アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮は神木である楠木を伐り倒していない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

ここでも神木として祀られていた静岡県伊東市・葛見神社の大楠木

□大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の証拠・楠木調査で訪問した静岡県伊東市・葛見神社

 

静岡県伊東市にある葛見神社にも、国の天然記念物に指定されている大楠の巨木がある、ということで調査に行きました。

この葛見神社は、JR伊東駅からは、かなり離れた所にあり、だいぶ歩いて行った記憶があります。しかしJR伊東駅前の観光案内所の係の女性が、とても親切な方で、地図に赤鉛筆で印を付けて、歩くルートまで懇切丁寧に教えてくれたため、歩いたものの、迷わずに葛見神社まで、たどり着くことが出来ました。

伊東市の中心部からは、少し離れた所にあり、あまり目立たない場所にありました。

国の天然記念物に指定されている大楠の巨木は、神社本殿に向かって左側にありました。

ここの葛見神社の大楠も、熱海市の来宮神社の大楠ととてもよく似た巨木でした。

葛見大楠10 

まず、ものすごく太い幹で、楠木が上に広がるように繁殖している。これは自生している楠木の巨木の特徴的なものです。そして、この葛見神社の大楠も、熱海市の来宮神社の大楠と同様に、太いしめ縄が張られ、巨木の根の部分には、ミニ社が造られていました。

葛見神社楠木も、「神木」になっているということです。御神体そのものではないですけども、神木として地元の人たちから崇められているようです。

葛見大楠4

それと、ここ葛見神社の大楠や熱海・来宮神社の大楠は、見るだけで明らかにわかるくらい、幹の太さが、身延山久遠寺の祖師堂前にある楠木と比べたら、ぜんぜん太いですね。これは比べものにならないくらいです。

まあ身延山久遠寺と、東伊豆の熱海・伊東とは、比べものにならないくらい東伊豆のほうが温暖です。葛見神社の大楠や熱海・来宮神社の大楠の幹の太さは、どちらかというと西日本、九州地方に自生している大楠の巨木に似ています。それだけ、東伊豆地方の海岸に近い所は、それだけ気候が温暖だということなのだと思います。

こういうことを書くと、日蓮正宗法華講員たちが、ここの楠木に飛びついて来そうですね。

しかし残念ながら、日蓮一門に、東伊豆の楠木の大木を身延山まで運搬させる経済力・財力も労力もなかった。東伊豆から身延山に楠木を運搬したなどという記録はひとつも残っていない。

そもそも神を崇敬していた日蓮が、神木になっている楠木の大木を切り倒すはずがないのである。

 葛見大楠6

 

楠が神木になっていることが大石寺の「戒壇の大本尊」が後世の偽作である証拠だ

□大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の証拠・楠木調査で訪問した静岡県熱海市・来宮神社3

 

来宮神社の楠木は、「神木」になっているわけですが、この「神木」とは、神体としての木や神聖視される木、であると同時に、伐採をしないとされる木ということである。

「神木」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%9C%A8

「神木(しんぼく)とは、古神道における神籬(ひもろぎ)としての木や森をさし、神体のこと。また依り代・神域・結界の意味も同時に内包する木々。一般的に神社神道の神社、神宮の境内にある神体としての木や神聖視される木、その周りを囲む鎮守の森や、伐採をしないとされる木を指す。

この他、神社の所有地、民間の所有地にあって民間伝承などの特別な謂われのある木を指す。」

 

このようにはっきり書いてあります。

この来宮神社の楠木も、神木であり、古くから伐採を制止してきた木なのである。

このことは、境内に建てられている来宮神社の建て札にはっきりと書いてあります。

来宮大楠2 

「大樟(大楠)

天然記念物  文部大臣指定 昭和八年二月二十八日

樹齢二千年 周囲二〇米 高さ二〇米

…其の頃、此の社の森には七本の楠や椎の木、細葉の大木、羊朶類等が自生していて昼なを暗く大地を覆っていました。ところが今から約百二十余年前の嘉永年間と云ふ年に熱海村に大網事件と云ふ(流刑者まで出した)全村挙げての大事件が勃発し其の訴訟費など捻出するため、五本の大楠は伐られてしまったのです。現在残されている其の中の一本の此の大楠をも伐ろうとして樵夫が大鋸を幹に当てようとしたところ、忽然として白髪の老人が現れ、両手を広げて此れを遮るような姿になると、忽ち大鋸は手元から音をたてて二つに折れ、同時に白髪の老人の姿は消えてしまったのです。此れは神のお諭しであるとして村人等は大楠を伐る事を中止してしまいました。此の木が即ち現在ある御神木であります」

