アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

戒壇大本尊を日蓮の弟子檀那が知らないはずがない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺66世日達を斬る(10)~「第1回正本堂建設委員会」説法と著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の自己矛盾を斬る

■論破10「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない

 

□細井日達「第1回正本堂建設委員会」説法と著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の自己矛盾を斬る

 

日蓮在世の時代の身延山の草庵に「戒壇の大本尊」なる板本尊が本当に存在していたならば、弟子・信者のだれも知らないはずがない、という議論に対して、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が、法主登座以前の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の中で、次のように反論している。

------------------------------------------------------------

(大石寺66世細井日達法主の説法)

「いちおう。この議論を聞くと、つじつまのあった、理の通った説のように聞こえるが、少し考えてみれば、このばかばかしい議論に呆れるのである。いったい、宗祖(日蓮)御在世の身延山の模様が、細大漏らさず記録されているとでもいうのか。今日、御書及び日興上人の御記録の他は、わずかしかないではないか。しかも、その記録も読まないで、記録にないというのは馬鹿げた議論ではないか。現に、日法上人の彫刻された(日蓮の)御影が現存し、世間はそれを認め、また(日蓮の)門下各宗において認めているところである。……このわずかな記録から、当時の(身延山の)模様を拝察することが肝心である」

(細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」)

--------------------------------------------------------------

細井日達法主の反論は、和泉公日法が彫刻した日蓮の御影像が存在しているから、和泉公日法彫刻の「戒壇の大本尊」なる板本尊が存在していたと勝手に『推論』しているだけで、身延山での「戒壇の大本尊」なる板本尊彫刻の記録が残っていないことは細井日達法主も認めている。

和泉公日法が彫刻したと伝えられている日蓮の御影像は、北山本門寺御影堂の御影像をはじめ、鎌倉・妙本寺の御影像、龍口寺の祖師像、小泉久遠寺の「生御影」と呼ばれる御影像など、各地に多数存在しているが、仮に和泉公日法が彫刻したと伝えられている日蓮の御影像があるからといって、和泉公日法が彫刻したという「戒壇の大本尊」が存在するという証拠になるはずがない。当たり前のことである。 しかも、大石寺奉安堂の「戒壇の大本尊」のとなりに鎮座している一体三寸の「最初仏」と呼ばれる日蓮の御影像は、後世の偽作である。

細井日達法主は、身延山久遠寺の当時の模様について詳細な記録が残っていないことを認めた上で、何の証拠も示さず、一足飛びに推論だけで、「身延山の本堂の本尊は、本門戒壇の大御本尊だった」などと無理矢理に結論つけているのであるが、これこそ史実歪曲の詭弁ではないか。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(161)~「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない6

■検証161・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない6

 

「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

そもそも、「天台沙門」を自認して、釈尊一体仏の像に執着したり、大聖人御筆の御本尊を死人と共に埋葬(まいそう)してしまうような五老方が、御本尊の意義、なかんずく本懐中の本懐というべき大御本尊の重大意義を、もとより気付けるわけがない。それが理解できるような方々であったら、邪宗謗法化して、日興上人から厳しく破折されることになどならなかったであろう。

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』平成17216日号より)

-------------------------------------------------------

 

「アンチ日蓮正宗」では、日蓮の本尊や教義の意味を理解するしないに関わらず、日興以外の五老僧をはじめとする日蓮の弟子・信者が、「戒壇の大本尊」なる板本尊の存在を知らないということ自体が矛盾である、と言っているのである。それは、日蓮正宗大石寺66世法主細井日達が

「戒壇の大御本尊は大聖人ご在世当時、また日興上人がいらした当時、身延山で本堂に安置されていたものであります。また当時は、大聖人がおいでになるところが本堂であり、御入滅後は御本尊のおわしますところが、本堂となってきたものであります。

