アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ > 戒壇大本尊を日蓮の弟子檀那が知らないはずがない

■論破10・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない   □細井日達「第1回正本堂建設委員会」説法と著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の自己矛盾を斬る   日蓮在世の時代の身延山の草庵に「戒壇の大 ...

■検証161・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない6   □「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない   --------------------------------------------- ...

■検証160・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない5   □「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない   -------------------------------------------- ...

■検証159・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない4   □細井日達の「第1回正本堂建設委員会」の説法と「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」なる著書との自己矛盾   こういった日蓮が生きていた時代の身 ...

■検証158・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない3   □身延山大坊落成式には京都や鎌倉の繁華街のように賑わった身延山久遠寺の大坊   日蓮の説法の折りには、百人を超える参詣者で賑わった身延山 ...

■検証157・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の草庵に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない2   □身延山に参詣していた人たちが「戒壇の大本尊」を知らないのは明らかな矛盾だ   日蓮は書き残した遺文(御書)の各所で、身延山の日蓮のもとに ...

■検証156・「戒壇の大本尊」が存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない1   身延山での日蓮の生活は、かなり質素なものであったようで、その住まいであった草庵も、三間四面、ないしは四間四面の小堂で、弘安4年(1281年)になってから、十間四面の御堂が ...

↑このページのトップヘ