来宮大楠1 

続きを読む

神々を敬っていた日蓮が神木になっている楠木を伐採するはずが絶対にない

□大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の証拠・楠木調査で訪問した静岡県熱海市・来宮神社2

 

来宮神社に来ると、まず目につくのは、やはりこの神社にある大楠木に関する看板であり、どれも「国指定天然記念物」「樹齢二千年」というふうに書いてあります。

来宮大楠19 

ここはもともと7本の大楠木があったところが5本を伐採したので、残っているのは2本ということ。

神社の入り口から入っていくと、まずは第二大楠があります。太い楠木にはしめ縄が張られ、ミニ鳥居、ミニ社が造られていて、完全に神木扱いになっています。

この第二大楠のさらに奥にあるのが第一大楠で、こちらのほうが第二大楠よりも幹が太いし、高さも高い。枝分かれしている部分を含めても、楠の大きさも第二大楠よりも大きい。もちろん第一大楠も「しめ縄」が張り巡らされ、ミニ鳥居、ミニ社が造られていて、こちらも神木になっています。

来宮大楠10 

私がここに来た日も、たくさんの人が訪れていて、第一楠木の前で、合掌・礼拝している人がいました。ここ来宮神社には御神体があるのでしょうが、こういうのを見ていると、ここの実質的な御神体は、二本の大楠木であるような気がします。

 

さて神社境内には、大楠木に関する案内板が立っています。

来宮大楠3 

「日本最樹齢の樟 国指定天然記念物

大 樟

文部大臣指定 昭和八年二月二十八日

樹齢 二千年以上 周囲 二十三.九米 高さ 二十六米以上

御由緒

古代においては、此の樟 神の御霊をお招きしてお祀りしておりました。現在は当社の御神木となっております」

この大楠木が、この神社の御神木であると、はっきり書いてあります。

 

「神木」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%9C%A8

「神木(しんぼく)とは、古神道における神籬(ひもろぎ)としての木や森をさし、神体のこと。また依り代・神域・結界の意味も同時に内包する木々。一般的に神社神道の神社、神宮の境内にある神体としての木や神聖視される木、その周りを囲む鎮守の森や、伐採をしないとされる木を指す」

 

ここにはっきり書いてあります。神木とは、神体としての木や神聖視される木、その周りを囲む鎮守の森や、伐採をしないとされる木のことである。

 

続きを読む

大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の証拠・楠木調査で訪問した静岡県熱海市・来宮神社

大石寺の「戒壇の大本尊」の楠木の調査で、いろんなところに実地調査に行きましたが、その中で静岡県東伊豆地方の楠木調査に行ったときのことをここに紹介します。

静岡県東伊豆地方には、樹齢千年を超える大楠木がありますが、「鎌倉・江戸小氷期」といわれる時代においても、ここに楠木が自生していたと思われること。

そして身延山から最も近いところにある楠木自生地域だと考えられる。というわけで、ここに楠木調査に行っています。

来宮神社というのは、静岡県熱海市のJR伊東線・来宮駅から徒歩で78分くらいのところにある神社です。熱海駅からタクシーで行っても、ものの5分もかからないくらいで着いてしまいます。

来宮神社のすぐ前には、JR東海道線・伊東線が走っていて、さらに東海道新幹線の高架橋もあります。来宮神社の入り口は、東海道新幹線の高架橋の、すぐ真下ぐらいの所に位置しています。

創建時期は定かではないが、社伝によると和銅3年(710年)、熱海湾で網に木の根が掛かる事が3度重なり、不思議に思った漁師があらためると神像のようであったので、近くの松の下に祀って、持っていた麦こがしを供えたところ、その夜の夢に五十猛命が現れ、潮騒が耳障りであるとの神託があり、現在地に遷祀したといい、木の根を神体としたところから「木の宮」と称えたという。

