アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『二箇相承』が日蓮真筆ではない証拠

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(42)~付法蔵、中国・日本の天台宗の事例、「譲座本尊」は二箇相承の証明にはならない

■検証42・付法蔵、中国・日本の天台宗の事例、「譲座本尊」は二箇相承の証明にはならない

 

□付法蔵、中国天台宗・日本天台宗の事例は二箇相承の証明にはならない

 

-------------------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

 封建時代に家督を相続するのに、惣領だけではなく庶子にまで分割して相続した者は「田分け者」と言われ、愚か者の代名詞となりました。所領が一族の命綱であった時代に、分割相続をすることは、一家・一族の力を衰(おとろ)えさせることになるので批判されたのです。仏法の付嘱も同様であり、釈尊は迦葉に付し、天台は章安へ、伝教は義真へと、何れもただ1人に付嘱されたのであり、日蓮大聖人が六老僧に分割乃至平等に付嘱するなどということは有り得ないことです。

(日蓮正宗寺院月刊誌『妙教』平成162月号/<宗教に関心を持とう>)

--------------------------------------------------------------------------------

日蓮正宗側は、日蓮が六老僧を定めた「定」と、封建時代の家督相続を勝手に混同して、「二箇相承」というものが存在せず、日蓮が六老僧に平等に相続したとすれば、封建時代に惣領だけではなく庶子にまで分割相続した「田分け者」と同じになってしまうと言わんばかりである。

それから、相変わらず日蓮正宗は「釈尊は迦葉に付し、天台は章安へ、伝教は義真へと、何れもただ1人に付嘱された」と言って、「二箇相承」の例証にしようとしているようである。

外側から歴史的事実だけを見ると、確かに迦葉は釈迦牟尼の教えの奥義を直伝する付法蔵の第一祖となり、章安は中国天台宗第4祖に、義真は天台座主の初世に列せられてはいるが、ただし、これだからと言って、釈迦牟尼が自ら迦葉を付法蔵の第一祖に選定し、任命したのかどうか、天台が章安を自ら中国天台宗第4祖に選定し、任命したのかどうか、伝教が義真を自ら天台座主の初世に選定し、任命したのかどうか、という点については、全く別問題であり、しかもそのこと自体は、学術的、歴史学的に疑義があるところである。

例えば章安は中国天台宗第4祖になっているが、天台山国清寺が創建されたのは、596年の天台大師入滅後のことである。義真が日本天台座主の初世に晋山したのは824年(天長元年)のことで、822年(弘仁13年)の伝教大師最澄が入滅した2年後のことで、しかも比叡山大乗戒壇初の授戒の伝戒師となった後のことである。

日蓮正宗が勝手に迦葉は釈迦牟尼から付法蔵の第一祖に附属された、章安は天台大師から中国天台宗第4祖に附属された、義真は伝教大師最澄から天台座主の初世に附属されたと決めつけているだけなのである。したがって、迦葉が付法蔵の第一祖となっていること、章安が中国天台宗第4祖になったこと、義真が日本の天台座主の初世に列せられたことは、「二箇相承」が実在したという例証にはならない。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(41)~身延山久遠寺を「身遠山久遠寺」と記載されている身延山相承書の怪

■検証41・身延山久遠寺を「身遠山久遠寺」と記載されている身延山相承書の怪

 

□「点画少しも違わず書写」したはずの「二箇相承」日辰写本に存在する「身遠山」の誤記

 

「二箇相承」にまつわる矛盾は、他にもたくさんある。

「日辰上人、正筆御拝覧の時、点画少しも違わず、書写して、今本寺に在り」(『祖師伝・日陽伝』/大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」第5p60

---京都要法寺13祖貫首日辰が、北山本門寺で「二箇相承」の日蓮の正筆を拝覧した時、一字一句も間違えず書写したものが、今、大石寺にある----

と、広蔵院日辰が自信をもって1556(弘治2)年、弟子の日燿に書写させたはずの「二箇相承」のひとつ「身延山相承書」(池上相承書)の中に、おかしな矛盾がある。

「身延山相承書」(池上相承書)

釈尊五十年

説法相承

白蓮阿闍梨日興

可為身

久遠寺別当也

背在家出家

共輩者可為

非法衆也

弘安五年壬午

    十月十三日

     日蓮在御判

武州池上」

 

このように「身延山相承書」の日辰写本は、純漢文で書かれた文書なのであるが、実はこの文中の「可為身延山」のところが「身遠山」と書かれているのである。「二箇相承」の写本は他にいくつもあるのだが、ここの部分が「可為身延山」と書かれているものもあり、広蔵院日辰写本の「身遠山」とは、単なる書写の間違いではないかと言われている。

