網に木の根が掛かる事が3度重なり、不思議に思った漁師があらためると神像のようであったので、近くの松の下に祀って、持っていた麦こがしを供えたところ、その夜の夢に五十猛命が現れ、潮騒が耳障りであるとの神託があり、現在地に遷祀したといい、木の根を神体としたところから「木の宮」と称えたという。

坂上田村麻呂が戦勝を祈願し、当社の分霊を東北地方の各地に鎮座させたという伝承もある。

来宮神社には推定樹齢2000年以上と伝承され、国の天然記念物に指定されている大楠木が二本ある。もちろん、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠の一つが、楠であるわけで、国の特別天然記念物、天然記念物に指定されている楠の中では、この静岡県熱海市の来宮神社の大クスと、静岡県伊東市の葛見神社の大クスが静岡県にあり、これが最も身延山に近い。

日蓮正宗カルト法華講員たちと論争していると、全く関係ないものまで、ありとあらゆるものを大石寺の教義や本尊に、無理矢理にでも結びつけようとします。

「鎌倉時代の身延山には楠木がない」というと、「静岡県にある」などと言う。

「鎌倉時代から江戸時代にかけて、地球は『鎌倉・江戸小氷期』と呼ばれる寒冷期だったので、身延山には楠木がなかった」と言うと、「1本もないはずはない。いくら小氷期でも身延山に1本ぐらいは楠木があったはずだ」と言い張って、あるはずがない「たった1本の楠木」に無理矢理にでもしがみつこうとする。

この来宮神社の大楠木は、推定樹齢2000年ということだから、太平洋に面して比較的温暖な熱海・東伊豆地方にあって、「鎌倉江戸・小氷期」と呼ばれる寒冷期の時代もこの熱海で生きていたと思われるが、しかし楠木が静岡県にあると言っても、熱海や伊東にある大楠木を鎌倉時代に、日蓮が住んでいた身延山まで運んだ信者は一人もおらず、そんな記録も全く残っていない。

そもそも鎌倉時代の日蓮は、身延山中で極貧の生活をしていたのであり、日蓮一門に、静岡県熱海や伊東にある楠木を身延山まで運搬せしめる経済力も財力もなかった。したがって、日蓮正宗法華講員たちの妄説は完全崩壊しているのである。

そういう中で、来宮神社の大楠木の実態を調査しよう行ったわけです。行ったら行ったで、さまざまなことが新たにわかり、日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠・楠木に関して、また新たな偽作の証拠が出てきた、というわけです。

来宮大楠10

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(26)~小泉久遠寺・岡宮光長寺の楠木は江戸・明治の大火以降に植樹されたことが明白

■検証26・昔も今も身延山に自生の楠木はない21

 

□自生の楠木の繁殖地域は熱海・伊豆・西日本・関西・中国・四国・九州地方である

 

「アンチ日蓮正宗」の「日蓮正宗大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は後世の偽作だ」を執筆するに当たって、「楠木」の件に関しては、身延山久遠寺、大野山本遠寺のみならず、楠木が実際に自生している西日本、四国、九州へ実地調査に行っている。実際に現地に実地調査に行くと、楠木が自生している地域と、そうでない地域の違いが明確にわかる。明らかな違いを書くと

□大野山本遠寺や山梨県・静岡県近辺の寺院・神社にある楠木の大半は一本のみ繁殖しているが、楠木が自生している地域に行くと、一本だけではなく、その周辺に何十本もの楠木が生い茂っている。身延山久遠寺の僧侶が「楠木だ」と自称している樹木も一本のみである。熊本県熊本市にある熊本城の敷地内には、それこそ若々しく太い幹の楠木がそれこそあちらこちらに何十本も繁殖している。

熊本城飯田丸前の楠木4
 

(熊本市熊本城周辺に繁殖する自生の楠木)

本遠寺の楠木5(木の下の方が割れている)
 

(大野山本遠寺の大楠木)

身延山久遠寺の楠木4
 

(身延山久遠寺祖師堂前の楠木)

□楠木が自生している地域に生い茂っている楠木は、幹がものすごく太く、若々しい楠木が繁殖している。これに対して、大野山本遠寺の楠木は、幹は太いものの、半分以上、枯れているような楠木である。身延山久遠寺の僧侶が「楠木だ」と自称している樹木は、割と若々しく見えるが、幹が細く、見た感じとしては楠木に見えない。このように、明らかな違いがある。

そもそも本遠寺にしても、八幡神社にしても、1本しか楠木が繁殖していないというのは、それは自生の楠木なのではなく、どこからか植林された楠であることは明らかである。この身延・富士周辺の神社・仏閣などの境内において楠木が見受けられることについて、これは、私たちが専門家に調査したところ、室町時代以降において人の手によって植樹されたものであることがわかった。

富士地方で言うと、静岡県富士宮市にある富士門流八本山のひとつである日蓮宗本山・小泉久遠寺に、富士宮市が保存林に指定している楠木がある。

小泉久遠寺8楠
 

(日蓮宗本山・小泉久遠寺の富士宮市が保存林に指定している楠木の看板)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(25)~今の身延山の楠木は日蓮在世当時から生き残る楠木ではない

■検証25・昔も今も身延山に自生の楠木はない20

 

□今の身延山の楠木は日蓮在世当時から生き残る楠木ではない

 

