アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶる第2創価学会・第2顕正会である

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特定危険抗争カルト宗教」に指定せよ4   1989(平成1)年1月29日に大阪市高槻市の市民会館で行われた妙観講vs顕正会の「対論」「法論」とは名ばかりの、両者のすさまじいばかりの暴力抗争事件の直後、顕正会会長・浅井昭衛 ...

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特定危険抗争カルト宗教」に指定せよ3   この動画は、1989(平成1)年1月29日に大阪市高槻市の市民会館で行われた妙観講vs顕正会の「対論」「法論」なのだそうだが、「対論」「法論」とは名ばかりで、実際は両者のすさまじ ...

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特別危険抗争カルト宗教」に指定せよ2   1988(昭和63)年10月2日、東京都板橋区常盤台の顕正会本部前で顕正会批判のビラを配布する日蓮正宗妙観講男子部信徒14名と、これを制止しようとする顕正会男子部の壮絶なケンカ ...

□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特別危険抗争カルト宗教」に指定せよ1   日蓮正宗大石寺理境坊所属の妙観講が、1988(昭和63)年9月16日午後20時ころ、顕正会男子部長・浅井克衛(浅井昭衛・顕正会会長の長男)以下、顕正会男子部14名が、東京都杉並区西荻 ...

□衆目の面前に明らかになった日蓮正宗理境坊妙観講と富士大石寺顕正会の暴力集団体質   顕正会会長・浅井昭衛と日蓮正宗大石寺理境坊妙観講講頭・大草一男の、驚くべき電話口論の音声テープが、ユーチューブで流れている。 □「暴力集団 顕正会5 法論から逃げる浅 ...

□ボディーガード?を引き連れて大石寺境内を偉そうに歩いていた大草一男氏   私も、1986年から1995年ころ、大石寺や大石寺周辺に寺跡調査のために、何度も行っている。 大石寺も今はだいぶ桜の木も減ってしまったようだが、大石寺境内や大石寺周辺には桜の木が植林され ...

↑このページのトップヘ