日蓮正宗大石寺に格蔵されている、もうひとつの「二箇相承」の写本である大石寺14世日主が1573(天正1)年に書写した写本(通称名・日主写本)には、この箇所が日辰写本と同じように「身遠山」と書かれている。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(40)~「二箇相承」大石寺本を偽書と断罪した越後本成寺8世日現

■検証40「二箇相承」大石寺本を偽書と断罪した越後本成寺8世日現

 

□本是院日叶がはじめて全文引用した「二箇相承」大石寺本を実見して偽書と断定した日現

 

戦国時代のころ、「二箇相承」を書写して、これが後世の偽作文書であると弾劾した人物がいる。それは法華宗陣門流総本山・越後本成寺の8世貫首・日現である。日現は、1516(永正11)年、「五人所破抄斥」という文書の中で、「二箇相承」を全文引用して、次のように書いている。

「日現申す、前の御相承(913)は身延相承、後は(1013)は池上相承と云々。御判形現形也。されども一向、御正筆に非ず。偽書謀判也。又日興の手跡にもあらず。蔵人阿日代と云う人の筆に似たりと承り及也」(『日蓮宗宗学全書』7p182より)

 

本成寺とは、新潟県三条市西本成寺1丁目にあり、初祖は日朗、開山は日印、門流の門祖は日陣となっている。塔頭が要住院、本照院、久成院、蓮如院、持経院、顕性院、一乗院、本高院、静明院、寿妙院の十院ある大規模な寺院である。

蔵人阿日代とは、本来、北山本門寺2世となるべき人物だったのだが、北山から追放されて西山本門寺を開いて、西山本門寺開祖・3世となった。この西山本門寺の過去帳には、越後本成寺9世法主日覚の名前が記載されているということで、西山本門寺と越後本成寺は、当時は交流があったと推測されている。その越後本成寺8世貫首・日現という人物が「御正筆に非ず。偽書謀判也」と弾劾し、さらにその上で「日興の手跡にもあらず」と断定している。

「手跡」(しゅせき)とは「文字の書きぶり。筆跡」という意味である。つまり日現は、「二箇相承」は、日蓮の正筆でもなければ、日興の筆跡でもないと断定し、日蓮の判形すらも何者かが謀作したものであると、厳しく弾劾している。つまり、日蓮が書いた文書でもなければ、日興が代筆したものでもないと言っている。

そうすると、越後本成寺8世日現が見た「二箇相承」は、本是院日叶(左京阿闍梨日教)がはじめて著書で全文引用している「二箇相承」大石寺本なのかどうか、という問題が出てくる。日現が「五人所破抄斥」で全文引用している「二箇相承」は、本是院日叶(左京阿闍梨日教)がはじめて著書で全文引用している「二箇相承」大石寺本とは一部に相違があるものの、ほぼ全同のものである。

京都要法寺13祖貫首・広蔵院日辰が北山本門寺で書写した「二箇相承」重須本は、弘安五年九月の「身延相承」と弘安五年十月の「池上相承」が、大石寺本と逆転している。したがって越後本成寺8世日現は何らかの経緯で「二箇相承」大石寺本を実見する機会があり、それを「御正筆に非ず。偽書謀判也」と弾劾し、さらに「日興の手跡にもあらず」と断定しているわけである。この日現が「二箇相承」大石寺本を偽書と断定している意味はまことに大きいものがある。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(39)~「五人所破抄見聞」の筆者は富士妙蓮寺日眼ではなく戦国時代以降の文書である

■検証39・「五人所破抄見聞」の筆者は富士妙蓮寺日眼ではなく戦国時代以降の文書である

 

□「五人所破抄見聞」は大石寺9世日有以前に「二箇相承」が存在した証明ではない

 

二つめの文献は、1380(康暦2)年に富士門流の本山寺院・富士妙蓮寺(現・日蓮正宗本山妙蓮寺)5代貫首・日眼が書いたと伝えられる「五人所破抄見聞」という書物で、この中に

「日蓮聖人之御附嘱弘安五年九月十二日、同十月十三日の御入滅の時の御判形分明也」(日蓮正宗59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』4p8ページより)

