アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有以前の代に『戒壇大本尊』は存在せず

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(272)~平井信行寺の板本尊を根拠とする「戒壇大本尊」日有以前存在説は誤りである2

■検証272・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された3

 

平井信行寺の板本尊を根拠とする「戒壇大本尊」日有以前存在説は誤りである2

 

1333(正慶2)3月に大石寺三祖日目書写の本尊に、後世の大石寺法主が加筆した脇書きに

「上新田より日盛御本尊御影御登りの時奥州まで下向候時の志に依て薗部阿闍梨日経に之を授与す」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p188より)

と書いてある。「奥州」とは、陸奥国の異称で、白河・勿来(なこそ)の関から北の磐城(いわき)、岩代、陸前、陸中、陸奥の5ケ国の総称である。これは、現在の福島県、宮城県、岩手県、青森県と秋田県の一部にあたる。つまり「奥州」とは白河・勿来(なこそ)の関の北側の総称である。

1333(正慶2)3月に大石寺三祖・日目が書写した本尊に、後世の大石寺法主が加筆した脇書きの文に「奥州まで下向」と書いてあるので、「下向」とは法主の地方巡教の時に使う言葉である。

大石寺17世日精が書いた伝記「家中抄」の「日影伝」によると、大石寺8世日影は、

「平井に於いて弘通あり」(『富士宗学要集』5p255より)

とあり、平井信行寺に巡教に出たことあったようだが、しかし平井(栃木県栃木市)という所は、白河・勿来(なこそ)の関の南側であり、ここは奥州には当たらない。大石寺9世日有の説法を弟子の南条日住が筆記した「有師物語聴聞抄佳跡上」という文書によると、大石寺8世日影は

「日影上人下野平井薗部御出生…下野平井薗部に弘通し会津実成寺に住居す」(『富士宗学要集』1p222より)

とあるから、大石寺法主に登座する以前は、会津実成寺の住職だったようである。会津は「奥州」の中に入ってはいるが、「下向」とは法主の地方巡教であるから、法主登座以前に会津実成寺の住職だったことは「下向」には該当しない。同じく「有師物語聴聞抄佳跡上」という文書によると、1408(応永15)64日、大石寺門流の奥州7ケ寺(新田・本源寺、森・上行寺、加賀野・本道寺、柳目・妙教寺、宮野・妙円寺、会津・実成寺)の住職が、大石寺6世日時三回忌法要のために大石寺に登山したという記述が見られる。

平井(栃木県栃木市)信行寺に格蔵されている板本尊の日付は、応永十九年(1412)十月十三日になっているが、1412(応永19)年は大石寺6世日時の七回忌の年に当たる。日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺に格蔵されている「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊が、大石寺6世日時の七回忌の年の応永十九年(1412)十月十三日に板本尊として造立されるというのは、あまりにも不自然である。そもそも、1412(応永19)年の時点において、日蓮正宗大石寺門流の本山・末寺において「板本尊」という化儀は全く存在していなかった。薗部阿闍梨日経は、板本尊を造立するに当たって、1406年の大石寺6世日時死去の時も、三回忌の時も造立しなかったのに、七回忌の年に造立したとは、とても考えにくい。そもそも本山・大石寺にも存在していなかった板本尊を、末寺の住職が造立するなどということは、絶対に有りえないし、不可能なことである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(271)~平井信行寺の板本尊を根拠とする「戒壇大本尊」日有以前存在説は誤りである1

■検証271・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された2

 

平井信行寺の板本尊を根拠とする「戒壇大本尊」日有以前存在説は誤りである1

 

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺に格蔵されている、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付があり日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊の脇書きには、「右願主薗部/日重弟子小輔/阿闍梨日経造立」「遺弟日影代/応永十九年太歳壬辰/十月十三日」と書いてあるが、ここに書かれている薗部阿闍梨日経とは、そもそもどういう人物だろうか??この時代の残されている史料は、まことに少ないが、この薗部阿闍梨日経という人物が出てくる文献は、二つある。

 

1 日蓮正宗大石寺17世法主日精が書いた「家中抄」の「日影伝」で紹介されている本尊の端書の文

「右妙経妙一卅三年菩提の為に之を書写す、施主薗部阿闍梨日経応永廿癸巳年三月十五日大石寺遺弟日影在判」(『富士宗学要集』5p255より)

2 1333(正慶2)3月に日目が書写した本尊に、後世の大石寺法主が加筆した脇書きの文

「上新田より日盛御本尊御影御登りの時奥州まで下向候時の志に依て薗部阿闍梨日経に之を授与す」(『富士宗学要集』8p188より)

 

