アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有偽作の証拠・鍵・湯之奥金山の「金」の経済力・財力

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(259)~「戒壇大本尊」偽作にコストがかかるが故に経済力を持つ大石寺9世日有にしかできなかった

■検証259大石寺9世日有は黒漆、金箔加工を施す経済力を充分に持っていた

 

□「戒壇大本尊」偽作にコストがかかるが故に経済力を持つ大石寺9世日有にしかできなかった

 

---------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

戒壇の大御本尊を後世に造るのは不可能である。 日有上人の時代は、室町時代であるが、この時代はまだ、照明と言うのは、電気ではないのは当たり前である。写し書きしたなら、照明を照らし文字をなぞるやり方が考えられるが?そんな技術はない。真似をして書いただろうと言う事も考えられるが、字の癖は一人一人あるから当時は、鉛筆なんてない。墨で書いていて、一つ一つ真似した事は、考えにくい。形木にして?これは一番コストがかかる。技術的にコストや、人間心理からも、模写は不可能ですね。 戒壇の大御本尊が偽だと言うなら、まず、根拠となる証拠ですね。

(楽天ブログ・龍神ひろし 日記より)

------------------------------------------------------------

まず鎌倉時代・室町時代にすでに「模写」「模刻」の技術は存在していた。大石寺版「御書全集」に収録されている「富士一跡門徒存知事」には

「一、御筆の本尊を以て形木に彫み不信の輩に授与して軽賤する由・諸方に其の聞え有り所謂日向・日頂・日春等なり。」(p1872)

 

とあり、日興の弟子たちが日蓮の本尊を形木に刻んで模刻したことが載っているではないか。

次に大石寺9世日有は、1400年代前半に発見されて開発された、大石寺からほど近い所である甲州(甲斐国・山梨県)湯之奥金山の「金」を入手して、莫大な経済力を保持していた。日有は、楠木を入手し、黒漆、金箔加工を施す経済的基盤を充分に兼ね備えていたのである。

「大石寺9世日有偽作の証拠・鍵・湯之奥金山の「金」の経済力・財力」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690865.html

大石寺に祀られている「戒壇の大本尊」なる板本尊は、表面が黒漆塗りに金箔加工を施したもので、まさに金ピカに光り輝いている。 豪華絢爛な「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するには、大きな経済力を持っていないと、「戒壇の大本尊」偽作は不可能だった。 しかも、身延山や富士周辺には、楠木もなければ漆工芸・金箔工芸の伝統も全くない。鎌倉時代の日蓮一門に、楠木をどこからか買い入れ、超高価な漆加工・金箔加工を施す経済力はなかった。鎌倉時代当時の日蓮一門には、金(きん)を入手すべく財力も権力も全くなかった。 同様に、大石寺開祖・日興から大石寺8世日影までの大石寺一門も、「金」を入手できなければ、木をどこからか買い入れ、超高価な漆加工・金箔加工を施す経済力を全く持っていなかった。 ましてや大石寺4世日道から大石寺8世日影の間は、大石寺一門は、日郷一門との「蓮蔵坊七十年紛争」で極端に経済力を疲弊・困窮させており、「金」の入手も、天奏も「戒壇の大本尊」偽作も全く不可能な状態であった。

9世日有3(諸記録)
 

(大石寺9世日有・能勢順道氏編纂「諸記録より」)

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(93)~「鎌倉殿より十万貫の御寄進」文は百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠だ

■検証93・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・「鎌倉殿より十万貫の御寄進」文

 

□「十万貫」で日蓮に「戒壇大本尊」造立可能な経済力があったと詐称を企てた大石寺9世日有

 

「百六箇抄」を偽作したのは一体誰なのか。これを解明する重大なポイントの第四が、「百六箇抄」の本文中にある「鎌倉殿より十万貫の御寄進」を説いた文である。「百六箇抄」の中に

「鎌倉殿より十万貫の御寄進有りしを縁と為して諸所を去り遁世の事・甲斐国三牧は日興墾志の故なり」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p22)

百六箇抄8(十万貫・日目大導師)

という文が書いてある。鎌倉幕府と厳しい対立関係にあった日蓮が、鎌倉殿、つまり鎌倉幕府の将軍、ないしは鎌倉幕府そのものから十万貫の寄進を受けるなどと言うことはあり得ない話である。この記述が史実に反するものであることは、『富士宗学要集』を編纂した大石寺59世堀日亨も認めていることで、大石寺59世堀日亨自ら

