アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺歴代法主「戒壇大本尊」レプリカ・「御肉牙」偽作を暴く

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(24)~なぜ日蓮正宗大石寺17世法主日精は「御肉牙」を偽作したのか2

■検証24・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない24

 

□なぜ日蓮正宗大石寺17世法主日精は「日蓮の御肉牙」を偽作したのか2

 

こういった徳川幕府草創期・家康・秀忠・家光の時代における「武断政治」により、幕府の命にしたがわない不受不施派が、徹底的に弾圧された。こういった政治情勢・宗教情勢により大石寺門流は、なんとしても徳川幕府公認の宗派として認められるという必要性に迫られていた。

そもそも20世紀半ばの日本国憲法施行以前、特に徳川幕府の時代は、現代のような信教の自由が保障された世ではなく、徳川幕府公認の宗派にならなければ、布教はおろか、寺の存在・生存そのものが許されなかった時代である。これは何も寺院、宗派、神社のみならず、外様大名から親藩・譜代大名・旗本・御家人まで全てがそうであった。

そういう時代の中、徳川幕府は家康・秀忠・家光の初期3代だけで実に122家の大名を改易・減封に処してきている。大名ならずとも寺院、宗派が取りつぶしになれば、それは失業である。

徳川時代の失業というのは、現代の失業とは全く違う。失業保険もハローワークもあるはずがない。徳川時代の「とりつぶし」とは、それこそ「死」を覚悟しなくてはならないものだった。

ましてや不受不施派のように禁圧されてしまえば、死罪・流罪されてしまう恐れさえあった。

日蓮正宗大石寺17世法主・日精は、大石寺門流を一宗一派として幕府から公認されるため、養母・敬台院を通じてさまざまな活動を行った。

その中のひとつが「戒壇の大本尊」なる板本尊を御影堂の日蓮木像の後ろに祀り、御影堂に「本門戒壇堂」と自筆した棟札を掲げて、対外的に大石寺が「事の戒壇」であり、大石寺に「戒壇院」「本門戒壇堂」があるということを鮮明したということ。

そしてさらに「御肉牙」を偽作したということである。どうして「御肉牙」なりか、というと、それは日蓮宗関係では、池上本門寺や玉沢・妙法華寺が本物の「日蓮の歯」を格蔵しているため、これに対抗して大石寺を徳川幕府にアピールするため以外になかろう。

1636(寛永13)年、徳川幕府は全国の寺院・神社に寺社領の朱印状および安堵状を下賜したが、その中に大石寺は入っていなかった。しかし、1637(寛永14)年、大石寺17世日精は敬台院の推挙により、公儀の年賀に乗輿を免許される。

そして1641(寛永18)628日、徳川幕府三代将軍・家光より大石寺に66石の所領の朱印状が下賜されるということになり、ここに大石寺17世日精は目的を達成することになる。

つまり、要法寺13代貫首・日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を、「戒壇院の本尊」と称したり、あるいは「御肉牙」を偽作するなどして、大石寺門流を徳川幕府公認の宗派になるために、利用したと言うことである。

1630年(寛永7年)の身池対論で、池上本門寺貫首・日樹をはじめとする不受不施派の僧侶が次々と投獄されて流罪になった事件を見せつけられた大石寺17世日精は、それこそ利用できるものは全て利用し、なんとしてでも徳川幕府に取り入って、大石寺門流を徳川幕府公認の宗派にする至上命題に迫られていた。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(23)~なぜ日蓮正宗大石寺17世法主日精は「御肉牙」を偽作したのか

■検証23・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない23

 

□なぜ日蓮正宗大石寺17世法主日精は「日蓮の御肉牙」を偽作したのか

 

大石寺の「御肉牙」が偽作されたのは、1617(元和3)以降、大石寺17世日精の代までの間、ということになると、該当する法主は大石寺16世日就か、大石寺17世日精かのいずれかしかいなくなる。ではどちらの法主なのか。これは「御肉牙」偽作の動機・目的を検証していくと、明らかになる。つまり大石寺17世日精には動機があり、大石寺16世日就には動機がない。だから「御肉牙」を偽作したのは、大石寺17世日精である、という結論に至る。ではなぜ日蓮正宗大石寺17世法主日精は「御肉牙」を偽作したのか。日精が「御肉牙」を偽作した動機は何なのか。

それは大石寺門流が、徳川幕府公認の宗派となるための一大パフォーマンスだったということである。もうすこし具体的に詳述してみよう。

そもそも日本への仏教伝来以降、飛鳥・奈良地方に建立された南都六宗である法相宗(興福寺・薬師寺・法隆寺) 、倶舎宗(東大寺・興福寺) 、三論宗(東大寺南院) 、成実宗(元興寺・大安寺) 、華厳宗(東大寺) 、律宗(唐招提寺)の寺院とは、朝廷、天皇、皇族、公家・貴族が建てた、いわゆる「官寺」であり、僧の地位は国家資格であり、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」で授戒した官寺の僧侶のみが、朝廷から僧侶として認められたのである。