との文を挙げて、日蓮正宗が「古来から二箇相承が存在していた証拠だ」と言うのである。

しかし、この「五人所破抄見聞」なる文書は、富士妙蓮寺5代貫首・日眼の著書ではなく、もっと後世の室町時代の大石寺9世日有の代以降に成立したが文書である。

まず松岡幹夫氏の研究によれば、「五人所破抄見聞」なる文書は、妙蓮寺五代貫首・日眼の真筆文書は存在せず、『富士宗学要集』4巻に「五人所破抄見聞」を編纂・収録した大石寺59世堀日亨の意見によると、古来から伝わっている写本と称するものには、通読しがたいほどの錯誤や誤りが多数あり、現行の『富士宗学要集』に収録されている「五人所破抄見聞」は、堀日亨が大胆に編集・編纂したものであるという。

宮崎英修氏は「五人所破抄見聞の価値」と題する論文の中で

「年号、年数、干支、年月日という書き方は、戦国時代の末ごろから稀に見られ始め、江戸期に入って間もなく一般的になるものであって、鎌倉時代、室町時代の通格は康暦二庚申六月四日と記して、決して康暦二庚申年六月四日とは書かない」(『棲神』p160)

と書いている。これはどういうことかというと、「五人所破抄見聞」の末尾の文にこう書かれている。

「伝写本云 康暦二庚申年六月四日書畢 本化末弟日眼 在御判」

この「康暦二」と「年」の間に「庚申」という干支を書き入れるような用法は、戦国時代から江戸時代にかけて一般的に定着していく、というのが宮崎英修氏をはじめとする説であり、それからすると1380(康暦2)年に、「康暦二庚申年六月四日」といった書き方はされない。したがって、この「五人所破抄見聞」の末文は、1384(至徳1)年に遷化している富士妙蓮寺五代貫首・日眼の筆ではなく、後世の時代の人の筆ということになる。

さらに「五人所破抄見聞」の中に「伝奏」について記した文があり、宮崎英修氏は、これは1470(文明4)年以降でなければ書けない記述であるからして、富士妙蓮寺5代貫首・日眼の著書説に対して、重大な疑問を投げかけている。宮崎英修氏の説は、「日眼」とは、富士妙蓮寺5代貫首・日眼ではなく、大石寺9世法主日有とほぼ同時代を生きた西山本門寺8代貫首・日眼(文明1848日死去)であるという説に立っている。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(38)~日頂の書とされる「本尊抄得意抄添書」は後世の偽作文書

■検証38・日頂の書とされる「本尊抄得意抄添書」は後世の偽作文書

 

□歴史上はじめて「二箇相承」の全文を引用した人物は本是院日叶(左京阿闍梨日教)である

 

二箇相承書の全文を載せた最古の文献は、1480(文明12)  本是院日叶(左京阿闍梨日教)が「百五十箇条」で「二箇相承」の全文を引用しているものが最初と言われている。「百五十箇条」で引用されている「二箇相承」の全文は以下の文である。

「身延相承書 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す、本門弘通の大導師為るべきなり、国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ・事の戒法と謂ふは是なり、中ん就く我門弟等此状を守るべきなり

    弘安五年壬午九月十三日、血脈の次第・日蓮・日興、甲斐国波木井山中に於て之を写す」

「池上相承 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す、身延山久遠寺の別当為るべし、背く在家出家共の輩は非法の衆為るべきなり

    弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判、武州池上」

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p183184)

 

さらにつづいて長享2年(1488年)6月に大石寺僧侶・左京阿闍梨日教の著書「類聚翰集私」、延徳元年(1489年)11月の左京阿闍梨日教の著書「六人立義破立抄私記」である。本是院日叶(左京阿闍梨日教)が「二箇相承」の全文を引用する以前においては、「二箇相承」の全文は、いずれの文献にも登場して来ないという一般的な通説である。

1960(昭和35)4月号「大白蓮華」に掲載されている大橋慈譲氏の論考「富士宗学要集の解説」によれば、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は

「二箇相承を引用したのは、左京(阿闍梨日教)がはじめである。妙蓮寺日眼があるが、これは弘安五年月日云々あるのみである。(二箇相承の)文章を書いてあるのは、左京日教がはじめである」と語っていたという。(1960(昭和35)4月号「大白蓮華」p80)したがって、堀日亨も「二箇相承」の全文を載せた最古の文献は、左京阿闍梨日教の文献であるという見解を認めている。

それに対して、日蓮正宗はそれこそ血眼になって古文書を探し、最近、次の二つの文献を示して「これが『二箇相承』が古来から存在していた証拠だ」などと言ってきている。

ひとつが、1308(徳治3)928日に六老僧の一人である日頂が書いたとされる「本尊抄得意抄添書」である。その中に、次の記述がある。

「興上、一期弘法の附嘱をうけ日蓮日興と次第日興は無辺行の再来として末法本門の教主日蓮が本意之法門直受たり、熟脱を捨て下種を取るべき時節なり」(日蓮宗宗学全書1)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