「十万貫なんという途方もない厚遇ができようはずがない」

「かくのごとき漫筆をたくましゅうするから、塩尻なんどに漫罵せられて宗祖の顔に泥を塗ることになる」「いわんや十万貫なんど突拍子もないことは、大聖を愚弄するもはなはだしいものであるが、一般はこんな馬鹿げたことが好物らしい」(大石寺59世堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p6162)と述べて、強く否定しているくらいである。そういう史実に反する記述を、どうして大石寺9世日有は、「相伝書」と自称している「百六箇抄」の中に書いたのか。

それは「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立するには、大きな経済力が必要で、それは「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有が一番よく知っていたからである。しかし身延山の山中で極貧の生活をしていた、鎌倉時代の日蓮には、「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できる経済力もなければ、技術力もなかった。「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有は、これを「日蓮が造立した」と詐称しているわけだから、日蓮に「戒壇の大本尊」が造立できる経済力があったことにしなくてはならない。つまり「身延山の山中で極貧の生活をしていた」鎌倉時代の日蓮と、「戒壇の大本尊」を造立できる経済力のギャップを埋め合わせるためのものが、「百六箇抄」の「鎌倉殿より十万貫の御寄進有りしを縁と為して諸所を去り遁世の事・甲斐国三牧は日興墾志の故なり」の文なのである。つまり、「鎌倉殿より十万貫の御寄進」があったから、日蓮には「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できる経済力があった、ということを詐称しようとしたわけである。

十万貫というと、金1両=4000文=4貫文と計算すると、何と金25000両にもなる大金である。こんな大金を、いくら何でも、鎌倉幕府が日蓮に寄進するはずがない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(209)~なぜ大石寺9世日有は「鎌倉殿より十万貫の御寄進」と書いたのか

■検証209・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠64

 

□「十万貫」で日蓮に「戒壇大本尊」造立可能な経済力があったと詐称したかった大石寺9世日有

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作した自称・相伝書「百六箇抄」の中に

「鎌倉殿より十万貫の御寄進有りしを縁と為して諸所を去り遁世の事・甲斐国三牧は日興墾志の故なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』1p22)

百六箇抄8(十万貫・日目大導師)

という文が書いてある。鎌倉幕府と厳しい対立関係にあった日蓮が、鎌倉殿、つまり鎌倉幕府の将軍、ないしは鎌倉幕府そのものから十万貫の寄進を受けるなどと言うことはあり得ない話である。この記述が史実に反するものであることは、『富士宗学要集』を編纂した大石寺59世堀日亨も認めていることで、堀日亨自ら

「十万貫なんという途方もない厚遇ができようはずがない」

「かくのごとき漫筆をたくましゅうするから、塩尻なんどに漫罵せられて宗祖の顔に泥を塗ることになる」「いわんや十万貫なんど突拍子もないことは、大聖を愚弄するもはなはだしいものであるが、一般はこんな馬鹿げたことが好物らしい」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p6162)

と述べて、強く否定しているくらいである。そういう史実に反する記述を、どうして大石寺9世日有は、「相伝書」と自称している「百六箇抄」の中に書いたのか。

それは「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立するには、大きな経済力が必要で、それは「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有が一番よく知っていたからである。しかし身延山の山中で極貧の生活をしていた、鎌倉時代の日蓮には、「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できる経済力もなければ、技術力もなかった。「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有は、これを「日蓮が造立した」と詐称しているわけだから、日蓮に「戒壇の大本尊」が造立できる経済力があったことにしなくてはならない。つまり「身延山の山中で極貧の生活をしていた」鎌倉時代の日蓮と、「戒壇の大本尊」を造立できる経済力のギャップを埋め合わせるためのものが、「百六箇抄」の「鎌倉殿より十万貫の御寄進有りしを縁と為して諸所を去り遁世の事・甲斐国三牧は日興墾志の故なり」の文なのである。つまり、「鎌倉殿より十万貫の御寄進」があったから、日蓮には「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できる経済力があった、ということを詐称しようとしたわけである。

十万貫というと、金1両=4000文=4貫文と計算すると、何と金25000両にもなる大金である。こんな大金を、いくら何でも、鎌倉幕府が日蓮に寄進するはずがない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(207)~湯之奥金山の金による大きな経済力で「戒壇大本尊」を偽作した大石寺9世日有

■検証207・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠62

 