坂上田村麻呂が戦勝を祈願し、当社の分霊を東北地方の各地に鎮座させたという伝承もある。

来宮神社には推定樹齢2000年以上と伝承され、国の天然記念物に指定されている大楠木が二本ある。もちろん、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠の一つが、楠であるわけで、国の特別天然記念物、天然記念物に指定されている楠の中では、この静岡県熱海市の来宮神社の大クスと、静岡県伊東市の葛見神社の大クスが静岡県にあり、これが最も身延山に近い。

日蓮正宗カルト法華講員たちと論争していると、全く関係ないものまで、ありとあらゆるものを大石寺の教義や本尊に、無理矢理にでも結びつけようとします。

「鎌倉時代の身延山には楠木がない」というと、「静岡県にある」などと言う。

「鎌倉時代から江戸時代にかけて、地球は『鎌倉・江戸小氷期』と呼ばれる寒冷期だったので、身延山には楠木がなかった」と言うと、「1本もないはずはない。いくら小氷期でも身延山に1本ぐらいは楠木があったはずだ」と言い張って、あるはずがない「たった1本の楠木」に無理矢理にでもしがみつこうとする。

この来宮神社の大楠木は、推定樹齢2000年ということだから、太平洋に面して比較的温暖な熱海・東伊豆地方にあって、「鎌倉江戸・小氷期」と呼ばれる寒冷期の時代もこの熱海で生きていたと思われるが、しかし楠木が静岡県にあると言っても、熱海や伊東にある大楠木を鎌倉時代に、日蓮が住んでいた身延山まで運んだ信者は一人もおらず、そんな記録も全く残っていない。

そもそも鎌倉時代の日蓮は、身延山中で極貧の生活をしていたのであり、日蓮一門に、静岡県熱海や伊東にある楠木を身延山まで運搬せしめる経済力も財力もなかった。したがって、日蓮正宗法華講員たちの妄説は完全崩壊しているのである。

そういう中で、来宮神社の大楠木の実態を調査しよう行ったわけです。行ったら行ったで、さまざまなことが新たにわかり、日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠・楠木に関して、また新たな偽作の証拠が出てきた、というわけです。

来宮大楠10

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(35)~「身延山に自生の楠木はない」「日蓮は楠木を伐り倒していない」証拠のまとめ

■検証35「弘安二年十月、身延山に自生の楠木はなかった」「日蓮は楠木を伐り倒していない」証拠のまとめ

 

それではここで「弘安二年十月、身延山には自生の楠木はなかった」「昔も今も身延山に自生の楠木はない」「日蓮は楠木を伐り倒していない」の証拠をまとめてみたい。

 

□日蓮には、楠木、彫刻仏師等を外部から調達できるほどの経済力はなかった。

(証拠は数ある日蓮の遺文(御書))

 

◆今の身延山に自生の楠木はない

 

□環境省の「緑の国勢調査」で今の身延山が自生の楠木の繁殖地ではないことは明らか。

□身延山久遠寺にある楠木は1本だけなのであり、1本しか楠木がない身延山久遠寺を、楠木の自生地と認めるわけにはいかない。

□国指定の特別天然記念物、天然記念物の楠の繁殖地に身延山久遠寺の名前はない。

 

◆鎌倉時代の身延山に自生の楠木はなかった

 

□植物学者の「現在のところ、暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は身延山周辺にあるが、この暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は、近年の地球温暖化によって徐々に北上してきている」という見解。中間点は、地球温暖化がはじまる以前においては、現在よりももっと南側にあった。

□植物学者・気候学者等が唱える「温暖期・寒冷期サイクル説」。

これによれば、12001900年 の約700年間を「 鎌倉・江戸小氷期」という、いわば小氷河期に位置づけている。小氷期(しょうひょうき)とは、14世紀半ばから19世紀半ばにかけて続いた寒冷な期間のことで、小氷河時代ともいう。


坂口論文2


12001900年 の日本が「 鎌倉・江戸小氷期」という小氷河期にあったことを裏付ける記述が、日蓮の遺文(御書)にある。

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし」・・・・(御書全集p1294)

「其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。衣も薄くて寒ふせぎがたし。食たへて命すでに終はりなんとす・・・」(御書全集p1437)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