アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

妙観講本部前で乱闘事件!宗教団体にあるまじき妙観講vs顕正会の集団暴力抗争を斬る4

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特定危険抗争カルト宗教」に指定せよ4

 

1989(平成1)129日に大阪市高槻市の市民会館で行われた妙観講vs顕正会の「対論」「法論」とは名ばかりの、両者のすさまじいばかりの暴力抗争事件の直後、顕正会会長・浅井昭衛氏と日蓮正宗大石寺理境坊妙観講講頭・大草一男氏の、おおよそ宗教団体の指導者にあるまじき、驚くべき電話口論が行われた。

□「暴力集団 顕正会5 法論から逃げる浅井昭衛」

https://www.youtube.com/watch?v=ejZyYuyPBCU

--------------------------------------------------

浅井 「もしもし」 大草「もしもし」 浅井「ハイハイ」 大草「浅井さんですか」 浅井「ハイハイ」

大草「浅井昭衛さんですね」 浅井「ハイハイ」 大草「妙観講の大草です」 浅井「……」

大草「こんにちは」 浅井「ハイハイハイハイ」 大草「何か今また大阪の件で連絡が入っているんですけどね」 浅井「うんうん」 大草「何かまた乱闘事件になったらしいですよ」

浅井「ほーほーほーほー、お前たちが起こしたんだろ」大草「全部、全部ね、あなたがたですよ」

浅井「お前たちが起こしたんだろ」大草「フッ、何言ってるんですか。ビデオに全部入ってますよ」 浅井「貴様たちはなー」大草「おー、いいですよ」浅井「えー」大草「女子会員もケガしてますからねー。またこれ告訴しますから」浅井「やりなさい」大草「はー」浅井「やりなさい」大草「やりますよ」

浅井「やりなさい」大草「やりますよ」浅井「そんなこと、お前がいちいち断ることもない」

大草「それでねー、結局、おたくら(顕正会が)全然(妙観講側からの質問に)答えられなかったから。全面敗走ってことで終わりましたからねー。」浅井「お前、バカだな」大草「それだけ通告しときます」浅井「貴様、バカだな」大草「よろしいですか」浅井「お前はバカだな」大草「あははは」浅井「えー」大草「何がバカなの?」浅井「おー、お前は本当にバカだ」

大草「あなたねー、そうやってねー、わめいているだけじゃないか。ちゃんと法義上から反論して下さいよ。あなたの名前で、堂々とやってみなさい。はずかしいな全く」

浅井「(われわれは)池田大作と細井管長をして、訂正せしめているんだぞ。貴様のような者の事件が何だ」大草「逃げるんじゃない。逃げるんじゃない」

浅井「顕正会が相手にしているのはな、阿部管長であり池田大作であって…」

大草「何を言っているんだ。『妙観講の息の根を止める』って、自分たちで言っているじゃないか。あーた、自分で言っているじゃないか」

浅井「(妙観講の息の根を)止めるぞ」大草「おー、止めてみろよ」浅井「(妙観講の息の根を)止めるぞ。そのうち、(顕正会の)男子部を派遣してやる」大草「あー、楽しみだな」

浅井「男子部を送りこんでやる」大草「あー、楽しみだな」浅井「その時、逃げるんじゃないぞ」

大草「おいおい、待て待て待て」浅井「よろしい。今から憶えてろ。その時逃げたら承知しないぞ」

大草「あはははは」浅井「よろしいな」大草「浅井さん、あんた…」

------------------------------------------------------------------

 

続きを読む

法論・対論・問答に名を借りた宗教団体にあるまじき妙観講vs顕正会の集団暴力抗争を斬る3

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特定危険抗争カルト宗教」に指定せよ3

 

この動画は、1989(平成1)129日に大阪市高槻市の市民会館で行われた妙観講vs顕正会の「対論」「法論」なのだそうだが、「対論」「法論」とは名ばかりで、実際は両者のすさまじいばかりの暴力抗争になっている。