1の文からして、1413(応永20)年に薗部阿闍梨日経は「妙経」「妙一」という人物の33回忌法事の施主をしていたようで、すでにこのころは平井信行寺の住職として当住していたと考えられる。

この時代は大石寺法主は8日影で、大石寺9世日有はまだ登座前の11才の少年僧。

したがって、薗部阿闍梨日経は大石寺9世日有よりも、かなり年上の人物と推測される。

2の文にある「下向」とは、「高いところから低いところに降りていくこと」「都から地方に行くこと」であるが、日蓮正宗大石寺門流で「下向」とは、法主が地方巡教に行くことを指して云う。

日蓮正宗大石寺の法主で、地方巡教に出た最初の人物、最初に奥州巡教に出た法主は大石寺9世日有であり、大石寺6世日時でも大石寺8世日影でもない。

したがって、□2の文を加筆した人物は、大石寺9世日有だと考えられる。

その大石寺9世日有が奥州巡教に行った折り、大石寺三祖・日目の本尊を薗部阿闍梨日経に授与したというのである。薗部阿闍梨日経は何らかの功績があり、その褒賞によって法主である大石寺9世日有が三祖・日目の本尊を薗部阿闍梨日経に授与したものと考えられる。

こういう方式は、室町時代から江戸時代にかけて日蓮正宗大石寺門流で行われていた褒賞のやり方のようである。ここに信行寺の板本尊が、いつ板本尊として造立されたかを知るひとつのポイントがある。大石寺9世日有が、薗部阿闍梨日経に褒賞として、大石寺三祖日目の本尊に加筆して授与したとすれば、当然、信行寺の板本尊は、この時点において、板本尊にはなっていなかったはずである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(270)~日蓮正宗・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された

■検証270・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された

 

□「小氷期」だった室町時代には栃木県栃木市平井信行寺周辺には自生の楠木はなかった

----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

日蓮正宗に伝わる板御本尊のうち、戒壇の大御本尊を除いて最も古いものは、栃木県信行寺に伝わる8世日影上人造立の板御本尊である。この御本尊は、総本山に所蔵される弘安3年の大聖人御真筆御本尊を謹刻されたものであるが、このような化儀を日影上人が独創するとは考えられず、大石寺門流の伝統を踏まえ、造立された御本尊であることが明白である。したがって、板御本尊造立の始まりが日有上人からである、とする疑難は崩壊しているのである。

 (20130124日の楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺には、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊が格蔵されていて、この板本尊には表の右下に「右願主薗部/日重弟子小輔/阿闍梨日経造立」と書いてあり、左下には「遺弟日影代/応永十九年太歳壬辰/十月十三日」と書かれている。

これを以て龍神ひろしは、「戒壇の大本尊」は日有の偽作ではないと言いたいようだが、そもそも平井信行寺の板本尊が「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有以前から存在したとする説は、「日蓮と本尊の伝承」の著者・金原明彦氏が言い出した説であり、龍神ひろしの説は、金原明彦説のパクリであり、得意の猿まねである。さてこの金原明彦氏の説は全くの誤りであり、同時に、猿まねをしている龍神ひろしの説も自動的に誤りということになる。

この応永十九年(1412)十月十三日の日付入りの板本尊だが、大石寺59世堀日亨が書いた「堀ノート」によると、この本尊について

「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」

と書いており、楠木の板で出来ているという。が、しかし、この板本尊は応永十九年(1412)の大石寺8世日影の代に造立された本尊とは、とても考えにくいのである。理由は以下の点である。

 

■第1に、この板本尊は「楠板」で出来ているということだが、栃木県は、自生の楠木が存在しない身延山よりも北方にある。したがって、栃木県にも自生の楠木は存在しない。地球温暖化が進行した現在でも栃木県には自生の楠木は存在せず、ましてや「小氷期」だった室町時代には、なおさら栃木県周辺には自生の楠木はなかったと考えられる。したがって、日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺が単独で楠木の板本尊を造立するためには、自生の楠木が存在する遠方から楠木を調達し、さらに板本尊彫刻の仏師・職人も独自で調達してこなければならない。平井(栃木県栃木市)信行寺が単独で楠木・仏師・職人を調達して、板本尊を造立するなど、実質的に不可能であること。

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(18)~日蓮・日興~8世日影の代に「戒壇大本尊」は存在していなかった8(日興の重須移住)

■検証18・日蓮・日興~8世日影の代に「戒壇大本尊」は存在していなかった 8(日興の重須移住)

 

□日興の重須移住は日興在世当時、大石寺に「戒壇大本尊」が存在していなかった証拠

 

