アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ > 和泉公日法は「戒壇大本尊」を彫刻していない

■検証284・日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない15   □「戒壇大本尊彫刻の木くず」が本当に岡宮光長寺にあるのかどうかを調査2   岡宮光長寺の僧侶の回答は、かくなるものでしたが、「そういうものは、聞いたことがない」というのは、 ...

■検証283・日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない14   □「戒壇大本尊彫刻の木くず」が本当に岡宮光長寺にあるのかどうかを調査1   大石寺の「戒壇の大本尊」日法彫刻説の重要な根拠になってきたのが、岡宮光長寺の「戒壇の大本尊」彫刻 ...

■検証282・日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない13   □「アンチ日蓮正宗」による「日法は戒壇大本尊を彫刻せず」の論破に反論不能の「慧妙」   日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、大石寺の「戒壇の大本尊」造立には莫大な費用は必要ない、 ...

■検証81・「冨士大石寺明細誌」の文は「戒壇の大本尊」日蓮造立・日法彫刻の証明ではない2   □「自筆の手形一通之有り」という「冨士大石寺明細誌」の記述の内容そのものがウソの記述   まず「冨士大石寺明細誌」の文であるが、大石寺59世堀日亨が「冨士大石寺明細 ...

■検証80・「冨士大石寺明細誌」の文は「戒壇の大本尊」日蓮造立・日法彫刻の証明ではない1   □洗脳法華講員の妄説は別の法華講員による別サイトの戯論の丸写しというお粗末   --------------------------------------------------------- (不埒な洗脳法華講員・龍 ...

■検証79・日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない   □大石寺17世日精が唱えた「戒壇の大本尊・日法彫刻説」は大ウソ説である   大石寺では「戒壇の大本尊」なる板本尊や「最初仏」は、日興の弟子で熱原法難の時に活躍した日弁の弟子であ ...

■検証78・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である9   □「戒壇の大本尊」日法彫刻説の文証「松野殿御書」は後世の偽書である2   「松野殿御書」なる文書は、一読して「こんなことを日蓮が書き残すはずがない」とわかる文書である。こ ...

■検証77・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である8   □「戒壇の大本尊」日法彫刻説の文証「松野殿御書」は後世の偽書である1   さて大石寺17世日精が捏造した「戒壇の大本尊・日法彫刻説」のたたき台にされたのが、これまた後世の誰 ...

■検証76・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である7   □「戒壇の大本尊」なる板本尊を所化僧一人で彫刻することは不可能である2   それでは、日法一人が実際に「戒壇の大本尊」なる板本尊を彫刻したのではなく、1672(寛文12)年6月13日 ...

■検証75・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である6   □「戒壇の大本尊」なる板本尊を所化僧一人で彫刻することは不可能である1   大石寺66世細井日達法主の説法によれば、 「戒壇の御本尊様は楠の厚木です。表から見るとこういう板 ...

■検証74・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である5   □所化僧に対して師僧の最重要な用務を命じるということは絶対にあり得ない   日蓮正宗が「日法が『戒壇の大本尊』を彫刻した」などと自称している1279(弘安2)年10月当時、日法は ...

■検証73・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である4   □1279(弘安2)年10月当時、和泉公日法はまだ所化僧だった2   1280(弘安3)年11月、日蓮が日法に授与した本尊の脇書に、日蓮が日法のことを「比丘日法」と呼んでいることは、まこと ...

■検証72・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である3   □1279(弘安2)年10月当時、和泉公日法はまだ所化僧だった1   和泉公日法と「戒壇の大本尊」なる板本尊・「最初仏」・楠木は全くの無関係であることを徹底的に検証していく上におい ...

■検証71・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である2   □岡宮・光長寺に「戒壇の大本尊」なる板本尊彫刻の木屑は存在しない   明治時代、大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代貫首・玉野日志が弁舌をたたかわせた「霑志問答」で、大石寺 ...

■検証70・大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と和泉公日法は全くの無関係である1   □大石寺の「戒壇大本尊」は和泉公日法が彫刻した板本尊だと言って信者を欺瞞する日蓮正宗   日蓮正宗大石寺では、奉安堂の須弥壇に、「最初仏」と称する高さ9.1センチの楠木で造 ...

↑このページのトップヘ