「戒壇」とは、戒律を授ける(授戒)ための場所を指すのであるが、「戒壇」で授戒を受けることで出家者が正式な僧侶・尼となるが、奈良時代に唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えられ、この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。

その後、平安時代に、朝廷公認の仏教は、伝教大師最長が開いた天台宗と弘法大師空海が開いた真言宗の二宗が加わり、南都六宗とを加えて「八宗」と呼ばれるようになる。

当時の日本では、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」は、伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺をはじめとする官寺の戒壇のみ。朝廷公認の宗派とは、官寺の南都六宗に、伝教大師の天台宗と弘法大師の真言宗を加えた八宗のみである。

それから鎌倉、室町、戦国、安土桃山と時代が下り、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗といった鎌倉仏教が、朝廷、鎌倉・室町幕府から公認され、日蓮宗も日像の京都開教がきっかけになって、「日蓮大菩薩」号が朝廷から下賜され、豊臣秀吉の方広寺大仏供養、受不受問題を経て公認への路を歩んでいくことになる。しかし1603(慶長8)年、徳川家康が征夷大将軍に任ぜられて徳川幕府が日本の実権を掌握する世になった以上、大石寺門流としては何としても徳川幕府公認の宗派として認められる必要があった。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(22)~義歯を入れて一般人・一般僧よりも歯に対する知識・造詣が深かった大石寺17世日精

■検証22・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない22

 

□自然歯がなくなる70才台後半から80才台の高齢になっても歯があった大石寺17世日精

 

さて大石寺の「御肉牙」偽作を検証していく上で、他にもポイントがある。それは、歯そのものに対する造詣・知識ということである。これは、「御肉牙」偽作に関連して、複数の歯科医から直接聞いた話であるが、昔から「長生きする人は歯が丈夫な人が多い」ということである。

これを大石寺17世日精に当てはめてみると、日精は1600年生まれの1683年に83才で遷化。

医療・医学が今ほど発達していなかった江戸時代において、83才まで生きていたというのは相当な長生きである。さらにこれに加えて、後の大石寺26世日寛が若かりし頃、江戸常在寺の日精の説法を聞いて発心したという逸話は有名である。日寛は1665年生まれであるから江戸に出て日精の説法を聞いたというのは、日精がすでに70才台後半から80才台の年齢であったと考えられる。大石寺17世日精は江戸常在寺に隠居していたが、1678年、78才で細草檀林遠霑寺の常住板本尊造立。1679年、79才で大石寺御影堂板本尊造立。1680年、80才で有明寺の日有御影像を造立するなど、70才台後半から80才台にかけて、現代人もびっくりするような元気な高齢僧だった。さらにそのころ、江戸常在寺で説法をしていたというのは、大きなポイントである。現代人でもそうだが、年齢が70才台になると自然歯がほとんど抜け落ちてしまい、義歯ないしは総義歯を入れている人が大半である。ここをよく考えて戴きたいのだが、自然歯がほとんど抜け落ちてしまった状態になると、人は喋れなくなってしまう。だから自然歯が抜け落ちてしまうと、総義歯にしないと会話は不可能になる。ところが大石寺17世日精の場合、70才台後半から80才台にかけて、江戸常在寺で元気に説法をしていた。ということは70才台後半から80才台の大石寺17世日精には、歯があったということである。歯がなければ、大石寺17世日精は説法をすることができないからだ。では70才台後半から80才台の大石寺17世日精の歯とは、自然歯なのか義歯なのか。自然歯とはちょっと考えにくいのである。そうかると義歯の歴史が気になるところである。

江戸時代初期の日本に義歯はあったのか。

 

□義歯を入れて一般人・一般僧よりも歯に対する知識・造詣が深かった大石寺17世日精

 

フリー百科事典・Wikipediaによれば、義歯の歴史は下記のようになる。

紀元前700年ごろ、北イタリアのエトルリア人は、人間の歯や動物の歯を使って義歯を作っていた。これはすぐ劣化するが製造が容易であり、19世紀中ごろまで広く使われた技法だった。

ヨーロッパでは複数本の歯に対応した義歯は、15世紀には既に使われていた。骨や象牙を削って作ったり、死体の歯を使ったりしていた。型をとることが技術的に不可能だったため、これらの義歯は金属や絹の糸で周囲の歯に結びつけるのが普通。特に問題は、骨や象牙を使った義歯が唾液で徐々に溶けていく点と、上の義歯の固定が難しい点だった。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(21)~大石寺の自称「日蓮の御肉牙」は大石寺17世日精の偽作だ

■検証21・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない21

 

□大石寺「御肉牙」をはじめて記録に残したのは江戸時代初期の法主・大石寺17世日精だ

 

それでは、日蓮正宗大石寺が格蔵している自称「日蓮の御肉牙」なるものは、一体誰が、何の目的で、何の動機で偽作したのか、ということになる。今までの検証内容からして、二祖日興、三祖日目、蓮蔵坊紛争当時、9世日有の代には、大石寺に「御肉牙」が存在していなかったことは明白である。さらに時代が下って大石寺14世日主の霊宝虫払いの記録にも「御肉牙」はない。