そして本堂で御本尊に信者が参拝したのであり、大聖人ご在世当時、身延へ参拝したのは信者だけですから、だれでも直接に御本尊を拝めたのです」

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」昭和404月号/「聖教新聞」S40.2.20)

 

第1回正本堂建設委員会1


第1回正本堂建設委員会2
 

と、誰でも直接、「戒壇の大本尊」なる板本尊を拝めたと言っていることからしても、なおさら、矛盾であるといえる。大石寺66世細井日達は「だれでも直接に御本尊を拝めた」と言っていることからして、これは日興以外の五老僧をはじめとする日蓮の弟子・信者が日蓮の本尊や教義の意味を理解するしないに関わらず、「戒壇の大本尊」なる板本尊を拝めたということに他ならないではないか。したがって、日蓮正宗の言うように、仮に日興以外の五老僧をはじめとする日蓮の弟子・信者が「大御本尊の重大意義」なるものを理解していなかったとしても、「戒壇の大本尊」なる板本尊を拝めたということは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の存在は知っていたはずである。

にもかかわらず、日蓮の弟子・信者たちのだれも「戒壇の大本尊」なる板本尊を知らないということは、おかしいと言っているのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(160)~「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない5


■検証160・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない5

 

□「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

●一見の後・秘して他見有る可からず口外も詮無し(『三大秘法禀承事』全集1023頁)

 

戒壇(事の戒法)についての御指南でさえ、一般僧俗には秘密にされたのである。その戒壇に安置すべき大御本尊の意義を秘されるのは、むしろ当然である。久遠寺においては本堂または大坊に安置されていたが、それも一般僧俗が大御本尊の意義を知らなかったからである。

 

●上代にはこのことが自他に喧伝せられなかったが、いずれの時代(中古か)からか、遠き広布を待ちかねて特縁により強信により内拝のやむなきにいたり‥(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨著『富士日興上人詳伝(下)』59頁)

 

身延離山後、大御本尊の意義が次第に明らかにされたため、かえって「秘蔵」を余儀なくされた。しかし時の経過とともに「遠き広布を待ちかねて特縁により強信により」"内拝"という形でお目通りが許された、ということか。

(日蓮正宗法華講員がつくる掲示板の書き込み)

---------------------------------------------------------

 

そもそもこれらの日蓮正宗の信者の言い分は、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の説法と真っ向から矛盾するものである。 1965(昭和40)216日に大石寺大講堂で開かれた「第1回正本堂建設委員会」の席上で細井日達法主が、次のように言っている。

「戒壇の大御本尊は大聖人ご在世当時、また日興上人がいらした当時、身延山で本堂に安置されていたものであります。また当時は、大聖人がおいでになるところが本堂であり、御入滅後は御本尊のおわしますところが、本堂となってきたものであります。

そして本堂で御本尊に信者が参拝したのであり、大聖人ご在世当時、身延へ参拝したのは信者だけですから、だれでも直接に御本尊を拝めたのです」

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」昭和404月号/「聖教新聞」S40.2.20)

 

第1回正本堂建設委員会1


第1回正本堂建設委員会2
 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(159)~細井日達の「第1回正本堂建設委員会」の説法と「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」なる著書との自己矛盾

■検証159・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない4

 

□細井日達の「第1回正本堂建設委員会」の説法と「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」なる著書との自己矛盾

 

こういった日蓮が生きていた時代の身延山の草庵に「戒壇の大本尊」なる板本尊が本当に存在していたならば、弟子・信者のだれも知らないはずがない、という議論に対して、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が、法主登座以前の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の中で、次のように反論している。

「いちおう。この議論を聞くと、つじつまのあった、理の通った説のように聞こえるが、少し考えてみれば、このばかばかしい議論に呆れるのである。いったい、宗祖(日蓮)御在世の身延山の模様が、細大漏らさず記録されているとでもいうのか。今日、御書及び日興上人の御記録の他は、わずかしかないではないか。しかも、その記録も読まないで、記録にないというのは馬鹿げた議論ではないか。現に、日法上人の彫刻された(日蓮の)御影が現存し、世間はそれを認め、また(日蓮の)門下各宗において認めているところである。……このわずかな記録から、当時の(身延山の)模様を拝察することが肝心である」

