アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

1980年代に池田大作を復権せしめた日蓮正宗・大石寺67世日顕

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(237)~池田大作の完全復権を全面的に容認しバックアップした日蓮正宗・大石寺67世阿部日顕

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証22(池田大作を全面擁護した阿部日顕3)

 

池田大作は、1981(昭和56)年に復権・復活を賭け「いわれなき迫害・中傷」の仮面をかぶって狼煙(のろし)を上げたのだったが、そもそも池田大作に「いわれなき迫害・中傷」の仮面を授与したのは、大石寺66世細井日達法主である。細井日達法主は、1970(昭和45)53日の創価学会第33回本部総会の特別講演で、こんなことを言って池田大作を持ちあげた。

「今日、世間の多くの人々は、日蓮正宗の教義の本質を見極めず、また創価学会の信心の在り方を曲解し、種々の非難を会長池田先生の一身に浴びせております。池田先生がこれらの『いわれなき非難』にひたすら耐えておる姿を見る時、私は仏道修行のためとはむいいながら、実に気の毒でなりません。学会の皆さん、一致団結して、この会長を守り、更にきたるべき十年に向かって前進し、広宣流布の大願を成ぜんことにご精進願いたいのであります」(1970年・昭和4554日付け聖教新聞)

1970(昭和45)53日の創価学会第33回本部総会とは、言論問題の創価学会非難・池田大作非難の嵐の中、池田大作が世間に向かって「国立戒壇放棄」「創価学会と公明党の政教分離」「創価学会の体質改善」を公約した、あの本部総会である。この時の法主特別講演で、細井日達法主は、言論問題の創価学会非難・池田大作非難の嵐を『いわれなき非難』と言っている。池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面とは、何も池田大作の独創なのではなく、もともと大石寺66世細井日達法主が池田大作に授与したものであった。それにしても驚き呆れ果てた話しである。なぜ1970年ころの創価学会・言論問題の創価学会非難・池田大作非難の嵐が『いわれなき非難』なのか。1981(昭和56)1031日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」で、池田大作が言うように菅原道真、柿本人麻呂、頼山陽、吉田松陰、司馬遷、ガンジー、ユゴー、ルソー、セザンヌ、レーニンらが歩んだ迫害の人生と、池田大作に浴びせられている非難の嵐が、どうして同列に論じられなくてはならないのか。菅原道真、柿本人麻呂、頼山陽、吉田松陰、司馬遷、ガンジー、ユゴー、ルソー、セザンヌらは、自分たちに不都合な言論出版の妨害を謀ったわけでもないし、おどろおどろしい女性スキャンダルがあったわけでもなく、自分たちの傀儡に近い国会議員を増殖せしめて天下を取ろうとしたわけでもない。細井日達法主の言う

『いわれなき非難』も、池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面も、とんでもないスリカエである。菅原道真、柿本人麻呂、頼山陽、吉田松陰、司馬遷、ガンジー、ユゴー、ルソー、セザンヌ、レーニンらが細井日達法主の言う『いわれなき非難』や池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面を知ったならば、それこそ大激怒することであろう。しかし創価学会内部では、池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面は、あたかも池田大作の素顔のように宣伝され、創価学会員たちは、ことごとくこれに洗脳されていってしまった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(236)~池田大作に賞与本尊を授与し法華講総講頭に再任して完全復権せしめた阿部日顕法主

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証21(池田大作を全面擁護した阿部日顕2)

 

昭和57(1982)年の『新年の辞』で大石寺67世阿部日顕法主が、「池田名誉総講頭・創価学会名誉会長や創価学会に対し、一部の低俗な週刊誌と怨嫉者の共謀によるデタラメにして悪質な宣伝や中傷」と言って、池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面を実質的に全面容認したことにより、1982(昭和57)年の初頭から、池田大作は積極的に全国各地の創価学会会館を訪ね歩き、池田大作出席の下で大規模な行事・会合を開催。この年から一気に「池田大作復権」へと突っ走った。

池田大作は、昭和57(1982)1月から秋田県の秋田文化会館で通称「秋田指導」に入り、この地でも前年12月の「大分指導」同様、爆発的な盛り上がりを見せた。池田大作は「秋田指導」の秋田代表者会議で、こんなことを言っている。

「私はずいぶん人から騙(だま)された。また、陥れられた。しかし、すべて寛大にしてきた。反対に信心だけはますます深く徹することができた。三十数年間の信仰生活で実感するのだが、人を陥れようとした人こそ、自分にやましいことがある。そのみずからの悪を隠そうとする根性があるものだ。因果の厳しい理法で、その人たちこそ、最後はみじめな結果となる場合が多い」(1982112日付け聖教新聞)