大石寺15世日昌の代に要法寺僧・日陽が大石寺に登山して「戒壇の大本尊」をはじめ霊宝を拝観した時も、「御肉牙」を拝観したという記録が残っていない。よって大石寺に「御肉牙」が出現するのは、1617(元和3)に要法寺僧・日陽が大石寺に登山して「戒壇の大本尊」をはじめ霊宝を拝観した時以降ということになる。それでは、いつの時代に「御肉牙」が大石寺の正式文献に登場するのか、というと、大石寺17世日精の著書「富士門家中見聞」(家中抄)である。

「御肉牙」に関して、歴史上はじめて文献に書き残したのは、大石寺17世日精である。江戸時代初期の日蓮正宗大石寺の法主である大石寺17世日精は、自らの著書である「富士門家中見聞」(家中抄)の中で、「日目が日蓮から授かった」と述べている。以下の文は大石寺17世日精が書き残した記録である。

「此の故に伊勢法印と問答したまふ時も、一両句にて閉口致さす。此れ相伝の故なり。其の頃、御牙歯抜け落つ。(日蓮)聖人此の歯を以て日目に授けて曰く、我に似り問答能くせよとてたまわりける御肉付きの御歯と申すは是れなり。此の歯、当山霊宝随一なり。広宣流布の日、光を放ちたまうべしと云へり」(大石寺17世法主日精の著書「富士門家中見聞」(家中抄)---日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した「富士宗学要集」第5184ページ)

そうすると「御肉牙」が偽作されたのは、1617(元和3)以降、大石寺17世日精の代までの間、ということになる。つまり大石寺の「御肉牙」について、歴史上はじめて公式の記録に書き残したのは大石寺17世日精である。それ以前に於いては、何の記録にも残っていない。こんな矛盾はあるまい。こう言うと、「御肉牙は秘して公開しない重宝だからだ」と日蓮正宗の信者は言い訳をする。が、しかしこの言い訳は、おかしい。少なくとも大石寺では大石寺14世日主の代から霊宝虫払法要を行って、重宝の虫払いを行っている。本当に大石寺に「御肉牙」が格蔵されていたというならば、そういう記録に残っているはずである。江戸時代初期まで、何の記録にも残っていないはずがない。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(20)~人間の「歯」について神奈川県歯科医師会・歯の博物館・大野館長との質疑応答記4

■検証20・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない20

 

□人間の「歯」について神奈川県歯科医師会・歯の博物館・大野館長との質疑応答記4

 

○私「入れ歯(義歯)とは、いつごろから、あるのでしょうか」

□館長「現在までに発見された最古の木床義歯は、1538年に74才で没した、和歌山県願成寺の仏姫(尼さん)の上顎の総義歯です。これは技術的に完成されており、こうした義歯制作の技術の発生は、それよりも相当以前のものと思われます。木床義歯の製造は、室町時代末期と思われ、鎌倉時代には全国的に普及していたのではないかと思われます。

鎌倉時代以降には、義歯制作を専業とする『入れ歯師』が現れ、江戸時代になるとその技法は完成されました。

江戸時代、入れ歯を制作した者は、入れ歯師と呼ばれ、香具師(やし)の仲間で入れ歯を作ったものを、入れ歯渡世人と呼ばれました。明治初期になって、西洋の義歯が伝えられてからも、木床義歯が喜ばれたのですが、当時の西洋文化を至上とする風潮から価格も安く、技法がむずかしいことから、次第に姿を消していきました。

木床義歯は、床に『つげの木』が使われました。これは口の中で適合性に優れていたためです。前歯には象牙、蝋石、人や動物の歯が使われました。奥歯には金属の鋲が使われ、ひどく摩耗した鋲が見られることから、咀嚼も充分にできていたと考えられます。」

□館長「日本には縄文時代から木の文化をもっていましたが、日本固有の木で作られた義歯は、現在の義歯と比較して、審美的にも実用的にも、遜色のないものが、数百年前には完成していました。この木床義歯(木の入れ歯)は、仏師の手慰みから生まれたものではないかと考えられます」

□館長「江戸時代に義歯をしていた有名人としては、滝沢馬琴、杉田玄白、本居宣長、平賀源内らがいます。また、江戸時代の初期、遊行寺の貫首が総義歯を入れていたという記録が残っています」

○私「その当時は、義歯はいくらぐらいしたのでしょうか」

□館長「1831(天保2)94日の馬琴日記によれば、上下の入れ歯の代金が一両三分(1.75)だったと記してあります」

○私「当時としても、かなり高額なものだったと思われるわけですが、上古の時代、義歯を入れていた人とは、どういう人だったのでしょうか」

□館長「江戸時代でも義歯は、かなり高価なものだったようなので、一般庶民が義歯を入れていたとは考えにくいですね。ただし、滝沢馬琴、杉田玄白、本居宣長、平賀源内らが義歯を入れていたということなので、医師、医学関係者、公家、武家、僧侶は義歯を入れていたと考えられます。」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