「暴力集団 顕正会4 またも暴力事件:浅井克衛ら青年部」

https://www.youtube.com/watch?v=IXlDQMaOITo


これも妙観講がアップした動画なのだが、どっちがどっちだか、さっぱりわからないくらいに両者入り乱れての、すさまじいばかりの乱闘事件、暴力抗争事件が丸映しになっている。これが宗教者として、ふさわしい振る舞いですか??頭を冷やして、よく考えてもらいたいものですね。これじゃあ、まるで暴力集団同士の暴力抗争に他ならないではないか。

こんな暴力抗争事件を起こす集団は、宗教団体として失格であることは明白。日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも優遇税制などの特権を全て廃止し、「特定危険抗争カルト宗教」に指定して、監視すべきである。

大阪抗争2


大阪抗争3


大阪抗争4


大阪抗争5


大阪抗争8


大阪抗争6
 

大阪抗争7

大阪抗争9


大阪抗争10


大阪抗争12


大阪抗争14


大阪抗争15


大阪抗争18


大阪抗争19


大阪抗争20


大阪抗争21

(妙観講がアップした「暴力集団 顕正会4 またも暴力事件:浅井克衛ら青年部」と題するユーチューブの動画)

 

 

顕正会本部前での宗教団体にあるまじき妙観講vs顕正会の非常識極まりない抗争を斬る2

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特別危険抗争カルト宗教」に指定せよ2

 

1988(昭和63)102日、東京都板橋区常盤台の顕正会本部前で顕正会批判のビラを配布する日蓮正宗妙観講男子部信徒14名と、これを制止しようとする顕正会男子部の壮絶なケンカのビデオがユーチューブで公開されている。

□「暴力集団 顕正会2 喚く犬性会浅井克衛」

https://www.youtube.com/watch?v=EzOJ1uLbJkw

ここでも顕正会男子部と妙観講男子部双方の、ヤクザか暴力団まがいの罵声が飛び交っているばかりか、両者の小競り合い、殴り合い(?)とおぼしき抗争が映し出されている。これも妙観講がアップした動画だから、妙観講に都合の悪い映像は、カットしてアップしているものと思われるのだが、公開されている動画の中にも、すさまじいばかりの非常識極まりない暴力抗争が映し出されている。人を救い、人に平和を説くべき宗教団体が、暴力抗争を起こすとは一体何事であるのか。

宗教団体に名を借りた暴力集団が、抗争を繰り返して、政府から優遇税制などの特権を享受するなど言語道断。日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも優遇税制などの特権を全て廃止し、「特別危険抗争カルト宗教」に指定して、監視すべきである。

顕正会本部抗争6


顕正会本部抗争1


顕正会本部抗争2


 顕正会本部抗争3

顕正会本部抗争4


顕正会本部抗争5


顕正会本部抗争7


顕正会本部抗争8


顕正会本部抗争9


顕正会本部抗争10

(妙観講がアップした「暴力集団 顕正会2 喚く犬性会浅井克衛」と題するユーチューブの動画)

 

 

宗教団体にあるまじき暴力集団同士の抗争・妙観講vs顕正会の非常識極まりない抗争を斬る1

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特別危険抗争カルト宗教」に指定せよ1

 

日蓮正宗大石寺理境坊所属の妙観講が、1988(昭和63)916日午後20時ころ、顕正会男子部長・浅井克衛(浅井昭衛・顕正会会長の長男)以下、顕正会男子部14名が、東京都杉並区西荻の妙観講本部を来訪してきた時の動画をユーチューブにアップしている。

□「暴力集団 顕正会1」

https://www.youtube.com/watch?v=K5TXaPg3tS4

この動画を見ると、顕正会男子部と妙観講男子部双方の、ヤクザか暴力団まがいの罵声が飛び交い、双方の暴力的罵声が近所中に響き渡り、これに不安を抱いた妙観講本部の近隣の住民が警察に通報。警視庁のパトカーが出動したと、妙観講側のナレーターが言っている。

妙観講は、こんな不埒な動画を公開して、一般世間の積極的な妙観講支持を集めようとしたのかもしれないが、両者とも、目くそ鼻くその暴力集団であることが、明らかになっただけのことではないだろうか。