 

大石寺66世細井日達法主の反論は、日法が彫刻した日蓮の御影像が存在しているから、日法彫刻の「戒壇の大本尊」なる板本尊が存在していたと勝手に『推論』しているだけで、身延山での「戒壇の大本尊」なる板本尊彫刻の記録が残っていないことは大石寺66世細井日達も認めている。日法が彫刻したと伝えられている日蓮の御影像は、北山本門寺御影堂の御影像をはじめ、鎌倉・妙本寺の御影像、龍口寺の祖師像、小泉久遠寺の「生御影」と呼ばれる御影像など、各地に多数存在しているが、仮に日法が彫刻したと伝えられている日蓮の御影像があるからといって、日法が彫刻したという「戒壇の大本尊」が存在するという証拠になるはずがない。当たり前のことである。 しかも、大石寺奉安堂の「戒壇の大本尊」のとなりに鎮座している一体三寸の「最初仏」と呼ばれる日蓮の御影像は、後世の偽作である。大石寺66世細井日達法主は、身延山久遠寺の当時の模様について詳細な記録が残っていないことを認めた上で、何の証拠も示さず、一足飛びに推論だけで、「身延山の本堂の本尊は、戒壇の大本尊だった」などと無理矢理に結論つけているのであるが、これこそ史実歪曲の詭弁ではないか。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(158)~「地引御書」に「戒壇の大本尊」遷座の記載がないのは「本門戒壇の大御本尊」が身延山中に存在していなかった証拠だ!

■検証158・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない3

 

□身延山大坊落成式には京都や鎌倉の繁華街のように賑わった身延山久遠寺の大坊

 

日蓮の説法の折りには、百人を超える参詣者で賑わった身延山の日蓮の草庵は、1277(建治3)年に一度、修理を加えているものの、常時四十人から百人近い日蓮の門弟たちが修行研鑽する道場としては、あまりにも手狭であっただろう。日蓮は、60歳の1281(弘安4)10月の半ば、身延山のこれまでの草庵にかわって、新たに十軒四面の大坊の建設工事に着手した。大坊工事開始から落成までのことを、1281(弘安4)1125日に身延山の地頭・波木井実長に宛てた手紙「地引御書」(平成新編御書全集p1577・堀日亨編纂・御書全集p1375)に書き残している。

それによると1012日・13日に着工して111日には小坊と馬屋が完成し、118日には大坊の「柱だて」を、119日・10日には大坊の屋根の葺き終え、1123日・24日の両日・落成式を行っている。完成した身延山の大坊は、日蓮が「地引御書」に

「坊は十間四面に、また庇さしてつくりあげ」(平成新編御書全集p1577・堀日亨編纂・御書全集p1375)

と書いているように、広さが十間四面あり、二重庇(また庇)の造りになっている、以前の草庵よりも、はるかに立派なものだった。日蓮は、この大坊の完成をたいそう喜んでおり、前出の「地引御書」には

「坊は鎌倉にては一千貫にても大事とこそ申し候へ」-----鎌倉においては一千貫の大金をかけても、このような立派な大坊はできないであろう---

と記しており、さらにこの身延山大坊落成式における参詣者の賑わいを

「二十三日・四日は又、空晴れて寒からず。人の参る事、洛中、かまくらの町の申酉のごとし」-----1123日と24日の大坊落成式は、空は晴れて、気温も寒くはなかった。身延山にはたんさんの人たちが参詣に訪れ、まるで京都や鎌倉の繁華街のようであった-----

と書いて喜んでいる。


地引御書
 

(大石寺版「御書全集」に載っている「地引御書」)

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