さすがに池田大作は直裁に「いわれなき迫害・中傷」という言葉は使っていないが、「いわれなき迫害・中傷」の主旨の指導を行っている。なぜ秋田の地でこんなことを言ったのかというと、秋田県でも日蓮正宗の正信覚醒運動(のちの正信会)活動寺院である大曲市・寿泉寺(住職・倉光哲正氏)、能代市・多宝寺(住職・南出受道氏)、大館市・玉円寺(住職・遠藤妙道氏)らによる、日蓮正宗内部の創価学会批判活動によって、大量の創価学会員が脱会して寺院檀徒になり、創価学会が大打撃を受けた地域だったのである。1981(昭和56)1031日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者講演「迫害と人生」、1981(昭和56)12月、大分県の約5日間にわたる「大分指導」、そして1982(昭和57)1月の「秋田指導」で、「いわれなき迫害・中傷」の仮面をかぶり、復権・復活の雄叫びを挙げた池田大作は、これ以降、1980年代は、全国各地の創価学会会館で創価学会員を集めた会合を行う度に、「私はいわれなき迫害・中傷を受けてきた」を言い続ける。まさに「いわれなき迫害・中傷」の仮面をかぶった池田大作の一大パフォーマンスは、創価学会の中では見事に成功。創価学会員たちは「池田大作先生は、いわれなき迫害・中傷を受け続けてきた」などと完全に洗脳されてしまったのである。そしてさらに池田大作は、自らの復権・復活を賭けて、東京・港区、文京区、大田区を皮切りに、たてつづけに「文化祭」を行った。そして1981(昭和56)年にハワイで「第1回世界平和文化祭」、1982(昭和57)年に埼玉県・所沢の西武球場(のちの西武ドーム)で「第2回世界平和文化祭」を行い、以降、1980年代は、毎年のように「世界平和文化祭」を行って大石寺67世阿部日顕法主らを招待。創価学会「青年部」と「文化祭」を権力基盤にして、池田大作は完全に復権・復活を遂げたのであった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(235)~池田大作の「いわれなき迫害・中傷」の仮面を全面公認した大石寺67世阿部日顕法主

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証20(池田大作を全面擁護した阿部日顕法主1)

 

池田大作は、1981(昭和56)1031日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981111日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙(のろし)を上げ、ひきつづき1981(昭和56)12月、九州・大分県に入り、約5日間にわたる通称「大分指導」で復活第二弾の狼煙(のろし)を上げた。しかしこれだけでは、池田大作の復権・復活は成功しない。なぜなら、池田大作は1980(昭和55)1981(昭和56)年当時、世間・マスコミ・週刊誌等から女性スキャンダル、創価学会・公明党の政教一致体質、創価学会会館内部の池田専用施設、宮本顕治・日本共産党委員長宅、保田妙本寺、妙信講(今の顕正会)をはじめとする電話盗聴事件等々、モーレツな批判の嵐が吹き荒れていた他、日蓮正宗内部の創価学会批判勢力である正信会も、リーダー格の住職6人は擯斥されて、宗外に追放され、大半の住職・僧侶は大石寺登山停止にはなっていたが、まだ全員擯斥にはなっていなかった。日蓮正宗の外はおろか、日蓮正宗の内部でも池田大作批判、創価学会批判の嵐は収まっていなかったのである。

池田大作や創価学会にとって厳しい情勢がつづいていた中、日蓮正宗、創価学会の中で池田大作の復権・復活を全面的に容認・公認した人物がいた。その人物とは、1979(昭和54)722日の大石寺66世細井日達法主の後を承継した大石寺67世阿部日顕法主である。では、大石寺67世阿部日顕法主はどのようにして池田大作の復権・復活を容認・公認していったのか。

1980(昭和55)46日、大石寺で行われた大石寺67世阿部日顕法主代替奉告法要で

「これらの一切を鑑み、当時の責任者であった池田名誉会長は、特に今月2日の聖教新聞に『恩師の二十三回忌に思う』と題する所感を投じ、過去の種々の面を総合的に含み、かつ要点を括って根本的な反省をいたされております。私はこれをまことに誠意と勇気に満ちた、また深い信心を根本とする仏祖三宝への懺悔と受け止めるものであります」…

「思うに創価学会のあくまで御本尊を中心根本とする信心や体験、組織等の在り方、そして池田名誉会長の過去における780万世帯までの未曾有の折伏を果たされた指導性、平和文化に関する世界的な実績等を考える時、将来の世界にわたる広宣流布のため、(創価学会は)大いに必要な団体であり、(池田名誉会長も大いに必要な)人物であると私は信ずるのであります」(1980(昭和55)47日付け聖教新聞)と言って、池田大作と創価学会を激賞し、最大限に持ちあげている。

つづいて1980(昭和55)1116日、大石寺67世阿部日顕法主は、「創価学会創立50周年」を記念して、二首の和歌を創価学会に送っている。その二首の和歌とは

「不思議なる 会や生まれて 五十年 妙法さかう 不二のもとに」「宗祖もと 忍びたまいつ 我らまた 忍びてゆかむ 末世弘法を」(19801117日付け聖教新聞)である。このうち、「不思議なる 会や生まれて 五十年 妙法さかう 不二のもとに」が、当時の創価学会員に大ヒットした。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