玄関先での押し問答の後、妙観講本部内で両者が会談しているが、仏罰論に名を借りた暴力団まがいの罵声が飛び交う非常識極まりない罵倒合戦。

「細井管長(大石寺66世細井日達法主)と同じになるぞ」

「細井管長(大石寺66世細井日達法主)は真っ黒になって死んだ」

「バチ当たるぞ」「池田大作のような大バチを喰らうぞ」

これは妙観講がアップした動画だから、妙観講に都合の悪い映像は、カットしてアップしているものと思われる。

こんな宗教団体に名を借りた暴力集団が、抗争を繰り返して、政府から優遇税制などの特権を享受するなど言語道断。日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも優遇税制などの特権を全て廃止し、「特別危険抗争カルト宗教」に指定して、監視すべきである。

16抗争1


16抗争2


16抗争3
 

(妙観講がアップした「暴力集団 顕正会1」と題するユーチューブの動画)

 

 

これは宗教団体にあるまじき暴力集団指導者同士のバトル・大草一男vs浅井昭衛のケンカ口論

□衆目の面前に明らかになった日蓮正宗理境坊妙観講と富士大石寺顕正会の暴力集団体質

 

顕正会会長・浅井昭衛と日蓮正宗大石寺理境坊妙観講講頭・大草一男の、驚くべき電話口論の音声テープが、ユーチューブで流れている。

□「暴力集団 顕正会5 法論から逃げる浅井昭衛」

https://www.youtube.com/watch?v=ejZyYuyPBCU

電話のやりとりからして、大草一男氏のほうから浅井昭衛氏へ電話をかけている内容になっているのだが、この動画そのものが、妙観講を積極的に宣揚・擁護する内容になっていることからして、この動画は妙観講が自らアップしたものと思われる。それにしても、何のためにこんな動画をユーチューブにアップして、一般公開したのだろうか。こんな不埒な動画や電話口論のテープを公開したら、一般世間の人は、積極的に妙観講を支持するとでも思っているのだろうか。勘違いも甚だしいものがある。そこでここに、上記動画に公開されている大草一男vs浅井昭衛の電話口論の音声テープの内容をここに引用し、抜き書きしてみたい。

--------------------------------------------------

浅井 「もしもし」 大草「もしもし」 浅井「ハイハイ」 大草「浅井さんですか」 浅井「ハイハイ」

大草「浅井昭衛さんですね」 浅井「ハイハイ」 大草「妙観講の大草です」 浅井「……」

大草「こんにちは」 浅井「ハイハイハイハイ」 大草「何か今また大阪の件で連絡が入っているんですけどね」 浅井「うんうん」 大草「何かまた乱闘事件になったらしいですよ」

浅井「ほーほーほーほー、お前たちが起こしたんだろ」大草「全部、全部ね、あなたがたですよ」

大草「フッ、何言ってるんですか。ビデオに全部入ってますよ」 浅井「貴様たちはなー」

大草「おー、いいですよ」浅井「えー」大草「女子会員もケガしてますからねー」

大草「またこれ告訴しますから」浅井「やりなさい」大草「はー」浅井「やりなさい」大草「やりますよ」

浅井「やりなさい」大草「やりますよ」浅井「そんなこと、お前がいちいち断ることもない」

大草「それでねー、結局、おたくら(顕正会が)全然(妙観講側からの質問に)答えられなかったから。全面敗走ってことで終わりましたからねー。」浅井「お前、バカだな」大草「それだけ通告しときます」浅井「貴様、バカだな」大草「よろしいですか」浅井「お前はバカだな」大草「あははは」浅井「えー」大草「何がバカなの?」浅井「おー、お前は本当にバカだ」

大草「あなたねー、そうやってねー、わめいているだけじゃないか。ちゃんと法義上から反論して下さいよ。あなたの名前で、堂々とやってみなさい。はずかしいな全く」

浅井「(われわれは)池田大作と細井管長をして、訂正せしめているんだぞ。貴様のような者の事件が何だ」大草「逃げるんじゃない。逃げるんじゃない」

浅井「顕正会が相手にしているのはな、阿部管長であり池田大作であって…」

大草「何を言っているだ。『妙観講の息の根を止める』って、自分たちで言っているじゃないか。あーた、自分で言っているじゃないか」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