□「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠8-3・甲州湯之奥金山の莫大な経済力3

 

□湯之奥金山の金による大きな経済力で「戒壇大本尊」を偽作した大石寺9世日有

 

□「湯之奥金山の金の経済力で「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10033804.html

□「豊富な金を産出していた甲州・湯之奥金山の概要」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10107260.html

□「湯之奥金山の掘間を所有・操業・経営していた金山衆は大半が富士門流信者だった」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10272657.html

□「高度な金加工技術を持っていた湯之奥金山の金山衆」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10272994.html

□「湯之奥金山の金山衆たちは富士門流の信者が多かった」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10273539.html

□「大石寺9世日有の時代には法華の信者は大石寺にも北山本門寺にも参詣していた」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10273909.html

□「大石寺9世日有の代の15世紀前半には金の生産をしていた湯之奥金山」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10274529.html

□「大石寺9世日有の時代にもあった金山発見にともなうゴールドラッシュ」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10275284.html

□「大石寺~朝霧高原~中山金山入口~湯之奥~下部温泉~有明寺を結ぶルートの存在」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10275907.html

□「大石寺9世日有が大石寺と有明寺の往復に河内路(身延道)を使うはずがない」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10276261.html

□「大石寺9世日有は黒漆、金箔加工を施す経済力を充分に持っていた」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/15400201.html

□「甲州・湯之奥金山の金の経済力がなければ不可能だった大石寺9世日有の地方巡教」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33110653.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33111998.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33123313.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33175280.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33175649.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33176534.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33402308.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33402517.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33402691.html

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(206)~大石寺9世日有は甲州湯之奥金山の莫大な経済力を保持し経済的基盤を持っていた2

■検証206・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠61

 

□「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠8-2・甲州湯之奥金山の莫大な経済力2

 

□大石寺~朝霧高原~中山金山入口~湯之奥~下部温泉~有明寺を結ぶルートの存在

 

このルートは、大石寺と有明寺を往復する途中で、湯之奥金山の拠点である中山金山入口を通るのである。大石寺9世日有は、大石寺と有明寺を往復するたびに、中山金山で金を掘る金山衆と顔を合わせていたことになる。そういう時においても、大石寺9世日有は、中山金山の金山衆から金の供養を受けていたと考えられる。日蓮正宗において、信者が法主と面会する場合においては、必ず信者は供養を包んで法主に差し出す。法主と面会する信者が、何の供養も包まないというのは、日蓮正宗の常識・慣習では絶対にあり得ないことだ。「日蓮正宗入門」では、実質的に日有が大石寺と有明寺を往復するルートを、有明寺~下部湯之奥~中山金山入口・毛無山~朝霧高原・大石寺(富士宮市)のルートであると、日蓮正宗が認めているに等しい。

 

□大石寺9世日有は甲州・湯之奥金山の金の力で京都天奏を果たした

 

大石寺9世日有が大石寺法主の座に登座したのは1419(応永26)8月。大石寺8世日影が死去した直後。この当時は、大石寺は日郷門流との70年戦争の後遺症で極貧の最中にあったことは、日蓮正宗が認めているところである。その大石寺9世日有が京都天奏を果たしたのが登座からわずか13年後の1432(永享4)3月のこと。これだけの短期間に、大石寺が旅費だけで7年分の生活費に相当する費用がかかる京都天奏ができるくらいの経済力を兼ね備えるようになったというのは、普通に考えたら、あまりにも不自然である。しかもこの13年間に、大石寺9世日有が莫大な経済力を握れるほどの日蓮正宗大石寺門流の信者が爆発的に増加したなどという歴史的史実は存在していない。さらに絶望的に近いほど不可能な大石寺9世日有の天奏の比叡山延暦寺や園城寺の取り次ぎが実現したのは、甲州・湯之奥金山から産出されていた「金」の力によるものと考える以外、有りえない。目の前に砂金やら金塊を差し出されれば、さすがの天台座主をはじめとする京都仏教寺院住職らも、朝廷や室町幕府に大石寺9世日有の天奏を取り次ぐくらい、室町時代の当時、金の力はすさまじいものがあった。大石寺9世日有は、甲州・湯之奥金山の金の力で天台座主ら京都仏教寺院住職たちに、朝廷や室町幕府に大石寺9世日有の天奏を取り次がせた。大石寺9世日有は「天奏」を湯之奥金山の金の力で「買った」ということである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