日蓮正宗大石寺の開祖・日興は、1298(永仁6)年、大石寺を離れて、新たに落成した重須本門寺(現在の北山本門寺)に移住している。この時、日興は52才。日蓮入滅から16年後、大石寺開創からわずか8年後のことである。

日興がなぜ大石寺を離れて北山本門寺に移り住んだのかについては、諸説が有り、定かではない。「当時の大石寺は敷地が狭く、談所(僧侶の養成所)ができなかったからだ」とする説もあれば、日興の健康悪化による移住説、大石寺解散説など、さまざまである。

その日興は、大石寺を離れる直前に「本六僧」を定めている。これは日蓮が死の直前に、池上邸で六老僧を定めたことに倣ったもので、日興が定めた本六僧とは、日目、日華、日秀、日禅、日仙、日乗の六人である。日蓮正宗では、日興が本六僧を定めた理由について、「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』に給仕する六人の弟子を定めた」と教えている。

もし、「戒壇の大本尊」なる板本尊が本当に大石寺に実在していたならば、そういう理屈も少しは成り立つかもしれない。

がしかし、そういうこと以前の問題として、日蓮正宗が、日蓮の「出世の本懐」「終窮究竟」の本尊といっている「戒壇の大本尊」なる板本尊が実在していたら、日興は北山本門寺に移り住む時に、真っ先に北山本門寺に移したはずである。

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、著書「富士日興上人詳伝」の中で

「本状(二箇相承のこと)は、興師常持で、身延より富士へ、大石寺より重須本門寺へ移られてより、同寺にて格護したりしが…」(『富士日興上人詳伝()p187)

と述べて、「二箇相承」は日興が大石寺から北山本門寺に移り住んだ時に、いっしょに持って行ったと言っている。

そうすると、この堀日亨の説によれば、日興は、「二箇相承」は北山本門寺に持って行ったが、「日興が身に宛て給はる」本尊である「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊は大石寺に置いたままにして行ったということになる。(実際は「二箇相承」は偽作されたものなのだが…)

そんなおかしな話しがあるだろうか。「戒壇の大本尊」なる板本尊が実在していたならば、日興は、「二箇相承」ともども、大石寺から北山本門寺に移したはずである。

堀日亨の言い訳は、まことに苦しい言い訳と言わざるを得ない。

59世日亨2

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(17)~日蓮・日興~8世日影の代に「戒壇大本尊」は存在していなかった7(「原殿書」「五人所破抄」)

■検証17・日蓮・日興~8世日影の代に「戒壇大本尊」は存在していなかった 7(「原殿書」「五人所破抄」)

 

□原殿書・五人所破抄は日興在世当時、大石寺に「戒壇大本尊」が存在していなかった証拠

 

日蓮の六老僧の一人で大石寺・北山本門寺の開祖・日興は、日興から原弥六郎への返状「原殿書」と「五人所破抄」で、次のように言っている。

「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候へども未だ木像は誰も造り奉らず候に」

(日興から原弥六郎への返状「原殿書」/日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8P1011)

「つらつら聖人出世の本懐を尋ぬれば、源権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

 

この二つの文は、日興が日蓮の「出世の本懐」について言及している箇所であるが、日蓮正宗が言うように、日蓮の「出世の本懐」であるはずの「戒壇の大本尊」なる板本尊が、当時、もし本当に実在していたならば、日興は、こんな言い方をしなかったはずである。

日蓮正宗が言うように「戒壇の大本尊」なる板本尊が、「日蓮の出世の本懐」の本尊として、現存していれば、「日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来」などとは言わずに、「日蓮聖人御出世の本懐・弘安二年の大御本尊」とか「日蓮聖人御出世の本懐・本門戒壇の大御本尊」という、直接言及する言い方をしたはずである。

しかし、そうは言わずに日興が「日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来」と言っていることは、この時代に「戒壇の大本尊」なる板本尊も、日蓮本仏義すらも、全く存在していなかった証左ではないか。

もし「戒壇の大本尊」なる板本尊が、「日蓮の出世の本懐」の本尊として、現存していたにも関わらず、日興が「日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来」と言ったとすれば、これは日興は二枚舌を使って信者を欺瞞していたということだ。

しかし、身延山在住時に、波木井実長の仏像造立、三島神社参拝、福士の塔造立、念仏道場建立に反対して、身延離山をするなど、潔癖なまでに日蓮の教えを守ろうとした日興が、二枚舌を使って欺瞞するなど、するはずがない。

つまりこの文は、日興が在世の時代、「戒壇の大本尊」なる板本尊が、実在していなかった証拠である。

戒壇大本尊1大正4年由井本1


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