アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 池田大作の権力構造はソ連・東欧独裁国家・中国文化大革命のパクリだ

□「なぜ池田大作が共産党独裁国家の友好旅をするのか」に答えられなかった創価学会員   1980年代に、中国、インド等が核実験を行っているが、池田大作は核実験を行った国の指導者に、一度も抗議も諫言もしていない。池田大作は中国を訪問して中国政府要人と会見しても ...

□なぜ池田大作はイスラエル、中東、イスラム教国、アフリカ諸国、台湾、チベットに行かないのか   20世紀に入ってから人類世界には、ナチ・ドイツ、ファシスト・イタリア、フランコ・スペイン、スターリン独裁のソ連、毛沢東独裁の中国、金日成独裁の北朝鮮、ポルポト ...

□個人崇拝、大衆扇動、文化祭等極度に酷似している中国・文化大革命と池田大作・創価学会2   中国・文化大革命の毛沢東個人崇拝と創価学会の池田大作個人崇拝、文化大革命の紅衛兵若年層扇動・大衆扇動、創価学会の創価班・金城会等の若年層扇動・大衆扇動、毛沢東個人 ...

□中国・文化大革命の若年層・紅衛兵扇動支配構造を創価学会に輸入・パクった池田大作   池田大作が創価学会内部において独裁的権力を固めていったことについての大きな要因の一つに、いわゆる創価学会男子部、女子部、学生部、未来部といった「青年部」を権力基盤とし ...

□世界各国で莫大な犠牲・災難を生み続けた独裁権力集団・独裁権力者「絶対」論・「無謬」論   これは大石寺法主無謬、法主絶対、池田大作絶対、浅井昭衛絶対思想、堕地獄論、仏罰論に凝り固まった日蓮正宗(法華講)、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の典 ...

□「知る権利」を封殺するのは独裁権力だけではない、「日蓮正宗系」カルト教団も全く同じだ   2013年11月から12月初頭にかけて、にわかに国民の「知る権利」が脚光を浴びた。きっかけは、内閣提出の特定秘密保護法案である。国会では、特定秘密保護法案の中身や審議を ...

■「脱会の自由」「学会批判」を弾圧し続ける創価学会はファシズム体質そのものである   図書館で聖教新聞を読んでいたときに気づいたのだが、聖教新聞紙上には、よく「○○の誓い」だの「創価○○会の誓い」などという文言が、頻繁に出てくる。この「誓い」というのが ...

↑このページのトップヘ