それから自称・中立「日蓮宗?」は、ネットで鳥のフン説なるものを見つけて、狂喜して?得意気に書いていたが、私は、というと、すでに述べていますが、身延山久遠寺まで、楠木の実地調査に行って確認してきています。それで現地で確認したところ、現在の身延山久遠寺にある楠木は、祖師堂前(というか広場をはさんで向かい側の)にある楠木一本だけ。もし身延山に、楠の種入りのフンを鳥が落としたという可能性があるというなら、身延山久遠寺に楠木が一本しかないわけがない。それこそ、身延山久遠寺周辺に楠木が何本、何十本と群生していても、おかしくないではないか。 しかしそのような事実は全くない。それから自称・中立「日蓮宗?」の言い方では、今の身延山久遠寺・祖師堂前にある一本の楠木が、あたかも日蓮在世の時代から生き残っているかのような言い方だが、これは誤りである。まず今の身延山久遠寺の本堂・祖師堂・報恩閣・仏殿・客殿・御真骨堂拝殿・開基堂がある所は、日蓮在世の時代からあったのではなく、1474(文明6)年、身延山久遠寺11世法主・行学院日朝の代に、身延山西谷にあった久遠寺の伽藍・諸堂を現在の地に移転したものであること。さらに身延山久遠寺は、1875(明治8)110日の大火災で、本堂・祖師堂をはじめとする諸堂・聖筆をはじめとする重宝類から身延山の森林等々を悉く焼失していること。

さらに科学的データに基づく身延町教育委員会の役職員の見解によれば

12001900年 の約700年間は『 鎌倉・江戸小氷期』という、いわば小氷河期だった」

「暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は身延山周辺にあるけれども、地球温暖化がはじまる以前においては、現在よりももっと南側にあった」

「したがって、日蓮が生きていた時代である鎌倉時代においては、身延山周辺は楠木などの暖地性植物の生息域には入っていなかった」

ということである。であるならば、日蓮が生きていた時代に、身延山周辺には自生の楠木というものは、存在していなかったということ。 こういった身延町教育委員会の役職員の見解は、少なくとも、自称中立「日蓮宗?」の書き込みよりは、数倍、数十倍も説得力あるものだ。

自称・中立「日蓮宗?」なる者は、1474(文明6)年に身延山・西谷にあった久遠寺の伽藍・諸堂を現在の地に移転したということや、1875(明治8)110日の大火災で身延山久遠寺の堂宇・森林を悉く焼失したという身延山久遠寺の歴史について全く暗く

「今現在身延で、楠が枯れずに生えているのですから、身延の寒さにも楠は耐えられるということになりますね」

などと、あたかも身延山久遠寺祖師堂前の楠木が、あたかも日蓮在世の時代から存在していて、身延山の小氷期に耐えて生き残ってきたかのように書いているが、見当違いも甚だしい。

少なくとも、久遠寺祖師堂前の楠木は、1875(明治8)110日の大火災以降において、植林されたことが明らかである。よって久遠寺祖師堂前の楠木は、身延山の小氷期に耐えて生き残ってきたわけではないのである。

身延山久遠寺の楠木4
 

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(19)~暖地性植物と温帯性植物の生息域の中間点は地球温暖化によって北上してきている

■検証19・昔も今も身延山に自生の楠木はない14

 

□暖地性植物と温帯性植物の生息域の中間点は地球温暖化によって北上してきている

 

さらに身延町教育委員会の担当者に直接取材したところ、身延町教育委員会で仕事をしている植物学者の説として、この暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は、近年の地球温暖化によって徐々に北上してきているという回答を得ている。つまり現在のところ、暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は身延山周辺にあるけれども、地球温暖化がはじまる以前においては、現在よりももっと南側にあったというのである。したがって、日蓮が生きていた時代である鎌倉時代においては、身延山周辺は楠木などの暖地性植物の生息域には入っていなかったということ。であるならば、日蓮が生きていた時代に、身延山周辺には自生の楠木というものは、存在していなかったということではないか。

楠の木そのものは、現在でも多く見られるのは主に西日本地方なのであって、日本本土では本来自生していたものかどうかは専門家の間でも疑問が投げかけられており、中国南部などからの史前帰化植物ではないかとも専門家筋では指摘されている。 自然植生の森林では見かけることが少なく、人里近くに多く、神社林ではよく楠の木の大木がある。身延・富士周辺の神社・仏閣などにおいて楠木が見受けられ、これらは、室町時代以降において人工的に植樹されたものであることがわかっている。 これらについては森林組合や木材加工の専門家は、鎌倉幕府滅亡の後、建武の中興の時代、後醍醐天皇を奉じて活躍した武将・楠木正成公の徳を慕って関西地方から楠木が植林されたものが最初だと証言している。 つまり身延山や富士地方周辺の楠木は、室町時代以降に人工的に植樹された楠の木だということなのである。

本遠寺の楠木2


本遠寺の楠木5(木の下の方が割れている)
 

(山梨県身延町の日蓮宗寺院・大野山本遠寺の楠木)

身延山久遠寺の楠木4
 

(身延山久遠寺祖師堂前の楠木)

身延山久遠寺2
 

(身延山久遠寺祖師堂)

来宮大楠10
 

(阿豆佐和気神社(来宮神社)の大クス)

葛見大楠9
 

(葛見神社の大クス)

熊本城飯田丸前の楠木4
 

(熊本・藤崎台の大クス)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